ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 2

近頃22年ぶりにある歌謡曲が蘇った。そのタイトルは「ロンリー・ガール」。

イメージ 1昨年デビューしたJ-POPシンガー、加藤ミリヤによって歌われるその原曲は22年前に同じくCBSソニーからデビューしたアイドル歌手、佐東由梨のシングル第2弾だったのである。この楽曲は筒美京平氏によるR&B風味がバリバリに効いた小気味良いチューンであり、今聴いても古さは全くもって感じさせない、いやそれどころか最新曲として充分通用する出来栄えなのである。まぁ、実際にこうしてミリヤちゃんにより‘最新曲’としてリリースされたのだし...わざわざここで言及する必要性もないか^^;。

♪ロンリー・ガール 寂しいんじゃないよ
 ロンリー・ガール ひとりが好きなだけ
 ロンリー・ガール 泣いてるんじゃないよ
 ロンリー・ガール 風がまぶしいだけ

♪いっちゃいなよ 彼女を連れて 
 パーティーでも 好きなところへね
 どうせ私 あなたに似合う
 靴もドレスも 持ってないから

おそらくこのお歌の主人公様...当時の由梨さんのイメージに合わせた、それこそボーイッシュで不器用な女の子。デートだっつーのに皮ジャンを着て参上、で挙句の果てに「フラれちゃった」とホザいている状態なのでゴザイマス。それでもココロはやっぱり純情可憐な乙女なのであり...

♪いっちゃいなよ 手をつないでね
 私ここで 見送ってあげる
 歩道橋に座っているよ ネジの切れた人形みたく

♪I LOVE YOU I LOVE YOU 忘れなくっちゃね 
 でもI LOVE YOU I LOVE YOU 悲しみの色は濃くなるだけ

と...かなりズタズタに傷ついているご様子で。ネジの切れた人形...というのはこのショックから放心状態に陥り...で歩道橋のところでペタっと座っている様を表しているのだろう、おそらく。さすがは天下の松本センセイによる歌詞...サイコーの表現力でゴザイマス。(笑)またこの♪I LOVE YOU連呼部分のメロ...これこそまさに半音使いのお手本のような展開。フラれちゃった少女の悲しみや切なさを聴き手にググっと訴えかけてくるような...それくらいのツカミ具合すらもを感じさせるのである。筆者などはココを聴く度に胸が‘キュンキュン’と鳴っちゃうくらいなのでゴザイマス。(笑)

この曲はオリコン最高186位...うわ〜っ、これほどの名曲をそんな低空飛行に留まらせた時代...いやはや、全くもって信じられない事実なのでゴザイマス。1983年...大衆の耳はいったいどの方向を向いていたのでしょうか。

さて、この本題の主人公である佐東由梨さんは1982年度「ミス・セブンティーン」における優勝者。そして1982年11月21日に83年組の新人アイドル歌手として「どうして?!」という曲で先陣切って華々しくデビューを飾った方だったのである。で、手にしたレコードジャケットを見て「あれっ?」と思わずにいられなかったのは彼女のルックス。たしかそのオーディションで優勝した際には長かった髪が、デビュー曲のジャケットではザンギリ頭(失礼!)へと大変身!すっかりボーイッシュになって(←おそらくは無理矢理にさせられて^^)のデビューだったのである。この時代はそれこそアイドル歌手といえば聖子ちゃん風のふわふわレイヤード・カット&フリフリ衣装ってのが定番&王道路線だったもの。だから、由梨さんの場合は超異色な存在...となってしまった感は否めない。アプローチとしては決して悪かったとは思わないのだが、ただ、そういった新しいスタイルのアイドル作り戦略が時代を早読みし過ぎた感はアリアリで...どうにもこうにも彼女のレコードの売り上げは伸びなかったのである。デビュー曲の「どうして?」はオリコン最高154位、そしてこの表題曲「ロンリー・ガール」に至っては186位でしょう...なんとも散々たる結果に終わってしまったのでゴザイマス。まさに「どうして?!」と言わんばかりの酷な結果...せめてショートカットにしてブレイクしたキョン2の後くらいにデビューしていたら違った結果を望めたのかもしれないが...。

彼女のデビュー曲「どうして?!」は後に河合奈保子さんが歌って大ヒットした「エスカレーション」の下敷きになったと囁かれている楽曲、いわばプロトタイプ的な作品...と認識されている作品である。ソレラを同時に聴き比べてみると「エスカレーション」のカラオケに乗せて「どうして?!」が唄えそうな勢いと言おうか...たしかに良く似ているのである。ちなみにどちらの楽曲も筒美京平センセイによる作品でゴザイマシタ。

由梨さんが芸能活動中に発売したシングルは全部で4枚。「ロンリー・ガール」の後に「ハート・ウォッシャー」と「春めき少女」という、これまた素敵な作品を残してくれているのだ。「春めき少女」の頃には短かった髪もグンと伸びて色っぽい少女へと大変身。これから男の子のファンをムギュっと...という流れの矢先に、由梨さんは誰にも知られることなくひっそりと引退してしまったのであった。彼女は声質も良く、しかも声が前面に良く出る娘だっただけに、歌手として成功できなかったという事実...コレは実に残念なのである!

