Macro写真館

お気軽にコメントを下さい。 『ちゃわんむし』

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19




―◆―◆―◆―◆―

■オオミスジマルゾウムシ(コウチュウ目ゾウムシ科、体長3.9〜4.5mm)
○ 
○ 
○ 背中を丸めたオオミスジマルゾウムシ。
○ 愛嬌のある姿が面白いです。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ヨツボシモンシデムシ(コウチュウ目シデムシ科、体長13〜21mm)
○ 
○ 
○ これまでに3回見たことのあるヨツボシモンシデムシですが、
○ この日に2頭も別々の場所で発見。
○ 
○ 去年も同じ時期に見たので、この時期に集団お見合いでもあるんですかね(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■クロハバビロオオキノコ?(コウチュウ目オオキノコムシ科、体長5.0〜7.5mm)
○ 
○ 
○ クロハバビロオオキノコかな?
○ 体長は5.4mmでした。
○ 
○ 黒いオオキノコムシなんて、絶望的です(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ナミテントウ(コウチュウ目テントウムシ科、体長4.7〜8.2mm、成虫集団越冬)
■キボシカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長14〜30mm)
■ミヤマカメムシ(カメムシ目カメムシ科、体長6mm内外)
■ツノカメムシ一種(カメムシ目カメムシ亜目ツノカメムシ科)
■オオトビサシガメ(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、体長20〜27mm)
■トビイロツノゼミ(カメムシ目ヨコバイ亜目ツノゼミ科、翅端まで5〜6mm)
■アオバハゴロモ(カメムシ目ヨコバイ亜目アオバハゴロモ科、体長5.5〜7mm、翅端まで9〜11mm)
■カネタタキ♂♀(バッタ目コオロギ科[カネタタキ科]、体長10〜18mm)
■ササキリ♀(バッタ目キリギリス科ササキリ亜科、体長20mm)

―◆―◆―◆―◆―

■ハグルマチャタテ(カジリムシ目(チャタテムシ目)ハグルマチャタテムシ科、体長約4mm)
○ 
○ 
○ 10月〜12月に登場する無精髭のハグルマチャタテ。
○ 髭剃りでジョリジョリやりたくなります(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■チャタテムシ一種幼虫(カジリムシ目(チャタテムシ目)チャタテムシ科)

―◆―◆―◆―◆―

■クロイロコウガイビル(ウズムシ綱ウズムシ目コウガイビル亜目コウガイビル科)
○ 
○ 
○ 前日の雨に濡れた道をクロイロコウガイビルが園路を横断してました。
○ 体長は8cmちょっと。
○ 
○ ヒルと言っても血を吸う分けでも無く、人畜無害です(^^;
○ 「何処を切ってもプラナリア」の親戚ですね。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■リンドウ(リンドウ科リンドウ属、高さ15〜60cm)

―◆―◆―◆―◆―





―◆―◆―◆―◆―
Yahoo!ボックスにアルバムを置いてます。
ここには以前の写真から最新の写真まで未公開分を含めてあります。
下のURLをクリックしてご覧ください。
  ⇒ 公開ページのURL http://yahoo.jp/box/s0vD3R
―◆―◆―◆―◆―

閉じる コメント(10)

よくこんなに多くの昆虫たちを見つけられるものだと、感心しております。
慣れておられる方は、見つけ方が違うのでしょうね。
オオミスジマルゾウムシがカッコイイです、ナイス!

2016/10/30(日) 午後 10:41 [ nika4 ]

顔アイコン

こんばんは、

オオミスジマルゾウムシ凄くかわいいですねー

クロイロコウガイビル植木鉢の下に居ました

何時見ても、素晴らしい昆虫写真ですねー

何度も、観たり読んだりしてしまいます

2016/10/30(日) 午後 11:16 [ 昭和の赤ウサギ ]

顔アイコン

おはようございます(^^)/


クロイロコウガイビルですかぁ〜〜


ある意味寄生獣ですね(*'▽')

2016/10/31(月) 午前 7:32 [ cat ]

顔アイコン

カメムシの仲間が多いですね!冬が近いのですね。オオトビサシガメのアップが凄いですこんなに毛がはえてるんですね。
クロイロコウガイビルって初めてです。うちのあたりで見るのはいつもオオミスジコウガイビルです。
リンドウの青が綺麗ですね。

2016/10/31(月) 午前 7:55 やすこ

こんにちは・・・
シデムシの仲間は、私が出会いを期待してる仲間でもありますが、シデムシには、甲虫の中でも特に多数のダニが付着する仲間だとか?(その様子をも一度観察してみたい気がする私です)
・・・トビイロツノゼミ!「カッコいいですね〜!」結局、今年もツノゼミの仲間を見付けることなく終わりそうで、進歩の無い私です。
・・・コウガイヒルは、土地が肥えたところにしか生息できない仲間だと耳にした事があります。という事は、素晴らしい環境だとみていいのでしょうか・・・ね!
コウガイヒルが、あのプラナリアの親戚だとは・・・
これはいい事を教えて頂きました!そう言えば、姿形がそっくりですね!更に興味が出てきました!!!☆

2016/10/31(月) 午後 0:43 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

顔アイコン

▼nika4さん、こんばんは。11月中が精一杯です。紅葉が過ぎ去ると昆虫の姿がパッタリですね(^^;

2016/11/6(日) 午後 8:16 『ちゃわんむし』

顔アイコン

▼昭和の赤ウサギさん、こんばんは。オオミスジマルゾウムシは、時々見かけます。小さなゾウムシなので気を付けて見て無いと見過ごしてしまいますが、恰好に特徴があるのですぐに分かりますね。

2016/11/6(日) 午後 8:20 『ちゃわんむし』

顔アイコン

▼catさん、こんばんは。ハッハッハ(^^) でもクロイロコウガイビルは人畜無害ですからご安心を(^^)

2016/11/6(日) 午後 8:22 『ちゃわんむし』

顔アイコン

▼yasukoさん、こんばんは。オオトビサシガメは図体がデカいだけに撮りがいがあります(^^; 自分もクロイロコウガイビルは初めて見ました。

2016/11/6(日) 午後 8:25 『ちゃわんむし』

顔アイコン

▼今日も、こっそり自然観察!さん、こんばんは。このダニはヨツボシモンシデムシ自身に寄生しているのでは無く、乗り物としてタダ乗りしているそうですね(^^; 今回も沢山くっ付いてましたが、なるべく見えない瞬間にシャッターを切りました(^^; ヨツモシモンシデムシは舘野鴻さんの絵本「しでむし」に亜社会性の生態が良く書かれてますね。絵本とは言っても素晴らしい細密画に驚かされます。

2016/11/6(日) 午後 8:35 『ちゃわんむし』


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事