エアガン講座

最近、モデルガンモデルガンモデルガン、時々エアガンになってます、看板に偽りあり?

全体表示

[ リスト ]

 さて今回のお題は、BWC SW1911Proシリーズ3インチ、その他2 です。


SWの1911モデルとして、色々な新しい要素を取り入れて発売されたProシリーズの、3インチモデルですが、コルトやキンバーに目が慣れていると、新鮮に感じます。

そんな、Proシリーズ3インチモデルですが、見た目を変化させるために、新たにアイテムを入手してみました。



イメージ 1

イメージ 2
イメージ 3











実物同様の、樹脂グリップはやはり使える道具としての、魅力があると思いますが、コレクションとして眺める分には、個人的に華が感じられません。

そこで、今回入手したアイテムですが、



イメージ 4

イメージ 5


アルタモント製 チェッカー&スネークスキン パターンのグリップです。
材質自体は、積層合板になりますね。

そうです、BWCのHPに掲載されている、もう一つのパターンを再現してみようと、言うことです、それでは早速。


イメージ 6

イメージ 7
イメージ 8











流石に、樹脂グリップとはグリッピングに差が感じられますが、赤い色目のグリップとそのパターンの相乗効果?で、華やかに感じられます。



イメージ 9


Eシリーズ自体は本体のセレーションが波、又は鱗状になっている事もあり、デザイン性を合わせている部分もありますね。


イメージ 10


Proシリーズの3インチモデルに、このパターンのグリップという部分が、新鮮に感じられます。

一つのモデルで、グリップを交換して色々な表情を楽しめる、グリップパネル方式を採用しているモデルならでは、ですね。

以前なら、こうしたグリップは殆ど入手せず、本体を入手して仕舞い込んで終わりでしたが、こうした楽しみ方も随分理解できるようになってきました。

選択肢の幅は、まだまだありますのでこうしたコレクションも、継続しようと思います。






.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事