Macro写真館

お気軽にコメントを下さい。 『ちゃわんむし』

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23




■ウシカメムシ(カメムシ目カメムシ亜目カメムシ科、体長8〜9mm)


○ 背面から見た姿が牛の顔に見えるウシカメムシ。
○ 確かに角があり、眼があり、ちょいとばかり間の抜けた牛に見えます。

○ まあ、どちらかと言うと牛のお面ってところでしょうか(^^;



■マルカメムシ(カメムシ目カメムシ亜目マルカメムシ科、体長5mm内外、成虫集団越冬)

■ヒメハサミツノカメムシ♀(カメムシ目カメムシ亜目ツノカメムシ科、体長14〜17mm)


○ これまで「ツノカメムシの一種」で誤魔化してましたが、
○ どうやらヒメハサミツノカメムシ♀のようです(^^;



■クヌギカメムシ一種(カメムシ目カメムシ亜目クヌギカメムシ科、12mm内外)

■ヒゲナガサシガメ幼虫(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、15mm内外)


○ ヒゲナガサシガメの幼虫は、11月〜12月に見かける事が多く
○ 特にこの時期は、毎回数頭を見かけます。

○ 見かけは春先に良く見かけるナナフシモドキの幼虫に似てますが、
○ レモン色と朱色のスケルトン調が、なかなかお洒落です。



■マルウンカ幼虫(カメムシ目ヨコバイ亜目マルウンカ科、翅端まで5.5〜6mm)

■イダテンチャタテ♂(カジリムシ目(チャタテムシ目)マルチャタテ科、体長3〜4mm)


○ 名の通り韋駄天走りが得意なイダテンチャタテ。

○ 写真は翅が長くスマートな雄。
○ 今回は見れませんでしたが、翅が腹部の先端より短く、腹部が膨らんだのが雌です。

○ イダテンチャタテの最大の売りは、トボけた顔。
○ 何度見ても笑ってしまいます(^^)

○ 少し苔むしたミズキなどの樹皮を走り回ってますが、
○ 陽が差している所の方が良く見つかります。



■ハグルマチャタテ♀♂(カジリムシ目(チャタテムシ目)ハグルマチャタテムシ科、体長約4mm)


○ ハグルマチャタテも雄はスマート。触角も長いですね。

○ 良く見かけるのは雌の方で、こちらの方が愛嬌があります(^^;



■オオミスジマルゾウムシ(コウチュウ目ゾウムシ科、体長3.9〜4.5mm)


○ オオミスジマルゾウムシは、肢を束ねて奇妙な形に丸まっている姿が見かけることが多いです。

○ きっとこのポーズが彼らにとって安全なスタイルなんでしょうね。



■オジロアシナガゾウムシ(コウチュウ目ゾウムシ科、体長8.9〜10.1mm、成虫越冬)
■ヒメクチカクシゾウムシ(コウチュウ目ゾウムシ科クチカクシゾウムシ亜科、体長4.1〜7.0mm)
■ホソクビナガハムシ(コウチュウ目ハムシ科クビボソハムシ亜科、体長6.8〜7.0mm)
■ドイカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長6〜8mm)
■シロホシテントウ(コウチュウ目テントウムシ科、体長3.1〜4.9mm)

■オオスズメバチ(ハチ目スズメバチ科、体長♀43〜45mm、♂35〜40mm、働蜂27〜40mm)


○ おそらくこの近くでオオスズメバチの巣が崩壊したのでしょう。
○ 木にオオスズメバチが集まって来るとのことで
○ 来園者の安全のためにハチトラップが仕掛けられてました。

○ すでに何頭か捕まっていて、まだ外に1頭がうろついてました。
○ まあどの道、巣が崩壊した後の働き蜂の生きる道は無いのですが・・・



■ブドウトリバ(チョウ目トリバガ科カマトリバガ亜科、開張15mm)
■紅葉






Yahoo!ボックスにアルバムを置いてます。
ここには以前の写真から最新の写真まで未公開分を含めてあります。
下のURLをクリックしてご覧ください。
  ⇒ 公開ページのURL http://yahoo.jp/box/s0vD3R

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21




■ハッカハムシ(コウチュウ目ハムシ科、体長7.5〜9.0mm)


○ これで2回目のハッカハムシ。

○ ここの公園にはヤマハッカが結構生えているのですが、
○ まだヤマハッカでは、ハッカハムシを見てません。
○ 前回は手摺、今回は地べたでした(^^;

○ 南部鉄瓶の工芸品のような味わいが好きです(^^)



