チャコティの副長日誌

いよいよヤフーブログお別れです….

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1
《写真は本文と無関係です.道端の夏の花》


「ナッジ」と呼ぶ研究分野が注目を集めている.
個人の判断や選択を尊重したうえで人の心理に働きかけ、
科学的に行動を変える取り組みで、行動科学とも呼ばれる.

ナッジとは英語で「相手を肘で軽くつつく」という意味.
2000年代に理論を提唱した米シカゴ大学のリチャード・セイラー
教授は行動経済学の発展に寄与したとして、2017年のノーベル
経済学賞を受賞した.

セイラー教授によるとナッジには「インセンティブ」や「フィードバック」、
 「デフォルト」などの手法がある.

節電を例にすると、「省エネしないとこれだけ損する」と金額まで
書いた文書を送るなどして動機づけを与えるのがインセンティブ.
電力消費量を近所の家と比べて競争心を呼び起こすのが フィードバックで、
家電量販店が家電を出荷する時に選んでほしい
省エネモードにあらかじめ設定しておくのがデフォルトだ.

セイラー教授によると、人はその物や現象の良し悪しに対する
絶対評価よりも、物事をどう感じるかという主観的な比較評価に
より選択を行っている.

そのため、 選択肢の表現方法などによっては自身にとって 望ましくない
選択をしている場合が多くある.そこで、表現方法を 工夫することにより、
人が自発的に望ましい選択を行いやすいよう 誘導することがナッジである.

ナッジは 、 あくまで選択の自由を維持しながら意思決定を誘導する
ことである.したがって、選択肢を制限 したり、経済的なインセンティブ
を使ったりすることはナッジではない.

ナッジの最も有名な成功例としては 、アムステルダムの空港で男性用
トイレ便器の内側に一匹のハエを描いたところ、床の清掃費が8割も
減少した事例がある.

英米ではこうした行動科学の政策への活用が進む.
政策の決定では個人の自由と政府の介入のバランスが大事になる.
個人の選択肢を尊重しつつも心理に働きかけて行動を変えるナッジは、
自由と介入の中間にあたる政策手段として期待を集めている.

英国では10年に、「ナッジ・ユニット」を設置.徴税などの公共サービス
の運営コストを下げ、市民が使いやすく改良する目標を掲げた.

米国でも15年に当時のオバマ大統領が、行動科学の知見を
温暖化ガスの排出削減や雇用増大、健康促進に役立てるべきだと
の大統領令を出した.今の某大統領とはえらい違いだね(笑).

導入効果はてきめんに表れた.英国ではナッジの手法を用いて
所得税の申告が遅れた人に「あなたの町の9割は既に申告した」と
文書で通知.通知を受けた人は少数派になることを恐れ申告が増えた.

米国では奨学金を申し込みやすいよう申請手続きを簡略化したところ、
申請が増えて大学進学率が上がった.大阪大学教授の大竹文雄さん
は「低コストで高い効果を狙える」と利点を指摘する.

日本でも政策への導入が始まった.環境省が17年4月に「日本版 ナッジ・
ユニット」を発足させ、デロイトトーマツコンサルティングや 関西電力、
東京大学などの4グループが参加.

21年度までの5年間で、 ナッジを活用して節電などの省エネを進める.
デロイトトーマツと東京電力エナジーパートナーなどのグループは
6万世帯を対象に、電気使用量を記した文書を送ったり、 2000世帯に
スマートフォンへ情報を配信したりする.

また自動車を運転する時の加速度や燃料消費量を解析し、 急加速や
急減速をしない運転方法などをスマホへ配信. 燃費を抑え環境に優しい
エコ運転へ誘導する.

ナッジは最先端の科学だが、経験的に使われてきた事例もある.
欧州の一部の国では脳死時の臓器提供の意思を示す書類に、
本人が「提供の意思なし」と書かれた欄にチェックしなければ
「提供の意思あり」とされる.提供の同意率が100%に近い国も多い.

 一方で日本では「意思あり」と書かれた欄にチェックしないと
同意とならず、同意率は10%程度にとどまる.

限界もあり、受け手が慣れれば効果がなくなる.
大竹教授は「たばこの箱に喫煙でリスクが高まる肺がんの写真を
印刷しても、喫煙者が慣れて喫煙を控えなくなるとの見方もある」と.

また特定の行動に人々を誘導するために悪用される危険もある.
例えば選挙で複数の候補から選ぶ際、名前をリストの一番上に
書かれた候補に注意が向きやすくなるという.

日米欧の先進国は高齢化などで財政赤字を抱える国が多く、
行政コストを抑えて効果を上げる手法としてナッジに期待がかかる.

また、生活や仕事にナッジを取り入れれば、効率化できるかもしれない.
限界を認識しつつ、従来の手法と組み合わせる必要がある.

またわれわれ生活者は、容易にナッジにひっかからないように、
こんな仕組みの存在も知っておく必要がある.

[日経電子版2018年3月29版(草塩拓郎)からの引用文に加筆]

.

――――――――――――――――――――――――
本記事は以下のブログにも掲載しています.
そちらでもコメント受付しております.
お気軽にお越し下さい.


https://ameblo.jp/chakotay17275/

https://chakotay17275.blog.fc2.com/
――――――――――――――――――――――――



閉じる コメント(8)

顔アイコン

なるほどですね💓 面白く読ませていただきました♥
行動科学の政策への活用・・どんなものでも・・プラス面とマイナス面がありますね。それが人によって違うし・・、ですね(^_-)-💛

2019/8/16(金) 午前 5:11 otori (オトリ)

顔アイコン

心理に働きかける…便器のハエの話は聞いたことがあります。
いいにつけ、悪いにつけ、なかなか活用は難しいし、それに乗ってしまうことがいい事なのかどうか難しい。
いろんな分析ができ、心理に働きかける方法、慣れというのにまで及んで、複雑かつ深いです。

2019/8/16(金) 午前 5:40 れい

> otori (オトリ)さん
これ、お面白いですよね♪知っていれば、容易にのせられなくなると思うのですが….好いように誘導されては危険ですものね.

2019/8/16(金) 午前 5:47 チャコティ副長

> れいさん
容易にのせられない…ことが重要だと思います.判って自分で選択するには問題がないと思うのです.でも、面白い分野ですね♪

2019/8/16(金) 午前 5:50 チャコティ副長

顔アイコン

以前、サブリミナル効果というのがややマイナス面を強調して話題になりましたが、それとは似て非なるものなのですね。誰がどう使うかでプラスにもマイナスにもなりそう。既にそれに乗ってる場合もありそうだし

2019/8/16(金) 午前 11:46 アンダンテ

> アンダンテさん
そう知らぬ間に…というのがキーですね。
最終的には個人判断ですから、誰にも罪は有りませんね。

2019/8/16(金) 午後 1:49 チャコティ副長

顔アイコン

2019/8/17(土) 午後 4:25 きみちゃん

> きみちゃんさん
こちらにもナイスありがとうございますっ!

2019/8/17(土) 午後 4:48 チャコティ副長


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事