ここから本文です
This is Chad Mullane's Blog!
チャド・マレーンのチャド・マレーンの「自分、鼻の下になんかデキてんで」

書庫全体表示

昨夜は焼き肉でパンパンになった後、
お寿司を食べに行った。
荒れてるぅ〜!

しかも家に帰ったら、
温かくなって来てるせいで猫の抜け毛が激しくて、
獣臭が5割増し。

朝起きたら、
Beef + Fish + Cat = Foot
そう、
結果的に色々混ざりまくって、
部屋中でプンプンだったんが
「足の匂い」
みたいなもので、
仕方なく鼻を引っこ抜いたった。

無臭です〜す〜す〜〜〜

ってなるかっ!!!

さて、
『L.A.ギャング ストーリー』
2013年(米)113分
監督:Ruben Fleischer(ルーベン・フライシャー)

イメージ 1

日本では
「まるでギャングな警察たち」
のコピーがついてるみたいやけど、
そう、
カッコいいながらも、
やっぱそんな cheezy な感じであ〜る。
(cheezy = ニヤニヤするくだらなさ)

"Zombieland" (2009年) の監督さんとは知らずに観たけど、何か、ホッとした。
というのも、「ゾンビーランド」を観たときは、
相当嫉妬を感じたからだ。
全てにおいて程よくて。
Woody Harrelson がめっちゃ好きやし。
なところに、今回のは
「ちょいとズレちまったな〜」
感があって、の、ホッと。

まず、
アメコミからの流れだろうけど、
「駄洒落」や「うまいこと」を、
「格好良く言う」それ、
がやっぱ笑けてまう。

多分、悪い意味で(イヒヒヒ〜)

この作品はコメディーじゃないねんけど、大好きな Sean Penn が真剣にやってるのに、監督さんはおそらくハードボイルドを茶化すのが好きで我慢し切れず、ちょいちょい「やり過ぎた駄洒落」など、変なのが出てしまう。また、その変なのを笑っていいもんかどうか分からんから「歯がゆいな〜」っていうのがずっと続いてての、最後のファイトシーンでは、やっぱ、
「ぐふわはは〜!」
となりましてん。
しょーんぺん!

そんなズレた見方をせんでも、
そこそこオモロいと思いますよ!
やっぱお洒落やし。
今100億円あったら、
20�億円かけて、
この作品に登場するようなお洒落なダイニング空間
東京で創りたい!
でも創らない!
You know why!

ひとつだけ、
見せ場のはずのシーンが、
「なんか、シックリ来へんな」
と思って調べたら、
どうやら映画が完成した直後、
米国の映画館内で大量殺人事件が起きてしまい、
奇しくも見せ場のはずのシーンは
「映画館内で大量殺人」
で丸かぶりのため、
公開延期 → 脚本書き直し → 撮影し直し → 編集し直し → 今の映画
ってな流れがあったそうです。

NARUHODO NATTOKU!

あと、個人的にショックだったんが、
この映画は第二次世界大戦直後の話。
なのに、アクションが速いねん!

「あの時代やねんから、もうちょっとゆっくりでもいいんちゃうの?」
と思ってても、
冒頭からすごいスピードで
  パン!
  ガン!
  ズバッ!
  ピシャッ!

の連続で、
「確かに今も昔も人間は同じ人間なんだから動くスピードは一緒だろうけど速い!速い!速いよ〜」
と一人で、
自分のそんな先入観に軽いショックを受けておったんだ。

さぁ、そんなこんなで、
今回の SHIBILELUセリフはこれ!

 ↓ ↓ ↓ ↓ 

ヘマをしてしまった部下の処遇について、
右腕の殺し屋に指示するショーン・ペン

英:You know the drill.
和:どうしたらいいか、分かってるな?

この場合の drill は、
「漢字ドリル」などの「ドリル = 訓練」で、
「訓練通りにな」
ってな意味ですが、
流石の駄洒落多き世界!

You know the drill と言われた殺し屋は勿論、
そのまま極大電動ドリルを取り出すのである!
ヘマしちまった部下を目がけて
  ウィ〜ン!!!
  ノーーー!!!
曇りガラスの向こうで血が
  ピシャッ
となって、間髪入れず、次のシーン:
グリルの上にハンバーグの肉が
  ピシャッ
同じ音だ、、、
しかしそこは平和で陽気な日曜の昼下がりのBBQのひとコマであるから良かった〜!

やっぱそんな cheezy なのも楽しめる映画じゃよ!

SHIBILETA?

P.S.
コアな情報だけど、
メインの刑事の経歴を署長が読み上げるとき、
「キャンプX」
ってな存在について触れられる。
それに対して、
主人公は「知らんな」と誤摩化すけど、
その「キャンプX」とは、
アメリカが第二次世界大戦に参戦する前、
極秘で作った「特殊部隊の訓練場」のことである。

戦後になってもまだ訓練場として使われていたが、
「007」の原作者の Ian Fleming や、
「チャーリーとチョコレート工場」の原作者の Roald Dahl なども、そこで色々と訓練したとの噂があります。噂かい!はい!ばいばい!



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事