チャコティの副長日誌

まだまだヤフーブログ使い倒しますよ(笑)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
原題:MISSION: IMPOSSIBLE ROGUE NATION
制作年:2015年 制作国:アメリカ 上映時間:131分


土曜日は介護疲れを発散すべく、映画も2本続けて鑑賞.
会員割引だしね、結局1300円で2本観ちゃった(笑).
柏の葉シネコンで、本年累積94本目の鑑賞.

トム・クルーズ演じる伝説のスパイ、イーサン・ハントが数々の
不可能なミッションに挑む大人気アクション・シリーズの第5弾.

イーサン率いるスパイ・チー ム“IMF”が解体の危機に直面しながら
繰り広げる、謎の組織“シンジケート”との究極の諜報バトルの行方を、
迫力のアクション満載に描く.

共演はジェレ ミー・レナー、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、
ジェレミー・レナー、ショーン・ハリス、サイモン・ペッグ.

監督は「アウトロー」のクリストファー・マッカリー.
 
イーサン・ハントと彼のチーム “IMF”は、各国の元エリート・スパイたちによって結成され、
国際的な陰謀をめぐらす謎の組織“シンジケート”を追っていた.

しかしその矢先、IMFはCIA長官によって解散を命じられ、メンバーはバラバラに.
その後、単身でシンジケートの実体解明を進めていたイーサンは囚われの身となってしまう.

その窮地を救ったのは、なんと敵側のスパイと思われた謎の美女イルサだった.
やがて秘かにベンジーらチームのメンバーを再集結したイーサンは、敵か味方か
分からないイルサをも、その能力を買ってチームに加えると、シンジケートを壊滅すべく
史上最大の不可能ミッションに挑むのだったが….

以上は<allcinema>から転載.
--------------------------------------


離陸する軍用機のドア外部に張り付き、時速400キロで高度1500メートルに上昇しながら
“Open the door !”と叫ぶCMシーンはいきなり冒頭から出てくる.出てくるアクションは
まだ序の口.最初っから、もうつかみは十分っ♪

以降テンポ良く話しは進み、決して破綻のない脚本は素晴らしい.
謎のテロリスト集団“シンジケート”を巡るIMFとCIA、そしてMI16のスパイ組織たち.
そしてスパイ個人の存在と生きざまをアクションを交えながら巧みに描く.

本作品、トム・クルーズのアクションを含めた活躍は相変わらずなのだけど、
ヒロイン;イルサを演ずるレベッカ・ファーガソンの存在感が素晴らしい.
若すぎないけど魅力的な容姿、アクションの切れの良さ、バイクの腕(笑).

敵役;ソロモン・レーンのショーン・ハリスもまた抜群のパフォーマンスを見せる.
クール&クレバー、非情さの塊みたいな性格を寡黙な表情で押し隠し悪事を進める.
が、イルサにだけは…甘い.何度も騙され、裏切られても彼女を殺すことなく、
手先として使い続けるのは、突っこみ処と思う.けっきょく惚れてる??

アクションシーンは水中や、BMWを使った車と満艦飾なのだけど、やはりバイクの
シーンのスピード感ったらありゃしない.ジョン・ウー監督の第2作「MI-2」でもバイクシーンは
興奮したけど、純粋なスピード感といういう意味では本作が勝ると思う.

結局CIAとIMFの葛藤も収拾し、イーサン・ハントは又も同じ職にありつけることになり、
またまた…第6弾を待つばかり?.
一流のアクションもの、この夏を楽しくさせてもらった.









開く コメント(22)

イメージ 1

毎朝徒歩通勤で、その出来をチェックしている
二ヶ領用水脇の花桃の実.

去年は7月初と末の2回収穫.
今回は熟するのを待って8月/中に.

今日は関東も涼しかったので、
高刈り鋏を担いで、花桃の実狩りへ.

イメージ 2

菊桃の実は少し形が尖っているような?


なるべく大きな実を選んで
高刈り鋏でチョッキンッ!

イメージ 3


高い処ほど日の当たりが良いのか
赤くなっているような気がする.

2.5mの高さまでは届いちゃう♪

イメージ 4




今年もたくさん採れました.

イメージ 5


さて、今週は夏休みだから
のんびりジャムでも作りましょうかね♪.

けっこう美味いのだぁ〜.









開く コメント(6)

イメージ 1

先月に食べた麺類、忘れないように載せなきゃ.
というかデスクトップに溜まっちゃって(笑).

まずは川崎駅地下の「野郎らーめん」
定番の“野郎らーめん”.
味噌だの、つけ麺だのバリエーションは増えているけどね.

作る人によるバラツキ具合はあるもので、
この日はイマイチ.

モヤシの炒めがあまいし、チャーシューがプア.
なにより、背脂の投入が多すぎ….

中太麺の茹で方はバッチリ固めで
それだけはよかったけど.

