韓道 ♥ 韓道の妻たち・中道派 ♥ ☆癒しの韓流人生☆

韓日エンタメ ★ボッタクリ韓流反対=「韓道中道派」★社会業界を冷静沈着な目で見極めつつ、エンタメを楽しみたい(^人^)丿

全体表示

[ リスト ]

○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○
イメージ 7


◎SUPER JUNIORがアジア最大のスポーツの祭典である「2018ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会」閉会式フィナーレを華やかに飾って「韓流キング」らしい姿を立証した。

去る2日午後7時(現地時間)、インドネシア・ジャカルタのゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムで開催された「2018ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会」閉幕式でメインステージに立ったSUPER JUNIORはグローバルなヒット曲『Sorry, Sorry』、『Mr. Simple』、『Bonamana』を熱唱して強烈なパフォーマンスを披露した。会場に集まった6万人余りの観客は韓国語の歌詞を一緒に歌って熱狂するのはもちろん、SUPER JUNIORの単独コンサートを彷彿させるほど熱い歓声を送り全世界の人々の注目をひきつけた。

特に本格的な公演前からインドネシアの現地メディアはSUPER JUNIORとのインタビュー内容を集中的に報道、そのうち設立70年ほどのインドネシア日刊紙「Jawa Pos」は「SUPER JUNIORが『2018アジア大会閉会式』のために入国した。シウォンはジョギングを、イトゥクとリョウクはショッピングをした」とメンバーらの一挙手一投足まで詳細に扱って、SUPER JUNIORの爆発的な関心を再び確認させた。

加えて、国内では「2018ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会」閉幕式放送中、SUPER JUNIORがポータルサイトのNAVERでリアルタイム急上昇キーワードで1位になり、ツイッターのトレンドキーワードの最上段には「Asian Games with SJ」、「Sorry, Sorry」がランクするなど、熱い反応が続いて注目を集めた。

今回の公演を通じて国内外を問わない「韓流キング」であることを証明したSUPER JUNIORは毎月新しい活動を予告する「SUPER JUNIOR CALENDAR 2018」を発表して、下半期に活発に活躍する予定だ。

ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ   ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ


※アジア競技大会にて・・・ことごとく・・・日本に勝った韓国の姿を見ていると・・・「可愛そうな国」だと感じました。

サッカーの監督さんの記事をご覧ください。


◎キム監督は日本と決勝を控えて選手に伝えていた勝利への強いメッセージも紹介した。

キム監督は「選手たちに『日章旗が韓国の太極旗(韓国の国旗)の上にある場面は目を開けて見ることができない』と話した」とし「選手たちが渾身の力を出して金メダルを獲得することができた」と評価した。 



※スポーツをするのに、国旗がどちらが上か下か・・・だなんて・・・試合前に監督いうセリフかしら・・・って思い

ましたし・・・。

韓国の試合報道記事にしても、日本に勝った韓国の記事は「痛快」一色で・・・。よほど、日本を下したことが

「喜び」なんだと伝わってくる報道の仕方に・・・。

「日本がそれほど、嫌いなのか」「日本の上にそれほどまでしても立ちたいのか」

と感じました。

日本が宿敵―――。

いつまでも、戦時中の「恨」の感情を持ち続ける韓国って・・・。ホントに小さな国だなって思いました。

そして、そんな視点でしかものを見られないから・・・国自体が発展も成長もせず、経済が停滞して・・・大統領が

変わっても、国が変わらないんじゃないかって思いました―――。今、文在寅(ムン・ジェイン)大統領への不満

の声がメディアから徐々に上がるようになっていますからねぇ^^;。もう、早くも・・・限界かな(笑)。

米朝がもめ始めたのでね。

「統一」に向けて夢見ていた未来予想図が・・・またまた遠いものになっているのでね。

北朝鮮に騙された韓国の小ささと弱さを見ている気がします―――。


○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○


イメージ 1


◎5年ぶりにカムバックの便りを知らせたユン・ウネがコ・ジュニの誕生日を祝った。

ユン・ウネは去る2日、自分のインスタグラムに「Happy birthday! Go sister~久しぶりに顔を見れて嬉しい^^私たち、すでに10年来」という文と一緒に写真を投稿した。