■ヘリアカナガハナゾウムシ(コウチュウ目ゾウムシ科、体長2.6〜3.2mm)

■ハネカクシの一種(コウチュウ目ハネカクシ科)


○ こんなに大きな翅、良く隠せますね。



■ドイカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長6〜8mm)
■キボシカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長14〜30mm)

■リンネセイボウ(ハチ目セイボウ科セイボウ亜科セイボウ族ナミセイボウ属、体長4〜15mm、腹端に4歯、オオフタオビドロバチなどに寄生)


○ 先週に続いて2回目の登場、リンネセイボウ。

○ 目立たず、小さく、すばしっこい。
○ 撮影には最悪です(^^;



■ハラナガツチバチの一種(ハチ目ツチバチ科)

■ヒゲナガサシガメの幼虫(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、15mm内外)


○ プラスチック細工のような、ナナフシのような、ヒゲナガサシガメの幼虫。

○ か弱そうには見えますが、昆虫界の吸血鬼です(^^;
○ 11月、12月は見かける事が多くなりますが、
○ きっとこの時期にしっかり栄養を蓄えて、
○ 来春に備えるんでしょうね。



■グンバイムシ科の一種(カメムシ目カメムシ亜目グンバイムシ科)


○ グンバイムシの一種と言っても大型な方で、
○ 雰囲気はカメムシのようでした。



■トビイロツノゼミ(カメムシ目ヨコバイ亜目ツノゼミ科、翅端まで5〜6mm)
■コミミズクの幼虫(カメムシ目ヨコバイ亜目ミミズク科、翅端まで♂9mm内外、♀12〜13mm)
■マダラアワフキ(カメムシ目ヨコバイ亜目アワフキムシ科、翅端まで9〜10mm)
■ウンカの一種(カメムシ目ヨコバイ亜目)
■エサキモンキツノカメムシ(カメムシ目カメムシ亜目ツノカメムシ科、体長11〜13mm、成虫越冬)
■キタキチョウ(チョウ目シロチョウ科、前翅長18〜27mm、成虫越冬)
■テングチョウ(チョウ目タテハチョウ科テングチョウ亜科テングチョウ属、前翅長19〜29mm、成虫越冬)
■アオマツムシ♂(バッタ目コオロギ科[マツムシ科]、体長23〜28mm)

■ハグルマチャタテ(カジリムシ目(チャタテムシ目)ハグルマチャタテムシ科、体長約4mm)


○ ハグルマチャタテ、名前がいいですよね(^^)

○ カザグルマノヤヒチ(風車の弥七)、なんか似てるな〜(^^;



■ミヤマアカネ(トンボ目トンボ科、体長34mm、準絶滅危惧:神奈川県RDB2006WEB版)

■紅葉(トンボ目)


○ 紅葉は奇麗なんですが・・・

○ 紅葉が散ると、
○ 昆虫もすっかり姿を消してしまいます。

○ あと、僅かですね。








Yahoo!ボックスにアルバムを置いてます。
ここには以前の写真から最新の写真まで未公開分を含めてあります。
下のURLをクリックしてご覧ください。
  ⇒ 公開ページのURL http://yahoo.jp/box/s0vD3R

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19




―◆―◆―◆―◆―

■リンネセイボウ(ハチ目セイボウ科セイボウ亜科セイボウ族ナミセイボウ属、体長4〜15mm、腹端に4歯、オオフタオビドロバチなどに寄生)
○ 
○ 
○ やっとリンネセイボウが撮れました。
○ 
○ オオセイボウは大きくて目立つので、現れると直ぐに分かり、
○ 飛んでる姿も目で追えるので、撮影は比較的楽ですが、
○ リンネセイボウは、小さく目立たないため、見つけるのが大変でした。
○ 
○ 岩に止まった所をやっと撮れましたが、これが限界かな(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ハラナガツチバチの一種(ハチ目ツチバチ科)

―◆―◆―◆―◆―

■シロホシテントウ(コウチュウ目テントウムシ科、体長3.1〜4.9mm)
○ 
○ 
○ やっとシロホシテントウを撮れました。
○ これまでもシロホシテントウかと思って撮ったことはありますが、
○ じっくり調べると、皆ムーアシロホシテントウでした。
○ と言っても、シロホシテントウも普通種で、珍しい訳では無いはずなのですが(^^;
○ 
○ シロホシテントウを撮影できたので、
○ 良く似たシロホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、
○ シロジュウシホシテントウの比較をアップしました。
○ 
○ 青線で示した上翅の白斑は、
○   シロホシテントウが、1-2-2-1
○   ムーアシロホシテントウが、2-2-2-1
○   シロジュウシホシテントウが、1-3-2-1
○ です。ただムーア〜の初めの2は、
○ 肩の部分の白斑が不明瞭で、個体によっては1-2-2-1に見えてしまいます。
○ もう一つの違いは、シロホシ〜とムーア〜は前胸背の白斑の数で、
○ シロホシ〜は2個、ムーア〜は4個と違いがあります(緑矢印)
○ 
○ ちなみに、この手の白斑の小さなテントウムシ、この3種以外にも
○ いますので、悪しからず(^^)
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ドイカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長6〜8mm)
■ゴマフカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長10〜17mm)

