今日もぼちぼちオルガン弾こう

ブログを引っ越しました。新URLはhttps://bochi2organ.blog.fc2.com/、タイトルは同じです。

奏楽当番

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

6月9日 礼拝の奏楽曲

6月9日(ペンテコステ)の礼拝は奏楽当番です。
聖書箇所は使徒言行録2章39-42節。説教題は「霊の降り、主の招き」で、説教後の賛美歌は183番(1954年版)「主のみたまくだりまし」です。

わたしたちの教会ではローマの信徒への手紙の講解説教が進行中なのですが、9日はペンテコステなので、使徒言行録の聖霊降臨の記事が選ばれています。
奏楽曲を選曲する前に、いつものとおり牧師と打ち合わせをしました。

ペトロの説教を聞いた人々は大いに心を打たれ、ペトロとほかの使徒たちに「兄弟たち、わたしたちはどうしたらよいのですか」と言います。
すると、ペトロはこのように答えました。「悔い改めなさい。めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼を受け、罪を赦していただきなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。この約束は、――(中略)―― わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、与えられているものなのです」(38-39節)。
この言葉を受け入れた人々は洗礼を受け、その日に3000人ほどが仲間に加わりました。

牧師がおっしゃった要点は次の通りです。
①悔い改めのないスタートはない。まずわたしたちの罪、痛み、不足、欠けを認めるところからすべては始まる。
②洗礼は聖霊の働きによるものである。
③悔い改めて洗礼を受けることで、教会が増し加えられていく。
以上を踏まえ、前奏には悔い改めを促す曲、後奏にはペンテコステの定番の曲を と要請されました。

わたしが選んだのは↓のとおりです。
前奏:R.Shephard / Were you there ?   あなたもそこにいたのか(讃美歌21-306)
後奏:P.C.Buck / O Spirit of the living God   聖霊ゆたかに(讃美歌21-406) 

悔い改めとは一般的に神と反対の方向(罪)を向いている状態から神の方向へと向きを変えることですが、今回の聖書箇所の文脈に即すれば、わたしたちが十字架につけて殺したイエスを神は主とし、またメシアとなさった。これをわがこととして認めるということだと思います。
人々が悔い改めて洗礼を受けるきっかけとなったペトロの説教が語っているのは、以下のような内容です。
イエスこそ神から遣わされた方であり、神はお定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで人々に引き渡されたが、人々は律法を知らない者たちの手を借りて十字架につけて殺してしまった。しかし、神はイエスを死の苦しみから解放して復活させられた。
イスラエルの全家は、自分たちが十字架につけて殺したイエスを神は主とし、またメシアとなさったことを知らなければならない。
そこで、主のご受難の一つ一つの場面に対して「深い深い罪に / わたしはふるえてくる」と、またよみがえられた場面には「深い深い愛に / わたしはふるえてくる」と歌う「あなたもそこにいたのか」(讃美歌21-306)による曲を前奏として選びました。
教会暦的には受難節に賛美される曲ですが、以上のような理由からあえて9日の礼拝の前奏に用います。

後奏は定番の曲をということだったので、 Komm, heiliger Geist, Herr Gott あたりにしようかな とも思ったのですが、讃美歌21をパラパラめくっていくと、406番「聖霊ゆたかに」に目が留まりました。
「聖霊を受けて イェスを主と信じ / 十字架の勝利を 伝えよ、世界に。 / ハレルヤ」(第5節)
ペンテコステ礼拝が終わって世に遣わされていくにあたり、ふさわしい歌詞の賛美歌だと思います。
伴奏譜の部分をハレルヤ付きで1節弾いて、後奏とします。

【ストップリスト】
あなたもそこにいたのか
低音部Diapasonn8'、高音部Melodia8'+Celeste8'。
聖霊ゆたかに
低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'+Treble Coupler。

【使用楽譜】
あなたもそこにいたのか
100 Hymn Preludes for Manuals (Kevin Mayhew 1996)
聖霊ゆたかに
讃美歌21-406の伴奏譜
イメージ 1


