全体表示

[ リスト ]

今回は司法書士試験は1400時間程度の学習時間で本当に通れるのか???についてです。

1.序章

教えて!gooに次のような質問がありました。

司法書士全般について教えて下さい!
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1563907.html

その中の回答の一つを抜粋します。

☆☆☆

 司法書士の業務は主に登記業務です。登記とは、不動産を売買したり、会社を設立した際の、法律的な書類を作成し、法務局に提出したり、書き換えたりするお仕事です。
 私は以前、司法書士をめざして勉強していました。
 Wセミナーの看板講師、竹下先生の講義でしたので、講義の質はピカイチ、でも挫折しました。理由は、「大変だったから」これに尽きます。
 合格体験記などを読むと、よく「私は毎日○時間勉強しました」的なことが書いてありますよね。合格までのトータルの勉強時間を計算すると1400時間で合格した体験者が多かったので、私もとりあえず1400時間、勉強してみました。。。仕事もやめて勉強漬けの毎日だったのに・・・、1400時間を達成しても、まだまだまだまだ、先がみえなかったんですよ(泣)。確かに難しい試験だとはしいていたけれど・・・。
 で、貯金もそこを着いたので、仕事に復帰。気がつくと忙しい日常にまみれて、勉強する時間も意欲もどこへやら、でした。。。
 なので、2の質問にはお答えできる立場にはありません。1000万円稼げたら、受験の苦労も報われますよね!! 
 少しは参考になりましたでしょうか? がんばってくださいね!!

☆☆☆

ポイントは1400時間と言う数字です。

果たして、司法書士試験は1400時間程度で合格できるのか???


2.受験学校・通信教育の標準学習時間

司法書士標準学習時間


LEC 司法書士15-22月

大原 司法書士3000-4000h

東京法経学院 司法書士2〜3年

クレアール 司法書士 1800時間以上

eラーニング 司法書士1330時間


cesはこれらの受験学校・通信教育の標準学習時間は全て、実際の標準学習時間より少し少なめになっていると思っています。この標準学習時間や標準学習期間で合格する人もいるとは思いますが、かなり、理想的なケースだと思います。

受験学校等の標準学習時間は全て、実際の標準学習時間より少し少なめ!!!

これは本来はもっと時間がかかるのにうちではこんなに短時間で合格できますよとのアピールの意味があると思います。

この中では時間では大原の4000時間が最も長くなっています。cesが現時点で司法書士の標準学習時間としている5000時間以上はこの4000時間よりは少し多くなっています。そして、期間で言えば東京法経学院は3年となっています。専念組と考えると2500時間×3年=7500時間になります。これは5000時間より大きい時間になります。

参考記事

資格ガイダンス(資格標準学習時間)part1
http://blogs.yahoo.co.jp/ces_cogito_ergo_sum/24166094.html

3.司法書士の標準学習時間

司法書士の標準学習時間 5000時間以上

cesのブログでは現時点2009.3.13時点ではこのようにしています。

本当はもう少し増やそうかなとも思ったのですが、この数字を仮に7500時間とか1万時間にしたからと言って実際にはそれほど合格確率が上がるようには思えなかったので5000時間以上と言う表現にしています。

ちなみに行政書士の受験学校や通信教育の標準学習時間は次のようになっています。

○行政書士

LEC 行政書士10-12月
TAC 法律・公務員関係 行政書士 A 5ヵ月〜1年
大原 行政書士600-700h
東京法経学院 行政書士1〜2年
ユーキャン 行政書士 6月
eラーニング 行政書士370時間

だいたい、受験学校等では標準学習期間を司法書士は2-3年、行政書士は半年-2年程度にしているものが多いと思います。

これを見ると司法書士は行政書士の倍程度学習したら通れそうに感じる人もいると思います。しかし、実際には司法書士は学習時間でも行政書士の5倍程度は勉強しないと通るのは困難だと思います。

理由を簡単に言うと

司法書士は資格試験の専念組が多く、1日10時間でも学習可能

行政書士は働きながらの受験生が多く、1日2時間程度しか学習できない。

このような違いがあると思います。

受験学校の年数も概ね、司法書士は専念組の標準学習時間、行政書士は非専念組の標準学習時間をベースに算出されていると思います。

詳細は以下、参照してください。

資格のお話(ある学習システムの標準学習時間)part1
http://blogs.yahoo.co.jp/ces_cogito_ergo_sum/22188446.html

4."司法書士試験は1400時間程度の学習時間で本当に通れるのか???"の分析

cesが今まで見た標準学習時間では7000時間と言うものを見たことがあります。探せばもっと時間の長いものもあるかも知れません。

某掲示板の書き込み

司法書士   7000時間 (合格最低点は8割超、合格率2%台と極めてシビアな試験。司法脱落組の参入によりますます激化)


某掲示板は基本、誰でも自由に書き込めので信頼度は低いと言えます。玉石混合で石石石石石石石石石石石石石石石石石石石石石石石石 玉 くらいだと思います。

しかし、某掲示板の書き込みでも頻度はかなり小さいものの有用な情報も書き込まれていると思います。

cesは司法書士の標準学習時間を5000時間以上としていますが、恐らく、実際の合格者の平均学習時間は7000時間程度はあるのかも知れません。

ただ、一つ言えるのは5000時間の学習時間を7000時間に増やしたからと言って通れるとは限らないことです。つまり、次のように言えると思います。

司法書士で5000時間以上学習すれば後は質・効率の問題

つまり、これくらい勉強すれば後は合格するには質とか効率の問題になってくると思います。ただ、単に学習時間を増やしても合格にはさほど近付かないと思います。

司法書士試験は1400時間程度の学習時間で本当に通れるのか???