―◆―◆―◆―◆―

■ホソチビオオキノコ(コウチュウ目オオキノコムシ科、体長3.0〜4.5mm)
○ 
○ 
○ チビなのか大きいのかよく分からない名前ですが、
○ 実物は小さなホソチビオオキノコです(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ゴミムシダマシの一種(コウチュウ目ゴミムシダマシ科)

―◆―◆―◆―◆―

■アサギマダラ(チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科アサギマダラ属、前翅長43〜65mm)
○ 
○ 
○ まだアサギマダラが飛んでました。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ベニシジミ(チョウ目シジミチョウ科ベニシジミ亜科、前翅長13〜19mm)

―◆―◆―◆―◆―

■ウンカの一種(カメムシ目ヨコバイ亜目)
○ 
○ 
○ なかなか綺麗なウンカでしたが、
○ 名前は分かりませんでした。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■トビイロツノゼミ(カメムシ目ヨコバイ亜目ツノゼミ科、翅端まで5〜6mm)
■クロスジホソアワフキ(カメムシ目ヨコバイ亜目アワフキムシ科、体長約8mm)

―◆―◆―◆―◆―

■アブラムシの一種(カメムシ目ヨコバイ亜目アブラムシ科)
○ 
○ 
○ ミルク・キャンディのようなアブラムシでした。
○ 良く分かりませんが有翅の終齢幼虫なのかな?
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■フキバッタの一種(バッタ目バッタ亜目バッタ科フキバッタ亜科)

―◆―◆―◆―◆―





―◆―◆―◆―◆―
Yahoo!ボックスにアルバムを置いてます。
ここには以前の写真から最新の写真まで未公開分を含めてあります。
下のURLをクリックしてご覧ください。
  ⇒ 公開ページのURL http://yahoo.jp/box/s0vD3R
―◆―◆―◆―◆―

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14




―◆―◆―◆―◆―

■コカマキリ(緑色型)(カマキリ目カマキリ科、体長45〜65mm、卵越冬)
○ 
○ 
○ 緑色のコカマキリ、登場。
○ 
○ と言っても「コカマキリって何色だっけ?」から話さないといけないですね(^^;
○ 通常のコカマキリは褐色、と言うより枯葉色です。
○ やや明るい枯葉色から黒っぽい枯葉色まで色々ですが、
○ まあ、どれも茶色系です。
○ 
○ でも稀に緑色型が現れます。
○ 自分が目撃したのは、これで二度目。
○ 前回は2006年10月8日の舞岡公園でした。
○ と言う事は10年ぶりです(^^;
○ 
○ まあ、四葉のクローバーよりは珍しいので
○ 見かけたら是非、写真を撮ってあげてください(^^)
○ 
○ ちなみにコカマキリは小型のカマキリで、
○ 前脚の内側に白と黒の目立つ帯があるんので、
○ 他種とは容易に区別できます。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■オオカマキリ(カマキリ目カマキリ科、体長70〜95mm、卵越冬)

―◆―◆―◆―◆―

■セスジツユムシ(バッタ目キリギリス科[ツユムシ科]、体長33mm前後)
○ 
○ 
○ セスジツユムシの旬は9月〜11月。
○ あと二週間ぐらいは見れます。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■アオマツムシ(バッタ目コオロギ科[マツムシ科]、体長23〜28mm)
○ 
○ 
○ アオマツムシもセスジツユムシと同じで、
○ 旬は9月〜11月です。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■センチコガネ(コウチュウ目コガネムシ科センチコガネ亜科[センチコガネ科]、体長14〜20mm)
○ 
○ 
○ センチコガネは4月から11月まで見られます。
○ 自分の撮影記録では、4〜5月に初めのピーク。
○ 次に9〜11月に次のピークが見られますが、
○ センチコガネの生態との関係は良くわかりません。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ドイカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長6〜8mm)
○ 
○ 
○ ドイカミキリも4月と11月の2つのピークがあります。
○ 二化と言う事なんですかね? 良くわかりません。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■マルカメムシ(カメムシ目カメムシ亜目マルカメムシ科、体長5mm内外、成虫集団越冬)
■ヤニサシガメ幼虫(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、体長12〜16mm)
■コミミズク幼虫(カメムシ目ヨコバイ亜目ミミズク科、翅端まで♂9mm内外、♀12〜13mm)
■ウラナミシジミ(チョウ目シジミチョウ科ヒメシジミ亜科、前翅長13〜18mm)
■ハグルマチャタテ(カジリムシ目(チャタテムシ目)ハグルマチャタテムシ科、体長約4mm)

