シェフの嫁

仕事と勉強の両立で忙しくしていますので、自分のペースで更新してます!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
こちらは焼き物です。目鯛は皮がパリッと焼かれていて、
脂も程よく乗っており最高に美味しかったです。

イメージ 2
こちらは揚げ物です。私の大好きな小芋がほくほくになって
外がカリッと上がっており、奥に隠れているイカともとても相性が良かったです。

イメージ 3
こちらは、ご飯ものです。おひつで持って来て頂いたのは舞茸のご飯でした。
文句なしの塩加減だったのですが、これは本当に好みだと思いますが、私が舞茸のご飯を作る時は、
昆布で出汁をしっかり取って、その出汁でご飯を炊いて、サイドに昆布と醤油のあっさりとした
出汁でさらさらと最後に食べれるように急須で出すと、二通りの食べ方が楽しめるので、
お客様に喜ばれると思いました。

イメージ 4
デザートは濃い目のコクのあるほうじ茶と、アイスクリームが乗った
パンナコッタでした。甘い中に、濃いほうじ茶を頂くとお口の中に程よい甘さが残り
とても美味しかったです。

イメージ 5
デザートの二つ目は、お抹茶と冷たいわらびもちの甘蜜がけでした。
こちらも甘いデザートをお抹茶で頂くと、お口がさっぱりしてとても美味しく頂けました。

本当にお薦めの日本料理屋さんです!店主は大人しい方だと拝見しますが、料理の味を見ても、
とても繊細でこだわりをすごく感じます

旬菜山崎お薦めです!

「旬菜山崎」竹谷店
http://www.syunsaiyamasaki.com/index.html

開く コメント(23)

イメージ 1
開店当初から家族でお邪魔している「旬菜 山崎」さんです!
父と母は、私が北米に帰っている間にも頻繁に訪れているようで、
店主の方は、私が通っていた中学校の先輩にあたるそうです!
その中学校で「食育」の授業をされたりしているそうで、店主は
北新地、西天満で日本料理店で長年修業をされた方です。
2011年にミシュランの星に輝きました!

イメージ 2
最初に飲んだお酒は、大阪「秋鹿」で辛口でスッキリと
していたのですが、2つ目に頼んだ島根「王禄」は辛口の中にも旨味が凝縮していて、
とても美味しかったので、食事中こればかり頼んでいました(笑)

イメージ 3
こちらは、茶碗蒸しです。完璧な口当たりと口どけでした。
季節が秋だった事もあり、松茸、そして私の大好きな百合根、銀杏が入っていました。

イメージ 4
こちらはお吸い物です。本当にコクがあるのにあっさりしていて、
中の具が全く喧嘩をせず、ものすごくバランス感が取れているお吸い物でした。

イメージ 5
こちらは、目にも楽しい前菜の数々です。

イメージ 6
一番左下が私の大好物のウニとその右横があんこうの肝だったので、
シェフの主人から「あっ、これ苦手かもしれないから食べてあげるね」と言いながら取ろうとすると
「僕も好きだから、あげないよ」と言われました(泣)
すべての前菜の一つ一つがとても丁寧に作られており、目に楽しく、舌で踊るような前菜でした。

イメージ 7
こちらは、お刺身4種です。好みでお醤油、もしくは紅葉おろしで
とかれたポン酢で頂きます。どれもものすごく新鮮で、本当に美味しかったです。

イメージ 8
こちらは椀物です。本当に絶妙なとろみかげんで、お口に入れると
それぞれの旬の野菜の風味、歯ごたえを楽しむ事が出来ました。

イメージ 9

「旬菜山崎」さんの器はすべてこだわりがあるのですが、私はこのお椀に惚れてしまいました。
写真と実際のものでは色合いが違うのですが、亡くなった母が持っていた着物の色の白緑の
(緑青に白を加えたような淡い色)ようででとても美しかったです。

開く コメント(5)

