ここから本文です
特亜と軍事の時事問題
北朝鮮がミサイル撃つとアクセス数が激増する不思議

書庫全体表示

北朝鮮による韓国領・大延坪島砲撃事件ですが、
朝鮮日報のニュースにこれまでわからなかった詳細が載りました。
 

北朝鮮砲撃:K9の半分が故障、残りも性能発揮できず

世界トップクラスの性能を誇るK9自走砲の弱々しい姿

「その程度しか使えないのか」(李明博〈イ・ミョンバク〉大統領)

 大統領府の関係者は25日、「大統領府で行われた会議の際、李大統領は“延坪島に展開する部隊に配備された自走砲の数は6門”という報告を受け、非常に驚いていた」と述べた。

 この関係者はさらに、「K9は1分当たり6発発射できることになっているが、当時は1分間に1発しか撃てなかった。李大統領がこの原因を問い詰めると、ある参謀は、“K9は理論上では最初の3分間には1分当たり6発、その後は砲身が熱くなるため、1分間に2発しか撃てなくなる。しかし、実際には1分間に1発しか撃てない”と説明した」と述べ、会議でのやりとりを明らかにした。

 西海(黄海)に浮かぶ延坪島が朝鮮人民軍から攻撃を受けた際、韓国軍砲兵による反撃の状況を分析したところ、平均で1分30秒に1発の割合で応戦していたことが分かった。そのため、韓国軍は本当に最善を尽くしたのか、問題視されている。
 
イメージ 1

 また、延坪島には6門のK9が配備されているが、最初に反撃を行ったK9は、当初伝えられた4門ではなく、実際には3門だったことも分かった。当時、延坪部隊は4門を南西に向けて訓練を行っており、北朝鮮側に向けて待機していたのはわずか2門だった。

 合同参謀本部の関係者は25日、定例会見で、「敵から奇襲攻撃を受けた際、2門は電子回路が故障して使えず、1門は訓練の際の不発弾の影響で作動しなかった。午後3時6分ごろに故障していた1門を修理し、第2次反撃では4門が応戦した」と説明した。つまり、最初に反撃を行う時点では、配備されていたK9のうち半分が使えなかったというわけだ。

 K9はこれまで韓国軍が、「世界最高レベルの性能を持つ155ミリ自走砲」と自負してきた兵器だ。最大砲撃速度は1分間に6発とされ、数字の上では世界トップレベルだ。当時、延坪部隊の砲兵は44分間に2回応戦したが、理論的には6門あれば1584発を発射できるはずだ。ところが実際は、その通りにはいかなかった。
 ある砲兵は、「K9自走砲の最大発射速度は1分当たり6発となっているが、これが可能なのは最初の3分間だけで、その後はこれが1分当たり2発になる」と説明する。

 この砲兵は、「砲身に熱が加わると爆発する危険性が高まり、正確な砲撃もできなくなるため、たとえ戦時下でも、最大砲撃速度で砲撃できる可能性は低い。延坪島でも事情は同じだ」と説明した。
 
イメージ 2
    23日に北朝鮮から突然の砲撃を受けた延坪島のK9自走砲陣地。コンクリート構造物には無数の銃撃痕が残って
     いる。24日撮影。/国会写真記者団

張一鉉(チャン・イルヒョン)記者

2010.11.26 10:21 朝鮮日報・韓国
 
“K9は理論上では最初の3分間には1分当たり6発、
その後は砲身が熱くなるため、1分間に2発しか撃てなくなる。
しかし、実際には1分間に1発しか撃てない”と説明した
 
カタログスペックでは、たしかに「6発/分」になっていますね。
つまり10秒に1発の間隔で射撃できるってことです。
が、大砲だろうが鉄砲だろうが、火薬を炸裂させて金属弾を発射する構造は同じなので、
撃てば撃つほど砲身(銃身)は加熱します。
加熱すると、金属には膨張や軟化による歪みが若干ながらも発生し、
そのわずかな歪みやブレによって命中精度は低下します。
 
なので、3分間連続射撃したあとは、1分間に2発(=30秒に1発)というペースに
落とさないと、砲身加熱の影響が命中精度の許容範囲を超えてしまうわけです。
 
で、実際、先日の応射の際には1分30秒に1発のペースでしか撃っていなかったと。
 
これ、弾着観測しながら撃ってたからとちゃうの?
 
