今日もぼちぼちオルガン弾こう

ブログを引っ越しました。新URLはhttps://bochi2organ.blog.fc2.com/、タイトルは同じです。

全体表示

[ リスト ]

1月6日 礼拝の奏楽曲

1月6日の礼拝は奏楽当番でした。
聖書箇所はローマの信徒への手紙8章26-30節。説教題は「栄光を受けて歩む」で、説教後の賛美歌は338番(1954年版)「主よ、おわりまで」です。


この日から再びローマの信徒への手紙の講解説教に戻りました。
前週の礼拝が終わってから、いつものように牧師から説教で取り次ごうとするメッセージはどんな感じかお聞きし、ふさわしい奏楽曲としては何が考えられるか協議しました。

まず、牧師がおっしゃったのは「新年最初の日曜日の礼拝でもあるので、『主イエスはわたしたちの内におられ、わたしたちが進むべき道を間違ったり見失ったりしないために明るく照らしてくださる。わたしたちは自分の考えではなく、神が導いてくださるとおりに光の中を歩むのである』ということをメッセージの中心に据えたいと思います」とのことでした。
これを聞いているうちにわたしの心に浮かんできたのは「わが行くみち」(1954年版494番)です。それを言うと、牧師からは「その曲は後奏で弾いてもらえるといいですね」とのコメント。
奏楽者としては、6日は公現日なので前奏か後奏のどちらかで Wie schön leuchtet 〜 とも考えていました。それも言うと、「では、そちらは前奏でいきましょう。聖書箇所は『公現』のところではないですが、今日は公現日だということを前奏によって示しましょう」とのことでした。
イメージ 1

★1月6日 礼拝の奏楽曲
前奏:D.Buxtehude / Wie schön leuchtet der Morgenstern   あかつきの空の美しい星よ(讃美歌21 276)
後奏:P.Philips / In some way or other   わが行くみち(讃美歌494)

【ストップリスト】
Wie schön leuchtet 〜
低音部Diapason8'、高音部Melodia8'。
わが行くみち
低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'+Treble Coupler。

【使用楽譜】
Wie schön leuchtet 〜
教団出版局刊『やさしい礼拝用オルガン曲集Ⅰ コラールによる奏楽曲集1』
わが行くみち
讃美歌494番の譜面のとおりに1節弾く


1月第1週の礼拝の奏楽当番は、年末年始のあわただしさに直面するので、意外と練習時間のやり繰りが大変です。
今年の弾き初めは1月2日。子どものころピアノを習っていたけれど、年頭こんな早くから楽器に触ったことなんかまずはなかったなぁ・・・
必要に迫られれば、するようになるものですねぇ。(もっとも「なければしない」けど・・・

閉じる コメント(4)

顔アイコン

にゃあさん、寒中お見舞い申し上げます。出遅れてしまって新年のご挨拶ができませんでしたが今年もよろしくお願い致します。

私は月1のご奉仕で20日が教会での弾き初めになると思いますが家での弾き初めはいつになることやら…

合唱の他にミュージックベルのグループにも入っていて様々なところで演奏させていただくのですが昨年のクリスマスはほぼ毎日老人施設での慰問があって忙しかったです。やはりクリスマスにはベルの音色がマッチしているのでしょうね♪

合唱の方も年に1度の定期演奏会が迫ってきて練習も追い込みです。なかなか鍵盤に向かう時間が取れないというのは言い訳ですが(汗)

でも昨年末にはまた新しい楽譜を2冊買ってしまいました。どれだけ弾く機会があるかわからないのにちょっと気の利いたアレンジだと思うとポチっとしてしまいます^^;

2019/1/7(月) 午後 6:48 [ まーちゃん ]

顔アイコン

> まーちゃんさん
寒中お見舞い申し上げます。こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

教会でのオルガン奉仕に加えて合唱、ミュージックベルと、いろいろな音楽をなさっているのですね。
もうすぐ合唱の定期演奏会とのこと。お身体に気をつけて臨んでくださいね♪

わたしも、「いいなぁ」と思った楽譜は比較的すぐに買う方です。「今度にしよう」と思っているうちに品切れになり、じりじりと再販を待ったことがあって・・・ それ以来、欲しいと思ったタイミングでなるべく買うようにしています。
ふだんはその中の一曲ぐらいしか弾かないものでも、後から見直した時に「これも載っていたのかー!」と気付き、「買っておいてよかった」とホクホクしたことも。何がいつ役に立つかわからないもんだなー と感じます(^^)

2019/1/8(火) 午後 1:37 [ にゃあ ]

顔アイコン

今年は特に日曜日と公現日が重なったので、Wie schön leuchtet〜はどこかで弾きたくなりますよね。限定されたこの曲ですもんね

1月第1はバタバタと慌ただしい中での練習のやり繰りが大変ですが、確かに必要に迫られないと中々・・・ですね

2019/1/10(木) 午前 11:33 [ おるがん太郎 ]

顔アイコン

> おるがん太郎さん
公現日の Wie schön leuchtet 〜 とか、アドヴェント第一の Nun komm, 〜 など、ネンイチの曲はやはり「弾くなら今日でしょ」になりますよね
そういう曲はたいていいろいろな作曲家の編曲があるけれど、自分が弾くのはほぼ毎年同じ。たとえば公現の Wie schön leuchtet 〜 はいつもこの Buxtehude です。1月第1週は何かとバタバタするので、定番となったこの曲のおかげでずいぶん助かっています

ホント、必要に迫られないと勤勉に何かに取り組むというのもなかなかしないものです。現に、奏楽当番が終わってからは、今のところオルガンの蓋さえ開けてません・・・

2019/1/10(木) 午後 3:52 [ にゃあ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事