全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

5/2(土)
 
 やってきましたGW今回はブチ切れの10連休流石に16連休は却下で(笑)

さぁどうするよ?と、K氏と悩みに悩んで・・・・

結果、いつものSP波止をヤメ、過去に良い思いをした南紀へ

地波止でフル釣行なので、天候の良い日をチョイス、朝夕の時合をモノに出来るか・・・。

車中泊なので、前日夜出発し、白浜の釣太郎でエサを買ってダンゴをコネコネ...
イメージ 1
ここで買ったアミエビが良くなかったです安いだけのことはありますね
水が多く、エビも小さく...いつもの買って持って行けば良かったと後悔...。

 現地到着は22:30、停泊しているが多いものの、とりあえず、3人分のポイントを確保
寝るために車内をベッドモードにチェンジし就寝 

 夜中、先端のベストポイントが空いていたので移動し、朝4時まで
K氏にモーニングコールするはずが、既に到着済

 先端から、チビ(ヌカ切り)、僕、K氏の順に布陣。
並んで5時から砲撃開始

が・・・・

天気もイイ!景色もイイ!空気もキレイ!水もキレイ!
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

これで釣れれば最高なんですが・・・。

 釣れたのは、市内と同じボラ、ゴンズイ、ササノハベラ、その他はネンブツダイ、タカノハダイ、
ヨメヒメジ、オニカサゴ、オハグロベラ
チビはサンノジの引きを楽しみ、コッパ、シマアジの子供、ササノハベラ。
サルカンを引きちぎるくらいの怪物(たぶんイズスミ)と2度対峙しましたが撃沈。
イメージ 5

椿温泉に入って帰りましたが、いいお湯でした
ここもやっぱり秋?(笑)


タックル他
ロッド:ダイワ メガディス1.5−50 
     シマノ ラディックスISO 1.5−500
リール:ダイワ  12ルビアス 2506H 
           トライソ   2500H−LBD
 道糸:2.5号
ハリス:2号、3号
 針:グレ 8号

開く コメント(0)

3/28(土)

久しぶりの単独&K氏とコラボ

どこに行くか迷いに迷った末に、いつものS渡船でもK渡船でも無く...

湯浅(正式には広川町)のなぎ丸渡船さんのお世話になることに

そして、カルモ島や毛無島に渡らず、あえて釣れていない一文字へ

朝イチ、船頭さんからも「厳しいわなぁ、水温低いし・・・」と言われるも

ドMな二人はお構いなし(笑)

更に、船頭のオススメを断り、底の荒いと言われる広一文字へ。

*なぎ丸渡船さんの概要*
料金:磯渡し3500円、一文字3000円
    (中学生以上は大人料金、小学生は2000円)
出船時間:磯渡し 5:30頃(日の出時間から20分程度早め)
       一文字渡し 6:30頃(磯渡し終了後すぐ)
       見回り:2時間おき
       最終 :18時まで
       (終了時間は予定を事前申告、変更ある場合は電話で)

*一文字の概要*
通称:北側:湯浅一文字、南側:広一文字。
(船頭さんは向かって右、左と言ってましたが)
全長:湯浅一文字約450m、広一文字約400m
共通:ケーソンの全高約9m、TPからケーソン上まで3.4m、ケーソン幅約10m
    海底(基礎石の無い面)からケーソン上まで約13m


<中央付近から北を望む>
イメージ 1

<西を望む>
イメージ 2
<東を望む>
イメージ 3

<南を望む>
イメージ 4

底が荒いと言われてましたが、遠投派の2人には全く影響なく釣りは出来ました
が、荒れていない自然豊な海は釣り人にとって厳しく・・・
と言ってもK氏はきっちり本命GETしていましたが。

            ・
            ・ 
            ・ 
            ・

16:00納竿
イメージ 5

個人的な感想
・ゴム製の梯子でケーソンへ渡礁するので、おひとり様では厳しいです。
 二人以上で行かれる事をオススメします。
 (おひとり様の場合、船頭さんがサポートしてくれるそうですが)
・チヌ(グレにしても)、秋口のポイントかな?と。
・カゴ網が入っているので、ブイの浮いている周りは要注意
・磯渡し優先のため、完全に夜が明けるので朝イチは期待薄
 (磯渡しのお客さんが多いと、更に出船が遅くなる可能性大)
・風が吹くと釣りにならない。
 (風力発電所があるだけに風は強く、良く吹く?)

開く コメント(0)

3/23(月)
 
 この釣行までに3度ボーを喰らっていたので、最後こそは!と気合の釣行
と言っても、用を済ませてお昼から・・・(笑)
向かい風上等で、河の左岸へ
 
 ベストポイントが空いていたので、チビ、僕の順に布陣。
何とかチビに1枚釣ってもらってNewロッドの入魂を...。

 開始早々、沈め気味のウキがゆらゆら〜っと海中に
              
               キタ――(゚∀゚)――!!

 あれデカ過ぎエリネスで引きを楽しむもやっぱりボラ...
その後、潮は左右にフラつくも流れが緩く、気合のマシンガン撒き餌を打つものの
たま〜にフグがカジる程度。
その内、潮が飛び出し、おやつの時間なので、竿を置いてチビの釣りを見ていると

チビが 「オキアミ潰された〜」 と。

魚は居る、間違いない、あとはどう喰わせるか・・・。
チビなりに考え、潮が飛ぶ中、シモリを通るラインを流す事2回目、Aさんバリの
大合わせを喰らわせたかと思うとロッドがギューン

               キタ――(゚∀゚)――!!

