ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

これまでの奈保子→その子の流れからしたらかなりの格落ち感は否めずこのブログの読者から批判を浴びること覚悟で(笑)無理やり紹介することにしよう。夏も終わることだし記念に...って全然理由になってないが...。

テレビ東京で放送されていた「おはようスタジオ」で芸能界をメッタ斬りするコーナーを担当していた彼女達がフォーライフより「熱帯魚のタキシード」でデビューしたのは1982年12月5日。なんとデビュー曲は東京地区のみの限定発売というある意味、鳴り物入りでデビューしたソフトクリーム。彼女達を最初にテレ東の番組で見たときは「なんだ?このローカル色いっぱいのユニットは…」といった印象だった。だって肝心のデビュー曲が東京地区限定発売だなんて。なんだかその気の抜けたコーラみたいなプロモート体制からして全国に名前を轟かせるのを最初から諦めてるムードがムンムンのユニットといった風情だった。ソレはあえての作戦だったのだろうか。初期のオリジナルメンバーはユミこと遠藤由美子、マミこと大塚真美、チエこと天野千英。デビュー当初はテレビ東京専属アイドルのような状態で他局で彼女達の姿を見ることは稀であったが、翌年1983年にに発売した「すっぱい失敗」(←コレは全国発売)の頃からその遊び心いっぱいの森雪之丞氏による歌詞やセンターを務めた遠藤由美子のキュートなルックス&声がアイドルマニアの間でじわじわと浸透し始めた。

表題の「ごめんあそばせガンバリ娘」は84年の夏に発売されたシングル第7弾。作詞は森雪之丞、作曲は後藤次利というコンビ。ソフトクリームの殆どの曲をこのコンビが手がけている。発売時の季節に合わせて夏らしいアロハ+サンバ風のサウンドと例の遊びごころがいっぱいの歌詞がキャピキャピ感を増幅させている。だって

♪太陽サンサン ごくろうサンサン...夏の聖書に懺悔なんてナ〜イ

って。なんだか一歩間違ったら企画モノと化しそうな悪臭がプンプン漂う歌詞なのだがソフトクリーム、特にユミのキャラと絶妙に相まって独特の世界感を作り出していたようにも思う。この曲から初期メンバーのチエに変わってナオが緊急加入したので先輩である芸能人臭がいっぱいの元メン2人とは裏腹に彼女だけが妙に素人っぽくてかなり浮いて見える。

もちろんこのメンバーの中で一番人気は言うまでもなくユミだった。
イメージ 2
なんせこのユニットは彼女を売り出すがために存在していたような印象もあった。彼女はソロ名義でちゃっかり「もしも世界にタヌキがいたら」という曲も発売し、この曲はフジテレビ「なるほど・ザ・ワールド」のエンディングにも使われ話題になった。しかもその好調さ加減で調子に乗ってもう1枚、「もしも世界にタヌキがいたら2」なるパート2ものまでも発売していた。

シングル第4弾の「スキよ!ダイスキ君」ではヤクルト球団の荒木投手とヤクルトのCMで共演するなどデビュー時のローカル色を吹き飛ばすような活躍を見せ始めたのもこの頃だ。それと相まってユミの例のソロシングルもオリコンでチャートイン、そしてシングル第5弾の「やったね!春だね!」を発売。おそらくこの頃が彼女達のピークだったと思われる。やっとこさ追い風に乗ったと思いきやチエが謎の脱退、新メンバーのナオを加入と女性3人組ユニットの伝統(!?)でもある突然のメンバーチェンジ→人気下降の法則にまんまと従ってしまった。あらら。他にも「クラスメイト失踪事件」などユニークな曲が多かっただけになんとも勿体無い話だ。なんで乗ってきたところでメンバーチェンジをするハメになったのかは巷で色々と憶測も流れているが、なんともタイミングの悪い印象が残ったなぁ。残したシングルは全部で9枚(ユミ名義のシングル2枚を含む)。コーラスワークなども割りと器用にこなすユニットだっただけに残念な終焉だったのが悔やまれる...。

☆作品データ
作詞:森雪之丞 作曲:後藤次利(1984年度作品)

  • ☆田宮2さん:おはよう♪少女隊から飛んできて下さって感謝です!そうそう。真美さん「アッパーカット」に出てましたね。不発の大映ドラマのひとつでしたね。(悲)アッパーカットもここで取り上げたいけど反応が鈍くなりそうな悪寒がします。(笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2006/2/20(月) 午前 7:32

