全体表示

[ リスト ]

今回は平成22年度測量士・測量士補試験発表直後の受験Yahooブログをぶらぶらについてです。

平成22年5月23日(日)平成22年測量士・測量士補試験

測量士:

受験者数 2256人

合格者数 144人

対受験者合格率 6.38%

測量士補:

受験者数 10387人

合格者数 2757人

対受験者合格率 26.5%

合格基準
測量士:択一式の試験の正答率が50%以上で、かつ、択一式と記述式の試験の合計点が65点以上であること。

測量士補 :65点以上であること。

関連記事

国家試験「平成22年測量士・測量士補試験」の合格者等について
http://www.gsi.go.jp/sokuryosidou/sokuryosidou40010.html

以前は合格最低点6割程度でしたが、少しだけ合格最低点上がっているようです。問題が少し易しくなっているのかな?

測量士補は受験生が約1万人ですが、概ね受験生は二つのグループに分かれると思います。

測量士補の受験生:

ヽ慇検、 将来の測量関連の仕事のため

⊆匆饋諭、 土地家屋調査士実質的受験資格

割合で言えば、学生より、社会人の方が多いと思われます。学生の受験目的は将来、測量関係の仕事につくためと思われます。必ずしも測量士とは限らないとは思いますが、測量関連の仕事につくことを想定して測量士補を受験している人が多数と思われます。社会人の場合は測量関連の仕事のために受験している人も一部にはいるかも知れませんが、大多数は土地家屋調査士の一部試験免除のためだと思われます。

測量士補は概ね20%くらいの合格率が多いので、例年よりは少し易し目だったと思われます。測量士は以前は10%前後の合格率が多かったのですが、近年は合格率が少し下がり目なので、例年並みくらいだったようです。

2757/144≒19

測量士の合格者数は測量士補のたった19分の1しかありません。

測量士補はある程度のレベルの人なら、ある程度真面目に勉強すれば、ほぼ確実に合格できると思います。


それに反して

測量士はなかなか合格するのは難しい。


測量士補は選択式問題だけですが、測量士は本格的な記述式の問題もあります。選択式問題だけでも、測量士補と測量士では結構レベル差があります。その上、測量士には記述式問題もあるのでなかなか合格するのは困難と言えます。

実務経験も豊富な測量のプロ?のような人でも測量士試験を受験してもなかなか通れない人は多そうに思えます。

何故、こんなに測量士補に比べて、測量士が難しいかと言うと実際に測量士になる人の9割以上は認定測量士、つまり、測量士試験を受けずに実務経験だけで測量士になれるので、測量士試験は資格試験と言うより、実力判定試験の側面が強く、たとえ、合格者が0でも実際にはほとんど困らないのでなかなか合格できないようなレベルの出題がされたりしています。

☆☆☆ 測量士補受験ブログから、一部抜粋

測量士補合格しました。 ← 司法書士の人
測量士補の国家試験の合格通知が届いた
受かってました ← 土地家屋調査士受験生
受かりました。

2回目のトライで見事合格した。

☆☆☆


☆☆☆ 測量士受験ブログから、一部抜粋

結果は予想どおり駄目でした

☆☆☆

○測量士補

受験者5人、合格者5人、合格率100%

○測量士

受験者1人、合格者0人、合格率0%

まったく際立った結果になっています。ただ、サンプルがかなり少ないですが・・・

○測量士補

受かりました。

測量士補の国家試験の合格通知が届いた


あっさり報告のみです。

受かってました ← 土地家屋調査士受験生


多分、この5人の大半は記事に書いていなくても、土地家屋調査士試験の受験生だと思われます。

測量士補試験合格は実質的土地家屋調査士の受験資格

兎に角、土地家屋調査士を受験し、合格するには建築士等の資格のない人は先ず、測量士補試験に合格する必要があります。測量士補試験に合格して初めて、実質的土地家屋調査士の受験生と言えます。測量士補試験にすら通れない受験生???は本当に名ばかり受験生でしかありません。

測量士補合格しました。 ← 司法書士の人


司法書士の人にとっては、測量士補合格は極々簡単だったと思います。この人も多分、土地家屋調査士の受験生と推測されます。

2回目のトライで見事合格した。


土地家屋調査士に合格する前段階の測量士補に何年も掛けているわけにはいきません。土地家屋調査士に合格する人の大半は測量士補試験は一発合格していると思われます。逆に言えば、測量士補試験すら、一発合格できない受験生は・・・と言えそうです。

極たまに、土地家屋調査士より、測量士補試験の方が難しく感じる人もいるようですが、確かにそのような人もいるようですが、少数派であることだけは間違いないと思います。

○測量士

結果は予想どおり駄目でした


合格率の違いがはっきりと現れた形になっています。

☆☆☆ いつものフレーズ

結局、Yahooブログで合格者しかいなかった理由は

合格者しか、結果を記事にしていない。

明らかにこのようなバイアス(力)が掛かっているようです。

不合格者は多くを語りたがらない。

☆☆☆

今回、測量士補は26.5%しかないのにYahooブロガーの合格率は100%でした。実際には合格者の3倍の不合格者がいるはずです。

電気工事士の筆記試験のように合格率50%以上くらいの試験だと、Yahooブロガーの合格率も90%くらいになってしまいますが、今回は合格率が25.5%とそこそこ低い割には高い合格率になっています。受験したけど、記事にしなかった、できなかった人も大勢いたような気がします。

○まとめ

今回の測量士補の受験生の大半は土地家屋調査士の受験生と思われます。

土地家屋調査士合格のための前段階に過ぎない測量士補試験合格にそんなに年数掛けられません。


受験生にもいろいろいると思いますが、土地家屋調査士合格を目指して、測量士補試験を受ける場合、測量士補試験で3年も4年も受けるようだったら、肝心の土地家屋調査士試験受験はいつになるか分かりません。形だけの受験(一部試験免除なしでの受験)はできますけどね。

極力、一回で合格、最悪でも2回で合格する必要があると思います。測量士補試験は試験のレベルは兎も角、一年に一度しか、受験機会がありませんからね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事