ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

ナンノと言えば、このブログでも人気の高いアイドルのひとりでもあり、80年代後半を代表する、いわゆる、アイドル四天王の一角を担った方でもある。そしてナンノと言って忘れてならいのは、はいからさん…?(←これはもう前回のレビューで出したじゃん…)じゃなくて…。(笑)今、日本が真っ只中にある‘秋’ではないだろうか。なぜならアイドル時代の彼女は長い黒髪に、いいとこのお嬢様チックな風貌。それはなんだか‘リセエンヌ’なんて言葉がちょっと似合っちゃうような、そんな雰囲気だったりもした。歌っていた楽曲に関しても100%キャピキャピのアイドルソング…というよりも、ちょいとしっとりめの曲調が良く似合う…そんな印象を持ち合わせていた人だったように思う。今回はそんなナンノが繰り出したしっと〜りアキウタから、この曲にスポットをあててみることにした。

表題の「秋のIndication」は1987年9月23日、ナンノのシングル第9弾として発売。それと同時にグリコ「セシルチョコレート」のCMソングとしてオンエアされていた楽曲でもある。この曲は作詞を許瑛子さん、作曲を萩田光雄氏が担当。作詞を手がけられた許さんは元々、「an an」などの雑誌等で記者をされていた方。そこから大転進して中森明菜さんの「SAND BEIGE-砂漠へ」で作詞家としてデビュー、いきなりの大ヒットをかっ飛ばして数々のアイドルやアーチストに詞を提供した。シングルヒットとして有名なのは明菜さんのそれとナンノのこの曲、あとは小高恵美さん、小沢なつきさん、石田ひかりさんによるユニット、あすか組の「悲しげだね」などだろうか。作曲をした萩田氏はどちらかと言えば編曲家として名を馳せた方。山口百恵さんの「イミテーションゴールド」、あみん「待つわ」、H2Oの「想い出がいっぱい」、岡田有希子さんの「ファーストデイト」、久保田早紀さん「異邦人」、中森明菜さんの「少女A」「禁区」、三田寛子さん「駈けてきた処女(おとめ)」、岩崎宏美さん「二重奏」「悲恋白書」、ナンノの「吐息でネット」「楽園のDOOR」などなど数多くの編曲を手がけられていたのだが、作曲家としてもなかなかいい作品を残されている。有名どころはナンノのこの作品と「あなたを愛したい」、そして桜田淳子さんの「サンタモニカの風」あたりか。あとは大場久美子さんの「フルーツ詩集」や「エトセトラ」などのアイドルポップス史上にキラ星の如く燦然と輝く作品も残されていたりする。要はこの曲、作詞における新進気鋭ライターと編曲家の作曲による、レアな組み合わせの‘ミルフィーユ’状態により誕生した楽曲だったのだ!

♪木の葉が〜

と…なんだかやけに淋しげに始まるこの曲。北風ぴゅうぴゅう〜秋の雰囲気も冒頭からあふれんばかりなのである。イントロだって三重奏だか四重奏だかのストリングスがクラシカルな雰囲気を醸し出し、切なさ度をグンと引き上げているのだ。なんだか三輪明宏さんあたりが、ソロリソロリと舞台の袖から登場して♪枯葉よ〜〜と大口開いて熱唱しまくる…そんなヨーロピアンな風情が溢れていたりもする。(笑)

♪夕陽のインクで書いた〜

秋と夕陽は切っても切り離せない関係にあることは、このブログで堀ちえみさんの「夕暮れ気分」をレビューした時にも書いたが、やはりこの曲においてもそれらは必須のコンビとしてご登場と相成っている。実際のところは夕陽のインクで書く…なんてことは不可能極まりないのだが、そこは80年代アイドルポップス…物事を美しく描写することに全神経が注がれていた時代の歌だ。夕陽で書こうが、涙で綴ろうが…要はなんでもありなのである。(笑)あと、ここで注目なのがこの部分のメロだろう。歌冒頭の♪木の葉が〜の短調(マイナー調)をそのまんま長調(メジャー調)に置き換えて、主人公の‘前向きな明るさ’を表現しているかのような、荻田氏によるニクイ演出付きなのだ。そして…