    返信する
  • 顔アイコン

    ☆たこ三郎さん:おおっ!飛んできてくれてありがとう〜!!ユミちゃんはソロで2枚も出したしね...。歌画像を見ても「アタシがメインよっ!」ってな雰囲気がムンムンしてますよ。(笑)「スキよ!ダイスキ君」はスゴイタイトルだよね。荒木大輔さんとの共演だからダイスキ君だなんて。そうそう「プロポーズ大作戦」の時間帯に流れてた。たこさん詳しすぎ!!!(拍手)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2006/2/20(月) 午前 7:43

    返信する
  • ☆yoy*2*070*03さん:はじめまして。ようこそお越し下さいました。女の子だけのグループだと色々と問題が生じてタイヘンなのでしょうね、おそらくは。ソフトクリームに限らず他ユニットもメンバーチェンジや脱退などは日常茶飯事でしたものね。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2008/10/20(月) 午後 9:18

    返信する
  • おはようござりまする^^;

    ♪ゴメンあそばせ チュッチュ(?) したい

    って歌ってたんですかね?真ん中のコが突出していて、他の2人は引き立て役に見えましたね。本人たちは事務所の大先達・キャンディーズと違って、売れないのを悔しがってたみたい。

    ♪イ〜ケないコ はレッツヤンで見たかなぁ。3人組のアイドルグループなら、わたしは

    ♪髭を髭をそらないでぇ〜

    の人たちがスキです。

    [ ジィシプ更紗 ]

    2015/8/15(土) 午前 8:24

    返信する
  • ☆ジィシプ更紗さん:こんにちは。まいどありがとうございます。

    ♪チュッチュッチュ...したいな〜と歌っておりました。森センセイらしく、ステキな歌詞ですこと。

    >本人たちは事務所の大先達・キャンディーズと違って、売れないのを悔しがってたみたい。

    そうですね...ごもっともでゴザイマス。なにかこういまひとつ垢抜けないというか、ローカルアイドルみたいな売り方をされておりました。特にデビュー当初。「やったね!春だね!」のぷちヒットにより、世間でも徐々に脚光を浴びることになるのですが、 そんな大切な時にメンバー交代。レビュー曲からは新メンツ体制となりました。

    >3人組のアイドルグループなら、わたしは♪髭を髭をそらないでぇ〜の人たちがスキです。

    スリーナッツさんかしらん...お古い時代からのセレクションをありがとうございまする^^;。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2015/8/15(土) 午前 10:45

    返信する
  • またしてもまいどでゴザイマス。

    〉スリーナッツさんかしらん...お古い時代からのセレクションをありがとうございまする^^;

    正解!もっと古いのは...レ・ガールズの記憶が鮮明。親戚(父の生家)がカラーテレビに買い替えたときに見に行ってね。(笑) 歌番組で見たのですよ。

    白々しくぅ 馴れ馴れしくぅ CHERRYさんに 尋ぅねるぅ。

    ♪アイラビュ あいらびゅ (オトコを?)フレばも〜

    も、3人組のガールズアイドルユニットでゴザイマスよ^^、実在しないけど、W。

    ソフトクリームと同じく、(実在しない)プロ野球選手と絡みました。

    流石に碩学、昔の曲もよくご存じ、わたしのような年輩の者(数才しか違わないようですが)でも遊び〜、違った(笑)♪扱い慣れてる人みぃたぁい〜。機会があれば演歌もレビューしてください。 ^^;

    [ ジィシプ更紗 ]

    2015/8/15(土) 午後 3:47

    返信する
  • ☆ジィシプ更紗さん:こんにちは。またまたありがとうございます。

    正解でゴザイマシタか...安堵いたしました^^。

    >もっと古いのは...レ・ガールズの記憶が鮮明。

    そのようま思い出と伴ってであれば、なおさら印象に残っていることでしょうネ。レ・ガールズ...ミニミニスカートと白ブーツで歌い踊った番組。西野バレエ団より選抜された金井克子、由美かおる、原田糸子、奈美悦子...♪ゴーゴーギギーギ〜とお歌いになる奈美さんの可愛らしいこと!その曲は金井さんによりソロとしてシングル盤にもなりましたネ。

