全体表示

[ リスト ]

「人間の器」

 「大人になる」


 イヤなことが起きるとすぐに顔に出ちゃったりする
 人のことを小人(しょうじん)といいます。小人は、
 相手と自分しか見えません。大人は自分のことも、
 周りの人のことも見えている人です。


 (『愛のセラピー』(KKロングセラーズ)より)

───────────────────────────────


斎藤一人さんは「大人の目で見れば、大人としての
 社会的な地位もついてくる」とおっしゃっています。

 ここでいう、「大人」というのは、20歳(ハタチ)
 という意味ではなく、器の大きな人という意味
 だといいます。

 そして、大人の目というのは、自分も周りのことも
 客観的に大局的に見ることができる視野の広さを
 いうようです。

 確かに、器の大きい視野の広い人間になることが
 できれば成功は間違いないですよね。

 小人にはならないように、常に視野を広く持って
 生きていきたいものですね。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事