公開された写真の中にはユン・ウネとコ・ジュニの姿がある。温かい友情を誇る2人の親しい姿と、久しぶりに近況を知らせるユン・ウネの変わらない美貌が注目を集める。ユン・ウネは最近中国で活発に活動し、ドラマ『ときめき注意報(原題)』を通じて韓国ドラマにカムバックする。


イメージ 2

ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ   ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ


※これを、果たして「好感」を持って見ている人たちが韓国でどれくらいいるのでしょうね。

盗作疑惑をキレイに片づけたわけじゃないのに、数年・・・中国で仕事をして時間を埋めてきたけれど―――。

でも、業界のパートナーとして大事な信頼関係を壊した「盗作疑惑」ですから・・・。

女優としてはイメージは最悪。

ドラマも・・・見る人はいるのかなぁって思いますけれど。


○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○
イメージ 3


◎女優ピョ・イェジンとヒョヌが熱愛中だ。

2人の所属事務所は3日、取材で「ヒョヌとピョ・イェジンが交際して3ヶ月になる」と知らせた。彼らはKBS週末ドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち」で共演し、3ヶ月前から正式的に恋人に発展した。

ヒョヌとピョ・イェジンの年齢差は7歳だ。ヒョヌは優しく温かい人柄でピョ・イェジンの心を掴み、ピョ・イェジンは若々しく可愛い笑顔でヒョヌを魅了した。“美男美女”青春スターたちの交際に、ファンたちは応援を送っている。

ピョ・イェジンはCA(客室乗務員)出身の女優として話題を呼んだ。2015年デビューし、「結婚契約」「ドクターズ」「サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜」「憎くても愛してる」「キム秘書がなぜそうか」などで、愛らしい魅力をアピールした。

ヒョヌは、2008年の映画「霜花店(サンファジョム)−運命、その愛」でデビューし、ドラマ「パスタ〜恋が出来るまで〜」「根の深い木〜世宗(セジョン)大王の誓い〜」「おバカちゃん注意報 〜ありったけの愛〜」「錐」「ブラボーマイライフ」「魔女の愛」でロマンチックな演技を披露した。

ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ   ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ


※とうとう、ヒョヌ君にも交際報道が出ましたか。可愛い女優さんとの熱愛。少しでも長続きするといいですね。

彼女は、最近『キム秘書がなぜそうか?』ですごく話題になっていましたから^^。


○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○
イメージ 4


◎JTBCのバラエティ番組『知ってるお兄さん』が、ゲスト出演したグループRoo'Ra出身シン・ジョンファンにより、非難を浴びている。

『知ってるお兄さん』では1日夜“Roo'Ra特集”が放送された。この番組のメイン出演家のリーダーイ・サンミンにより、可能な企画だった。Roo'Ra出身のボーカルキム・ジヒョンとラッパーチェ・リナ出演により多くの視聴者は喜んだ。

だが、シン・ジョンファンが合流することが伝えられた直後から、視聴者の態度は冷たくなった。この日放送後、制作スタッフへの批判の声が高まっている。

まだ反感を買っているシン・ジョンファンの犯罪履歴を笑いのたねにしたことが批判の元だった。シン・ジョンファンは放送で重ねながら謙遜した姿を見せてきた。「食べていくため外国でかき氷の事業をしたし、知人の運転手をしたこともある」と訴えた。がが、大衆の反応は、ヒチョルがこの日シン・ジョンファンを見て叫んだ言葉と同じだった。「急に雰囲気が冷え込んだ」