現在はボイス・トレーナーをしているという、ご本人様からの書き込みをネット上にあるどこかの掲示板で目にしたことがある。ファンだったひとりとして今回の「ロンリー・ガール」の復活と、道は違えど今でも元気で暮らしているという、由梨さんの近況を知ることができ、なんだかとても嬉しい筆者なのである♪


☆作品データ
作詞:松本隆 作曲:筒美京平(1983年度作品・CBSソニー)

  • 顔アイコン

    サトユリの「ロンリー・ガール」、ひょっとしたら今年一番多く聴いている曲かも知れません。全く飽きがこないというのも素晴しいですね。関心のある方も多い様ですので、ぼちぼち2曲目のレビューを考えてもみては?(笑)。年明けに「春めき少女」あたりで・・・(勝手な事を言って失礼!)。 削除

    [ カモカモ ]

    2008/10/26(日) 午後 9:54

    返信する
  • ☆カモカモさん:おおっ!ホントにおスキなのですね〜サトユリのロンガが。でも自分も同じくらいスキかもしれません...なんといってもカッコイイんですよね、サウンドが。あの当時の曲としてはスバラシイ出来かと思います。

    サトユリ第2弾...考えてます。いつ出るかはお楽しみに♪

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2008/10/27(月) 午後 11:06

    返信する
  • 顔アイコン

    何気なしにTVを観ていると、♪ロンリーガール〜悲しいんじゃないよ〜のフレーズが耳を直撃!。サトユリ復帰か〜?・・・と思ったら加藤ミリアのベスト盤CMでした(笑)。いやぁ〜「ディア ロンリーガール」を選択するとは素敵です。これを機に本家「ロンリー・ガール」にも話題が及ばないかな〜(密かに期待・・・笑)。 削除

    [ カモカモ ]

    2008/11/6(木) 午後 10:02

    返信する
  • ☆カモカモさん:ミリヤちゃんのアルバム...すごく売れてるようですね。この勢いでミリヤ→佐東由梨...と話題が移行してくれるといいのですが。由梨ちゃんの新しい「春めき少女」がうPされてましたね、アソコに。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2008/11/17(月) 午後 0:23

    返信する
  • 顔アイコン

    約1ヶ月振りにサトユリの曲を堪能しました(間隔が開き過ぎましたでしょうか?・・・笑)。好きなものはやっぱり何回聴いてもイイですね〜。聴いた数だけ愛情が深まる、勝手ながらそんな風に思っちゃうのでゴザイマス。 削除

    [ カモカモ ]

    2009/1/27(火) 午後 9:22

    返信する
  • ☆カモカモさん:由梨ちゃんの動画うPも増えてますよね〜最近。「春めき少女」での彼女...美少女で何度観ても飽きませんよね^^。また由梨ちゃん記事を書けるように...日々これ精進したいと思っておりまする。(笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2009/1/28(水) 午前 4:13

    返信する
  • 顔アイコン

    「春めき少女」のエントリで書きましたが小生にはデビュー時の、ボーイッシュな印象しかありませんでこんな典型的なアイドル像は意外に感じます。
    しかし第二弾でこんなに路線変更したんですか。早々に方針を変えて成功した例って柏原芳恵さんくらいじゃないでしょうか。
    若林加奈さんといい、ここもアイドルを育てるのんあまりうまくなさそやなぁ。
    高井さんはおニャン子時代の人気の余韻が残ってるうちに身を引いたってことですかねぇ。

    オーディション時はロングヘアの美少女だったのにデビューしたときはバッサリ切ってボーイッシュにした、と云えば小生は、1989年デビューの金槌・・・じゃない、のこぎり・・・違う違う、KaNNaさんを思い出します。 削除

    [ ポケット保持 ]

    2009/2/15(日) 午後 9:50

    返信する
  • ☆ポケット保持さん:こちらにもコメント...ありがとうございます。↑のレコジャケ時はまだこんなでしたけど、テレビで歌っていた頃はすでに髪も流せるほどに長くなってました。「春めき...」の時ほどではなかったけど。