例によって、練習は譜面をじっくりと眺めるところからスタートです。
脳内で音を鳴らしつつ指の運びをイメージし、弾きにくそうな部分を弾きやすくするための工夫を考えたり、フレーズの歌い方を確認したり。
このひと手間で、実際に弾けるようになるまでの時間がかなり短縮されています。
ナマの楽器の音を出せない朝早くや夜遅くのような時間でも気兼ねなしにできる。これもいいところですね。
どれくらいのテンポで弾くかについても楽譜を見ながら試してみるのですが、今回、説教の後に歌う「主のみたまくだりまし」には驚かされました。
1954年版讃美歌では二分の二拍子で、「二分音符=96」。メトロノームに合わせて歌ってみると、速いこと、速いこと。
歌うのもえらく忙しいけれど、弾く方もこの速さではたいへんだろうなぁ と思い、念のため讃美歌21ではどうなっているか見てみました。

讃美歌21では342番「神の霊よ、今くだり」。同じく二分の二拍子ですが、テンポは「二部音符=60」。
歌うのも弾くのも、この速さなら余裕をもってできます。
54年版と21の両方に載っている賛美歌は21の方がテンポが速い場合が多いような気がしますが、これは逆。珍しい・・・
礼拝では「二部音符=60」で賛美することにします。

5月12日 礼拝の奏楽曲

12日の礼拝は奏楽当番です。
聖書箇所はローマの信徒への手紙12章9-21節、説教題は「共に喜び、共に泣く」で、説教後の賛美歌は195番(1954年版)「いのちの君にます主よ」です。

いつものように牧師との話し合いを経て、今回は次のように選びました。
前奏は神の栄光をたたえる曲です。
後奏は、説教題にも採られている「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」(15節)への応答です。これから世に送り出されていくわたしたちの決意でもあります。

★5月12日 礼拝の奏楽曲
前奏:J.L.Adam / Praise, my soul, the King of Heaven   たたえよ、王なるわれらの神を(讃美歌21-14)
後奏:P.Janssens / Brich mit den Hungrigen dein Brot   飢えている人と(讃美歌21-486) 

【ストップリスト】
たたえよ、王なるわれらの神を
第1-第14小節及び第44-54小節:低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'+Treble Coupler。
第15-第43小節:低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'。
飢えている人と
低音部Diapason8'、高音部Melodia8'。

【使用楽譜】
たたえよ、王なるわれらの神を
教団出版局刊『讃美歌21による礼拝用オルガン曲集第1巻』
飢えている人と
讃美歌21-486の伴奏譜

イメージ 1

イメージトレーニングをしっかりすることで、実際に鍵盤に触る時間は短くてもどうにか当番は務まっています。
楽譜を読むことの大切さを改めて知った思いです。
手がこんなふうになったのはたしかに不便だし、症状は煩わしいけれど、それだからこそわかることや学べることもあるんですね。
日曜まであと二日、がんばります。
21日の礼拝は奏楽当番、前回が3月3日でしたから、実に1か月半ぶりの奉仕です。
聖書箇所はルカによる福音書24章1-12節。説教題は「空の墓」で、説教後の賛美歌は153番(1954年版)「わがたまよ、きけ」です。

イースター礼拝でもあるし、前奏も後奏も The Easter 的な曲を選ぶことになるんだろうなー と思いつつ、牧師との打ち合わせに入りました。
牧師がおっしゃった内容を採意すると、以下のようになります。

「聖書箇所は復活を示唆する記事で、説教の後の賛美歌は復活の賛美歌なんですが、復活というのは主のご受難があってこその『復活』であるわけで。
もちろん今週の祈祷会は洗足木曜日にあたりますし、翌日は受難日礼拝を守ります。ところが、そういったものに出席できなければ、主の受難に思いを馳せることのないままにイースターを迎えてしまうかもしれない。
レントの期間、常に主のみ苦しみを思いながら過ごしていたかというと、それもなかなかできることではない。自分のことにかまけて、主の十字架からは目を逸らしてしまいがちになります。
受難をすっ飛ばして、『イースターおめでとう』というわけにはいきません。
そこで、来週の礼拝は思い切って前奏で受難の曲を弾いていただき、みんなでまず主イエスの十字架に思いを馳せるようにしたいのです」

いやー、もう、びっくりしました。
イースター礼拝の前奏に受難の曲!
以前、連続講解の進行の加減でレントの第一主日に復活の記事が来たことがあり、その時はあえて教会暦を無視(?)して前奏も後奏も復活の曲を弾きましたが、今度はそれと逆です。

