Macro写真館

お気軽にコメントを下さい。 『ちゃわんむし』

☆チョウ目

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25




―◆―◆―◆―◆―

■アサギマダラ(チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科アサギマダラ属、前翅長43〜65mm)
○ 
○ 
○ 一頭だけアサギマダラを見ることができました。
○ 
○ 津久井湖城山公園育ちの可能性もありますが、
○ 翅が少々傷んでいたので南方から渡って来たのもでしょう。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ウスバシロチョウ(チョウ目アゲハチョウ科、前翅長26〜38mm)
○ 
○ 
○ ウスバシロチョウの1枚目は、交尾嚢を付けた雌です。
○ 交尾嚢は交尾した雄が別の雄が再度交尾するのを防ぐために雌に付けるものだそうです。
○ 
○ 二枚目は偶然撮れたコアオハナムグリとの飛翔ツーショット(^_^;
○ 
○ 三枚目は、雌にトライする雄。でも雌は拒絶状態。
○ しばらくモーションをかけてましたが最後は諦めて飛んでいきました。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ジャコウアゲハ(チョウ目アゲハチョウ科、前翅長42〜60mm)

―◆―◆―◆―◆―

■ミヤマカラスアゲハ(チョウ目アゲハチョウ科、前翅長38〜75mm)
○ 
○ 
○ おそらくミヤマカラスアゲハです。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ヒゲブトハナムグリ(コウチュウ目コガネムシ科ヒゲブトハナムグリ亜科、体長7〜10mm)
○ 
○ 
○ 久々に見つけたヒゲブトハナムグリ♂。
○ 
○ 自慢の触覚を広げて葉っぱに止まってました。
○ きっと雌のフェロモンを探しているのでしょう。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■エゴシギゾウムシ(コウチュウ目ゾウムシ科、体長5.5〜7mm)
○ 
○ 
○ エゴノキでたまに見かけるエゴシギゾウムシ。
○ なかなか綺麗なシギゾウムシです。
○ 今回はスペシャルサービスで翅を広げてくれました。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ヒゲナガオトシブミ(コウチュウ目オトシブミ科、体長♂8〜12mm、♀8〜9mm)
■トゲヒゲトラカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長7〜12mm)
■ヒメスギカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長6〜13mm)
■アオハムシダマシ(コウチュウ目ハムシダマシ科、体長8.2〜12.5mm)
■コガタカメノコハムシ(コウチュウ目ハムシ科カメノコハムシ亜科、体長4.7〜6.7mm)

―◆―◆―◆―◆―

■カメノコテントウと幼虫(コウチュウ目テントウムシ科、体長8.0〜11.7mm、成虫越冬)
○ 
○ 
○ クルミの木を見上げると葉っぱの裏に大型のテントウムシを発見。
○ よく見るとカメノコテントウでした。
○ しかも横の葉っぱには幼虫が。
○ 正確にはわかりませんが、どうもカメノコテントウの幼虫のようです。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ヒシモンナガタマムシ(コウチュウ目タマムシ科、体長5.2〜10.2mm)
■アカスジキンカメムシ(カメムシ目カメムシ亜目キンカメムシ科、体長16〜20mm、終齢幼虫越冬)
■ハンショウヅル(キンポゲ科センニンソウ属、つる性落葉低木)
■ニワゼキショウ(アヤメ科ニワゼキショウ属、高さ10〜30cm、多年草)
■フタリシズカ(センリョウ科センリョウ属、高さ30〜50cm、多年草)

―◆―◆―◆―◆―

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24




―◆―◆―◆―◆―

■ウスバシロチョウ(チョウ目アゲハチョウ科、前翅長26〜38mm)
○ 
○ 
○ 今年の春は早いようで、2週間は早いと言っている方もいました。
○ ウスバシロチョウの発生も早いようで4/21なのにかなりの個体数を確認できました。
○ 
○ ところがなかなか撮影できないのです。
○ 例年ではゴールデン・ウィークごろにハルジオンで良く見かけますが、
○ 今年は色々な場所で見かける割にはハルジオンでは見かけませんでした。
○ もしかしたら春が早いと色々な花が咲くのでハルジオンに集まる必要がないのかな?
○ ミツバウツギも、もう満開でしたがなかなかウスバシロチョウが現れてくれません。
○ やっと帰り間際に吸蜜に来てくれ、撮影ができました。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ミヤマカラスアゲハ(チョウ目アゲハチョウ科、前翅長38〜75mm)
○ 
○ 
○ ミツバウツギでウスバシロチョウ待ちをしてたら、ミヤマカラスアゲハが登場してくれました。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ハイイロヤハズカミキリ(コウチュウ目カミキリ科、体長11〜19mm)
■アトモンサビカミキリ(コウチュウ目カミキリムシ科、体長7〜10mm)

