チャコティの副長日誌

まだまだヤフーブログ使い倒しますよ(笑)

映画の部屋

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全386ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



イメージ 1
原題:THE MAIN BATTLEGROUND OF THE COMFORT WOMEN ISSUE
制作年:2018年 制作国:アメリカ 上映時間:122分


キネマ旬報シネマでの2本目は、ブロ友:じゃむまるさんのお勧め作品.
本年累積104本目の鑑賞は硬派?のドキュメンタリー.

これが長編デビューとなる日系アメリカ人のドキュメンタリー作家ミキ・デザキ
監督が、日本ではイデオロギー的な対立となってしまっている従軍慰安婦を
めぐる論争に真正面から切り込んだドキュメンタリー.

アメリカ各地で慰安婦像設置の動きが活発化し、慰安婦問題をめぐる論争が
アメリカをも巻き込み加熱していく中、ミキ・デザキ監督はこの終わりなき論争に
終止符を打つべく、日・米・韓における論争の中心人物たちを訪ね、互いに
対立するそれぞれの主張を丁寧に聞くとともに、一つひとつの論点について
客観的な検証を重ねていく.

以上は<allcinema>から転載. 
――――――――――――――――――


極々最近、本作の監督が何人かの出演者に名誉棄損で訴えられたと聞く.
単なるインタビューに答えた映像を、映画にまでされて心外だそう.

プロの論者たるもの、どんな場であってもその発言には責任をもつべきだろう
と思うのは私だけではないと思うが.

さて、日韓最大の難問とも言える「慰安婦問題」について、おびただしい
ニュース映像と記事の検証と、そして関係者?のインタビューの切り取り
(これは肝心だ)を交えてのドキュメンタリー.

多くの日本人は「もう蒸し返して欲しくない」とお考えだろう.私もそうだった.
 これを観るまでは.本作を観て少し気持ちが変わった. 蒸し返すしかないし、
終われないし、まだ始まったばかり…のような気が しているのだ.

慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?
本当に20万人も居たのか?
「強制連行」はあったのか?
何故元慰安婦たちの証言はぶれるのか?
日本政府の謝罪と法的責任とは?

これらの疑問に対して、ジャーナリスト、歴史学者、弁護士、衆議院議員、
政治学者、社会学者、元新聞記者…たちが丁々発止と持論を繰り広げる.

何が正しくて何が間違っているかは、本作の制作者は意図をもって編集して
いるがゆえ、見えてくるようになる.それを信ずるか信じないかはまた観客に
ゆだねられている.

幾つか考えた事を以下に.

・公文書だからといって全てを表すわけでは無い.これまた個人が書いた  
 記録でしかありえないののだから.

・根拠の無い、弱い数字は使わない.こけおどしにしかならない.

・何を言っているかより、誰が言っているかが重要.

・人は立場でものを言う.立場がそう言わせる.

本作で大事と思ったのは、戦後教育の修正論者の異常性.
現自民党政権と神道の結びつきで極右をはる日本議会の
存在とその異常性を指摘していることは評価できる.

主戦場とは良く名付けたものだ.慰安婦像を米国に建てる論議が
かまびすしいのだけど、米国内への飛び火や本作がアメリカ製であることに
違和感がある.

主戦場は日本であるべきなのだろう.




―――――――――――――――――――――――――――

本記事は今後の移転先になる以下のブログにも掲載しています.
そちらでもコメント受付しております.
お気軽にお越し下さい.

https://ameblo.jp/chakotay17275/

https://chakotay17275.blog.fc2.com/

―――――――――――――――――――――――――――



開く コメント(10)[NEW]


イメージ 1
原題:LES GRANDS ESPRITS
制作年:2017年 制作国:フランス 上映時間:107分


金曜日は父の介護の日なのだけど、この日は朝から柏のキネマ旬報シネマに
詰めて、介護の前に2本観た.まず1本目はフランス作の教育もの.
本年累積103本目の鑑賞.

移民や貧困による教育格差が深刻化しているフランスの社会問題を背景に、
問題中学校へと派遣された一人のエリート教師の挫折と奮闘を通して
教育の意義と学ぶことの喜びをリアルかつ軽妙な筆致で描いた人間ドラマ.

オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル監督が実際にパリ郊外の中学校で2年間に
わたり学校生活を生徒や教師とともにする綿密な取材を元に脚本を書き上げた.

登場する生徒たちは実際にモデルとなった生徒自身が演じている.
主演は「レセ・パセ 自由への通行許可証」「最初の人間」のドゥニ・ポダリデス.