―◆―◆―◆―◆―

■オオゲジ(ムカデ網ゲジ目ゲジ科オオゲジ属、体長70mm)
○ 
○ 
○ このオオゲジ君、ニホントカゲに追われて、
○ 一目散に逃げたのは良いのですが、、
○ なんとお天道様の照り付ける場所に飛び出てしまいました。
○ 突然の出来事に我を忘れて(?)、固まってしまったようです(^^;
○ 
○ お蔭で最高の照明条件で撮影ができました。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―





―◆―◆―◆―◆―
Yahoo!ボックスにアルバムを置いてます。
ここには以前の写真から最新の写真まで未公開分を含めてあります。
下のURLをクリックしてご覧ください。
  ⇒ 公開ページのURL http://yahoo.jp/box/s0vD3R
―◆―◆―◆―◆―

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19




―◆―◆―◆―◆―

■オオミスジマルゾウムシ(コウチュウ目ゾウムシ科、体長3.9〜4.5mm)
○ 
○ 
○ 背中を丸めたオオミスジマルゾウムシ。
○ 愛嬌のある姿が面白いです。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ヨツボシモンシデムシ(コウチュウ目シデムシ科、体長13〜21mm)
○ 
○ 
○ これまでに3回見たことのあるヨツボシモンシデムシですが、
○ この日に2頭も別々の場所で発見。
○ 
○ 去年も同じ時期に見たので、この時期に集団お見合いでもあるんですかね(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■クロハバビロオオキノコ?(コウチュウ目オオキノコムシ科、体長5.0〜7.5mm)
○ 
○ 
○ クロハバビロオオキノコかな?
○ 体長は5.4mmでした。
○ 
○ 黒いオオキノコムシなんて、絶望的です(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ナミテントウ(コウチュウ目テントウムシ科、体長4.7〜8.2mm、成虫集団越冬)
■キボシカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長14〜30mm)
■ミヤマカメムシ(カメムシ目カメムシ科、体長6mm内外)
■ツノカメムシ一種(カメムシ目カメムシ亜目ツノカメムシ科)
■オオトビサシガメ(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、体長20〜27mm)
■トビイロツノゼミ(カメムシ目ヨコバイ亜目ツノゼミ科、翅端まで5〜6mm)
■アオバハゴロモ(カメムシ目ヨコバイ亜目アオバハゴロモ科、体長5.5〜7mm、翅端まで9〜11mm)
■カネタタキ♂♀(バッタ目コオロギ科[カネタタキ科]、体長10〜18mm)
■ササキリ♀(バッタ目キリギリス科ササキリ亜科、体長20mm)

―◆―◆―◆―◆―

■ハグルマチャタテ(カジリムシ目(チャタテムシ目)ハグルマチャタテムシ科、体長約4mm)
○ 
○ 
○ 10月〜12月に登場する無精髭のハグルマチャタテ。
○ 髭剃りでジョリジョリやりたくなります(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■チャタテムシ一種幼虫(カジリムシ目(チャタテムシ目)チャタテムシ科)

―◆―◆―◆―◆―

■クロイロコウガイビル(ウズムシ綱ウズムシ目コウガイビル亜目コウガイビル科)
○ 
○ 
○ 前日の雨に濡れた道をクロイロコウガイビルが園路を横断してました。
○ 体長は8cmちょっと。
○ 
○ ヒルと言っても血を吸う分けでも無く、人畜無害です(^^;
○ 「何処を切ってもプラナリア」の親戚ですね。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■リンドウ(リンドウ科リンドウ属、高さ15〜60cm)

―◆―◆―◆―◆―





―◆―◆―◆―◆―
Yahoo!ボックスにアルバムを置いてます。
ここには以前の写真から最新の写真まで未公開分を含めてあります。
下のURLをクリックしてご覧ください。
  ⇒ 公開ページのURL http://yahoo.jp/box/s0vD3R
―◆―◆―◆―◆―


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事