―◆―◆―◆―◆―

■クルミハムシ(コウチュウ目ハムシ科ハムシ亜科、体長6.8〜8.2mm)
○ 
○ 
○ 撮影した時はコガタルリハムシと思ってましたが、
○ パソコンで見て、あれ?
○ 
○ どうやらクルミハムシのようです。
○ 以前見たクルミハムシは平たいハムシでしたが、
○ クルミハムシのお腹って、こんなに大きくなるんですね。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■コアオハナムグリ(コウチュウ目コガネムシ科ハナムグリ亜科ハナムグリ族、体長10〜14mm)
■ヒメホシカメムシ(カメムシ目カメムシ亜目オオホシカメムシ科、体長10〜13mm)
■ヨコヅナサシガメ。ナナフシモドキの幼虫(ナナフシ目ナナフシ科、体長74〜100mm)
■ヤマトシリアゲ(シリアゲムシ目シリアゲムシ科、体長15〜22mm)
■シロバナハンショウヅル(キンポゲ科センニンソウ属、つる性落葉低木)
■イチリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属、高さ15〜25cm、多年草)
■ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属、高さ15〜25cm、多年草)
■ウマノアシガタ(キンポウゲ科キンポウゲ属、高さ30〜70cm、多年草)
■キランソウ(シソ科キランソウ属、多年草)
■セリバヒエンソウ(キンポウゲ科ヒエンソウ属、高さ15〜40cm、帰化植物、一年草)
■ナツトウダイ(トウダイグサ科トウダイグサ属、高さ20〜40cm、多年草)
■タラノキの新芽(ウコギ科タラノキ属、高さ3〜5m、落葉低木)

―◆―◆―◆―◆―





―◆―◆―◆―◆―
Yahoo!ボックスにアルバムを置いてます。
ここには以前の写真から最新の写真まで未公開分を含めてあります。
下のURLをクリックしてご覧ください。
  ⇒ 公開ページのURL http://yahoo.jp/box/s0vD3R
―◆―◆―◆―◆―

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25


お久しぶりです(^_^;


―◆―◆―◆―◆―

■ギフチョウ(アゲハチョウ科ウスバアゲハ亜科、前翅長27〜36mm、絶滅危惧粁燹VU):環境省レッドリスト(H19-10)、絶滅危惧B類:神奈川県RDB2006WEB版)
○ 
○ 
○ 春の妖精、ギフチョウ。
○ 
○ 氷河期の生き残りの古いタイプのアゲハチョウ。
○ 色彩はアゲハチョウと同じですが、全体的に毛深いです。
○ 
○ 神奈川県では石砂山付近にか生息していない絶滅危惧種で、
○ 県の天然記念物に指定され、保護されています。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■スギタニルリシジミ(チョウ目シジミチョウ科ヒメシジミ亜科、前翅長12〜16mm)
○ 
○ 
○ 山間部でときどき見られるスギタニルリシジミ。
○ 
○ 羽表は綺麗なブルーですが、なかなか見せてくれません。
○ 今回たまたま給水中の個体に別個体がモーションをかけたので
○ 偶然、羽表が写りました。
○ きっと給水中なのが♀、飛んでいるのが♂でしょう。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ミヤマセセリ(チョウ目セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科、前翅長14〜22mm)
■アカタテハ(チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科アカタテハ属、前翅長30〜35mm、成虫越冬)
■キタテハ(チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科キタテハ属、前翅長22〜34mm、成虫越冬)
■小川の小魚(チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科キタテハ属、前翅長22〜34mm、成虫越冬)
■おたまじゃくし(チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科キタテハ属、前翅長22〜34mm、成虫越冬)
■ミミガタテンナンショウ(サトイモ科テンナンショウ属、高さ30〜80cm、多年草)
■ヒトリシズカ(センリョウ科センリョウ属、高さ10〜25cm、多年草)
■イヌナズナ(アブラナ科イヌナズナ属、高さ10〜20mm、越年草)
■スミレの一種(スミレ科スミレ属、高さ10〜20mm、多年草)
■フキノトウ(キク科フキ属、高さ40〜50cm、多年草)
■スギナ(シダ植物門トクサ網トクサ目トクサ科トクサ属、高さスギナ30〜40cm、ツクシ10〜25cm、多年草)
■クロモジ(クスノキ科クロモジ属、高さ2〜4m、落葉低木)
■クリスマスローズの一種(キンポウゲ科ヘレボラス属、高さ10〜50cm、多年草、園芸品種)
―◆―◆―◆―◆―

