chamonix-clubのブログ

東京都山岳連盟加盟の社会人山岳会です。

全体表示

[ リスト ]

2011年10月9日 快晴
今日は新人会員長嶌の本チャンデビューだ。
また、柴崎もChamonix clubで初めての本チャンとなる。
ゲレンデのフリークライミングやマルチピッチで基礎は出来ているが、体力や気象、ルートファインディングなど総合的な力を試される本チャンで今まで学んだ事が実戦で試される事となる。いわば一人前のクライマーとしての総合試験とも言える。

4:00
登山指導センターを出発、一の倉沢出合に向けてヘッドランプで歩く。
連休という事もあり、別のパーティーも複数行動を開始していた。

イメージ 1


5:00
小休止後一の倉沢出合よりアプローチ開始


5:30
一本松でヒョングリの滝下部へ懸垂下降
長嶌の懸垂下降では万が一に備えてロープを張れるように準備。
下降中にバランスを崩して転んだがロープから手を離さず大事には至らなかった。
イメージ 2


6:00
テールリッジ通過
富田が長嶌をショートロープビレー

6:40
南陵テラス到着
1パーティーが先行。全員が揃い準備をしている間に先行パーティーのセカンドが登攀開始したのでさほど待つ事も無く登攀開始となった。

7:35
登攀開始
笹川リード、セカンドに富田、長嶌で富田が長嶌に指導とロープ操作などの確認をしながら登る。富田から出たロープで柴崎が続くというシステムである。

7:55
1ピッチ目終了点から南陵テラスを撮影

イメージ 3


8:06
1ピッチ目上部凹角を登る長嶌

イメージ 4


8:52
3ピッチ目の草付きの道を見落とし、ロープを辿って直登してきたセカンド長嶌。
この為富田、柴崎も藪漕ぎに付き合う事となる。
テラスで下を見せて、道があることを教える。

イメージ 5


9:56
4ピッチ目を登る長嶌
ほぼ予想通りのタイムで順調に高度を稼いでいる。

イメージ 6


10:34
5ピッチ目の馬の背リッジを登る長嶌と下から指導する富田。
柴崎が前のピッチの終了点で待ち、後ろのパーティーのリードと話しをしている。

イメージ 7


12:10
6ピッチ目を追えてアプローチシューズに履き替える。
懸垂下降で終了するか、山頂まで突き上げるか検討されるが、富田の膝の具合も思ったより良いという事、長嶌もまだ余裕があるという事で山頂へ突き上げる事とする。

岩溝と草付きを200m登ると烏帽子岩が横に見えた。
この200mをノービレーで行く予定だったが、荷物も背負ってアプローチシューズという事もあるので長嶌にはビレーが必要だった。スタカットとショートロープ、タイトロープビレイを使い分けながら笹川がビレーした。先行する富田が所々スリングを垂らして長嶌の登攀をサポートしてくれた。5ルンゼの頭から最後の長い草付きに向かうあたりから長嶌に疲労がみられたが、本人の頑張りもあり無事一ノ倉岳とオキの耳の中間点のコルのやや一ノ倉岳側の登山道に出た。
登山道に出ると一般道を行く登山者が「え?どこから来たんですか?声だけ聞こえて姿が見えないから探してたんですよ。」と言ってきた。後ろを指さしてあそこから来ましたというと信じられない様な表情をしていた。
上部草付を笹川、長嶌がショートロープビレーでゆっくりと草付きを進んでいる間に、富田、柴崎は一ノ倉岳に登頂していた。

14:54
尾根に出ると急にガスって来た。
今登って来た一ノ倉沢の方角にはブロッケンが出ていた。

イメージ 8


15:22
オキの耳
オキの耳からトマの耳に向かって歩く頃から長嶌が疲労を訴える。
体力だけでは無く、初めての体験ばかりで精神的にも疲労したのだと思う。

イメージ 9


15:38
トマの耳
かなりガスが濃くなってきた。気温も急激に下降してきた。
長嶌の疲労も相当蓄積している様子。
富田も登山道歩きで膝が悪化。肩の小屋で宿泊を検討する。

イメージ 10


16:50
肩の小屋到着。
宿泊を希望するが、連休の為に予約で一杯という事だった。
食事、寝具も分からないという。
少しでも頭数を減らした方が良さそうなので、柴崎と笹川は降りることにする。
1時間以内にロープウェーまで降りるか、間に合わなければ田尻尾根をヘッドランプで降りれば良いと判断した。

富田、長嶌を小屋に残して、肩の小屋を出たのは16:07。ロープウェイに乗るには1時間足らずで駆け下りなくてはならない。
かなり濃いガスに覆われていたが、ガレた部分を降りるとガスは無くなった。
視界が良好になったのでダッシュで天神尾根を駆け下りた。避難小屋で立ったまま給水だけをして更にダッシュ。荷物を担いでのトレイルランみたいだ。
ロープウェイ手前のリフトに16:58。ロープウェイ到着17:00ジャストだった。

ロープウェイを使って楽して降りて、明日の朝富田、長嶌が降りてくるのを待つことになった。

10月10日
9:50
富田、長嶌がロープウェイ駅に到着。
肩の小屋では予約のキャンセルがあり、食事も寝具も問題無かったそうだ。

この後、谷川温泉に浸かり帰路に着く。



冨田
従走路14時、従走路の記述は一の倉岳直下、右へ5分弱で一の倉山頂、避難小屋の入口の
扉は半壊、芝倉沢への下降路、中芝新道はここからスタート滑りやすく悪い!
柴崎さんと写真を撮ったりして待つが笹川君と長嶌さんが来ないので、従走路から左に行ったのでは、と考え14時30分肩の小屋へ出発、「もう1年山はいい!」という長嶋さんの言葉にあまり辛い思いをさせるのは、リーダーとしていかがなものか?という想いと自身の膝の調子を考えると、無理して、後で治療費を多く払うより良い選択は小屋泊、走ってロープウエイ迄は無理!で快適に過ごさせていただき、ガスの消えたあさの平標への美しい稜線、紅葉の天神尾根は最高でした。おかげで、下山後も膝の具合もすこしずつよくなっています。

柴崎
とても楽しい経験をさせて頂きありがとうございました。
リードで大変だった笹川さん、膝の痛みをおしてお付き合い頂いた冨田さん、初めて挑んだ長嶌さん・・・。
申し訳ありません。私が一番楽しませていただきました。
最後、時間との戦いで下った時すら、面白かったです。
本当に皆様には、感謝、感謝です。
ありがとうございました。
お土産のキノコで、主婦も全う?できました。

長嶌
谷川岳では本当にお世話になりました。
みなさんと一緒でなければ、
絶対に行けない場所です。
こんな機会を頂いて、本当に感謝しております。
まさかこんなに早く、’あの’谷川岳へ行けるとは
夢にも思っていませんでした。
例会で、「谷川へ行く人は?」に軽く「はーい」と手を挙げましたが
何も知らないと言うのは恐ろしいですね。。

また、終わってみれば、本当に夢だったのかも??な感じです。
無事に終わって良かったと思いますし
それは全てみなさんのお力添えがあったからこそだとも思っています。
まだまだ足りない部分がありますが
これからも、どうぞよろしくご指導の程お願い申し上げます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事