この日の780円は高かった気がした….



次は新規開拓店.
チバラキ地区R6沿いの
「背脂らーめん宮本 関東」取手店

関東地区に十数店あるチェーン系.

デフォルトの “背脂醤油”

イメージ 2

煮卵はかじった訳じゃない.
最初からこんな風体で出て来た.

麺は細麺で茹で方はベスト.

だが…、味が濃い、濃すぎるのだ.
すべからくだ.

煮卵の味は濃すぎてしょっぱいレベル.
シナチクの味も濃い.

炒めた野菜類も塩胡椒多すぎ.
チャーシューも燻し過ぎの味の濃さ.

スープ…これがまた味が濃い上に
背脂たっぷり(当たり前か、背脂醤油だもんね).

喉が渇くことしきり.
水をコップ3杯いただく.

この日はサービスディで普段750円のところ
500円で食べられたのが唯一の救い?

二度と訪れない店リストにに載ってしまった.





最後は、お馴染み?神楽坂の「えぞ松」
ギンレイの帰りに寄っちゃう♪

イメージ 3

ほとんど定番の“焼きそば”
640円.

作り手が二人組で2シフトいるのだけど、
作りのバラツキがある.

この画を観て判るとおり、味付けが濃い日がある.
端的に言うならオイスター・ソース多すぎ.

もう少しあっさりが好きなのだけど….

キャベツの切り方が大きく雑なのは
回鍋肉飯と共有しちゃってるから?

なかなか理想の焼きそばに逢わないなぁ….


当分、この三麺記事は続きます(笑).











開く コメント(10)

イメージ 1
原題:JURASSIC WORLD 制作年:2015年 制作国:アメリカ 上映時間:125分


父の介護は午前中に全て終え、午後は近所の柏の葉シネコンで映画鑑賞.
溜まったポイントでタダ観したのは、レアな2D字幕版の恐竜モノ.本年93本目.

最新のバイオ技術で現代に蘇った恐竜たちが巻き起こす恐怖の惨劇を描き
大ヒットしたSFパニック・アクション「ジュラシック・パーク」シリーズの第4弾.

新たに建設された恐竜のテーマ・パークを舞台に、遺伝子組み換え操作で
誕生した新種の恐竜によって引き起こされた史上最大のパニックの行方を
圧倒的スケールで描き出す.

監督は、「彼女はパートタイムトラベラー」のコリン・トレヴォロウ.
主演は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット、
共演にブライス・ダラス・ハワード、ニック・ロビンソン、タイ・シンプキンス.
 
コスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、かつて多くの犠牲者を出した
“ジュラ シック・パーク”に変わる新たな恐竜テーマ・パーク“ジュラシック・ワールド”
がオープンし、連日多くの観光客でにぎわっていた.

この日は、パークの監督官クレアの甥で16歳のザックと11歳のグレイの兄弟が来園していた.
しかし多忙なクレアは兄弟に割ける時間などなく、彼らの相手を部下に任せることに.

折しもパークでは、Tレックスよりも巨大で凶暴な新種の恐竜“インドミナス・レックス”を
遺伝子組み換え操作で創り出し、新たな目玉アトラクションとして準備中だった.

獰猛なヴェロキラトプルさえ手なずけてしまう動物行動学の専門家オーウェンは、
そんなパークの経営方針に警鐘を鳴らすのだったが….

以上は<allcinema>から転載.
--------------------------------------


最近は番宣代わりに、前作や前々作を地上波で放映してくれるから
便利と言えば便利、余計なお世話と言えばお世話.副長には後者だ.

さて、毎回話題になるジェラシック・シリーズ.よせばいいのに過去3作とも劇場で観ている.
“3”なんか印象にも残らない酷さだったなぁ.やはり22年前の第1作が印象的.

さて、課題満載?の第4作.新人の監督のわりには上手くまとまった感あり.
テンポも良く、必要以上に恐ろがせらず、あっさりとした好印象.

なにやら研究所の玄関には“琥珀”のオブジェがあったりして、
第1作へのオマージュ感がたっぷりとサービス.
いまやDNA操作もお手の物で特殊な恐竜が出来ちゃう.

今回の主役?凶暴な“インドミナス・レックス”も色々な動物のDNAで合成されていて
そのレシピも段々と明かされていくのが又一つの筋書きになっている.

もう一つのキーは恐竜と人間の交情…“ラプトル”とヒーロー:クリス・プラットとの
関係は、最初の流行りの“待て”のシーンからその2者の微妙な部分を描き、
そのあとのクライマックスでもちゃんとピリリと味付けされているのが上手い.

怖いだけでなく、恐竜との交情を描いた点でも他3作より凌いでいるのでは?

面白く退屈させない125分間.
また…続作でも作るのかなぁ?











開く コメント(16)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事