Macro写真館

お気軽にコメントを下さい。 『ちゃわんむし』

☆コウチュウ目

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24




■ナガタマムシ一種(タマムシ科)


○ ナガタマムシの一種が、伐採木の表面を歩き回ってました。
○ 良く見ると産卵が目的のようです。



■バラルリツツハムシ(ハムシ科ツツハムシ亜科、体長3.5〜4.5mm)


○ 普段、見かけるバラルリハムシですが、
○ 良く見ると綺麗な黄銅色をしてますね。



■リンゴコフキハムシ(ハムシ科サルハムシ亜科、体長6.0〜7.0mm、別名:コフキサルハムシ)


○ 羽化後は真っ白な粉に覆われ、大福もちのようですが、
○ 粉が落ちると、一転、真っ黒なリンゴコフキハムシ。
○ 全く別種のようです。



■ジンガサハムシ(ハムシ科カメノコハムシ亜科、体長7.2〜8.2mm)
■アトボシハムシ(ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科、体長4.5〜5.5mm)
■オオアカマルノミハムシ(ハムシ科ノミハムシ亜科、体長4.2〜5.0mm)
■コフキゾウムシ(ゾウムシ科、体長3.6〜7.5mm)

■ジョウカイボンの一種(ジョウカイボン科、14〜18mm)


○ 良く焦げ茶色に薄茶の2本の筋があるジョウカイボンの仲間を見かけます。
○ ヒメジョウカイかニセヒメジョウカイあたりかと思うのです良くわかりません。

○ 今回のはその不明ジョウカイに良く似てますが、こちらは薄茶に焦げ茶の二筋。
○ と言うことで、手に負えません(^^;



■ナナホシテントウ(テントウムシ科、体長5.0〜8.6mm、成虫越冬)
■モモブトカミキリモドキ(カミキリモドキ科、体長5.5〜8mm)
■シロスジツトガ(ツトガ科ツトガ亜科、開帳18〜25mm)
■モミジツマキリエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科、開張23〜34mm)

■オオツマグロハバチ(ハバチ科、体長約15mm)


○ 初めて見るハチですが、オオツマグロハバチかな?



■アリスアブの一種(ハナアブ科アリノスアブ亜科))
■ツマキヘリカメムシ(ヘリカメムシ科、体長8〜10mm)
■クロヒラタヨコバイ(クロヒラタヨコバイ科、体長4.5〜6mm)
■シオヤトンボ(トンボ科、体長42mm、要注意種:神奈川県RDB2006WEB版)
■ワカバグモ(カニグモ科ワカバグモ属、体長♀12〜13mm)

■キンラン(ラン科キンラン属、高さ30〜60cm、多年草)


○ キンランってただ黄色い花と言うだけのイメージでしたが、
○ 覗き込むと、ちゃんと蘭の花なんですね。



■ホタルカズラ(ムラサキ科イヌムラサキ属、高さ10〜20cm、多年草)
■セリバヒエンソウ(キンポウゲ科ヒエンソウ属、高さ15〜40cm、帰化植物、一年草)
■オオイヌノフグリ(オオバコ科クワガタソウ属、越年草、帰化植物(ヨーロッパ原産)、ゴマノハグサ科→オオバコ科)
■キュウリグサ(ムラサキ科キュウリグサ属、別名タビラコ、高さ10〜30cm、越年草)
■タンポポの種(キク科タンポポ属、多年草)

■ニシキシダ(イワデンダ科メシダ属、高さ30〜60cm、夏緑性多年草)


○ 津久井湖城山公園では何度か見ましたが、ここでは初めて。
○ シダは詳しくないのですが、これはすぐにニシキシダと分かります。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16