               「あ〜ボラかも〜

最近チヌを釣っていないチビの弱気な発言(笑)
「まぁ引きだけでも楽しんだら〜」と励まして、タモを取って待っていると・・・
何と言うことでしょう!浮いてきたのはおチヌ様(最初から分かっていましたが)
丁寧にタモ入れさせて頂きました(笑)
久々の本命GET、45cm

 このポイントのパターンは潮が緩むラッシュ、潮が飛ぶ獲っても単発が
多いので、緩むまでは撒き餌を切らさない程度に少しづつ...。

 日も傾き始め、予定通り潮が緩んできたので、マシンガン撒き餌を打つものの
フグが2匹

まだ居るはず!とシモリ周りを丁寧に流すと、ウキがズキューン

              やっとキタ――(゚∀゚)――!!
 
これは間違いなくおチヌ様先手を取られないよう、ラインをピンピンに張っていたので、
根に巻かれる事なく無事GET、43cm

雰囲気ありありで、まだまだ追加出来そうな雰囲気でしたが、タイムアップ
 
<釣果>
チヌ     45cm、43cm       各1枚
リリース、フグ3匹、ボラ3本
 
タックル他
ロッド:がまかつ エリネス1.25−50 
     シマノ   ラディックスISO 1.5−500
リール:ダイワ  15フリームス 2506H 
           トライソ   2500H−LBD
 道糸:2.0号
ハリス:1.5号
 針:チヌ 3号
 
今日の撒き餌
オキアミ3kg チヌテン1袋、白チヌ1袋

開く コメント(0)

2/11(水祝)
 
 翌日の雨予報のせいか、南と西よりの風だったので河の左岸へ
 
前回と同じポイントに入るも、今回はフグが多く

遠投して交わしながらの釣りに。流れは手前が強く、奥は緩いのでチビは苦戦

誰も居ないので、どんどん流していくと、少しシモった?少しラインを張ってやると

シュンっとウキが海中に
 
              キタ――(゚∀゚)――!!
 
が、遠くから浮いてヒラヒラと...30あるかないかのキビレ、まぁとりあえず

開始から2時間、このパターンからすると寄った感じは無いので、こまめに仕掛け

を打ち返し、今度はチビが際でヒット!先ほどより少し大きめのキビレが

それからいろいろ手を打ったものの、夕暮れが

となると、お決まりの必殺技で一発”ドカン”を期待して・・・。

数投後、完全に油断して夕陽に見とれていると・・・ウキが海中に・・・・

あっと思ったら、時すでに遅し...

ロッドを一気に根元まで曲げテトラへ一直線

サルカン上からブチッでジ・エンド

来たら40後半のこの釣り方で、やってはいけない油断をして自滅...。
 
イメージ 1

 
 
<釣果>
キビレ     30cm、34cm       各1枚
リリース、フグ多数
 
タックル他
ロッド:ダイワ  銀狼AIR 1−50 
     シマノ  鱗海AX 1−530
リール:ダイワ  エクセラー 2506H 
           トライソ   2500H−LBD
 道糸:2.0号
ハリス:1.5号
 針:チヌ 3号
 
今日の撒き餌
オキアミ3kg アミノX遠投ムギ 1袋

開く コメント(0)

1/25(日)
 
 午後の底を狙ってチビと河へ
 
前回と同じポイントに入るも、フグも少なく雰囲気が無いので、思い切って
 
ポイント移動
 
 イイなと思う場所には先客が陣取っていたので、その横に入らせてもらい釣り開始。
 
14時からなので2,3時間の短時間勝負
 
イメージ 1
 
前回とはうってかわってエサ取りが無く、オキアミは原型のまま帰還
 
3投目、いつもの遠投で仕掛けを流すと、チョン・・・スーーーっとウキが海中に
 
本命アタリ、キタ――(゚∀゚)――!!
 
竿を叩いているものの軽い?ロッドのパワーのせい?上がってきたのは30cmくらい
 
のキビレ、まぁとりあえず
 
 これから潮が飛び出し、遠投でアタリを出せず 
 
と思ったら際を流していたチビが、Aさんばりの鬼アワセ
 
デカいのキタ――(゚∀゚)――!!
 
叫び必死に耐えるチビ、テトラに沿って走るチヌ、静観する僕(笑)
 
テトラに潜り込まなかったのが救いで、ロッドでタメてその後は一気に浮かせて無事GET
 
前回に続いて40アップ
 
チビの必殺モードは継続
 
 
今晩のメインディッシュに間に合わせるために、早めの16時に終了。
イメージ 2

 
 
<釣果>
チヌ      45.0cm       1枚
キビレ     31.0cm       1枚
リリース、ボラ6本
 
タックル他
ロッド:ダイワ NewDXR 1.25−53 
     シマノ 鱗海AX 1−530
リール:ダイワ  エクセラー 2506H 
           トライソ   2500H−LBD
 道糸:2.0号
ハリス:1.5号
 針:チヌ 3号
 
今日の撒き餌
オキアミ3kg 4倍コマセチヌ0.5袋、素ヌカ1リットル

開く コメント(2)

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事