    >ソフトクリームと同じく、(実在しない)プロ野球選手と絡みました。

    またコレかい...^^;。「巨人の星」に出てきたオーロラ三人娘?お好きな方が多いようで^^。

    >機会があれば演歌もレビューしてください。 ^^;

    演歌は、先日のような追悼記事やその他特集記事等の中であれば可能かと。ただ単独レビューはできないかナ、ブログの趣旨と異なるので^^;。ご希望に添えず、誠に心苦しい限りではございますが、ご理解のほどお願い申し上げまする。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2015/8/16(日) 午前 11:23

    返信する
  • またまたお邪魔します。

    「オーロラ三人娘」、正解です!あらら...ナニか食傷気味の話題みたいですネ...お許しあれ。わたしは昭和35年度生まれで、あのアニメに多大な影響(ギャグの対象としても)を受けております。同い年のオトコにはそういう人が多いのですよ。

    ソフトクリームもセンターのユミちゃんを売り出すためのグループ、他の2人は彼女がソロを取る際に彼女に向かってお辞儀してたでしょ?「オーロラ三人娘」もそういうユニットだったからコメに入れました。

    い〜けないオジさん、自分では普ぅ通〜のオジさんのつもりです。^^;

    彼女たちがデビューしたときは関東在住でしたから、テレ東で見ました。デビュー曲が東京地区限定発売だったとは知りませんでした。

    演歌は...まぁお気が向かれましたらで・・・。わたしとて百恵・聖子を中心にアイドル好きですから。

    今気づいた、この記事を作成されたのは貴ブログ草創期、且つ「番外編」カテ最古ですね。番外脱出に協力させてもらいたいです。今後とも何卒よろしゅうに。

    [ ジィシプ更紗 ]

    2015/8/20(木) 午前 0:36

    返信する
  • ☆ジィシプ更紗さん:こんばんは。いつもありがとうございます。

    >彼女たちがデビューしたときは関東在住でしたから、テレ東で見ました。デビュー曲が東京地区限定発売だったとは知りませんでした。

    デビューした頃は「おはスタ」とか、テレビ東京での出演がほとんどだったようなキオクが^^;。「すっぱい失敗」の頃になって、ようやく方々に出始めたと思います。てっきり弱小プロダクション所属なのかと思いきや...大手の渡辺プロダクションと知った時にはビックリ仰天いたしました。

    >今気づいた、この記事を作成されたのは貴ブログ草創期、且つ「番外編」カテ最古ですね。

    そうですね、あまりに古いので非公開にしてしまおうかナと思っていた記事でゴザイマシタ。拙い記事をご精読いただきましてありがとうございます。こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2015/8/20(木) 午後 10:12

    返信する
  • こんにちは。

    いえ、非公開にすることはありません。喩えるなら、A級アイドルがあまりヒットしなかったデビュー曲を封印するようなもの。記事にも文字数制限があったでしょ?コメントの応酬の中でマイナーアイドルを思い出して、わたしのように投稿する人も出てくるでしょう。

    80年代前半は業界が企画したグループアイドルは撃沈、他にはスターボーやセイントフォーもそうかな。聖子・明菜を筆頭に単体アイドル歌手の黄金時代。

    『アフリカに狸が』ナンタラってのもあったかナ?訳がわからなかったけど面白かったですワ。

    [ ジィシプ更紗 ]

    2015/8/22(土) 午後 1:38

    返信する
  • ☆ジィシプ更紗さん:こんばんは。またまたありがとうございます。

    >喩えるなら、A級アイドルがあまりヒットしなかったデビュー曲を封印するようなもの。

    色々とおココロ遣いをありがとうございます。特にそのような意味ではなく、開設してから10年経過したので、ソコソコに整理でも...と。皆様からのコメントは大切な宝物ですから、記事自体を抹消したりするようなことはいたしませぬが。

    >聖子・明菜を筆頭に単体アイドル歌手の黄金時代。

    グループものはたしかに...ソレが85年になりあの素人大集団が出現と相成りましたもので^^;。

    >『アフリカに狸が』ナンタラってのもあったかナ?訳がわからなかったけど面白かったですワ。

    「もしも世界にタヌキがいたら」ですね。ユミさんのソロとして、パート1とパート2が発売されておりました。タイアップもあったので、オリコンにもチャートインしとりましたワ。作曲は坂本龍一さまでしたし...贅沢。そして作詞は、先ごろ「男船」の方と「グッバイ物語」されたばかりのあの方^^;。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2015/8/22(土) 午後 7:49

