Macro写真館

お気軽にコメントを下さい。 『ちゃわんむし』

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25




■ノコギリクワガタ(コウチュウ目クワガタムシ科、体長♂23〜45mm、大あご6〜25mm、♀23〜33mm)


○ 随分と立派なノコギリクワガタがいました。
○ やっぱりノコギリクワガタはカッコイイ(^^;



■カブトムシ(コウチュウ目コガネムシ科カブトムシ亜科真性カブトムシ族カブトムシ属、体長32〜53mm)

■クロハナムグリ(コウチュウ目コガネムシ科ハナムグリ亜科ハナムグリ族、体長11〜14mm)


○ クロハナムグリが地べたを動き回ってました。
○ 産卵場所を探してたのかな?



■マメコガネ(コウチュウ目コガネムシ科スジコガネ亜科スジコガネ族、体長9〜13mm)

■ルリボシカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長16〜30mm)


○ ルリボシカミキリは結構強い闘争心の持ち主。
○ 餌場争いではカナブンを追い払ってしまうほどです。

○ 写真では仲良く樹液を吸ってるように見えますが、
○ これはほんの一瞬の出来事。直ぐに場所取り合戦が始まり、
○ 大概ルリボシカミキリの勝利でした。



■ラミーカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長8〜17mm)
■アカハナカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長12〜22mm)
■ゴマダラカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長25〜35mm)
■ベニボタルの一種(コウチュウ目ベニボタル科)

■イチモンジカメノコハムシの蛹(コウチュウ目ハムシ科カメノコハムシ亜科、体長7.8〜8.5mm)


○ 自分の糞と脱皮した殻でカモフラージュしたイチモンジカメノコハムシの蛹です。



■マダラアシナガバエ(ハエ目アシナガバエ科、体長7mm内外)


○ ストロボのプリ発光に驚いて飛びあがったマダラアシナガバエ。
○ 偶然、ピントが合いました(^_^)



■ヒラヤマシマバエ(ハエ目シマバエ科、体長5.5mm、翅長5.5mm)
■サキグロムシヒキ(ハエ目ムシヒキアブ科、体長20〜26mm)

■オオスズメバチ(ハチ目スズメバチ科、体長♀43〜45mm、♂35〜40mm、働蜂27〜40mm)
■ヒメスズメバチ(ハチ目スズメバチ科、体長♀24〜27mm、♂24〜27mm、働蜂24〜27mm)
■コガタスズメバチ(ハチ目スズメバチ科、体長♀28〜29mm、♂20〜26mm、働蜂21〜27mm)


○ 凶暴なオオスズメバチの近くには、なかなかヒメスズメバチやコガタスズメバチは近づきません。
○ この程度のツーショットが精々でした。



■ムラサキシジミ(チョウ目シジミチョウ科ミドリシジミ亜科、前翅長14〜22mm、成虫越冬)
■コウゾハマキモドキ(チョウ目ハマキモドキガ科、開張14〜16mm)
■シャクガの一種(チョウ目シャクガ科)
■イラガの繭(チョウ目イラガ科イラガ亜科、開張32〜34mm)
■エサキモンキツノカメムシ(カメムシ目カメムシ亜目ツノカメムシ科、体長11〜13mm、成虫越冬)
■アオバハゴロモの幼虫(カメムシ目ヨコバイ亜目アオバハゴロモ科、体長5.5〜7mm、翅端まで9〜11mm)
■ヤマトヒロバカゲロウ(アミメカゲロウ目ヒロバカゲロウ科、体長約20mm)
■シロオビトリノフンダマシ(クモ目ナゲナワグモ科トリノフンダマシ属、体長♀5〜8mm,♂1.5mm)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事