全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

シャルドネを含む現代のワインを代表するぶどう品種のいくつかの母親は、その昔良質なワインとならないとして、栽培が禁止されたGouais Blanc(グアイスブラン)というぶどう品種だったことがDNA解析によって確認された。

この研究は、ケンブリッジ大学のChristopher Howeやスタンフォード大学のJohn Haegerらの研究チームによって明らかにされ、2009年12月、イギリス王立科学アカデミーのThe Royal Societyに発表された。

これまで、現代のよく知られたvitis vinifera属の多くのぶどう品種は、Pinot NoirとGouais Blancの交配種であることが知られていた。しかし、どちらが母方であるのかはわからなかった。

今回のDNAによる解析で、Chardonnay, Gamay,, Aligoté, Auxerrois, Bachet, Franc noir, Melon (Muscadet), Romorantin, Sacyは、Gouais Blancを母方に持つぶどう品種であると特定された。

ちなみにPinot Noirを母方とする品種は、Aubin vert, Knipperléと Roublotだった。

この結果はかなりショッキングなものとして受け止められている。というのはぶどうの交配では、母方の遺伝子が優位に受け継がれ、したがって品種の特性も母方の特性をより強く表出すると言われているからだ。

Gouais Blancは、ヨーロッパでは中世にはすでに品質の悪いワインにしかならない非常に劣ったぶどう品種として知られ、16世紀後半から18世紀まで栽培を禁止されていた品種であった。

それが今回の研究で、Gouais Blancが現代を代表するいくつかのぶどう品種の母方に当たることが示されたわけで、劣等種と思われていたGouais Blancが、実は交配においては重要な役割を果たし、Pinot Noirよりも優秀なパートナーだったことを示す結果となった。

研究は、皮肉にも劣等種だと思われていたぶどう品種が、シャルドネやガメイなど現代の最もよく知られた、重要なぶどう品種に大きな影響を与えていたことを示すことになった。



【参考文献】

A Banned Variety was the mother of Several Major Wine Grapes
http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/early/2009/12/09/rsbl.2009.0810.full.pdf+html?sid=5b00d8dd-1d8b-4e5e-8aa1-150a26e17df8


ワイン愛好家ならご存知のウェブサイト『WORLD FINE WINES』の『LATEST WINE TOPICS(最新ワイントピックス)』からの引用です。http://www.worldfinewines.com/index.htm

ショッキングなニュースですよね。特に、僕のようなシャルドネ好きにとっては。
科学技術の進歩とは、時に残酷なものです。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ほ〜!ワインに対して考え方がかわります。しかし、この内容はどこか人間関係にも共通するようにも感じます。上のサイトに早速行ってみます!

2010/1/30(土) 午後 5:00 [ kaorin ]

アバター

こうなると、グアイスブランを飲んでみたくなりますね。

2010/1/30(土) 午後 9:02 masa

顔アイコン

良い物だけを掛け合わせれば良い結果が出るという単純な事ではないと言うことですよね。
すべてに共通して言えることなのかも知れませんね〜。

グアイスブランをブレンドすることでも面白い結果になったり・・・はしないのかな〜?(笑)

2010/1/30(土) 午後 10:21 ともじ

顔アイコン

kaorinさん、
ワインは神と人間が創るものですから、人間に共通する要素がたくさんあります。このエピソードもまさにそうですね。

2010/1/31(日) 午前 10:07 Burgundy

顔アイコン

masaさん、
本当に。できることなら、グアイスブランをテイスティングしてみたいものです。

2010/1/31(日) 午前 10:07 Burgundy

顔アイコン

ともじさん、
科学的に考えれば、突然変異による結果といえますが、哲学的に考えれば、神様のプレゼントといえるでしょうね。

ちなみに、Gouais Blancの発音ですが、上の記事の筆者は英語風にグアイスブランと表記していますが、これはおそらくフランスの品種ですから、グーエブランと発音するのが正しいのでしょう。以前ワイナートで見た記事では、そう記載されていました。

2010/1/31(日) 午前 10:15 Burgundy

まるでオグリキャップのように血統をはねのけてがんばってたんですね、シャルドネは・・・。

2010/2/5(金) 午前 9:15 リースリング

顔アイコン

リースリングさん、
そのとおりです。突然変異ですね。シャルドネにドラマあり、です。

2010/2/5(金) 午後 0:27 Burgundy


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事