最初の応射の際、対砲レーダーがちゃんと作動してなかったんですよね。
榴弾砲っていうのは、直接砲が目視照準でぶっ放す砲ではありません。
前線観測部隊から送ってきた座標を元に仰角と方位を合わせて射撃します。
対砲レーダーは、それを電子的に補完もしくは代替するための手段なんですよね。
レーダー故障の際は、前線観測部隊から送られてきたデータを元に撃ちます。
で、初弾を発射し、着弾したのを前線部隊が観測し、「修正、右200m、手前300m」ってな具合に
修正データをまた榴弾砲に送り、榴弾砲はそれを元に照準を修正して撃ちます。
それを繰り返して概ね散布界(砲弾の落下するだいたいの円)に目標を捉えたら全力射撃です。
 
上記作業を遂行するためには、
発射→着弾→観測→修正→発射・・・・・という手順を踏まないといけません。
なので、弾着確認もせずに10秒に1発もバカスカ撃てるはずがないですよね。
それを考えると、平均1分半に1発っていう射撃ペースはそうおかしくないと思いますが・・・。
 
K-9自走榴弾砲の反撃をまとめてみると、
 
14:34 北朝鮮、砲撃開始(大延坪島と付近海域に150発、うち70発が島に着弾)
14:47 韓国、K-9自走榴弾砲3門で応射開始(ムド基地に対して50発)
14:55 両軍ともに砲撃一時中断
15:10 両軍ともに砲撃再開(韓国軍はK-9自走榴弾砲4門でケモリ基地に対して30発)
15:41 両軍ともに砲撃中止
 
1回目の応射は8分間で50発撃ったことになります。
これが3門で撃ったとなると、1門あたり、1分間に約2発撃っています。
30秒に1発のペースですね。
 
2回目の応射では、31分間で30発。
1門修理して4門での射撃ですが、なんと4門あわせても1分に1発です。
1門あたり、4分に1発のペースとなります。
 
2回目はちょっと遅すぎるペースですね。
が、各砲が数発ごとに射撃目標を小刻みに変更していたりしたら、そうなってもおかしくはありません。
 
 

  • 顔アイコン

    まー、撃たれてる方は、30秒に一発落ちれば十分だと思いますがw
    日本人の技術だったら、許されないレベルですね。

    [ - ]

    2010/11/28(日) 午前 7:16

    返信する
  • 顔アイコン

    牽引砲で良いんじゃない?
    こんなハイテク自走砲使いこなせないんだから・・・
    天安沈没の時も、ずいぶん長い間データリンクでの「ロスト」表示を無視してたようだし・・・

    [ ぬくぬく ]

    2010/11/28(日) 午前 9:45

    返信する
  • 顔アイコン

    コンクリートの陣地に据え付けてる自走砲って意味あるの?

    [ haru ]

    2010/11/29(月) 午前 11:50

    返信する
  • >イエスの僕さん・・・
    どういう目標にどんな目的に射撃するかによって、着弾密度はぜんぜん変わりますからね。
    単に敵部隊の頭をおさえたいのなら断続的な射撃ですし、
    とある目標建造物や部隊を破壊したいのなら集中射になります。

    元々榴弾砲って、どこかを精密射撃する性格の重砲ではなく、
    面制圧兵器だったりします。
    CEP(半数必中界)が1mとかいう精密誘導砲弾もできてますけどね^^

    後ろの6時

    2010/11/29(月) 午後 0:24

    返信する
  • >ぬくぬくさん・・・
    大延坪島の直接の脅威は海岸砲ですよね。
    その中には平射砲が少なからずあり、それを制圧すべき性格の砲が
    韓国軍には1門もなかったってわけで、こりゃ牽引式でいいので
    カノン砲を作るべきですよね。
    もうK-9は輸出専用でもいいんじゃないかとwww

    後ろの6時

    2010/11/29(月) 午後 0:26

    返信する
  • >haruさん・・・
    意味あります。
    いくら装甲車輌っていっても、砲塔は弾片防御程度だし、
    直撃すれば正面装甲でも貫通されてしまいます。
    なので、第一撃を敵に受けたときに少しでも車輌の損害を
    防ぐために掩蔽壕に入れておくことは、たとえ強力な装甲を持つ
    戦車でも意味があります。

    陸戦装甲車輌で最も強装甲な戦車でも天蓋は薄いですから、
    榴弾砲が直撃すれば撃破されちゃいます。

    後ろの6時

    2010/11/29(月) 午後 0:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事