    由梨さん...ソニー所属でデビューの時はあれだけ期待されていたのに、新人賞のシの字も出てこないし...やっぱり所属したトコロが不得手だったからでしょうか、もったいなか。

    KaNNaさん...えっとサンミュ所属だった方???のりピー&中嶋美智代さんとのジョイントコンサで観たことあるかも。あの時は「ナニモノ?」といった感じでした。だってお二人の雰囲気と全然違うし〜みたいな。彼女もデビュー前はロングだったのか...。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2009/2/16(月) 午前 5:45

    返信する
  • 顔アイコン

    KaNNaさんはそのとおり太陽音楽の方です。ある番組でKaNNaさんがオーディションで合格してからデビューするまでの経過を追った番組がありました、オーディションで歌うてた彼女はロン毛で色白の、典型的な美少女でした。それが紙をバッサリ切って・・・ええっ、って思いました。 削除

    [ ポケット保持 ]

    2009/2/16(月) 午後 10:28

    返信する
  • ☆ポケット保持さん:あっ、やっぱりあの時にライブで観たあの方だったのか...なんの知識もなしに観たので「誰これ?」って感じできょとんとしておりました、ワタクシメ。(笑)

    ロン毛&色白の美少女だったのに...その路線でイカなかった理由は??アイドル下火時代を見据えての策...だったのでしょうか。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2009/2/17(火) 午前 6:15

    返信する
  • 顔アイコン

    cherryさん、おはようございます。
    インフルエンザをひかれていたとか。もう大丈夫ですか?日本も5月も終わりだと言うのに、肌寒い日々が続いています。

    83年組のトップバッターとしてデビューした佐東さんでした。デビュー時は雑誌での記事も多かったのが、曲を出すごとに扱いが小さくなっていきましたね。「春めき少女」はヤンソンには歌詞が載っていなかったような気がします。
    デビュー時の髪型は、ボーイッシュを通り越していましたね・・・初めて写真を見た時は、男性か女性かわかりませんでした(汗)

    [ goo*yo ]

    2010/5/30(日) 午前 10:34

    返信する
  • ☆gooryoさん:こんにちは^^。セキが出なくなっただけマシですね〜アレは厄介ですものね。物事に集中が出来なくなるし〜ご心配を頂きましてありがとうございました♪

    まさに83年組の先陣を切って颯爽とデビュー!といった感じでしたが、ちと時代が早すぎた感が否めませんでしたでしょうか。キョン2ですらまだ聖子カットだった時期にザンギリ頭でデビューしても...滝汗。ちょっと見だと二代目ケンちゃんに似てましたよね、デビュー当時。岡浩也クンでしたっけ...後にPTAってバンド組んだ方。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2010/6/5(土) 午後 3:09

    返信する
  • 顔アイコン

    カンフーです

    佐東由梨ちゃん
    懐かしいですねぇ

    特にファン…て訳じゃなかったけど、当時、かなりのインパクトは感じましたよ

    今にして思えば、彼女こそ‘ジェームス・ディーンみたいな女の子’という雰囲気だった…と、俺的に勝手に解釈してます
    (逸美さんファンの方、ごめんなさい…(^^;))

    まぁ、素の彼女は全く違ってて、まさに‘作られたアイドル’だったのでしょうけど…

    彼女のイメージって…強がってるっぽいが、実はナイーヴで、もろい
    …そんな哀愁的な雰囲気を醸し出した、不思議な魅力のコでしたよね♪

    彼女の曲
    『どうして?』
    『ロンリー・ガール』
    の歌詞と、彼女が醸し出す、その雰囲気とが、絶妙にマッチしていて、イケる!…と思ったんですけどねぇ

    当時の俺は、北原佐和子さん、徳丸純子さん…といった、佐東由梨ちゃんとは全く異質な女性が好みだったんですが、しかし、今にして思えば、佐東由梨ちゃんにインパクトを感じた…てことは、彼女も、俺好みストライク・ゾーンだったのかもしれませんね(笑)

    ちなみに、佐東由梨ちゃんと俺は同い年です(笑) 削除

    [ カンフー ]

    2011/12/9(金) 午後 7:44

    返信する
  • 顔アイコン

    追伸…

    佐東由梨ちゃんの近況…安心しました♪

    どうせなら、本格派女性シンガーとして復活して欲しいですね!

