過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

「人間の器」

 「大人になる」


 イヤなことが起きるとすぐに顔に出ちゃったりする
 人のことを小人(しょうじん)といいます。小人は、
 相手と自分しか見えません。大人は自分のことも、
 周りの人のことも見えている人です。


 (『愛のセラピー』(KKロングセラーズ)より)

───────────────────────────────


斎藤一人さんは「大人の目で見れば、大人としての
 社会的な地位もついてくる」とおっしゃっています。

 ここでいう、「大人」というのは、20歳(ハタチ)
 という意味ではなく、器の大きな人という意味
 だといいます。

 そして、大人の目というのは、自分も周りのことも
 客観的に大局的に見ることができる視野の広さを
 いうようです。

 確かに、器の大きい視野の広い人間になることが
 できれば成功は間違いないですよね。

 小人にはならないように、常に視野を広く持って
 生きていきたいものですね。

開く トラックバック(1)

「人間の成長」

 「人間の芸術」


 今日からみんなで恥をかきましょう。恥をかきながら
 覚えたことは、一生忘れません。心にザクリと刻まれて
 しまうんです。そして、心にたくさんヒビが入って
できた模様が、人間の芸術になるんです。


 (『ツイてる!』(角川書店)より)

───────────────────────────────


斎藤一人さんは「本当に頭のいい人は、知らない
 ことを質問する」とおっしゃっています。

 分からないことを質問することによって、人間は
 成長していくのだそうです。

 そして、たくさん質問をし、心にたくさんヒビが
 入ることが人間性を高め、その心模様が芸術に
 なるといいます。

 確かに、「聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥」
 という言葉もあるくらいですから、昔から
 斎藤一人さんがおっしゃることは認知されて
 いたのかもしれませんね。

 知らないことは素直に聞くように心がけたい
 ものですね。

斎藤一人さんクイズ

  Q. 斎藤一人さんが心が豊かな状態ではないときに
    心をリセットする方法として勧められている
 方法は何でしょうか。

  A.『神社に行くこと』です。神社に行くことによって、
    心の状態がリセットされるといいます。

斎藤一人さんクイズ

  Q. 斎藤一人さんがおっしゃる天国言葉とは
    具体的にはどのようなものでしょうか。

  A.『ついてる うれしい 楽しい 感謝してます
    しあわせ ありがとう ゆるします』です。
    こうした言葉を使うことで言った人も聞いた人も
    心が晴れやかになるそうです。

「知識の吸収」

 「良いことは教える」


 オレがしゃべったことで、何かいいことがあったら
 勝手に取り入れなね。「一人さんがこんないい話して
 くれた」じゃなく、「自分のものだ」っていう顔で
 みなさんに教えてあげるんだよ。


 (『無から有を生み出す成功法則』(大和書房)より)

───────────────────────────────


斎藤一人さんは「オレがしゃべったことは
 みんなにあげたもの」だとおっしゃっています。

 ですから、斎藤一人さんがしゃべったことは
 どんどん使っていいといいます。

 斎藤一人さんの成功法則に「既にある知識を
 手放すことで新たな知識が入ってくる」という
 法則がありますが、斎藤一人さんはそれを
 実践されているのではないかと思います。

 知らないことは知っている人から吸収し、
 自分が知っていることは、どんどん周りの
 人に教えてあげるように心がけたいもの
 ですね。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事