全体表示

[ リスト ]

孝徳天皇

孝徳天皇


イメージ 1


孝徳天皇(こうとくてんのう、推古天皇4年(596年) - 白雉5年10月10日(654年11月24日))

は、日本の第36代天皇(在位:孝徳天皇元年6月14日(645年7月12日) - 白雉5年10月10日

(654年11月24日))。諱は軽(かる)。

和風諡号は天万豊日天皇(あめよろずとよひのすめらみこと)。

その在位中には難波宮に宮廷があったことから、

後世その在位時期をその政策(後世のいうところの大化改新)などを含めて

難波朝(なにわちょう)という別称で称されることがあった。


敏達天皇の孫で押坂彦人大兄皇子の王子、茅渟王(ちぬのおおきみ)の長男。 

母は欽明天皇の孫で桜井皇子の王女、吉備姫王(きびひめのおおきみ)。 

皇極天皇(斉明天皇)の同母弟。天智天皇(中大兄皇子)・間人皇女・天武天皇(大海人皇子)

の叔父。姪・間人皇女を皇后にした。阿倍倉梯麻呂の娘の小足媛(おたらしひめ)を妃として、

有間皇子を儲けた。他に子女は確認されていない。

蘇我倉山田石川麻呂の娘の乳娘(ちのいらつめ)を妃とした。

『日本書紀』の評によれば、天皇は仏法を尊び、神道を軽んじた。

柔仁で儒者を好み、貴賎を問わずしきりに恩勅を下した。

皇極天皇4年6月12日(645年7月10日)に乙巳の変が起きると、

翌々日に皇極天皇は中大兄皇子に位を譲ろうとした。中大兄は辞退して軽皇子を推薦した。

軽皇子は三度辞退して、古人大兄皇子を推薦したが、古人大兄は辞退して出家した。

14日の内に、皇極天皇から史上初めての譲位を受け、軽皇子は壇に登って即位した。

立太子は経ていない。皇極前天皇に皇祖母尊(すめみおやのみこと)という称号を与え、

中大兄を皇太子とした。阿倍内麻呂(阿倍倉梯麻呂)を左大臣に、

蘇我倉山田石川麻呂を右大臣にした。中臣鎌子(藤原鎌足)を内臣とした。

僧旻と高向玄理を国博士とした。

孝徳天皇元年6月19日(645年7月17日)、史上初めて元号を立てて大化元年6月19日とし、

大化6年2月15日(650年3月22日)には白雉に改元し、白雉元年2月15日とした。 

『日本書紀』が伝えるところによれば、大化元年から翌年にかけて、

孝徳天皇は各分野で制度改革を行なった。 この改革を、後世の学者は大化改新と呼ぶ。

この改革につき書紀が引用する改新之詔4条のうち、第1条と第4条は、

後代の官制を下敷きにして改変されたものであることが分かっている。

このことから、書紀が述べるような大改革はこのとき存在しなかったのではないかという説が

唱えられ、大化改新論争という日本史学上の一大争点になっている。

孝徳天皇の在位中には、高句麗・百済・新羅からしばしば使者が訪れた。

従来の百済の他に、朝鮮半島で守勢にたった新羅も人質を送ってきた。

日本(当時は倭)は、形骸のみとなっていた任那の調を廃止した。

多数の随員を伴う遣唐使を唐 に派遣した。北の蝦夷に対しては、渟足柵・磐舟柵を越国に築き、

柵戸を置いて備えた。史料に見える城柵と柵戸の初めである。

孝徳天皇は難波長柄豊碕宮(大阪市中央区)を造営し、そこを都と定めた。 

が、白雉4年(653年)に、皇太子は天皇に倭京に遷ることを求めた。 

天皇がこれを退けると、皇太子は皇祖母尊と皇后、皇弟(=大海人皇子)を連れて倭に赴いた。

 臣下の大半が皇太子に随って去った。 天皇は気を落とし、翌年病気になって亡くなった。

近年では、軽皇子が中大兄皇子を教唆して「乙巳の変」を引き起こした「黒幕」

であるという説を唱える歴史学者もいる。しかし、軽皇子が即位して後重用したのは

蘇我氏系豪族が多く、今後の議論が待たれる。

(ウィキペディアより) 



https://art.blogmura.com/picture/img/picture88_31_lightblue_4.gif
[https://art.blogmura.com/picture/
 ↑参加中です。応援のほど宜しくお願いします。

閉じる コメント(17)

