全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

秋冬ファンデ

   季節の変わり目と共に、化粧品を次々と切らしてしまい、

  少しずつ買い替えや買い足しをしています。




   涼しくなったのはいいけれど、お肌の調子も乾燥気味。

  頬の豊齢線・目元のくすみ。  ぎゃあぁぁ。。 毎日鏡見てはため息です。

  


   わたしは日頃からメイクをしています。ゴミ出しでさえスッピンでは歩けない。

  メイクをしていないと、気持ちがしゃきっとしない。

  コスメ好きというわけではないけれど、雑誌のメイク・スキンケア特集は

  必ず目を通しています。



   ファンデーションを秋冬仕様に変えるため、友人におすすめを聞いたり

  雑誌見比べたり、サンプル試したり。




   欲しかったのはS○ー兇留牡きぐるぐるのファンデーション。

  小雪の。

   でもあれはとってもお高い高機能ファンデーション。

  フェースパウダーも新調したいわたしは、今回見送ることにして〜




   買ったのは、これ。 ↓




 



                
イメージ 1







DIOR SKIN ヌードフルイド   

  
   雑誌の評判とgimai愛用のDIORなので。 彼女にあやかりたい、と。


  

   そのとき化粧品カウンターで薦められたお粉も購入。


  DIOR SKIN ヌードルースファンデーション

  お粉のようなファンデーションのような。




  

   先日、息子JJの運動会の後、娘がわたしに


  「ママ、今日ママの顔、やばかったよ」





  やばい →      ,劼匹


          ◆  ー磴せ厖儻譟 ,垢瓦いい





   さて、どっち?   いつもわからなくて聞き返すハハです。







   正解は◆,任靴拭 なにがどうやばかったのか、表現力のない娘の会話では

 わかりませんが、


   「そのファンデとお粉、やっぱいいよ」



 ということらしいです。





   ファンデーションはするりと伸びがよく、お粉(ファンデっぽいの)をブラシで

  顔に磨きをかけるようにブラッシュすると、カバー力すごいんです。

  


  ファンデーションって、肌質によって合う合わないはありますけどね。

 わたしには、なかなかのものでした。






   夏の間あまりしなかった集中ケアも復活。




                             イメージ 2


WELEDA ワイルドローズ インテンシヴオイル

 予定の入ってる前夜にこれを塗って寝ると、翌朝お肌潤ってる。


 ちなみに、このワイルドローズはエイジングケア製品です。 はふ〜〜







   化粧品にもあれこれ頼らないといけない年頃。

 ,痢屬笋个ぁ廚砲覆蕕覆い茲Α日夜、努力です。




  

  






  

安くていいもの

  この連休に買ったものです。


 

               
イメージ 1




「+J」    ユニクロと JIL SANDER のコラボ。


  ジルサンダーなのに価格はユニクロ。 このニットワンピースは袖口のリブが長いのと

 
                         イメージ 2




裾がふんわり膨らんでるのが気に入って。


                        イメージ 3









イメージ 4





 何枚あっても便利なカットソー。「+J」は同じ商品を複数枚買えないのが難点。

 黒・紺・白・トップグレーとありましたが、ダークグレーをチョイス。

 これまた袖が長くて、ゆるやかな Aラインです。




   ユニクロ。頑張ってます。「+J」は取り扱い店舗が限定されているそうですが、

 よかったらこちら参考の後、手にとってみてください。


   ↓


          http://www.uniqlo.com/plusj/jp/





    お次は、安くていいもの、というよりも「いいものを安く」編です。


  




  
   昨日、高速飛ばして長島ジャズドリームへ。

  こちらは、三井のアウトレットです。アウトレットでのお買い物、実は苦手。

  過去の戦利品は皆無に近い。それなのに、忘れた頃にまた行ってしまう。



   今回は、

  ちょっといいお買い物しました。うふ。






                
イメージ 5




スプリングコートのコドモ靴。レザーです。60%off!

  





              




これも息子に。ちょっと早いけど入学式用に。


  ロロ・ピアーナ社の生地を使ってる〜〜   これも60%off!







  イメージ 6                    イメージ 7







その他ベスト・ネクタイと揃え、早くも入学式準備。

 ブレザーは娘が着たお古があるし、あとは白シャツや靴下を買い足せばいい。






  アウトレット数回目にして、ようやくの掘り出し物。

 そこそこ、満足な連休のお買い物だったのでした〜



      

嵐の夜に渋皮煮

  台風一過。昨日の昼下がりの澄んだ空の清々しかったこと!



