個人的偏見に基づく映画批評

すべて表示

差し押さえ通知”が来て 韓国大使を呼び出した所で、いったい何の意味があるのだろう。

毅然とした態度をとる・・・・
とは何だろうな。

まだまともな対話が韓国と、成立するとか思っているのか。
韓国政府は文在寅の思惑通りにしか動かない。
即ち、日本のことは眼中にない。

一から百まで文在寅が考えているのは「金正恩」のことだけ。
金正恩の窮地を救いたい、窮地を救って褒めて貰いたい、ただそれだけ。
トランプ氏の言葉も、欧州で会談した首脳たちの声も、誰の言葉も文在寅には聞こえない。
韓国という権力を握った無能な男は理想郷を求めている「朝鮮半島統一」という夢想家なんだ。

日本の外務省ってのは70年も日本国の外交に携わって来ているというのに、
韓国政府から韓国民から向けられている敵意を、一切感じていないとは、あほと違うか。
官僚が日本国民の選出した大臣を牛耳っているのはある程度理解できるが
日本国のため、日本人のために働いているという自覚があるなら、日本人に敵意を持っている韓国と友好関係を築こうなどとは勧めないと思う。

日本の外務省は、入管手続きのみが仕事なのかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190109-00409348-fnn-pol
新日鉄住金に“差し押さえ通知” 韓国大使を呼び出し

1/9(水) 17:03配信
韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた、いわゆる「徴用工」裁判で、新日鉄住金が保有する韓国企業との合弁会社の株式が差し押さえられた。

 新日鉄住金によると、差し押さえに関する韓国の裁判所の通知が、9日、韓国国内にある新日鉄住金と韓国企業との合弁会社に届いたという。
 差し押さえの通知が到着したことにより、新日鉄住金が保有する、韓国企業との合弁会社の株の売買や譲渡ができなくなった。

これに対して、日本の新日鉄住金本社は、「政府にも相談のうえ、適切に対処するとしている」とコメントしている。
 資産の差し押さえ通知が届いたことを受け、外務省の秋葉事務次官は、韓国の李洙勲(イ・スフン)駐日大使を9日午後に外務省に呼んで、1965年の日韓請求権協定に基づく協議を開くよう要請した。

 菅官房長官は、「政府としては、事態を深刻にとらえている。協議を韓国政府に要請する」と述べた。
 政府は9日午後、この問題に関する関係閣僚会議を開き、日本企業の経済活動の保護を含めた具体的な対応策について協議した。
 
会議では、万全の対応を取るべく、関係省庁が連携しつつ、毅然(きぜん)とした対応を取ることを確認した。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事