チャコティの副長日誌

まだまだヤフーブログ使い倒しますよ(笑)

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1


火曜の休館日を利用した恒例?のナイト・ミュージアム.
勤めてる会社が協賛している関係での特別内覧会.
なにより少ない観客環境で鑑賞できるのが魅力.

イメージ 2

ワークライフバランスを活用して、夕方17時半には、
もう六本木の国立新美術館へ到着.
会社のIDカード で入館.

社員で結構な数の観客にちょっと驚き.

------------以下は同館HPより転載------------

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、
工芸、デザイン、ファッションなど、それぞれの領域を超えて、
新しい芸術を求める動きが盛んになり、ウィーン独自の装飾的で
煌きらびやかな文化が開花しました.

今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グスタフ・クリムト
 (1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家 オットー・
ヴァーグナー(1841-1918)、ヨーゼフ・ホフマン(1876- 1958)、
アドルフ・ロース(1870-1933)など各界を代表する 芸術家たちが登場し、
ウィーンの文化は黄金期を迎えます.

それは美術の分野のみならず、音楽や精神医学など多岐に わたるものでした.
本展は、ウィーンの世紀末文化を「近代化モダニズムへの過程」と
いう視点から紐解く新しい試みの展覧会です.

18世紀の女帝マリア・テレジアの時代の啓蒙思想がビーダーマイアー
時代に発展し、ウィーンのモダニズム文化の萌芽となって19世紀末の
豪華絢爛な芸術運動へとつながっていった軌跡をたどる本展は、
ウィーンの豊穣な文化を知る展覧会の決定版と言えます.

----------------------------------------------


東京都美術館で開催されている「クリムト展」との兄弟企画.
題名にクリムトの文字はあるが、これはキャッチコピーで、
内容的にはクリムト、シーレはほんの一部でしかない.

これはクリムトが苦手な副長には好都合、全体的にはウィーン
を中心とした文化活動の紹介という観点で、歴史的にも
文化的にも好ましい内容であった.

歴史に疎い副長にとって、マリア・テレジア以降の歴史の概要と
その文化の変遷について学ぶことが多く、とても有意義だった.

ウィーンの文化大都市として変貌を遂げたのは、フランツ・ヨーゼフ1世
の指示によるリングシュトラーセの開通だろうか.その後の著名な
建築家オットー・ヴァーグナー、ヨゼフ・ホフマンによる建築物にも
見るべきものがある.

イメージ 3
ヤーコブ・アルト《ウィーン上空に浮かぶ熱気球》1847年

芸術や工芸以外に建築でも華開いた時代だ. 画家の作品としては、
やはりクリムトとは相性が悪く、好きになれない 作品ばかりで嘆息してしまう.

イメージ 4
グスタフ・クリムト《エミリーエ・フレーゲの肖像》1903年


反して、エゴン・シーレの画には はたと胸を打つものがあった.
自画像なんか心に突き刺さるようだ.

イメージ 5
エゴン・シーレ《自画像》1911年


映画でも彼の自伝を観たけど、異端の早世の画家のイメージで、
あまりよく作品も観なかった喰わず嫌いだったのだが、
今回の たった数点で心を打ちぬかれた印象.
もっと良く観ないといけない.

副長がウィーンを訪ねたのはもう二十数年前.
でも何ら変わることの無いその街並みをまた観たくなった展覧会.

 .

―――――――――――――――――――――――――――
本記事は以下のブログにも掲載しています.
そちらでもコメント受付しております.
お気軽にお越し下さい.

https://ameblo.jp/chakotay17275/

https://chakotay17275.blog.fc2.com/
―――――――――――――――――――――――――――

閉じる コメント(8)

3人の孫の世話に明け暮れて、観ようと思っていたこの展覧会のことをすっかり忘れていました。
終了前に行かなくては!
私はエゴン・シーレよりやはりクリムト…。

ウィーンの街は本当に美しくて、再訪したい気持ちになりますね♪

2019/7/12(金) 午前 5:30 まんち 返信する

顔アイコン

エゴン・シーレの作品は訴えるものが多すぎて辛くなります。私にとってゴッホと同じ感覚かな。
ウィーンは何度行っても楽しめる街、新旧の建築物を眺めてカフェでまったり、食べ物も美味しいのは栄華の名残りでしょうか?

2019/7/12(金) 午前 6:35 アンダンテ 返信する

> まんちさん
全体としてはウィーン礼賛の展覧会の印象でした.好ましい企画のあんばいに気持ち豊かに観ることが出来ました.ぜひ会期終了前に!

2019/7/12(金) 午前 6:58 チャコティ副長 返信する

> アンダンテさん
たしかにゴッホの訴求力に通ずるものがあるかもしれません.奇遇ですが、シーレの描いた「ひまわり」はまた強烈なインパクトの作品でした.
ウィーンは食べ物も美味しいですよね.行きたくなっちゃったなぁ.

2019/7/12(金) 午前 7:01 チャコティ副長 返信する

顔アイコン

少ない観客環境で鑑賞・・贅沢ですね(^_-)-💛
クリムト・・そうですか・・人の好みは、いろいろですね。

2019/7/12(金) 午前 8:07 otori (オトリ) 返信する

> otori (オトリ)さん
クリムトは好きな方多いのですけど…私とは波長が合わないようです(苦笑).

2019/7/12(金) 午前 8:59 チャコティ副長 返信する

顔アイコン

2019/7/12(金) 午前 10:11 きみちゃん 返信する

> きみちゃんさん
こちらにもナイスありがとうございますっ!

2019/7/12(金) 午前 10:15 チャコティ副長 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事