牧師:「わたしたちの教会の礼拝は、原則的には教会暦を使っていません。ですから、明確な意図のもとイースター礼拝の最初に受難の曲というのもアリでしょう。
礼拝の進行につれて聖書内の復活を示唆する記事が読まれ、復活の賛美歌が歌われ、洗礼式があって聖餐式がある。真っ暗闇だったのが光が差してどんどん明るくなっていくイメージです。そして礼拝の最後にイースターの後奏曲、というのはどうでしょうか」
にゃあ:「わかりました。では、後奏はイースターにふさわしく、思い切り輝かしい曲がいいですね。
『すくいのぬしは』をベースにしたオルガン曲があるので、それでいきます。前奏はバッハの受難のコラールによる曲を充てることにします」
イメージ 1


★4月21日 イースター礼拝の奏楽曲
前奏:J.S.Bach / Herzliebster Jesu, was hast du verbrochen  BWV 1093   愛するイエス(讃美歌21-313)
後奏:C.Callahan / Voluntary on "Jesus Christ Is Risen Today"   「すくいのぬしは」(讃美歌148)に基づくヴォランタリー

【使用楽譜】
Herzliebster Jesu, was hast du verbrochen
Baerenreiter "Orgelwerke Band 9 Orgelchoraele der Neumeister-Sammlung"
Voluntary on "Jesus Christ Is Risen Today"
Charles Callahan / "Easter Music for Manuals Set 2" (MorningStar Music Publishers MSM-10-424)

【ストップリスト】
Herzliebster Jesu, was hast du verbrochen
低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'
Voluntary on "Jesus Christ Is Risen Today"
低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'+Treble Coupler
(24小節目の2拍目でTreble Couplerをいったんしまう。31小節目の4拍目で再び出す)

今年のイースター礼拝は主のご受難からご復活までの歩みをわたしたちもしっかりと辿ろうという構成になっています。
イースター礼拝に奏楽当番があたると、受難週であっても家で練習するのはイースターの曲ばかり。どうかすると今週が受難週だということを忘れてしまいそうになるのですが、今回は前奏が受難の曲なので、そうならずにすみます。
ありがたいことです。

後記
週報には前奏と後奏の曲名と作曲者名を載せてもらっています。
Herzliebster Jesu, was hast du verbrochen とあるのを見れば、スルドい人は「それって受難の曲じゃなかったっけ?」となりますし、そうでなくても聞けばおよそイースターらしからぬ感じを受ける曲です。
わたしが今日会衆席に座っていたら、前奏が終わった時にはおそらく「???」状態でしょう。少しでも教会暦や賛美歌、奏楽曲についての知識があれば「こりゃ、ないわー」となる選曲なので、牧師にお願いして、礼拝の後で皆さんにその理由を説明していただきました。

3月3日 礼拝の奏楽曲

3日の礼拝は奏楽当番でした。
聖書箇所はローマの信徒への手紙10章5-13節。説教題は「み言葉は心と口に」で、説教後の賛美歌は275番(1954年版)「つよき神の子」です。

その前週、礼拝が終わってから牧師に説教の要点をうかがいました。
中心となる聖句は10章10節「実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです」とのこと。

説教題を見た時にバッハのカンタータ147番「心と口と行いと生きざまをもって」が思い浮かんだので、前奏に「主よ、人の望みの喜びよ」を弾こうかなと思ったのですが、牧師からストップが。
曲があまりにも有名なので知っている人も多いし、礼拝で前奏が目立ちすぎるかもしれない ということで・・・

「むしろ、それは後奏で弾いていただいた方がいいと思います」とおっしゃいました。
けれども、ウチの教会ではこの曲は長すぎます。
そこで、合唱部分だけを取り出してつないだものを弾くことにしました。

前奏についての牧師からのコメントは、「信仰や希望を歌う曲がいいと思います」というものでした。
咄嗟には適切な曲が思い浮かばなかったので、家に帰ってからの宿題です。
ごはんを作ったり洗濯物を片づけたりしながら「何がいいかな・・・」と考えていたところ、だしぬけに使徒信条の一節「われはそのひとり子、われらの主、イエス・キリストを信ず」がひらめきました。

これだ!
信仰告白を歌う曲がいい。
バリエーションはいくつかあるけれど、今まで弾いたことのある中で言えばバッハ。
ノイマイスターコラールに載っている Wir glauben all an einen Gott BWV1098 にしよう。
そういうわけで、3日の礼拝の前奏後奏は以下のラインナップになりました。

イメージ 1


★3月3日 礼拝の奏楽曲
前奏:J.S.Bach / Wir glauben all an einen Gott BWV1098   われわれはみな唯一の神を信じる(EG183)
後奏:J.Schop / Wohl mir, dass ich Jesum habe   こころに主イエスを(讃美歌第二編228) 