名門高校で教鞭をとるベテラン教師のフランソワは、ひょんなことから
教育格差解消施策の一環として、パリ郊外の問題中学校に1年間の期限付きで
派遣されることに.

しかし様々なルーツを持つ移民の子どもたちが大半を占めるその学校の
荒廃ぶりに戸惑いを隠せないフランソワ.すぐに彼が長年培ってきた
教育ノウハウがまったく通用しないことを思い知らされる.

そんな中、教師たちの間で退学候補に挙げられていた問題児セドゥのことが
気がかりとなっていくフランソワだったが….

以上は<allcinema>から転載.
――――――――――――――


フランスは日本以上に中央集権化が激しい国.何もかもがパリに集中している.
当然教育機関もパリに集中している.反して地方都市の教育環境の劣化ぶりは
目を覆うものがある.

パリのその周辺郊外は移民が多く住むがゆえに、その学校の学校のありさまは
凄まじいものがある.そこの中学校へ主人公は超一流高校から転任する.

主人公フランソワは国語…フランス語の教諭.パリの一流高校で教鞭を
長くとってきていて、それなりの自らの教育能力に自負もある. が、
郊外の荒れた公立中学へ転校して、その自信は一気に崩れる.

教師の存在を無視するがの行動、授業が成り立たない程の騒々しさ、
そう、そこは学級崩壊の場なのだ.単独に悪い子が居るのではない、
皆がそうなのである.愕然とするフランソワ….

加えて驚かされたのは、教師たちの生徒たちへの態度.
一方的に怒鳴るだけの教師や、生徒にこびを売るだけの教師ばかり.

加えて、何か問題が起きればCDという法律で決められた教師審議会に
掛けて、問題児を追放していく….

フランソワは先ずは生徒の名と顔を徹底して覚える.なにせフランス語
教師でも名を読めない移民の子たちなのだ、名をきちんと呼んでくれる
ことを大事とする姿勢を示す.そして威厳をもって相対する.

次に、読書へのきっかけを作るべく、アレキサンドロ・デュマの「レミゼラブル」
の各エピソードから生徒たちの興味を引き付ける…こうして徐々に生徒
たちとの信頼関係を築き始める.

ついには、歴史の勉強も兼ねてベルサイユ宮殿へ遠足に行く運びとなるが、
ここでトラブルが起きてしまう…学校側はCD教師審議会に問題児セドゥを
かけて、退学処置にしてしまう.

このセドゥを救うべく奮闘するフランソワは、一流校とは違う教育の難しさに
挑戦して苦しみ、喜びを見出していく自分に気づく.

教育相との約束で実験的に1年の約束で郊外校に転向したフランソワ、
周囲の教師仲間からもどうせ1年で帰ってしまうだろうと陰口を叩かれながら
さて、どうするフランソワ!?

結論は描かれないが、言わずもがなのような気がする.

原題は「偉大な想い」とでも訳せようか.これにに比して、
邦題はあまりに矮小な表現でまたまた苦言を呈したい(笑).

移民に苦しみ、移民を考え、答えを求めるフランス教育界、
日本では想像もつかない環境下の作品.


 .

―――――――――――――――――――――――――――

本記事は今後の移転先になる以下のブログにも掲載しています.
そちらでもコメント受付しております.
お気軽にお越し下さい.

https://ameblo.jp/chakotay17275/

https://chakotay17275.blog.fc2.com/

―――――――――――――――――――――――――――

開く コメント(12)[NEW]


イメージ 1
制作年:2019年 制作国:日本 上映時間:120分


木曜の夜は週末気分、浮かれてTOHO柏へ.
気になる監督の作品を本年103本目の鑑賞.

安藤ゆきの人気少女漫画を「舟を編む」の石井裕也監督が、
ともに映画初主演となる細田佳央太と関水渚を起用して実写
映画化したハートフル青春ストーリー.

何事にも不器用で地味でありがら、どこまでもピュアで善意に満ちた
町田くんが、その無自覚な優しさで周囲を包み込んでいくさまと、
町田くん自身の成長をハートウォーミングに綴る.

共演は岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、
戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子.

物静かでメガネの男子高校生・町田くんは、その見た目に反して
勉強が苦手で、しかも見た目どおり運動はまるでダメ.

自分ではまったく取り柄がないと思っている町田くんだったが、
人が好きで誰に対しても心の底から優しくできるという最強の
才能を持っていた.

ある日、授業中にケガをした町田くんは、保健室でサボっていた
猪原さんと出会う.“人が嫌い”と言い放つ猪原さんのことが気になり
始める町田くん.