♪心配はしないでねぇ〜

と…。ナンノ独特の鼻にかかった平ぺった〜いお声で♪ねぇ〜とネチっこく歌うところが、この曲の最大の聴きどころ…だろうか。(笑)それにナンノったらお得意の首かしげポーズを♪ねぇ〜のところで抜かりなく導入!さすがA級アイドルは自分が何をすればウケるのか、きちんと心得てらっしゃるようで…。(笑)そしてサビ部分の…

♪ルルル ホロ苦い〜
  
と繋がっていくワケなのだが、実はこの曲、サビが最後の最後まで出てこない。通常は曲の冒頭部分の後にサビが来て、それを2番でもう1度繰り返し、最後にサビを歌っておしまい…といったパターンが主流なのだが、この曲に関してはサビなしの1番と2番の後にようやくサビが来る…といった風変わりな作りになっている。但し、TVでの歌唱時には、2番を省略することが多かったため、それに気付かなかった人も多かったかもしれない。そして、この曲はこのレビュー冒頭でも記述したとおり、「セシルチョコレート」のCMソングとして使われたくらいだから‘ホロ苦い’というワードは最初の作成段階で必須だったのかもしれないな。おそらくクライアント側からそれだけは絶対に歌詞に組み込んで下され…との依頼があったのかもしれない。(笑)またここはナンノの♪ルルル〜♡ってハミングが聴けて、これまた可愛かったりもする。♪ルルル…と歌ったのなら、某カゼ薬のCMにも使える…という手もあったかもしれないな。(笑)

詞だけではなくてメロにも目を向けてみよう…。

この曲は‘秋’をイメージしたマイナー調…?と思わせておきながら、実はふいをついて曲半ば〜サビ間でメジャーへの転調を図り…そして歌の最後部分で帳尻を合わせるかの如く、またまたマイナー調へと鞍替えさせてジ・エンドに持ち込むという、かなり手の込んだ技アリッ!のメロが特長でもある。なんだかコロコロと気分を変えては居直る、小悪魔な少女にでも翻弄されているかのような…そんな感覚に陥るとでも表現したらいいのだろうか。全体を通して聴いてみると、マイナーな曲なのかメジャーな曲なのか、なんだか分からなくなり、脳みそをグルグルとかく乱させられる気分になったりもする。(笑)でもそれが意外と気持ちよかったりして…。(笑)このテの手法は70&80年代アイドルポップスにおいて割りと頻繁に用いられていたモノ、要はマイナーとメジャー調が1つの曲の中に混合…というアレだ。これの他にどんなのがあったか、今すぐに思いつくものだけでも挙げてみようか…。

「ヤング・ボーイ」 河合奈保子
「17才」 河合奈保子
「ラブレター」 河合奈保子
「愛してます」 河合奈保子
「ガラスの夏」 柏原よしえ
「花梨」 柏原芳恵
「土曜日のシンデレラ」 北原佐和子
「恋と涙の17才」 つちやかおり
「悲しみよこんにちは」 麻丘めぐみ
「青い水平線」 和泉友子
「はらはらサマータイム」 矢野良子
「メロウ・シーズン」 橋本美加子
「ヤッパシ…H!」 浅香唯
「ドール」 太田裕美
「誘われて南南西」 渡辺めぐみ
「GEMINI」 川島なお美
「Love Fair」 岡田有希子
「赤道直下型の誘惑」 渡辺桂子
「ウォンテッド」 ピンク・レディー
「カメレオン・アーミー」 ピンク・レディー

(以下はご訪問者の方からのご協力モノです)

「スリリング」 田中久美
「もしかしてドリーム」 桑田靖子
(以上、KOSUKEさんより)

「愛をください」 河合奈保子
(以上、ゆうきより)

※後から自分で思いついたもの
「夏の雫」 三田寛子←転調の金字塔のような作品でした!
「私が選んだあなたです」 五十嵐夕紀←これもメジャーなのかマイナーなのか?な楽曲

