ここから本文です

セレジェイラ安来FC・活動の記録

書庫過去の投稿月別表示

2018年05月

← 2018年4月 | 2018年6月 →

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

2018.5.20(日)13:30〜16:30 安来運動公園
ジュニアユース+5年生

ジュニアは5年生の一部のみ、ジュニアユースも多くの学校が試験休みで参加できない選手が多く少数のメンバーのみという組み合わせでの練習となりました。
それぞれトレーニングを行った後に最後にジュニアユースとミニゲームを行いました。フィジカル、パワー、スピードすべて格上の相手に果敢に向かって行く5年生は逞しく感じました。失うものがないというチャレンジャーの立場は気持ちに余裕が持てるみたいです。いつもよりも冷静で丁寧なプレーを続けながら、果敢にゴールに向かうチャレンジする姿勢が多くあり、ドリブルで相手のプレッシャーを跳ね除けてのシュート、華麗なパスワークからのシュートなどゴールも量産しました。
ジュニアユースの皆さん今日はありがとうございました。ジュニア選手は多くの刺激を受けました。力の差を感じながらも、自分に足りないことや次につながる大切なことに気付きました。今日、彼らは大きく成長することができたように感じます…
(担当コーチ
2018.5.20(日)9:15〜12:00 安来運動公園
4年生

安 来 3−0 内中原 GK:Tokuya/得点:Taisei, Sota, Eiji
安 来 3−0 内中原 GK:Kanato/得点:Sota3
安 来 1−0 内中原 GK:Tokuya/得点:Sota
安 来 4−0 内中原 GK:Kanato/得点:Eiji4
安 来 2−0 内中原 GK:Tokuya/得点:Eiji, Taisei
安 来 4−0 内中原 GK:Kanato/得点:Sota, Syuto2, Kosei
(全試合無失点‼︎)


今日は沢山のTMをしましたね。
3年生の時の目標、ドリブルの達人❗上手になっていますね。スピードも出てきていると思います。
チームメイトの上手い技、技術を皆でほめあって、そしてそれをまねして皆で力をつけれるようになってほしいと願っています。
4年生になって、益々たくましくなっていますよ〜
(保護者サポーター)


イメージ 1
キックオフ前のミーティング。今日やることをバッチリ理解しました

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
2018.5.20(日)9:15〜12:00 安来運動公園
2、3年生

安 来 0−0 内中原
安 来 0−1 内中原
安 来 0−0 内中原
安 来 1−2 内中原 得点:Ririto
安 来 1−1 内中原 得点:Syoki


本日は内中原チームをお迎えしての練習試合を行いました。
晴天でしたが北からの風が強く、向かい風ではゴールキックがペナルティエリアから出ないことが…(笑)
ボールが届かないので、味方チームもエリア内でボールを触ってしまいなかなかプレーが進まない場面がありました。しかし、このような経験からルールを覚えたり、もっと遠くにボールを蹴れるように頑張ろうとヤル気になるのではないかと感じました。
一人一人が良いところも、課題も見つけれた練習試合になったと思います。
選手の皆さん、コーチ、保護者の皆さんお疲れ様でした。
(保護者サポーター)


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 1
いよいよ、きっくおふ久々の試合にわくわくって感じかな