    返信する
  • 顔アイコン

    あわよくばキャンディーズの後釜狙いだったのでしょうが、遠藤由美子+サイドガールズといった趣き。メンバー各自にコアなファンがつかないとガールグループにはなかなか人気が出ません。遠藤由美子は「欽ドン」で“おまけの子”でしたね。 削除

    [ 段田番 ]

    2016/6/12(日) 午前 2:28

    返信する
  • ☆段田番さん:毎度ありがとうございます。

    >あわよくばキャンディーズの後釜狙いだったのでしょうが、遠藤由美子+サイドガールズといった趣き。

    さようでゴザイマシタね...あまりにも遠藤さんプッシュが激しすぎたように思いました。たしかにおコエはロリータ系で...勝算の見込みがあったのでしょうけれども。しかし再三に渡るプッシュでもさほどの実績は残せず...やはりマニア受けどまりだったのかしらん、ナゾ。

    >メンバー各自にコアなファンがつかないとガールグループにはなかなか人気が出ません。遠藤由美子は「欽ドン」で“おまけの子”でしたね。

    欽ドンに出てきたときは、なにかこうしらじらしさも感じてしまいましたワ。なにせその前にソフトクリームやらでうんとこさっと活動していたのに...また色々と香ばしい噂もマニアの間では語られておりましたので、滝汗。今さらナニも知らないコぶられても...みたいな。ソフトクリームに関しては良曲がたくさんありましたので、三人が唄う配分をもうちょい改善していただければ...と思っておりました、当時。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/6/12(日) 午前 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。♪太陽サンサン ご苦労サンサン

    平成になってからの日本のある大新聞社の購読勧誘のためのコマーシャルソングが似たような歌詞でした。参考にしたのでしょうか?

    イチバンスター性があったのはたしかにユミちゃんでした。「なるほど・ザ・ワールド」のエンディングの歌は彼女が歌っていたのね、知らなかった。「やったね春だね」♪チュッチュッチュッしたいな〜 がヨカッタですね。食べるほうのソフトクリームですけど...上品ぶってゆっくり頂いているとクリームが溶けてきてボタッと落としてしまうし、コーンがふやけてきて手がベトベトになるのよね...頂いているときの顔が下品になりがちで女の子には鬼門の食べものでした、今も大好物ですけれど。 削除

    [ **むかし少女** ]

    2017/4/26(水) 午後 5:45

    返信する
  • ☆むかし少女さん:こんばんは。太陽サンサンありがとサンサン。コメントをありがとうございます。笑)

    それにしても懐かしい記事…今となっては筆者がなにを書いたのか、すっかり忘れ去っているといふ。また、古い記事となりますがゆえ、駄文で申し訳ございません。もう消したいくらい…。苦笑)

    大新聞社のコマソンが…あら、そうでしたっけ。ご教示をありがとうございます。サンだからアソコかしらね...ナゾ。もしかしたらスタッフの中にアイドル歌謡マニアがいらっしゃり、ソレをネタとして提案したら通ってしまった…のかもしれませんよね。笑)

    でもって、本題のソフトクリームの面々について。さようでゴザイマスね、たしかに中央にいらっしゃったユミ嬢がスター性があったと思います。でもなんだかあまりよい噂は耳にしませんでした、当時から。かと思えば、欽ちゃんに見出されたのか?一時オマケの子だかの役で出てましたよね。すっかり猫カブっておとなしいコを演出してらっしゃったけんど。マニアは見逃さないし、決してだまされませんでしたのヨ。苦笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/4/27(木) 午後 6:58

    返信する
  • ☆むかし少女さん:(続き)

    マミさんも後に「天使のアッパーカット」に「新人」として主演してらっしゃったけど...一目で彼女と分かりましたし「えっ?新人??」みたいな印象しかありませんでした。苦笑)

    このグループ…最高峰は「やったね!春だね!!」でしたね、レッツヤンにも出ましたし。その曲でせっかく上昇気流に乗ったのに…グループ内で分裂。メンバーチェンジするハメになるなんて…一体なんだったのでしょうか。渡辺プロ所属だった割りに、なんだかB級臭がムンムンというのも。デビュー曲なんてインディーズかと見まごうほどでアリマシテ。苦笑)