このような雰囲気は、視聴率にも影響を及ぼしたようだ。ニールセンコリアによると、この日の『知ってるお兄さん』視聴率は、2.092%をマークした。先週の視聴率4.995%の半分だ。もちろん同時間帯、国民の関心事アジア大会サッカー決勝戦の韓国対日本戦が放送されていたが、制作陣が上昇の勢いに自ら水を差した形になった。

シン・ジョンファンが出演したせいでイ・サンミンの他、この番組のメイン出演者カン・ホドン、イ・スグンらが、過去の非難さらた事件までも言及されている。一部では『知ってるお兄さん』ボイコットの声も出ている。

気の利いたと瞬発力でバラエティ番組で活躍していたシン・ジョンファンは、2010年に海外遠征賭博と嘘で瞬時に墜落した。昨年、謝罪記者会見を開き、ケーブルチャンネルMnet『プロジェクトS:悪魔の才能寄付』で7年ぶりに放送に復帰したが、大衆は早すぎるカムバックだと批判の声を高めると同時に、ぬるい反応を見せている。




◎2007年2月報道:クォン・サンウの賭博説が、再び浮上した。元マネージャーペク・チャンジュ(28)容疑者が、賭博スキャンダルを流すとクォン・サンウを脅迫、専属契約を要求した容疑で拘束起訴されたためだ。

組職暴力団出身と知られるペク容疑者は、2005年11月芸能人S(シン・ジョンファン)がカジノ賭博で摘発された際、クォン・サンウの名前が出たため「メディアと検察にスキャンダルを暴露する」と脅迫した。結局クォン・サンウは「マネージメントの権限をペク氏に渡し、それを破る場合10億ウォンを支給する」という覚書を書いた。この事件に対してクォン・サンウは、心理的圧迫を大きく受けていたといわれる。

当時、事件はSの発言で触発。賭博容疑を否認したSは、自身が出演するテレビ芸能番組の収録現場で、衝撃的な発言をした。「当時賭博場には自分だけではなくトップスターが一緒にいたが、自分だけ連行された」と悔しさを訴えた。この内容が報道されると、クォン・サンウの当時の所属事務所代表は「クォン・サンウが全く関係ないことでひどい目にあっている」と説明した。

芸能界で流れる“クォン・サンウ賭博説”を意識して「クォン・サンウが普段賭博を楽しむという噂は、途方もないデマ」と一蹴した。事件は、Sが放送を自粛することで一段落し、Mカジノバーも一時閉鎖された。しかし、現在Mカジノバーは、看板だけおろして今も営業中と伝えられた。

Sも4カ月ぶりに放送にカムバックした状態。賭博場で一緒に検挙された映画監督Aの映画は無事に完成し、公開された。しかしトップスターのキャスティングにもかかわらず、興行は失敗した。


ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ   ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ


※シン・ジョンファンというMCタレントを見ると・・・。

必然と思い出してしまう―――。

クォン・サンウと、ペク・チャンジュ元マネージャー。暴力団の話。

いわずもがな、ペク・チャンジュssiは・・・現在、C-JeSエンターテインメントの代表をされているやり手の企業家

です。

サンウファンだった人には、このマネージャーや元事務所のせいで、サンウはヤクザに脅されて最悪な年月を送

ったというイメージしかないんですけれど。

今、その元マネがJYJや有名俳優さんたちの会社の代表だということを思うと―――。

韓流スターたちって・・・前科を気にせず、会社に入れるんだなって思いますわ^^;。



○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:.*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚..。o○☆*:..。o○
イメージ 5


◎俳優イ・ジョンソクが3000人以上のファンと真夏の夜の夢のような時間を過ごした。

「2018 LEE JONG SUK FANMEETING-PIT A PAT」が1日、ソウル市江西区KBSアリーナホールで開催された。残暑が絶頂を成したこの日、3000人のファンは早くから会場を訪れてイ・ジョンソクとの出会いを準備した。韓国はもちろん日本、中国、東南アジアなど、さまざまな国のファンが会場を訪れて、韓流スターの底力を確認させた。