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11




―◆―◆―◆―◆―

■新治市民の森

―◆―◆―◆―◆―

■ウスタビガの繭(チョウ目ヤママユガ科ヤママユガ亜科、開張♂75〜90mm、♀80〜110mm)
○ 
○ 
○ ウスタビガの繭は、今回を含めて7回撮ってますが、
○ その内、4回は枯葉が一緒に写ってます。
○ 
○ 周りの葉っぱは全て落ちているので、繭を作る時に葉柄が枝から取れても
○ 葉が落ちないように糸で繋いでいるのかな?
○ 
○ ただし折角葉を繋いでも、繭が鮮やかな緑で葉っぱが枯葉色じゃ
○ カモフラージュになりますかね?
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ナナホシテントウ(コウチュウ目テントウムシ科、体長5.0〜8.6mm、成虫越冬)

―◆―◆―◆―◆―

■クリオオアブラムシの卵(カメムシ目ヨコバイ亜目アブラムシ科、無翅雌体長4〜5mm)
○ 
○ 
○ 小豆のように見えるのがクリオオアブラムシの卵。
○ これを見守っているのはお母さん。ただし既にミイラ。
○ 
○ 死んでも子供を見守る姿・・・ウルウル
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ハラビロカマキリの卵塊(カマキリ目カマキリ科、体長50〜70mm、卵越冬)
○ 
○ 
○ どうやらこれはムネアカでは無く、在来のハラビロカマキリ卵塊のようです。
○ 
○ 気が付いたらハラビロカマキリ絶滅なんてことにならないといいですね。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■クズの葉痕(マメ科クズ属、つる性20m、多年草)
■カラスザンショウの冬芽・葉痕(ミカン科イヌザンショウ属、高さ5〜15m、落葉高木)

―◆―◆―◆―◆―

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20




―◆―◆―◆―◆―

■泉の森
■ふれあいの森

―◆―◆―◆―◆―

■ウスバフユシャク♂(チョウ目シャクガ科フユシャク亜科、♂前翅長14〜18mm、♀体長9〜10mm)
○ 
○ 
○ 冬尺は皆良く似てますが、
○ 格好からフユシャク亜科の冬尺であることは確かです。
○ 
○ おそらくウスバフユシャク♂と思うのですが、
○ 間違っていたら教えてください。
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■アカスジキンカメムシの終齢幼虫(カメムシ目カメムシ亜目キンカメムシ科、体長16〜20mm、終齢幼虫越冬)
○ 
○ 
○ 樹木の樹皮の少し高い所(2mくらい)に貼りついてました。
○ 
○ 撮り始めるとこちらに気付いたようで動き始めました。
○ てっきりもっと高い所に逃げるのかと思いきや
○ こちらに向かってきてくれました。
○ 
○ 結局、眼の高さまで降りてきてポーズをとってくれました(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■ルリビタキ(スズメ目ツグミ科、全長14cm、留鳥または漂鳥)
■カワセミ(ブッポウソウ目カワセミ科、全長17cm、留鳥または漂鳥)
○ 
○ 
○ 幸せの青い鳥、2種ゲット(^^;
○ 
○ ルリビタキもカワセミも比較的良く見かける野鳥ではありますが、
○ 同じ日に両者を見たことはありませんでした。
○ 
○ どちらも写真としてはイマイチでしたが、
○ 両方見れたのはラッキー。
○ 次はツーショットかな(^^;
○ 
○ 

―◆―◆―◆―◆―

■コガモ(カモ目カモ科マガモ属、体長34〜38cm、冬鳥)
■ヒドリガモ(カモ目カモ科マガモ属、体長♂約53cm、♀43cm、冬鳥)
■オオバン(ツル目クイナ科、全長39cm、夏鳥または留鳥)
■バン(ツル目クイナ科、全長35cm、夏鳥または留鳥)

―◆―◆―◆―◆―

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事