一方の猪原さんも、いつしか町田くんに恋心を抱くようになるのだったが….

以上は<allcinema>から転載.
————————————————


ド素人新人二人の起用と、それに反して周囲の脇役の超豪華陣という
石井監督ならではのキャスティングが新鮮.これは成功しているかも
しれない.新人二人の初々しさが逆に目立ち、印象に残る.

それにしても、前田敦子と高畑充希の女子高生はちょっとどころか、
大幅に無理がある(笑).これは意図したものか?二人のメーク具合からも
お遊び感覚が目一杯感じられて、逆に楽しいかも.

他に、妊婦役の松嶋菜々子や悩める出版人夫婦の池松壮亮、戸田恵梨香は
ピッタリのはまり役.出番は少なくても存在感たっぷりの演技を見せてくれる.
マスコミ悪に染まりきった編集長の佐藤浩市なんか、俗物そのもので嬉しい♪

人が大好きでしょうがない町田くんと人嫌いでしょうがない猪原のカップル化
は必然の理であろう.その不器用な恋愛模様の表現がウキウキした気持ちで
見ていられる.ほのぼの感がたっぷり溢れている.

愚直な程人の好い町田くんを周囲の人たちは疎ましいと思いながらも、
なんとなく、その存在を認めているし、ある意味ではリスペクトしている….
そんな雰囲気の表現もまた好ましい.

残念なのは、最後のシーンというか設定の荒唐無稽さ、少しファンタジーに
流れすぎてしまった感がある.興ざめといった方が好いであろうか.

エンドチューンは平井堅、「いてもたっても」.なにかピッタリ感な中性感(笑).

原作が原作だから致し方ないかもしれないが、詰めで失敗した感の作品.


.

―――――――――――――――――――――――――――

本記事は今後の移転先になる以下のブログにも掲載しています.
そちらでもコメント受付しております.
お気軽にお越し下さい.

https://ameblo.jp/chakotay17275/

https://chakotay17275.blog.fc2.com/

―――――――――――――――――――――――――――


開く コメント(8)

開く トラックバック(1)


イメージ 1
原題:ALADDIN
制昨年:2019年 制作国:アメリカ 上映時間:128分


火曜の夜は仕事を終えていそいそと柏のTOHOシネマズヘ.
話題作をいちおう観とかないとね.本年累積102本目の鑑賞.  

1992年の名作ディズニー・アニメを実写化したファンタジー・アドベンチャー大作.
砂漠の王国を舞台に、貧しくも清らかな心を持つ青年と自由に憧れる王女の
身分違いの恋の行方を、アニメ版でアカデミー賞歌曲賞に輝いた
『ホール・ニュー・ ワールド』をはじめとする名曲の数々とともに描き出す.

出演は主人公アラジン役にメナ・マスード、王女ジャスミンにナオミ・スコット、
そして“ランプの魔人”ジーニーにウィル・スミス.
監督は「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」のガイ・リッチー.

砂漠の王国アグラバーで相棒の猿アブーと自由気ままな毎日を送る青年
アラジン.生活は貧しかったが、その心は“ダイヤモンドの原石”のように
清らかだった.

そんなアラジンはある日、市場で泥棒の疑いを掛けられていた若い女性を助ける.
実は彼女は王宮をこっそり抜け出した王女ジャスミンだった. 互いに惹かれ
合う2人だったが、王位を狙う国務大臣ジャファーの魔の手がアラジンに迫る.

やがてアラジンはジャファーから“魔法の洞窟”からランプを持ち出すよう
命じられる.それは、手に入れた者に強大な力を与えてくれるという
魔法のランプだった のだが….

以上は<allcinema>から転載.
-----------------------------------


アニメ版は1992年の作、もう27年も経ったのだね.
当時は仏赴任中だったので、日本へ出張時にNTSC方式のビデオ(VHSだっ)
を買ってきて、フランスで娘がそれこそ擦り切れるくらい観ていたのを覚えている.

もちろん吹替え版だったので、あの名曲の数々は吹替えでしか聴いていない.
さて、今回のチョイスは2D字幕版.やはり原語で聴いていおかないとね.

アラジンとジャスミンの新人カップルは歌も踊りもそつなく、十分に合格点.
されど、物語を牛耳ったのは魔法のランプの魔人、ジニーを演じたウィル・スミス.
最近真面目な役柄ではぱっとしなかったが、今回はまさに適役.乗りも良い.

イメージ 2

CGを生かした青色の魔人姿なれど、普通人の大さの時も含めて、その表情の
豊かさや演技の余裕、楽しみながら演技しているのがありありと判り、好感度大.
この人の演技で今回初めて感心したかも(笑).