あたりだろうか…。その度合いや構成はマチマチだが、どれも混合曲である。河合奈保子さんの初期作品にはこのテの手法がよく見られ、「17才」「ラブレター」などもこれらに該当するだろう。つちやかおりさんの「恋と涙の17才」は転調の金字塔といった趣の作品だが、元々のオリジナルは60s米ガール・シンガーだったレスリー・ゴーアのものだったから、純国産ではない。和泉友子さんの「青い水平線」、そして矢野良子さんの「はらはらサマータイム」はどちらも1981年デビューの女性アイドルモノで、サビでいきなり大胆にメジャー展開する曲なのだが、いかんせん歌唱したご本人自体がマイナー過ぎて、これらの存在があまり知られていないのが残念だ。橋本美加子さんの「メロウ・シーズン」は前半がメジャーで後半がマイナーという作り。上記に挙げたピンク・レディーの曲も全体的にマイナー調が来て、サビ部分でやわらげのためにメジャーへ転調…というパターンが多かったが、その度合いは軽めのものが多かったのだ。この他にもアイドルにおける混合曲を思いついた方がいましたら、いつものようにコメント欄でお知らせ下さいませ♪

さて、それた話をナンノに引き戻そう!
この曲はオリコン最高1位、18.9万枚を記録した。ナンノの他曲、たとえば「吐息でネット」「話しかけたかった」「はいからさんが通る」に比べたら、作品的にもレコード売上的にもちょいと地味な部類の作品に入るだろう。
ただ時代が時代だったせいもあるのだろうか。この曲が発売された80年代後半はアイドルもアナログレコードも下火となり始めていた頃だ。だから1位を奪取していてもこのくらいの売り上げの曲というのがザラにあったのだ。個人的には20万枚超えしてしかるべき楽曲だったのではないかな…と思ったりもする。なぜならこの曲は‘秋’の風情がてんこもり、そしてマイナー調とメジャー調のほどよいミックスで不思議な音色を醸し出すことに成功している…アイドルが放ったアキウタの中における‘ぷち’傑作と言える楽曲だからだ。

☆作品データ
作詞:許瑛子 作曲:荻田光雄(1987年度作品・CBSソニー)

この記事に

  • ☆smiletouchさん:あらあら、ナンノったら。ホントは自分が歌いたかったのではないですかねぇ^^。それにしても国生さんの歌声がまた聴けるようになるとは...スゴイ時代になりましたね。彼女もある時から吹っ切れたように...キャラが変っていきましたよね。今の方がスキかもしれません、おニャン子時代よりも^^。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2007/10/14(日) 午前 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ナンノファンの皆さん、TV朝日系の旅サラダ見てますか?朝から飛ばしてますよ〜。ヨシタケ「牛肉ソムリエってあるんですか」、ナンノ『知らない』・・・・ 削除

    [ ギムリン ]

    2008/10/18(土) 午前 8:22

    返信する
  • ☆ギムリンさん:出ましたね「旅サラダ」。日本にいた時は土曜の朝の定番でゴザイマシタ。(笑)過去アイドルが出演する比率がとっても高い番組なんですよね。レポーターで渡辺めぐみやたまえちゃんとかも出てくるし。

    ナンノ...朝っぱらから飛ばしまくりですね、ステキでゴザイマス。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2008/10/19(日) 午前 10:06

    返信する
  • 顔アイコン

    ほんとうは9月に入ってから書こうかと思いましたが、急に朝夕がしのぎやすくなってまた、トップページが秋対応になったので今書きます。
    「秋の・・・」とついてるので対象としたのですが小生の中での評価はちょっと・・・(汗)
    同じナンノなら「接近」の方がスキです。

    なお"indication"て単語を知ったのはこのときだったような。でもすでにこのときは浪人してたから違うかも。 削除

    [ ポケット保持 ]

    2009/8/24(月) 午後 9:57

    返信する
  • ☆ポケット保持さん:もうこういう曲が似合うような季節になってきたのですね〜今年はもうちょっとナツウタをうpしたかったけど...例のアレでスケジュールが狂って散々でゴザイマシタわ。また来年に持ち越しだべぇ。(笑)

    ナンノと言えば秋がしっくりくるアイドルさんのひとりでしたものね、アキウタでは芳恵さんとともに女王状態でしょうかねぇ。「接近」もスキだったな〜あと「さよならのめまい」とかもね。でも極めつけはやっぱり「秋からもそばにいて」かな?