顔アイコン

孝徳天皇(こうとくてんのう)
と言う意味からして、ありがたうな名前だね。。
こころも朝鮮半島とのお付き合いは、あったんだね。
ポチっと。

2011/2/19(土) 午後 2:49 宮松里(みやまつり) 返信する

顔アイコン

トリプル成功ですわぁ.。(^^♪

2011/2/19(土) 午後 2:50 宮松里(みやまつり) 返信する

顔アイコン

みやさま^^
あはw ありがたうな名前っすね〜^^
朝鮮半島との付き合いはあったでしょうね〜^^
おおw トリプル☆^^ ありがとうございます^^

2011/2/19(土) 午後 3:07 橘朝臣幸麿 返信する

この天皇の時代に本来は中大兄皇子が即位すべきところ、なぜしかなったというところに、いろいろ学説がありますね(*^_^*)
あごのラインの影、とっても素敵ですよ(^_-)-☆
やはり眼力もあって、この時代の帝に共通するのは彫りが深いという事なのでしょうね(^.^)
この辺りからまた超がつくほどのドロドロ愛憎劇が始まるわけで…。
ALLぽち!

2011/2/19(土) 午後 4:11 ふぅ 返信する

顔アイコン

ふうさま^^
この辺の時代は研究者の見せ所なのかもw
おおw 顎のラインの影^^ 素敵っすか〜w
ハァハァしました〜?w
ですね〜^^ きっと彫りが・・・・w 基絵を描いた人が、
江戸期の肖像画とか見て、こういう顔かな〜?って思ったのでしょうね〜^^
はいw ドロドロサスペンスっすね^^
ALLポチ^^ ありがとうございます^^

2011/2/19(土) 午後 5:00 橘朝臣幸麿 返信する

こんばんわぁo(・∀・* o )
眼光鋭く険しい表情が何とも云えない男臭さを醸し出して居ますねぇ。
黒の濃淡だけで描いてるのかな?
それとも別の画材を使われてるのかしら?
黒色だけで、これだけの表情、そして迫力を感じさせるなんて、絵が全く描けない私には、素晴らしい・・って
云う一言しか有りません。

2011/2/19(土) 午後 8:22 ☆ノンタン☆ 返信する

顔アイコン

ゎぁぃ♪ ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ ゎぁぃ♪

Wポチッ凸成功しましたぁ〜〜

ブログ村は4位になってましたねぇ(⌒-⌒)ニコニコ...

2011/2/19(土) 午後 8:23 ☆ノンタン☆ 返信する

顔アイコン

こんばんは。

孝徳天皇の大化改新。
後世に残る大事業ですね。
やり抜く意思の強さが、よく表現されています。 ポチ。

2011/2/19(土) 午後 9:44 kara_hana_5 返信する

顔アイコン

こんばんわ!

ほりの深い凛々しいお顔ですね!!

ALLぽち!

2011/2/19(土) 午後 10:07 tararan 返信する

顔アイコン

ノンタンさま^^
なんとも言えない男臭さを醸しだしてますか〜^^
そう^^ 青墨の濃淡だけです^^
すばらしいっすか〜www
Wポチ&村^^ ありがとうございます^^
4位でしたね〜^^ おかげさまです^^

2011/2/19(土) 午後 11:02 橘朝臣幸麿 返信する

顔アイコン

カラはなさま^^
あ〜^^ 虫殺し(635)って覚えた記憶ありますw
意思の強さを感じていただきましたか〜^^
ポチ^^ ありがとうございます^^

2011/2/19(土) 午後 11:04 橘朝臣幸麿 返信する

顔アイコン

たららんさま^^
はい〜w 結構彫りが深くなりましたね〜w
凛々しいっすか〜^^
ALLポチ^^ ありがとうございます^^

2011/2/19(土) 午後 11:05 橘朝臣幸麿 返信する

顔アイコン

おお〜っ!鮮やかなコントラスト!
明暗くっきりと豊かな墨色の躍動感です!
鋭い眼差しが魅せる渋いイケ面!
威厳と風格の天皇像を描いています!
ALL☆ポチ

2011/2/20(日) 午前 8:37 かなさん 返信する

おはようございます。
ちょっと怖そうなお顔ですが意志の強さを感じます☆ALLポチ
良く見るとイケメンかも(⌒ー⌒)

2011/2/20(日) 午前 9:17 okaoban 返信する

顔アイコン

かなさま^^
鮮やかっすか〜^^
明暗で鮮やかとはw 濃淡が凄かったのかも?w
威厳と風格を感じていただきましたか〜^^
ALLポチ^^ ありがとうございます^^

2011/2/20(日) 午前 11:12 橘朝臣幸麿 返信する

顔アイコン

okaさま^^
ですね〜w 怖そうかもしれません^^;
ALLポチ^^ ありがとうございます^^
おw イケメンっすか〜^^

2011/2/20(日) 午前 11:14 橘朝臣幸麿 返信する

顔アイコン

内緒さま^^
は〜い^^ ありがとうございます^^

2011/2/20(日) 午前 11:14 橘朝臣幸麿 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事