―◆―◆―◆―◆―

■ナミハンミョウ(コウチュウ目ハンミョウ科、体長18〜20mm)
○ 
○ 
○ 恒例のゴールデン・ウィーク、ナミハンミョウ・ツアー(^^;
○ 
○ 丁度、ゴールデンウィークになるとナミハンミョウが現れるので楽しみにしてます。
○ 何度見ても、この美しさには感心させられます。
○ 
○ こう言う環境がいつまでも大切にされるといいですね。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ジャコウアゲハ(チョウ目アゲハチョウ科、前翅長42〜60mm)
○ 
○ 
○ ジャコウアゲハで良いかな?
○ 
○ まあ、アゲハの種類はともかくとして、
○ こいつ、円形脱毛症、いや円形脱鱗症?(^^;
○ 
○ まるで日の丸のようです。
○ 新種では無いでしょうね(^^)
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ツマグロヒョウモン♀(チョウ目タテハチョウ科ドクチョウ亜科ヒョウモンチョウ族ツマグロヒョウモン属、前翅長27〜38mm、幼虫越冬)
■クビグロアカサシガメ(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、体長6〜10mm)

―◆―◆―◆―◆―

■ヨコヅナサシガメ(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、体長16〜24mm、幼虫越冬)
○ 
○ 
○ 真っ赤な羽化直後のヨコヅナサシガメ。
○ 
○ いつも思うのですが、羽化直後って外敵に襲われやすい危険な時期。
○ なのに何故、派手な衣装を身にまとうのでしょうね。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■アカマキバサシガメ(カメムシ目カメムシ亜目マキバサシガメ科、10mm内外、成虫越冬?)
■カワトンボ一種(トンボ目カワトンボ科)
■ダビドサナエ(トンボ目サナエトンボ科、体長43mm)
■ツチイナゴ(バッタ目イナゴ科、体長38〜50mm、成虫越冬)
■ガガンボ一種(ハエ目ガガンボ科、別名:カガンボ)
―◆―◆―◆―◆―

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25


すみません(^^;
ちょっとサボったともりが、
あっと言う間に1ヶ月経ってしまいました(^^;


■ヨツキボシハムシ(ハムシ科ヒゲナガハムシ亜科、体長6〜7mm)


どこにでも居そうなデザインのヨツキボシハムシ。

ネットを見ても、特別珍しいハムシでも無さそうですが、
今回初めて見ました。

食草がウシハコベだそうで、
もっと足元を良く探さないとだめですね(^^;



■イタドリハムシ(ハムシ科、体長7.5〜9.5mm)
■ジンガサハムシ(ハムシ科、体長7.2〜8.2mm)
■ヒメクロオトシブミ(オトシブミ科、体長4.5〜5.5mm)
■ヒラタアオコガネ(コガネムシ科、体長9.5〜12mm)
■ヒメスギカミキリ(カミキリムシ科、体長6〜13mm)
■アトモンサビカミキリ(カミキリムシ科、体長7〜10mm)
■ウスチャジョウカイ(ジョウカイボン科、体長11.7〜13.3mm)

■ヤニサシガメの幼虫(サシガメ科、体長12〜16mm)
■ベニボタルの一種(ベニボタル科)


初め見た時は、てっきりベニボタルがヤニサシガメ幼虫の
餌食にさっれいるのかと思いました。

しかしベニボタルは体内に毒を持っているのでヤニサシガメは大丈夫なのかな?
と疑問に思い、ジッとながめていると、どうも餌食になっているはずのベニボタルは、
死んでいるのでは無く、肢を踏ん張ってジッとしている様子。

ヤニサシガメも口吻を刺してチュウチュウしているのでは無く、
あちらに口吻を当てたと思うと、次はこちらに口吻を・・・
見始めて12分後にヤニサシガメ幼虫は諦めて立ち去ってしまいました。
結局、どこから吸おうとしても、お口に召さなかったようです。