1000年もの間のランプの中の孤独や、魔人を辞めて普通の人間になりたい
願望をも交えて、歌い踊るジニーは主役を奪い切った感がある、快演である.

他に印象的だったのは悪役ジャファー役のマーワン・ケンザリ.
ターバンを取るとけっこうイケメンで男前だったりもする.2番目じゃ駄目だと、
どこぞのリベラル副党首みたいなセリフを吐きながら、悪の限りを尽くす敵役.
いい役者だね.恨まれる敵役が出来る役者って本物の気がする.

皆が幸せになる大団円のエンディング、アニメとはちょっと異なるけど一番
幸せになったのは魔人ジニーかも….

もう一度吹替え版で観ても良いかなと思わせる好作品.


 .

―――――――――――――――――――――――――――

本記事は今後の移転先になる以下のブログにも掲載しています.
そちらでもコメント受付しております.
お気軽にお越し下さい.

https://ameblo.jp/chakotay17275/

https://chakotay17275.blog.fc2.com/

―――――――――――――――――――――――――――

開く コメント(12)

開く トラックバック(2)


イメージ 1
制昨年:2019年 制作国:日本 上映時間:103分


久々の“1200円で邦画を楽しむ友の会”は日比谷のシンゴジラ前で集合.
すっかり日比谷の新アイコンになったね、シンゴジラは.

イメージ 2



さて、日曜の午後向かった先はTOHOシャンテ.おじさまおばさまで超満員で
観たのは、あの樹木希林企画作品.客を呼んだのは樹木希林、それとも??
副長としては本年累積101本目の鑑賞.

2018年9月に他界した樹木希林が生前、プライベートでも親交の深い
浅田美代子のためにと、自ら初の企画を手がけた作品.

実在の詐欺事件をモチーフに、浅田美代子が45年ぶりとなる主演を務め、
実年齢を20歳以上も詐称し、巨額の投資詐欺に手を染めた女性の半生を描き 、
その複雑な内面に迫っていく.

共演は樹木希林のほか、平岳大、木内みどり.
監督は「ブルー・バタフライ」「健さん」の日比遊一.

水商売をしながらネットワークビジネスを手がける渡部聡子は、
喫茶店で偶然知り合った女性・伊藤の紹介で、国境を超えたビジネスを
展開している平澤という男性と出会う.

平澤が手がける途上国支援事業の資金集めを手伝うようになった聡子は、
そうして集めたお金を自分のために使い始める.やがて佐々木という裕福な
男性と知り合い、彼のお金で手に入れた豪邸に母親を呼び寄せる聡子だったが….

以上は<allcinema>から転載.
-------------------------------------


そのデビュー時からの付き合いだからかれこれ45年の付き合いなのであろう.
腐れ縁と言っても良いかもしれない.女優としての芽の出なさにしびれを
切らしての 樹木希林の援助であろう.

仲間内で奥ちゃんと呼ばれる奥山一由プロデュサーに 泣きついたよう.

その仕立て屋の樹木希林には役者として期待したが、ほとんど演技はしていない.
 認知症の進んだ母親役だが、ただ存在感は半端ない.
懐かしい唄を歌うシーンが白眉.

さて、浅田美代子.45年間芽が出なかった理由は今更ながら明らかになる.
からだを張った捨て身、いや捨て鉢の演技もわかる.

だが全てに上っ面の演技で、内面とか主人公の心の動き、変化、進化?退化? を
まるで観客に感じさせない. 樹木希林は役の捉え方、理解が奥深くて、また
その観客への伝え方が 抜群に上手かった.何も学んでいないのだ.

実際に最近話題になった詐欺事件が題材.60歳以上なのに38歳と偽って
タイに逃亡生活を送っていた女性が主役なのだが、浅田美代子が年齢相応の
顔をさらけ出していてリアル過ぎた感がある.

もっとメイクで緩急つければ良いだろうに、少しも綺麗に見えるシーンが無かった.
実在の容疑者がタイで捕まった時の映像の方がもっと綺麗だったぞ(笑).

やはりこれが最初で最後の主演だなぁ….
後援者は亡くなっちゃたし.





―――――――――――――――――――――――――――

本記事は今後の移転先になる以下のブログにも掲載しています.
そちらでもコメント受付しております.
お気軽にお越し下さい.

https://ameblo.jp/chakotay17275/

https://chakotay17275.blog.fc2.com/

―――――――――――――――――――――――――――




開く コメント(14)

全386ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事