    ロック、もしくはソウルでね…♪ 削除

    [ カンフー ]

    2011/12/9(金) 午後 7:49

    返信する
  • ☆カンフーさん:ソニー期待の新人でミス・セブンティーンのご出身...先陣切って早撃ちマック気味に11月デビューしましたが...あららん!一体なんなの〜この髪型ってな滝汗が。(笑)

    コレはどう考えても戦略ミス!いくらオーディションでオトコウタ唄ったからって...ワタクシメ的には「春めき少女」の憂い路線でデビューしてほしかった由梨チャンなのでゴザイマス。

    この「ロンリー・ガール」は加藤ミリヤさんによってカバーされただけのことはある名曲!ぶっきらぼうでボーイッシュな女の子...でも内面はネ...ってな内容の曲。♪イっちゃいなよ〜彼女を連れて〜ダイスキなんですよ、このメロライン。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/12/10(土) 午後 9:00

    返信する
  • ☆カンフーさん:そうそう、あの頃はなんとも思わなかったアイドルが今頃になって気になったり&その逆もあったりで...^^;。おもしろいものですよね。

    由梨チャン...ボイス・トレーナーされてるんですよね。芸能界で学んだことを生かされてるのですね。コスミック・インベンションの森岡みまチャンも復帰したそうだから...由梨チャンもここらで一発?

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/12/10(土) 午後 9:03

    返信する
  • 顔アイコン

    カンフーです

    コスミック・インベイションのみまちゃん!!

    ひゃ〜♪
    CHERRY★CREEKさん、あなたは何者ですかぁ(笑)?

    ウルトラ懐かしいです(笑)

    確か、当時、YMOの中学生バンド版…なんて言われてましたよねぇ♪

    みまちゃんは、確か、俺より一つ年上の同年代で、成人してからも、息長く活動してましたよね♪

    中一の頃に、
    「わぁ!このコ、ドラム叩きながら歌ってる〜!!」
    と、衝撃(?!)を受けたのも、今や‘懐かし笑い話’ですね(笑)

    みまちゃんって、当時、愛嬌のある可愛らしさでしたよね♪

    成人しても、変にスれずに(?笑)、まんま大人になってった感じで好感を持てました♪

    俺も高校からベースを始め、今だバンド活動してます(めちゃアマチャアですが…苦笑)ので、もし、もし、叶うのなら、みまちゃんのドラムとジャムってみたい!…なんて、大それたこと(?!笑)を、ちょっとばかし思ってしまいました(笑)

    で、ヴォーカルは、由梨ちゃんで♪!

    わぁ!!…
    俺って‘身の程知らず’なこと ほざいてる〜!
    σ(^_^;)ゝ 削除

    [ カンフー ]

    2011/12/12(月) 午後 0:58

    返信する
  • ☆カンフーさん:こんばんは。森岡みまさん...最近になって歌手として本格復帰されたようですよ。ってこの名だけでピンと来るのはこういうサイトに集ってくる方々くらいでしょうかね。(笑)

    そうそう...みまちゃんはドラム叩いて唄う、本格派&アイドルちっくな容姿を持つ女の子でしたよね。ユニットの中には後に作曲家になって(ミポリンとも噂になった)、井上ヨシマサさんもいらっしゃいました。

    おっ!カンフーさんは現在もバンド活動をされているのですね。実はワタクシメも...学生の頃には。みまちゃんと同じく女性ドラマー、そして由梨ちゃんのような(とまではイカないけど)女性ボーカルを従えたロックバンド!ワタクシメはソコでキーボードを担当しとりましたの。(笑)

    佐東由梨ちゃんのような子がボーカルを務めてくれるなら...俄然気合は入っちゃいますね、バンド活動。(笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/12/12(月) 午後 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    カンフーです

    CHERRY★CREEKさんもバンドやってたんですかぁ♪
    それも、御自身はキーボードで、女性メンバーと組んでたとは‘華’がありますねぇ♪

    俺なんか、むさ苦しい野郎同士(俺もだけど…笑)で組んでますよ(笑)

    もし、今後、チャンスがあれば、
    CHERRY★CREEKさん
    佐東由梨ちゃん
    みまちゃん
    …達と、セッションしてみたいですなぁ♪ 削除

    [ カンフー ]

    2011/12/12(月) 午後 11:21

    返信する
  • ☆カンフーさん:やってたんですよ〜若かりし頃に。あの頃は学校が終わってからスタジオに集まって練習…ってな日が週に2回くらいはあったかナ。華はあったのかなかったのか…微妙。でも男子ばっかりもカッコよくていいじゃないですか。男臭さムンムン状態なんでしょか。(笑)

    そうですね…久しぶりに弾きたいナって思うことがよくあるんですよ。音楽を通してバンドが出来る仲間がいるなんて…カンフーさんは幸せ者ですね、うやらましいですよん♪

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/12/15(木) 午後 10:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事