1年ぶりに開かれた韓国ファンミーティングは今回のファンツアーの中で唯一「PIT A PAT」というスペシャルタイトルで行われた。それほどイ・ジョンソクは長い時間、自分と一緒にいてくれたファンと特別な時間を過ごすためにファンミーティングに多くのアイデアを出すなど、準備に参加したという。

数年間呼吸を合わせているMCのハ・ジヨンとリラックスした雰囲気の中で近況を伝えたイ・ジョンソクはファンを意味する「ウィズ」と運営しているカフェ「89マンション」など、自分の最近の興味をファンと共有した。続いて「TMI(Too Much Information)」コーナーを通じてはもっと知りたがるファンたちの疑問を解消した。特に「墓石に書きたい言葉は?」という質問に「幸せに」という回答を出し、ファンへの切ない気持ちを表現した。

イ・ジョンソクは「最近「小確幸」という言葉が流行しながら幸せの本質について考えた」とし「答えはないが、みなさんが私を介して幸せを感じるなら、私も最善を尽くして幸せにして喜ばせたい」と語った。

ファンが待ち望んでいる彼の次回作も垣間見ることができた。SBSの単幕劇『死の賛美』(脚本チョ・スジン、演出パク・スジン)の特別予告編を公開したもの。初挑戦した時代劇の中で彼はいっそう深くなった演技と歴代級のビジュアルを予告してカムバックに対する期待感を高めた。

先立って日本でのファンミーティングを介して話題になったピアノ演奏はさらにアップグレードされたバージョンで披露された。Julyの『my soul』を4人組バンドとの合奏で披露してこれまでの努力を感じさせ、自分の曲である『あなたが眠っている間に』のOSTは演奏と一緒に歌まで消化し、ファンの心をときめかた。

長年のファンたちとのぴったりの呼吸も注目を集めた。「ドキドキデート」コーナーを通じて恋人のようなファンたちと、さまざまなミッションを遂行し、これによりプレゼントを贈呈するなど、ときめく時間を作った。特にファンたちは14日に誕生日を控えているイ・ジョンソクのためサプライズイベントを行った。彼が観客席に背を向けるフォトタイムの間に、ファンは「いつも待ってる」というプラカードを掲げてた。ファンへの感謝の気持ちから言葉をつなげることができないほど涙を流した彼は続いて手紙を読み上げた。

イ・ジョンソクは「いつも少しでももっと与えたい気持ちなのに、振り返ってみるといつももっと多くのものを受けてきた」とし「幸せで熾烈だった8年を過ごし、今はまた越えなければならないと山、渡らなくてはいけない川の前に立っているけど、みなさんが一緒だから心配しない。本当に多くの時間をプレゼントしていただき感謝する」と最後の挨拶をした。

この日の公演には彼の出演作のOSTを歌った歌手ロイ・キムと仲良しの後輩シン・ジェハが特別ゲストとして出演した。

イ・ジョンソクは9日と15日に台湾の台北とタイのバンコクの「クランクアップ」で現地ファンと会う。

ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ   ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ  ヽ(・∀・。)*-*-*(。・∀・)ノ


※今回は、韓国でのファンミと言うことで―――。

泣き言を言わず、笑顔でファンミを終えたのでしょうかね。でも、ここに日本からもファンが行ったという話を

聞いて・・・。やっぱり物好きがいるんだなって思ってしまった^^;。きっと、イ・ジョンソク君のファンになる前は

それほど韓流を知らずにおられたビギナータイプなのかなって思ったり。

長く韓流ファンをやっている人には、イ・ジョンソク君って・・・韓国まで追いかけるタイプのスターじゃないって

思うからね^^;。

ま、知らぬが仏―――ですね^^。







イメージ 6



この記事に

閉じる コメント(5)