やっぱりさすがのヤニサシガメもベニボタルの毒には勝てないのでしょうね。



■イトカメムシ(イトカメムシ科、体長6〜7mm)
■オオトビサシガメ(サシガメ科、体長20〜27mm)
■トホシカメムシ(カメムシ科、体長16〜23mm)
■ミミズク幼虫(ミミズク科、翅端まで♂14mm内外、♀18mm内外)
■ナナフシモドキ幼虫(ナナフシ科、体長74〜100mm)
■ウスキヒゲナガ(ヒゲナガガ科、開張19〜21mm)
■キムネクマバチ(コシブトハナバチ科、体長約23mm)
■ガビチョウ(チメドリ科、体長約22〜25cm、留鳥、特定外来生物(侵略的外来種))
■モモイロキランソウ(シソ科、高さ4〜6cm、多年草、別名:ジゴクノカマノフタ)
■カキドオシ(シソ科、高さ5〜20cm、多年草)

■ニリンソウ(キンポウゲ科、高さ15〜25cm、多年草)


ニリンソウの花を良く見たところ、
なにやら種のようなものが・・・

はじめ虫こぶか何かかと思いましたが、
どうも大きくなった子房のようです。

まだ花弁が残っているのに、子房がこんなに大きななるんですね。
これまで気づきませんでした。



■イチリンソウ(キンポウゲ科、高さ15〜25cm、多年草)
■ウマノアシガタ(キンポウゲ科、高さ30〜70cm、多年草)
■キュウリグサ(ムラサキ科、別名タビラコ、高さ10〜30cm、越年草)
■エビネ(ラン科、高さ30〜50cm、多年草)
■セリバヒエンソウ(キンポウゲ科、高さ15〜40cm、帰化植物、一年草)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21


先週に引き続き、3月の写真です(^_^;


―◆―◆―◆―◆―

■ホソクチゾウムシ属の一種(コウチュウ目ホソクチゾウムシ科ホソクチゾウムシ属)
○ 
○ 
○ 体長4mmほどの真っ黒な小さなゾウムシ。
○ 
○ 以前も3月のこの時期に見てますが、
○ ホソクチゾウムシ属には幾つかいるようなので、
○ 詳しい名前は分かりません。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ベニシジミ(チョウ目シジミチョウ科ベニシジミ亜科、前翅長13〜19mm)
○ 
○ 
○ 春の新鮮なベニシジミは奇麗ですね。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ビロウドツリアブ(ハエ目ツリアブ科、体長7〜11mm)
○ 
○ 
○ 空中に静止してストローで蜜だけ頂き。
○ 花は「この無銭飲食野郎!」と言ってることでしょう(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ヤマガラ(スズメ目シジュウカラ科、体長14cm、留鳥または漂鳥)
○ 
○ 
○ 巣作りに専念するヤマガラ。
○ 
○ 巣に戻る時は近くの木の枝に止まり、
○ 当たりの様子を覗ってから安全を確認して巣に戻ります。
○ 
○ 巣から出る時も回りの様子をキョロキョロ見まわり、
○ 安全を確認するや否や猛ダッシュで飛び出していきます。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■シメ(スズメ目アトリ科、全長19cm、冬鳥または留鳥)
■アオジ(スズメ目ホオジロ科、全長16cm、留鳥または漂鳥)
■ヒヨドリ(スズメ目ヒヨドリ科、全長28cm、留鳥または漂鳥)
■ツクシ(シダ植物門トクサ網トクサ目トクサ科トクサ属、高さスギナ30〜40cm、ツクシ10〜25cm、多年草)

―◆―◆―◆―◆―

■タネツケバナ(アブラナ科タネツケバナ属、高さ20〜30cm、二年草)
○ 
○ 
○ 石壁に張り付くように生えたタネツケバナ。
○ 実にたくましい生命力です(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■フサザクラ(フサザクラ科フサザクラ属、高さ7〜15m、落葉高木、別名:タニグワ)
■ヤブザクラ(バラ科サクラ属、落葉小高木、絶滅危惧B類(En-E):神奈川県RDB2006WEB版)
■ソメイヨシノ(バラ科サクラ属、高さ10〜15m、落葉高木、園芸種)
■ヤマルリソウ(ムラサキ科ルリソウ属、高さ10〜20cm、多年草)
■カキドオシ(シソ科カキドオシ属、高さ5〜20cm、多年草)
■ヒュウガミズキ(マンサク科トサミズキ属、高さ2〜3m、落葉低木)
■ニワトコの花(スイカズラ科ニワトコ属、高さ3〜6m、落葉低木)
■ネコノメソウの一種(ユキノシタ科ネコノメソウ属、高さ5〜22cm、多年草、対生、葯=黄色)
■オニグルミの新芽(クルミ科クルミ属、高さ25m、落葉高木)