    食べるほうのソフトクリーム…女性はルージュもしてらっしゃるし、たしかに食べづらいシロモノですよね。頂いている時のお顔が下品になる…恍惚のご表情という意味かしらね、ナゾ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/4/27(木) 午後 7:00

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリーさま

    ♪サンサン おはようさ〜ん いえ、もう♪サンサン コニャニャチワ?かしら。

    はい、サンですからお察しのとおりソコですの。

    メンバー全員高校生にしては幼い見た目でしたね。エンポコは八重歯がチャームポイント。荻野目ちゃんが小学生の頃に夏休み期間限定でいらしたグループ...「ミルク」だったかしら?ソチラの方がマセた歌をうたってましたわネ。

    デビュー曲はテレ東の「テレビほとんど冗談」のテーマでしたから、テレ東の専属かと思ってました。ダイスキ君とのジョアのCMのおかげで認知度はソコソコありますね。荒木大輔さん、私も大ファンでしたの。

    アイス菓子のソフトクリームだけど...3段重ねのトリプルアイスってあるでしょ?あれ、落とさずにキレイに食べるの難しかった、女の子3人の人間関係なみに、笑っ。 削除

    [ **むかし少女** ]

    2017/4/29(土) 午前 11:42

    返信する
  • ☆**むかし少女**さん:またまたありがとうございます。

    はい、コニャニャチワの時間帯でゴザイマシタ。笑)

    そうですね、ミルクの構成要員は12-13才でしたが、ソフトクリームよりもウンとオトナっぽい曲と歌声だったように思います。題名は「リトルキッス」で、作詞は湯川れい子センセイでゴザイマシタ。

    >テレ東の専属かと思ってました。

    デビューしてからしばらくは、テレビ東京でしかお見かけしませんでしたよね。他局にも出るようになったのは荒木大輔さんとのコマーシャル、そして「やったね!春だね!!」の頃くらいだったと思います。このユニットのヤマはやはりそのあたり。チエちゃんが加入してからもユニークな曲が続きましたが...う〜ん、なんかネ。どうしても浮いてしまい^^;。

    3段重ねのトリプルアイス...ありますね。赤城乳業とかがよく販売してましたよね。女子3人の人間関係...おおっコワ。関わらないようにいたしますワ。苦笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/4/30(日) 午後 0:15

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリーさま

    女子3人のゴタゴタな関係に巻き込まれるのはおイヤ?男の方はそうでしょうね。でも職場や家庭などで板挟みの当事者になることもありますわよ?! ティーンの女の子3人はね...難しい。特に一人だけ突出しちゃうといろいろとね...

    ♪夏の聖書に懺悔なんてない どういう意味かしら?「天使のアッパーカット」にマミが新人として出演とは、芸名を変えていたんですか? それと、コメント件数が50を超えましたネ。 削除

    [ **むかし少女** ]

    2017/5/2(火) 午後 6:54

    返信する
  • ☆**むかし少女**さん:またまたありがとうございます。

    >女子3人のゴタゴタな関係に巻き込まれるのはおイヤ?男の方はそうでしょうね。

    イヤイヤイヤも好きのうち...にはならないですね、滝汗。当事者になったことは何度もありますのよ。もう昔のことになりますが、日本での職場は女性の多いコールセンターでゴザイマシタもので。スーパーバイザーとしてそれをまとめあげるのは至難の業でゴザイマシタ。苦笑)

    >♪夏の聖書に懺悔なんてない どういう意味かしら?「天使のアッパーカット」にマミが新人として出演とは、芸名を変えていたんですか?

    懺悔なしだから...♪やぶれかぶれ〜になって噂のヨットに乗り込んでもいいの♡くらいの意味なのではないかしらん。うしろ髪ひかれ隊のマッキーちゃんじゃないけれど『やりたい放題』。

    マミさんは大塚真美名義でのご出演だったと思います。そんなんアイドルマニアにはバレバレですよね。よくあるMAMIとかなんとかにするならともかく。ちなみに主題歌は松居直美嬢『TALK TO ME』。こちらはなぜか名前伏せでNAOMI名義になっ

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/5/4(木) 午前 7:42

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事