アバター

2018/9/3(月) 午後 2:43 内緒さん

こんばんは♪

韓国メディアでは、ことごとく勝ったような報道をされていたんですよ。
実際、日本の方がメダル数が多くてもね。
野球とサッカーで、日本に勝った韓国ですから。

2018/9/3(月) 午後 8:14 韓道 玲愛琉 返信する

アバター

2018/9/3(月) 午後 6:11 内緒さん

こんばんは♪

ラスト一行に、激しく同感しました。

もちろん、彼らが兵役免除をかけて命がけでやっているのをみると気の毒な気もしますけれどねぇ。

でも、スポーツ精神が感じられない韓国選手のプレーって・・・なんだかなぁって思います。

水泳で、中国女子と韓国女子の暴行事件も問題になっていましたが、彼らのスポーツマンシップって一体何なんだろうなって思うときがありますね。

2018/9/3(月) 午後 8:17 韓道 玲愛琉 返信する

アバター

2018/9/3(月) 午後 6:36 内緒さん

こんばんは♪

そういえば、ユファン君は同棲していた女子に訴えられてから表舞台から消えましたね。兄弟そろって女問題で人生を棒に振るとはね・・・。

サンウはあの当時、賭博のことで覚書を書いているので「疑惑」は真実味があったとも言われています。一度、ペク・チャンジュ代表に事実を聞いてみたいものですね。

私もすごく好きな俳優だったんですけれどねぇ。
人間性が見えてしまうと、これほど急に冷めちゃうものなんですね。

2018/9/3(月) 午後 8:19 韓道 玲愛琉 返信する

アバター

2018/9/4(火) 午前 1:15 内緒さん

こんにちは(^^)/
私は「イイ子」とは思えないんですよねぇ。若い頃から多くの人から信用を失うことを繰り返しているし、やりたいことをやりたいのに出来ないことを人のせいにするように聞こえたし、事務所を転々とすることは信用がない、信用が出来ないせいですし。昨年は身内スタッフへの愚痴を表に出したりもして、めちゃくちゃ自分に甘い。可愛いから可愛がられて大人になった「温室育ち」の人だから、ちょっと厳しい状況になると女々しくなるのもね。
イ・ソジンssiがね、彼と初めて会った授賞式で第一印象が悪かったのと番組で共演した時の彼への接し方を見ると「あぁ、好かれてないな」って分かりましたしね。共演者でも一部の人にはウケがいいけれど、人見知りするから大半には嫌われるタイプ。
プロ意識の高い役者さんには好かれないでしょう。だから映画でコケて、トラウマが出来たのでしょう。あの作品、ベテランが多く出てましたし。

まだまだ修業が足りませぬ(笑)。

2018/9/4(火) 午前 10:35 韓道 玲愛琉 返信する

アバター

2018/9/4(火) 午後 3:28 内緒さん

こんにちは(^^)/

全然悪口に聞こえないんですけれど(笑)。悪口と批評は違いますから(笑)。

彼が新人ならここまで思わないでしょうが、色々取材や番組での態度、発言などを見てきて「本性」が見えてきて、知ってしまうと・・・・どうしてもかばえないんですよね。評判とか、他のスターからの印象は嘘がつけないから。

彼を「可愛い」と思ってくれる先輩はずっと可愛がってくれるし、彼も猫みたいに「ニャーゴ」ってすりよるけれど、30代になったら周りの目も厳しくなりますからもう、簡単には可愛がってもらえないと思います。
今、彼はその狭間にいるから・・・甘えられなくて孤立して寂しさを感じているようです。なので今はウビンとファンに依存して「ニャーゴ」ってすり寄ってる(笑)。
彼の30代は、厳しく険しい道が待っていることでしょう。兵役終わっても、公益だから韓国人の目はもっと冷たくなりますしね。

2018/9/4(火) 午後 5:50 韓道 玲愛琉 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事