―◆―◆―◆―◆―

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


4月に入ったのですが、
諸事情により写真は3月のものが続きます(^^;


―◆―◆―◆―◆―

■ドイカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長6〜8mm)
○ 
○ 
○ 今年、お初のドイカミキリ。
○ 
○ ドイカミキリは、3〜5月と11〜12月に良く見かけます。
○ 成虫越冬をするそうなので、春お目覚めの個体なのでしょう。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ビロウドツリアブ(ハエ目ツリアブ科、体長7〜11mm)
○ 
○ 
○ いつも思うのは、ビロウドツリアブの毛を取ったらどうなるか?
○ 一度でいいから見てみたいです(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ニホンミツバチ(ハチ目ミツバチ科、体長約13mm)
■セイヨウミツバチ(ハチ目ミツバチ科、体長約13mm)
■ヨコヅナサシガメ幼虫(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、体長16〜24mm、幼虫越冬)
■ヤニサシガメ幼虫(カメムシ目カメムシ亜目サシガメ科、体長12〜16mm)
■カゲロウ一種(カゲロウ目)
■カワゲラ一種(カワゲラ目)

―◆―◆―◆―◆―

■ホオジロ(スズメ目ホオジロ科、全長17cm、留鳥または漂鳥)
■ヒヨドリ(スズメ目ヒヨドリ科、全長28cm、留鳥または漂鳥)

―◆―◆―◆―◆―

■フサザクラ(フサザクラ科フサザクラ属、高さ7〜15m、落葉高木、別名:タニグワ)
○ 
○ 
○ 名前にはサクラと付きますが、サクラの仲間ではありません。
○ 
○ 花弁を持たない原始的な被子植物だそうで、
○ 小豆色をした部分は葯だそうです。
○ 
○ とても地味な花なので、うっかりしてると
○ 咲いているのに気付かないで通り過ぎてしまいます(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ヤブザクラ(バラ科サクラ属、落葉小高木、絶滅危惧B類(En-E):神奈川県RDB2006WEB版)
○ 
○ 
○ 多摩丘陵とその周辺にのみ自生する珍しいサクラだそうです。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ネコノメソウ一種(ユキノシタ科ネコノメソウ属、高さ5〜22cm、多年草、対生、葯=黄色)
■コブシ(モクレン科モクレン属、高さ5〜18m、落葉小高木〜高木)
■オニグルミ冬芽・葉痕(クルミ科クルミ属、高さ25m、落葉高木)

―◆―◆―◆―◆―

■軌陸車
○ 
○ 
○ たまたま帰りに見かけたトラック。
○ 
○ やたら車高が高いな〜と思って見てると、
○ なんと車輪が付いてる・・・
○ その車輪の外側には動力を伝えるためと思われるローラーのようなものが・・・
○ トラックの後輪を押し当てて車輪に動力を伝える?
○ 
○ え〜〜〜、これって線路を走れるのかな?
○ 後でネットで調べたら「軌陸車」と言う自動車で、
○ 予想通り線路の上を走れる自動車でした。
○ 鉄道会社が工事やメンテナンスで使うのでしょう。
○ 
○ もう一つ驚きは、ナンバープレート。
○ 「わ」ナンバー、つまりレンタカーでした。
○ とは言っても借りたからと言って勝手に線路を走る訳には行かないでしょうけど(^^;
○ 
○ 007も真っ青の軌陸車でした(^^)
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事