Macro写真館

お気軽にコメントを下さい。 『ちゃわんむし』

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22




■ミドリカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長15〜21mm、準絶滅危惧:神奈川県RDB2006WEB版)


○ 伐採木に来ていたミドリカミキリ。
○ きっと産卵に来てたのでしょう。
○ 神奈川県では準絶滅危惧種なんですね。

○ 金緑色が美しく、とてもスマートなカミキリムシです。



■キマダラヤマカミキリ(コウチュウ目カミキリ科、体長22〜35mm)


○ ビロード状の細かい金色の微毛が、光を受けると綺麗に輝きます。
○ 今回は残念ながら木陰でしたので、ストロボ光で代用です。



■クビアカジョウカイ(コウチュウ目ジョウカイボン科、体長10.8〜11.2mm)
■ヒゲナガハナノミ(コウチュウ目ナガハナノミ科、体長9〜10mm)
■ウリハムシモドキ(コウチュウ目ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科、体長4.7〜6.9mm)

■ミドリシジミ(チョウ目シジミチョウ科ミドリシジミ亜科ミドリシジミ族ミドリシジミ属、前翅長16〜23mm、準絶滅危惧:神奈川県RDB2006WEB版)
■アカシジミ(チョウ目シジミチョウ科ミドリシジミ亜科ミドリシジミ族アカシジミ属、前翅長16〜22mm)
■ウラナミアカシジミ(チョウ目シジミチョウ科ミドリシジミ亜科ミドリシジミ族アカシジミ属、前翅長16〜23mm)
■ミズイロオナガシジミ(チョウ目シジミチョウ科ミドリシジミ亜科ミドリシジミ族ミズイロオナガシジミ属、前翅長11〜18mm)
■ウラゴマダラシジミ(チョウ目シジミチョウ科ミドリシジミ亜科ミドリシジミ族ウラゴマダラシジミ属、前翅長17〜25mm)


○ 毎年、梅雨時に楽しませてくれるゼフィルス兄弟。
○ ここでは、今回の5種の他に、オオミドリシジミを加えた6種が観察できます。
○ 今回は残念ながらオオミドリシジミは撮れませんでした。



■ルリシジミ(チョウ目シジミチョウ科ヒメシジミ亜科、前翅長12〜19mm)
■ウラギンシジミ(チョウ目シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科、前翅長19〜27mm)

■コムラサキ(チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科、前翅長30〜42mm、絶滅危惧B類:神奈川県RDB2006WEB版)(クマツヅラ科ムラサキシキブ属、高さ2〜3m、落葉低木、庭木、別名コシキブ)


○ 翅がボロボロですが、コムラサキです。
○ 実は、コムラサキを見るのは初めて。
○ 神奈川県では絶滅危惧B類に分類されているので、数は少ないでしょう。
〇 でも身近な人で見てる人は多いので、これまで縁が無かったようです(^^;



■コミスジ(チョウ目タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科ミスジチョウ属、前翅長22〜30mm)
■ヒメアカタテハ(チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科アカタテハ属、前翅長25〜33mm、関東以西では成虫越冬)
■ヒトツメカギバ(チョウ目カギバガ科カギバガ亜科、開張30〜45mm)
■ウコンカギバ?(チョウ目カギバガ科カギバガ亜科、開張30〜45mm、酷似:ヒメウコンカギバ)
■マエアカスカシノメイガ(チョウ目ツトガ科ノメイガ亜科、開張29〜31mm)

■マツムラヒメアブ♂?(ハエ目アブ科)


○ ネット上ではマツムラヒメアブのメスと思われる個体が良く紹介されています。
○ しかし複眼の大きいオスの写真が見つからず、今回のがマツムラヒメアブ♂かどうか良くわかりません。
○ ただし、体色、体型の特徴が良く一致しますし、頭頂の大きな3個の単眼の特徴も一致します。
○ マツムラヒメアブ♂かな? どうでしょう?



■オオイシアブ(ハエ目ムシヒキアブ科、体長21〜24mm)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事