【ストップリスト】
Wir glauben 〜 → 低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'。
Wohl mir, 〜 → 低音部Diapason8'、高音部Melodia8'。

【使用楽譜】
Wir glauben 〜 → Bärenreiter “J.S.Bach Orgelwerke Band9 Orgelchoräle der Neumeister-Sammlung”
Wohl mir, 〜 → 讃美歌第二編228番の合唱部分だけを取り出してつなぎました。


手のしびれは依然として続いています。
実現可能かどうかはさておき、こんなことをしてみたい、あんなことをしてはどうか などと考えていたことも、いくつかは無期限に延期せざるを得なくなりました。
けれども、自分でも不思議ですが、悲観的な思いはわいてきません。
「人の心には多くの計らいがある。/ 主の御旨のみが実現する。」(箴言19.21) まさしく・・・
今はわたしの思いが実現する時ではない。それを示すために手根管症候群という病気が与えられたのだと思います。
いろいろ考えていたことが神のご計画にあればいつか実現する日が来るでしょうし、なければ来ないままでしょう。
答えが示されるまで気長に待ちます。

2月3日 礼拝の奏楽曲

3日の礼拝は奏楽当番でした。
聖書箇所はローマの信徒への手紙9章6-18節。説教題は「神さまの自由」で、説教後の賛美歌は244番(1954年版)「行けどもゆけども」です。

説教で取り次ごうとされているメッセージについて牧師に尋ねたところ、以下のようにおっしゃいました。
「神は憐れみたいと思う者を憐れみ、かたくなにしたいと思う者をかたくなにされる。つまり、神のご計画はご自身の自由な選びによって進められるのであり、わたしたちはそこに一切口を挟めない」。

言い換えると、わたしたちを導いてくださる神のみ業はいつも必ず正しい。だからわたしたちはすべてを神にゆだね、導いてくださるとおりに歩んでいこうということだと思いました。
そこで、そのような流れになるように、奏楽曲を選びました。

★2月3日 礼拝の奏楽曲
前奏:J.S.Bach / Was Gott tut, das ist wohlgetan BWV1116   わが主の御業は ことごと正し(讃美歌80)
後奏:P.Philips / In some way or other   わが行くみち(讃美歌495)

【ストップリスト】
Was Gott tut, 〜
低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'。 
わが行くみち
低音部Diapason8'+Viola4'、高音部Melodia8'+Flute4'+Treble Coupler。 

【使用楽譜】
Was Gott tut, 〜
Bärenreiter "Orgelwerke Band9 Orgelchoräle der Neumeister-Sammlung"。 
わが行くみち
讃美歌の譜面のとおりに一節弾く。

ちょうどこの日は説教の前で1954年版讃美歌の80番「わが主の御業は ことごと正し」を賛美することになっていたため、前奏に Was Gott tut, 〜 を持ってきてよかったかも。
ついでに、賛美する時は各節譜面の途中のフェルマータは省略、最後ののみ3拍延ばすようにしました。

イメージ 1


いかに弾かずしていかに弾けるようになるか。
まるで禅問答のようですが、今のわたしにとってはある意味喫緊の課題(!?)です。

手根管症候群から来る手指のしびれは、整形外科で処方されている薬を飲んでいても現時点ではあまり軽快することなく、むしろ自覚する頻度が増えているような。
診察を受けるたび、Dr.には「手は極力使わないように」と釘を刺されますが、起きている間はなかなかそうもいかず、難しいです。

わたしたちの教会では、聖書箇所や説教題、賛美歌の番号の告知は一週間前。週報の「次週の公同礼拝」の欄によってです。
わたしは譜読みがあまり早くないので、一週間でそれなりに弾けるようになるには時間をかけて練習するしかありませんでした。
けれども今の状態ではムリです。先週はどんなに頑張っても約30分が限度でした。

そこで心掛けたのはこの二つ。
楽譜はとにかく注意深く読むことと、楽器に触っていなくても弾いている状態をイメージトレーニングする時間をなるべく多くすることです。
たまたま賛美歌も奏楽に選んだ曲も以前弾いたことのあるものばかりだったので、今回はこれで奉仕に間に合いました。
賛美歌は牧師が選ぶのでそうはいきませんが、奏楽曲はできれば当分は新曲に手を出さず、今まで弾いたことのあるもののとっかえひっかえで対処できればいいなと思っています。

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事