cha*p*e_*9のブログ タイシラチャ

2011年 心機一転ブログ始めました! タイ シラチャ発ロードバイクとダイビングとゴルフいろいろ

脛骨高原骨折

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

脛骨高原骨折90日目

 
7月21日に骨折して、早3か月が経ちました。
関節内の骨折の治療には、3か月近くかかるとWEBで書いてあるのを見ましたが、日常生活ではほぼ不自由なく過ごすことができています。
(前回のブログの後あたりから、熱は無いのですが咳と痰が出るようになり、時々頭痛もあるので、リハビリは少しさぼり気味です。)
2週間位前には、靭帯を伸ばすリハビリをしているためか、膝頭に違和感がありましたが、最近は違和感はなくなりました。膝の曲がりも、かかとがおしりにつくとこまで出来るようになりましたが、その先がなかなか進まないですね〜。
ゆっくりなんでしょうが、回復するんでしょうけど・・・。
二週間前にリハビリの先生からは、スポーツはノーと言われましたが、先週はゴルフ、昨日はダイビングをしました。
今日は、ダイビングのフィンキックで、筋肉の落ちた左のふくらはぎが筋肉痛です。
本当は今朝、自転車にゆっくり乗ろうかと考えていましたが、ダイビング友達とスペイン料理→飲み会で遅くまで飲んでしまったので、二日酔いの頭痛でまったりとしていました。
イメージ 1
                   骨折と関係ないけどパスタのパエリアおいしかったです。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

脛骨高原骨折73日目

10月3日、リハビリ科で再診でした。
通院のリハビリは終了し、リハビリを自宅のみですることになりました。
装具も外出の時に、ひねったりした時の予防でしていましたが、今日でお役目完了です。
リハビリの内容をリハビリの医師より教わりましたが、落ちた太ももの筋肉の回復のリハビリと、膝の曲げ角度の回復です。
普段の生活では、階段の上り下りで踏ん張りが今一つなところと、正座ができないことですが、これが問題なくできれば、リハビリ完了でしょうね。
2週間後に再診の予約をしましたが、そのころには完治したいものです。
暑い夏の7月21日に骨折し、もう10月、秋です。・・・って、こちらは暑いですけど・・・
 

この記事に

開く コメント(4)

 
9月19日に再診で病院へ行ってきました。
前回の診察から4週間目、骨折からほぼ2か月。
X線を撮り、触診をしていただき、骨の移動もなく、骨折箇所もくっついているとのことで整形外科的な治療は終わりだそうです。次回の診察は2か月後に入れてもらいましたが、不具合がなければキャンセルしてもよいそうです。
これから、膝が曲がるようリハビリを開始するとのことで、2日に一回病院のリハビリテーション科へ通います。
現時点では、膝はかなり曲がるようになりましたが、靭帯が伸びきったところから更に曲げようとすると激痛で曲げることができないことと、階段や、スロープの歩行が右足からしか出せないです。
正座を好んでする方ではありませんが、正座をして痛みがないところまでにしたいですね。
                    イメージ 1
                         こんなので温めています
 
リハビリは1時間で、膝を温めてから、曲げたり、マッサージしたりします。費用は実費なので1000B(3300円)でかなりお高め。近所のマッサージ屋さんだったら1時間200B+チップ100B=300B(1000円)なのに・・・

この記事に

開く コメント(0)

海外の医療費

海外赴任する前に気にしていたのが、海外での医療費についてでした。
会社に確認したら、日本の保険適用範囲と同等のであれば会社に申請すれば、3割負担(一度実費を支払い、申請後に7割戻る)になるとのことで、海外医療保険にははいっていませんでした。
海外医療保険って一年契約でかなりの金額になるのには驚きました。(10諭吉さん/年程度)
そこで頼りにしていたのが、ゴールドクレジットカードの海外医療保険でした。
確か、日本から離れて3か月以内であれば、対象になるのでそれをあてにしていました。
私の場合、一年で、正月(1月)、ソンクラン(4月)、お盆(8月)の3回帰国するとして、9か月間はカードの海外保険が使える計算だったのですが・・・・・
ソンクランの休暇から戻ってきたのが、4月17日で、骨折したのが7月21日
骨折したのもついていないのですが、保険もついていませんでした。
 
今までにかかった治療費
7月21日  15937バーツ(初診、レントゲン、MRI、シーネギプス、薬代)
7月23日  7641+1340=8981バーツ(ギプス、松葉杖、薬代)
7月30日  1704バーツ(問診、薬代)
8月2日  13506バーツ(転院し初診、レントゲン、装具代)
8月8日  1906バーツ(問診)
8月22日  750バーツ(問診)
 
治療費合計 42784バーツ=132630円也
9万円は戻ってくるのでしょうね。
 
松葉杖はレンタルがないので、買いあげなんですよ。
今度骨折したときのために、とって置こうおこうかなんて縁起でもないです。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

頚骨高原骨折48日目

今日は小雨が降っていたため、サービスアパートのプールには誰もいませんでした。
一人ぼっちで二時間もウォークングをしてしまいました。
イメージ 1
 
9月5日から膝の曲げ角度が、40°から70°に解禁になりましたが、既に自主的に90°まで曲げています。
頚骨高原骨折の場合、靭帯の委縮のリハビリ(膝を曲げる)を早くし過ぎて、靭帯に引っ張られて再骨折する可能性があるため、靭帯の許容範囲まで曲げて骨折した骨が剥離することがあるので本当は守らないといけないのですが・・・早く治りたい気持ちが勝ってしまいました。
骨折してからネットでいろいろ調べましたが、年齢を重ねた人ほど治療を自己判断する傾向にあるそうです。
イメージ 2
 

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事