碧の親父の将棋日記

某内陸地方都市に住む2児の親父の将棋日記です。

面接とか

何かと行けてなかった前期の振り返りの面接がありました。
評価の部分や賞与は厳しいだろうなと覚悟しています。
退社後、週末の高校竜王戦の地区予選の運営をしてくださるK幹事長に盤駒を預けに行きました。K幹事長は当日、地区の行事が入ってしまったようで、それでも大会の取り掛かりに目途が立つまでは対応してくださるということで、大変助かります。
例年4月は平穏なのですが、今年はいろいろあって、連休前ぎりぎりまでお客さんのところを方々飛び回ることになりそうです。なんとかクリアして、GWは棋譜並べや詰め将棋とかできればなぁと思っています。

この記事に

開く コメント(0)

ネスペ本が到着

秋期情報処理技術者試験の午後記述式対策のためにAmazonに予約していた本が到着しました。
イメージ 1

昨秋の不合格については、自分としては注力して取り組んだだけに、言い訳は効かないですし、結果を出せない実力の程度が恥ずかしいのですが、もう1回、頑張ってみます。
「はじめに」のところに、"参考書を読んで、適当に過去問を解いていれば受かるような試験ではありません。"とあります。昨秋、実際に受験してみた実感と重なりますが、理解のレベルを上げて半年後の試験に臨めるようにしたいと思います。
関東アマは、先般決めた通り、回避します。

この記事に

開く コメント(0)

2018詰将棋解答選手権

毎年、楽しみにしている詰将棋解答選手権初級戦と一般戦に参加しました。
初級戦は、昨年、全問正解を逃した原因となった中合いに対する考慮が不要だったのが幸いし、今回は全問正解することができました。全問正解の皆さんには詰将棋の関連する賞品があり、これをいただけただけで参加した甲斐がありました。
いつも全問正解に至らない一般戦ですが、第3問で思考停止に陥ったのが響き、6問中3問の正答にとどまりました。
塩尻支部のMさんが2年連続で一般戦全問正解を成し遂げ、凄いなぁと思いました。私には見えない手が彼には見えているわけで、それが詰みのある局面での話なので、この差は決定的だと思いました。先週のアマ竜王戦地区予選で圧倒されたのも宣なるかなと納得です。
望むレベルには至ってないですが、昨年より正答率は上がり、自身の手の見え方や読める度合いについては、落ちてはいないと思います。希望をもって、棋力向上に向けて精進していきます。

この記事に

開く コメント(0)

2018関東アマ予選

思うところがあり、表記大会の出場を見合わせることにしました。
仕事の方はピークだった3月を経て、この時期は落ち着く時期ですが、現在、営業が競争相手との消耗戦覚悟で取りに行っている案件があります。
昨晩も社内で打合せがあったのですが、営業がとても苦労していること、案件獲得に向けて誠実に向き合い、なんとしてでも取るという意気込みを目の当たりにしました。
技術としては、取れたとしても原価的にちゃんと回せるのか不安は大きいですが、仕事をとってくるのは大変なことで、こちらも力を尽くさないといけないと思いました。
なお今度の出場見合わせは、仕事を優先するからということではありません。将棋についても充実を目指すという方向性は変わりません。

この記事に

開く コメント(0)

ネスペ本を予約

支部長より高校竜王戦、小中学生選手権地区予選の大会要項を預かったので、大会案内ハガキを作成したり、運営を担ってくださる支部役員の方へ要項などの書類を郵送しました。
あと小中学校団体戦地区予選の会場予約をしたのですが、いつもの会議室が先約されてしまってました。3月終盤は手が回らなかったとはいえ、痛かったです。
Amazonから昨年の情報処理試験の午後問題の解説本が出版される旨のメールがきたので、早速、予約しました。昨秋の試験で太刀打ちできなかったのを踏まえ、研究したいと思います。
それにしても便利な世の中になったもんです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事