シャンパンバー トリトン

福岡のシャンパンバー・トリトン、HPはこちら。http://www.fukunet.or.jp/member/triton/

全体表示

[ リスト ]

今回の「午前十時の映画祭」シリーズは、1963年の邦画です。

これ、この間、猿之助さんが博多座で演じた演目の、題材となった作品です。
この作品を基に歌舞伎として、舞台化したんですね。

なので、舞台が面白かったし、一度元になった映画を見てみたかったんです。
このタイムリーなタイミングで見れるのは嬉しい。
・・・って、歌舞伎を見る前に見といた方がもっと良かったけど。(笑)

カラフルに、スタイリッシュに繰り広げられる、大江戸復讐譚。
長谷川一夫が、中村雪之丞と闇太郎の一人二役。巨匠・市川昆監督作です。

映画「雪之丞変化」

イメージ 1
江戸の上方歌舞伎の女形役者・中村雪之丞は、舞台上から桟敷に居る、元長崎奉行の土部三斎と広海屋の姿を認めた。父を冤罪で陥れ、自死に至らしめた敵だった。
三斎の娘の浪路は雪之丞に恋をし、雪之丞は彼女を利用して父の仇を討とうとする。

私が生まれる前の、かなり昔の作品なのに、全然古臭くなくてビックリするほど面白かった。

何より、長谷川一夫って名前しか知らない・・・有名だけど、リアル世代じゃないのであまり見たことなかったのですが、かっこいいですねぇ。ビックリ。
女方をしても綺麗だし、男役ももちろんキリッとした男前。

彼が、男性と女性を演じ分けている姿を同時に楽しめるのですから、彼の魅力満載でファンはたまらないのではないでしょうか。そんな、ザ!長谷川一夫祭り!な作品ではありますが、脇を固める役者陣も素晴らしかった。

浪路を演じた若尾文子さんも、可憐で儚げな感じが素敵で綺麗でした。
後半、胸元の真っ白い透けるような肌が見えただけで、ドキッとするほど美しい。

対照的に、お初を演じた山本富士子さんのチャキチャキな姉御っぷりもなかなか堂に入ってる。
鼻っ柱が強い気丈な女性で、強くたくましく、恋をしたら途端に燃えるように情熱的な激しさを秘めた、女の情念を感じさせて良かった。

物語は、両親を殺された仇討ちをしようと目論む復讐劇。
これに、敵である男の娘に恋をされたことから、恋愛譚まで絡む。

冒頭の、舞台で舞う姿も本当に美しい。
真っ白な雪の中で、赤い着物が映える、コントラストが素晴らしい。

舞台だけど、すごく幻想的で、雪之丞の艶めかしい色気を感じさせる。
それをウットリ見つめる浪路の、熱い熱い熱のこもった視線。そりゃ、夢中にもなりますわねー。

中身はもちろん男なんだけど、外見は女。
舞台上でのみでなく、私生活でも白塗りで女形として振舞っている。

なので、実は男と女だけど、二人が寄り添う姿は完全に女と女。
まるでレズのようで、これが超絶エロス!男と女のラブシーンより、はるかに色っぽくて、怪しくて、艶っぽい!
しかも、双方共に着物なんだから、究極にセクシーでエロい。(笑)これが素敵でしたー!

剣の腕もたつ雪之丞に、ある出来事で彼の懐の深さや振る舞いを気に入って、これまた虜になったお初。
それを知り、同じ義賊の闇太郎も絡んでますます複雑に。

闇太郎は雪之丞の仇討ちを助けてやろうとし、お初は恋が叶わぬならいっそのこと・・・となる。
それぞれの思惑が入り組んでは、人間ドラマが濃厚に展開。これがまた面白い!

果たして、仇討ちは叶うのか?浪路の恋の行方は・・・?という展開。

後半の怒涛の展開なんて、すごかったです。

駆け引きや裏切りの連続で、雪之丞が直接手を下さなくても・・・という予想外の展開へ。
さらに、怨念を鋭い眼光と表情で表し、相手を威圧する雪之丞の迫りくる迫力と言ったら!

陰影をうまく使って見せている、光の使い方、見せ方がすごくうまい。
この演出が効果的で、イマドキの安っぽいCGよりはるかに見応えある。

そして、復讐という負の連鎖は、悲劇を生み出してしまい・・・。
浪路は、巻き添えを食った形となり、悲劇的な幕切れへ。
最後に雪之丞が看取り、死に水をしたのが救い。このシーンも美しくて、ジーンときた。

ラスト、あの場所で佇む雪之丞の姿がまたなんとも情緒があって、退廃美というか。。。
その後が語られるエピソードも、すごく粋なんですよね。彼の生き様とか・・・。

この一件で、雪之丞だけじゃなく、闇太郎やお初まで人生を変えていくというエンディングも良かった。
時代背景も感じさせ、瀟洒で壮大な復讐絵巻、って感じでした。

初めて見ましたけど、時代劇ってだけで敬遠しちゃってましたけど、面白いですねぇ。
この機会に見れて良かったです。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

長谷川一夫、「伝説の流し目」と顔の傷は有名。なんでも嫉妬とひがみから切りつけられたというのが噂になっているようですね。坂東玉三郎もそうですが、女形は色艶の凄さがありますね。 削除

2017/5/18(木) 午後 10:29 [ hiro ] 返信する

顔アイコン

ヒロさん、長谷川一夫って、今まで名前しか知らなくて、今回初めて見ました。顔の傷・・・そんなことがあったとは、怖いですね。
男が演じる女性・・・艶めかしくて美しいですね。宝塚の逆で、宝塚も女性が男性を演じるから、カッコイイんだと思います。

2017/5/18(木) 午後 11:26 トリトン 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事