  去年失敗した栗の渋皮煮をリベンジしました。作業は台風上陸迫る夜中に。

 ひととおりの夜の家事がすんだのは10時を廻っていて、娘のカテキョを自宅まで送り、

 帰ってきてから栗の鬼皮剥きを続行。


 
 くり。まろん。 そんな可愛い名前とは裏腹の、鬼のような皮剥き作業。

 今年は牡蠣の殻とり用ナイフを使いました。刃が短くて危なくなくてよかった。



                            イメージ 1




出来上がったのは深夜ニ時。 一晩煮汁に漬け込んで。。






                
イメージ 2





今年はなんとか成功。


  ママ友にもお裾分け。                イメージ 3






週末の運動会に持っていく分。冷凍しておく分。それぞれ保存して、

  昨晩はこれを焼きました。





             
イメージ 4





師匠たちにならって、ミルクティを添えて朝食に。 渋皮煮のキャラメルパウンドです。

 キャラメルは冷蔵庫に残ってた、ろみさんのキャラメル入れました。

 ちょっと頑張れば、おうちでもこんな味を味わえる!。


  

  あ、朝にはちょっと重たかったみたい。この後コーヒー入れました。。




  明日は息子幼稚園最後の運動会。ハハは今年も裏方となり運動会をサポートし、

 早起きしてお弁当です。

 
  今晩こそ、早く寝ることとしよう。



                               
 
   非常に強い台風が接近・上陸のようですね。

 今日のこのあたりは肌寒く、いつもは窓全開の我が家も閉めたり開けたり。

 天気とともに気持ちもトーンダウン。そんな日は無理せず、ゆったりしております。




  夏真っ盛りの頃、ottoが結婚式に出席した折の引き出物は、カタログギフト。

 (その際の引き菓子がとっても美味しかったのです。今度買いに行ってご紹介♪)




  夏から二ヶ月弱。

 迷いに迷い。。 柳宗理のボウルセット。マリメッコの斜めがけショルダー。

 クイジナートのミニフードプロセッサー。バーミックス。



 いい加減に注文しろよ。とottoにせかされて、ようやく決めたのが、これ。





               ↓



 



           
イメージ 1




ワッフルメーカー。

  ビタントニオ。。といいたいところですが、違うの〜〜^_^;

  無名だった。ホットサンド・焼おにぎり・たい焼きのプレート付き。

  で、早速(というか数日してから)ワッフル焼いてみましたが。



  やっぱり無名のところのもの?焼ムラでるし。

 それから、大事なこと。試食して思ったのは、

 「ワッフル、そんなに好きじゃないかも」  わははは。。。


 
  週末はたい焼き作ってみるつもりですが、焼加減みてると前途多難です。



  天気とともにどんより過ごして、ワッフル焼いて。

 あれ〜??な感想で、さらにどんより。


  コドモたちは喜んでくれるかな?

娘と映画

   試験休みの娘MJと「ココ・アヴァン・シャネル」を観てきました。

 わたしにとっては久しぶりのオトナな映画です。





   オドレイ・トトゥの演じるシャネル、小粋で素敵でした。

  エレガントな立ち居振る舞い、タバコをくゆらす華奢な指先。シャネルが当時の女性の服装に

  反発して紳士物の生地で自ら作った男装が、このうえなく似合ってた。




  シャネルは高級メゾンで、とても手は届かない憧れではありますが、

 シャネルの好んだものを、取り入れることはわたしたちにもできる。というか、

 もう取り入れてますね。メンズライクな白シャツ、ツイード、英国調のチェック、

 シンプルなリトルブラックドレス、ドーヴィルの海辺で漁夫が着ていたという、

 ボートネックのボーダー、ジャージ素材。


  

  映画を観終わった後、そんなアイテムをまた身に着けたくなったのでした。








               
イメージ 1




帰宅後、手持ちのシャネルを引っ張り出しました。

 大学生の頃、小さなベージュのシャネルが欲しくて欲しくて。パリに行った父に

 買ってきてもらったものです。今、たんすのこやし。。





  
              
イメージ 2





母からの贈り物のブレスに、ottoからはイヤリング。自分で買ってない。。





              
イメージ 3





息子JJが生まれたときに買ったイヤリング。これは自分へのご褒美。


 今となってはイヤリングなんて身につけなくなってしまいましたが。








   「いつかはシャネルのツイード」

  そんなことを思った頃もありましたが、シャネルを身につけなくても、

  シャネルの精神から生み出されたベーシックなアイテムを、自分のこだわりで

  身に着ければいい。 今はそう思います。




   お洒落がますますしたくなる、私好みの映画。

         ↓





   

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事