映画「重力ピエロ」

イメージ 1

「シェフの主人はどうやってこの映画を見つけてきたのだろう・・・」と毎回驚かされます。

映画「重力ピエロ」は70万部を超える大ベストセラー「重力ピエロ」の原作、
伊坂幸太郎による日本の小説作品です。空中ブランコを飛ぶピエロが、
一瞬だけ重力を忘れることができるように、いかに困難なことであっても必ず飛び越える事が
できるという著者の信念が感じられる作品です。

大学院で遺伝子について学ぶ奥野泉水(加瀬亮)には、春(岡田将生)という2歳年下の弟がおり、
冴えない不器用な自分に比べると、美男子でピカソの生まれ変わりを自称する弟は
眩しく見えました。父親が違う2人の兄弟、弟の春がその真実を知り、自分の父親は犯罪者で、
自分は望まれて生まれて来る運命ではなかった事を知ります。
遺伝子のように、数々の伏線を張りながら、絡み合ったすべての謎が解けたとき、
過去から現在へとつながる家族の真実が明らかにされます。

「重力ピエロ」はじっくり見る映画だと思います。日常の時間を忘れて、自分自身が映画の中に
引き込まれていくのがわかります!

最近「はずれ」の映画ばかり見てると思う方は是非!


「重力ピエロ」
http://jyuryoku-p.com/main.html

開く コメント(11)

 
この曲を聴いた時、一目惚れとならぬ、一聴き惚れでした!
ドラマの「SPEC」で使用されているのは、波のゆくさきの英語版なのですが、一回聞いた時は
まさか、日本人が歌っているとは思いもしませんでした。音感といい、アレンジといい
シェフの主人も気に入り、「日本人グループのThe Ricecookersって言うグループなんだって」と
聞いた時、「え?日本人が歌ってるの?しかも、グループ名がRicecookers(炊飯器)???」と
なりました。
 
THE RICECOOKERS (ライスクッカーズ)は、アメリカのボストンにて2004年に結成されたロックバンドで
バークリー音楽大学に通っていた通っていた、廣石友海(ボーカル)と藤井恒太(ギター)、
若林大祐(ベース)でバンドを結成し、後に大山草平(ドラムス)が加わり現在の編成となったようです。
結成直後から、地元ボストンのクラブを始め、ニューヨークへライブ遠征に渡ったりと、
実力を蓄えてきたようです。
 
今、オフィシャルウェブサイトを見ると、7月8日に心斎橋のCLUB DROPでライブがあるようです!
日本に帰国したい(笑)シェフの嫁、一押しのバンドです☆
 
THE RICECOOKERS
 

開く コメント(20)

イメージ 1

東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被害を受けられました皆様に心からお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

北米に住んでいる私達がこのニュースを見たのは早朝でした。
これが現在日本で起こっている出来事なのかと目を疑いました。
そして、福島の原子力の場で命を張って頑張っておられる方がいると
言うのをメディアで聞き、シェフの主人と私は涙が出てきました。

その直後、北米に住む日本人の親友の旦那さんから電話があり「赤のリストバンド
(スポーツ選手がよくつけている)に「HELP JAPAN」と言うロゴを入れて、それを
1万個オーダーしたので、それを$5(日本円で約500円)で売って、売り上げすべてを
日本に送りたい」と言ってきました。他の募金団体に寄付をすると、もちろん一企業として
なりたっているので、人件費等がかかり100%の寄付が被災者の方達に行かないので、
100%手元に届くと言う形を取りたいというのが彼の意向でした。

私は次の日、すぐに上層部に取り合ってプレゼンをし、すべての口座開設と北米から
日本に送金するすべての手数料を私の会社が持つという事で、すべての募金が被災者に
行く形となりました!第一弾は、来月末までに500万、再来月末までに500万、
合計1000万円を日本に送金する予定です。

北米に住む日本人の私達ができる事、できる事から少しずつしていこうと思っています。

開く コメント(9)

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事