イメージ 2
今はちっちゃな背中だけど、いつかきっとせれじぇいらいの代表になるからね…

イメージ 3
今日びぶすの置き方を覚えたよこーちにいっぱい褒められたよ

イメージ 4
ずいぶん大きくなりました。この子たちももうすぐ大空に飛び立つ日が来ます…

練習

2018.5.19(土)13:30〜16:30 安来運動公園
5年生以下

代表チームは県交歓のため不在。5年生以下での練習となりました。
(HP担当
2018.5.19(土)11:00〜 S-PITCH
セレジェイラ代表チーム

1回戦
 安来 3−1 東出雲B 得点:Syoma, Yamato2

準々決勝
 安来 0−2 津田A


セレジェイラ安来FC初の順位決定戦進出をかけた県交歓決勝トーナメントに挑みました!
初戦は東出雲Bさんでした。前半は安来の良いペースで進み3点をとることができました。後半はメンバーも代わり1点はとられたものの子どもたちも良く走り頑張りました。
決勝は津田Aさんとでした。前回ボタンカップでは大敗を喫しましたがコーチのもと子どもたちも上手く修正をして挑みましたが力及ばず惜しくも負けてしまいました。
今回の試合を通して、子どもたちの伸びしろを感じました。もっともっと練習をして、全日ではもっともっとワクワクするようなゲームができるチームになってほしいです。
コーチ、保護者の皆さまお疲れさまでした。
お忙しい中、応援に来てくださったコーチ、OB、OB保護者の皆さまありがとうございました。
(保護者サポーター)


トップチームの公式戦、県交歓3日目(決勝トーナメント)
2つ勝てば県大会です。
先週の良い流れから初戦を勝利し後一つのところで惨敗。
選手・保護者・コーチ皆が悔しい思いをしました。
しかし、このチームはまだまだこれからなんです。
選手全員が今日の思いを胸に次へ向けて更なるレベルアップをしてくれると感じました。
県交歓に協力して頂いたチーム関係者の皆様、ありがとうございました。
残るリーグ戦、そして全日に向けてしっかり準備して行きたいと思います。
(担当コーチ


初戦は安来ペースのゲーム内容でしたが、ポジショニングや失点の要因を修正し 県大会を懸けた2試合目に臨みました。相手サイドとの競り合い、GKのファインセーブ、DFのケアやサポートで体を張った闘志ある数々のプレーがみられた内容でした。結果はセットプレーでの失点が勝敗の結果となり残念ながら県大会には進めなかったですが、選手達の成長を感じた内容でした。早く気持ちを切り替えて今大会で気づいた点と経験を全日に向け更に成長するように取り組み練習頑張ろう!保護者の皆さん 応援ご協力ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。
(担当コーチ


子どもたちは頑張りました。
ここ3年はベスト16となっていた県交歓でしたが、消えかかっていた道を再び舗装してくれました。新しい道を開拓するのは来年に任せる事になってしまいましたが、選手権に向けて自信をつけた大会になったと思います。
これから暑い時期になりますが、しっかりと目標を持って練習して強くなっていきましょう。

サッカーを続けていれば勝ったり、負けたりが当然にあります。今日勝って嬉しい思いをしたチーム、負けて悔しい思いをしたチームがいます。2013年セレジェイラ史でもっとも県大会に近かった年。東出雲との延長戦でも勝負は決まらずPK戦となりました。東出雲GKの気迫溢れるプレーにセレジェイラ選手のシュートは入らず、県大会出場は東出雲に微笑み、悔し涙になったのは安来でした。

その後、安来はこの悔しさを忘れずに練習に励みました。集中して、気持ちの入った練習を続けました。もう同じ悔しさをしたくなかったから…
当時は最後の公式戦が県交歓だったため、もう大きな大会はないわけですが、その後、様々なカップ戦に参加し、最高の結果を残し続けました。悔しさを知った選手は強くなれるチャンスをもらったことになります。今、君たちはそのチャンスを活かすか潰すかの岐路に立ちました。あとは君たち次第です。
今日の敗北を無駄にせず、次につなげていってほしいと思っています。

(余談)
2013年から5年が経ち、東出雲GKと安来のキャプテンは同じ高校でチームメイトとなりました。
お互い、あの日の事を覚えているとのことでした。
あの日の経験をそれぞれ胸に刻み、今は一緒に全国を目指して練習に励んでいます…
(担当コーチ




2013年
 ベスト8  安 来 0(PK 0-2)0 東出雲 ※延長後PK戦
                   (キャプテン:Yorita)
2014年
 ベスト8  安 来 0ー1 湖 南 (キャプテン:Yanai)
2015年
 ベスト16 安 来 1ー5 東出雲 (キャプテン:)
2016年
 ベスト16 安来R 1ー3 玉 湯 (キャプテン:Minakuchi)
 予選敗退  安来G
2017年
 ベスト16 安来A 0ー2 川 津 (キャプテン:Udagawa)
 予選敗退  安来B

今年
 ベスト8  安 来 0ー2 津田A (キャプテン:Matsumoto)


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事