ここから本文です

書庫全体表示

 会社員から“商品”へ──。女子アナのフリー転身は、安定を捨てて市場競争の荒波に飛び込むことを意味する。テレビ朝日の小川彩佳アナ(34)と宇賀なつみアナ(32)、TBSの宇垣美里アナ(27)と人気アナウンサーの退社発表が相次ぐなか、この連鎖はまだまだ続きそう。

 様々な思惑が絡む女子アナ界の退社ラッシュだが、フリー転身を果たしたとして、彼女たちの“評価額”はどの程度なのか。それが記されたマル秘資料がある。

 本誌・週刊ポストは某広告代理店が作成した、現役フリーアナと「フリー転身が待望される局アナ」が、それぞれ週5日、約1時間の帯番組を持った場合の「年間ギャラ査定表」を入手した。

 これは各局がフリーアナに出演オファーをする際に使う“指標”のひとつで、「代理店が査定表を作成してくれるおかげで局側も出演料の相場を知ることができ、いたずらに高額なオファーをすることもなくなる。フリーアナ市場を乱さないための、“基礎資料”のようなものです」(テレビ関係者)

 査定表によれば、局アナのトップは、オリコン調査の「好きな女子アナランキング」で5年連続1位に輝き、殿堂入りを果たした日テレの水卜麻美アナ(31)と、2年連続で紅白司会を務め、“ポスト有働由美子”の地位を盤石にするNHKの桑子真帆アナ(31)。2人には1億5000万円の値が付いた。

 2014年から『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)のMCを務める大江麻理子アナ(40)と、小川アナが1億円で3位に並んだ。1億円の“大台”に乗ったのは、この4人だけ。ちなみに有働アナ(49)は2億円と推定される。

 7月から『NEWS23』(TBS系)のキャスターになる方向で調整していると報じられている小川アナのギャラについては、番組1本あたり100万円、年間2億円を超えるという報道もあったが、それとは乖離のある評価になっている。ある番組プロデューサーが語る。

「一昔前なら1本100万円超というケースはありましたが、制作予算の削減が進む今ではそこまでのギャラはなかなか提示できない。せいぜい1本50万〜70万円前後でしょう。これでも破格の条件です。

 小川アナのように『報ステ』の顔を担っていたようなアナウンサーならいざ知らず、サブ的なポジションだった女子アナでは、1本20万円程度の契約もザラです。

 また、夜の報道帯番組を任せられる女子アナの値付けは高く、情報番組での起用が予想される女子アナは低くなりがち。夜の報道帯番組はある程度は制作予算が確保されているからです」

 確かに査定表を見ると、報道番組出身の女子アナが総じて上位に並ぶ一方、情報番組やバラエティを主戦場としてきた面々は、人気・知名度の割には低値の印象を受ける。

 元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏が語る。

「今はどの局も広告収入が減り、10年前と比べて制作費が3割減、なかには半減している番組もあります。

 フリーアナのギャラもどんどん削られており、オファー時も、『すみません。これしか出せません。それでも出演してもらえないか』と、先にギャラの低さを説明してから、交渉に入るほどです。事務所の取り分を除くと、さらに減るわけで、一部の人気アナを除いて、それほど“稼げる仕事”ではなくなっている」

 すでにフリーになっている元局アナの査定表を見ても、有働アナや滝川クリステルアナ(41)ら報道番組のキャスターに加え、硬軟問わず番組に対応できる高島彩アナ(40)、夏目三久アナ(34)が超高額の査定を受ける一方、田中みな実アナ(32)や高橋真麻アナ(37)など、“バラエティ枠”はやはり低い傾向にある。

「ただし、テレビ界には報道系の帯番組に出ると、他の番組には出られないという縛りがある。局をまたいで複数の番組をハシゴできるバラエティアナに比べて、報道系アナは“その帯番組が終わったらオファーがゼロになりかねない”というリスクを抱える。低視聴率による番組打ち切り危機が常にある以上、どちらも安泰とはいえないのが現実です」(前出・テレビ関係者)

 女子アナの“市場競争”はかくも熾烈である。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事