ある大手受験学校のアンケートで司法書士受験で1回受験での合格者の割合が9.4%と言うデータがありました。これは司法書士をされている人のサイトの記事にあった数値です。そのサイトの管理人さんはこの数値は信頼度が高いと言われています。cesもこのデータは信頼度は高いと思っています。

そうは言っても、所詮はアンケートにしか過ぎません。司法書士の試験管理団体が正式に発表したものではありません。この数値にしても信頼度は高いとしても多少のバイアス(力)は掛っているかも知れません。そのことから実際には

司法書士試験の1回受験の合格者の合格者の中での比率5-9%程度???

こんなものだと思います。

但し、1回受験だからと言って学習時間が1年とは限りません。

1回受験 ≠ 学習時間 1年 の場合もあり得る。

2年程度学習している可能性もあると思います。勉強を始めた時期によっては3年近く学習している場合もあるかも知れません。

行政書士とか等では半年も学習すれば、合否はともかく大半の方は受験する人は受験すると思います。しかし、司法書士は難関なのは最初から分かっているので最初の1年目は受験を見合わせる人もいると思います。

このようなことを考えると

司法書士合格者で学習期間が1年以内の人は多くても5%以下くらいだと思います。

仮に1年だとすると

10時間×20日×12≒2500時間


となります。

つまり、1400時間の学習時間になると専念組なら、半年ちょい、7月程度になります。

もし、専念組でなくて働きながらの受験だと

2時間×20×12≒500時間


これだと全然足りません。働きながら3年くらいの受験で通れば1400時間程度の学習時間になります。司法書士で働きながらでも合格している人はいるとは思いますが、これは通学しながらの1年間司法書士試験専念より合格は遥かに厳しいと思います。

合格体験記などを読むと、よく「私は毎日○時間勉強しました」的なことが書いてありますよね。合格までのトータルの勉強時間を計算すると1400時間で合格した体験者が多かった


確かに司法書士試験は1400時間程度でも合格できないとは言い切れません。現実に1400時間程度で合格している人もいるとは思います。cesはこのことに関して次のように思っています。

司法書士試験合格者で1400時間程度で合格されている人もいると思いますが

少なくとも司法書士試験合格者の平均が1400時間程度と言うことはないのでは!!!


回答の

私もとりあえず1400時間、勉強してみました。


はcesには信じられないほど安直???な方法に思えます。

この回答者が単に情報不足だったのか、余程、自分の学力に自信があったのか分かりませんが・・・・・・

1400時間を達成しても、まだまだまだまだ、先がみえなかったんですよ(泣)。確かに難しい試験だとはしいていたけれど・・・。


この結果はcesにはなるべくしてなった当然の帰着に思えます。

確かに司法書士の試験科目を一通り学習する程度なら、恐らく、1400時間もあれば十分可能だと思います。しかし、それだと余程、基礎学力、資格力がない人でないと合格はできないと思います。

司法書士の学習を一通りする程度なら、1400時間もあれば十分可能


ただ、この程度の学習時間では

余程、基礎学力、資格力がないと合格はできない。


5.まとめ

司法書士試験合格者で1400時間程度の学習時間で合格される人もいるとは思います。

1400時間程度学習の合格者は合格者の中の多くても5%以下

受験者の中では0.03*0.05=0.15%以下


回答者が見た合格体験記がどのようなものかは分かりませんが、cesは少なくとも司法書士試験合格者の平均学習時間が1400時間とは信じられません。司法書士の大手受験学校とかだと5年分くらい集めれば、実際に1400時間程度で合格された人もそこそこ人数を集めることはできるかも知れません。ただ、これは少なくとも平均ではありません。かなり、実際にはバイアス(力)が掛っていると思います。

cesが現時点で考えている司法書士の標準学習時間 5000時間以上

司法書士試験は1400時間程度でも合格可能???

司法書士試験の実態がどちらに近いかは各人判断してください。

1400時間程度の学習時間でも基礎学力、資格力がかなりあれば、合格は可能だと思います。

学力にかなり自信のある方は1400時間程度を目安に勉強されてもいいとは思います。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

大変勉強になりました。 <(_ _)>

2011/5/6(金) 午後 3:19 [ success ] 返信する

顔アイコン

現在、働きながらで1日4h休日は7h程度勉強してます。
民法1総則物件編問題集と参考書の2冊こなすだけで1カ月かかりました。資格は高卒で宅建のみ持てます。
判例が無数にありますがとりあえず生活のすべてを勉強時間にする習慣を訓練してます。それまでは資格の学校なんかに行っても無意味だからです。全科目を半年でやる計画です。
また人体実験として感想を述べたいと思います。

2012/8/27(月) 午前 0:18 [ - ] 返信する

顔アイコン

successさん、コメントありがとうございます。

2017/9/26(火) 午後 10:21 [ ces*cog*to*erg*_s*m ] 返信する

顔アイコン

-さん、コメントありがとうございます。

良い結果、お待ちしております。

2017/9/26(火) 午後 10:23 [ ces*cog*to*erg*_s*m ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事