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2009/8/26(水) 午後 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    この曲、イントロが好き過ぎて、しょうがないです。溶け味、ルルル、ですな。(意味わからん。)
    イントロ、大事だよなあ。
    「接近(アプローチ)」とかも、もしかしたら、イントロで好きなのかもしれない。
    せっかくいい曲でも、イントロさえないと、
    曲の印象ガクンと落ちますよね。
    すごく萩田氏っぽいんだけど、
    なんか特にナンノものは、オーケストラ感強い楽曲多いですよね。

    この曲が別歌詞で収録されたアルバム、「ガーランド」も、
    1曲目からイントロ素敵です。

    って、終始イントロイントロと騒ぐほど、
    この曲のイントロが久しぶりに聴きたくなった、というお話でした。

    [ 言森(こともり) ]

    2011/2/26(土) 午後 10:06

    返信する
  • ☆eso*ah*toさん:いいですよね〜この曲。南半球のコチラではそろそろこんな風情のお天候になってまいりましたの。秋はイチバン好きな季節で...11月にお里帰りすると帰ってきてからまたすぐに「秋」を楽しめるのが気に入っておりまする。(笑)

    イントロは重要ですよね。やはり掴みの部分なので、アレンジャーの方の腕が試されるトコロではないでしょうかね。イントロにのみならずその楽曲を生かすも殺すもアレンジャー次第みたいなトコロもありますしね。

    この曲の特徴はマイナーとメジャーラインが完璧なまでに美しく同居に成功しているトコロですよね。全くムリを感じさせないつくりに脱帽でゴザイマス。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/2/27(日) 午前 9:33

    返信する
  • 顔アイコン

    リクエストと言えば、アイドル☆パラダイス。先週の”デビュー曲”のコーナーでは、「恥ずかしすぎて」が掛かりました。が、みーたん曰く、あまりヒットしてないので、みなさん案外知らないかもとな。
    jocr.jp/blog/idol.php 削除

    [ ギムリン ]

    2011/10/29(土) 午前 7:30

    返信する
  • ☆ギムリンさん:アイパラではデビュー曲特集!アイドルと言えば気合の入ったデビュー曲ですものね。ナンノちゃんのデビュー曲は...たしかに不遇でしたからご存じない方も多いことでしょうね。唯ちゃんのデビュー曲を「STAR」と答える方もいるくらいですからん^^;。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/10/29(土) 午前 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    最近はパチンコ熱は冷めたけど、スケバン刑事が導入されました。残念な事にAKBとのコラボで全部がオリジナル映像ではありません。せめて大当り中はナンノの歌を流してよ。

    [ ぴーちゃん ]

    2011/11/9(水) 午後 7:59

    返信する
  • ☆ぴーちゃん:パチンコも懐かし系アイドルの起用が多いですよね。それだけアラフォ&アラフィフあたりのご利用者が多いってことなのかしらん。スケバン刑事といったら例の3組アイドルで構成してほしかったですよねぇ。AKBとコラボにしないとダメな理由があったのかしらん???

    コレの宣伝をパチ屋の前で見ましたヨン。(笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/11/26(土) 午後 9:48

    返信する
  • 顔アイコン

    厚生年金ホールにて「秋のインディケーション」の時「ルルル」のところを「レレレ」と歌い「レレレのおじさん」がでてきてみんなを喜ばせたことがありました。 削除

    [ 百瀬 稔 ]

    2012/6/14(木) 午後 10:51

    返信する
  • ☆百瀬 稔さん:こんにちは。いつもコメントをありがとうございます^^。

    えっ!そんなユニークな演出があったのですね〜ナンノもお茶目ですね。それにしても「ルルル」が「レレレ」に変わるだけでえらくイメージが変わるものですよね。(笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2012/6/16(土) 午前 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは、マスター
    「行く年来る年」という番組が、NHKで紅白歌合戦終了後に放送されますが、差し詰め3月・4月は、「行く年度・来る年度」といったところでしょうか。
    そんな中、先月末日、平成25年度をもって「笑っていいとも」(フジ系)が最終回を迎え、32年間の歴史に幕を閉じました。http://www.sanspo.com/geino/news/20140129/oth14012905050013-n2.html

    夜に放送された特番は、見ましたよ、全編ではないですが。不仲説が流れていて、共演NGの、かつてのレギュラー陣の、お笑いコンビが勢揃いしていました。
    そのことを引っ掛けて、ダウンタウンの松っちゃんは「明日、ネットが荒れるでぇ〜。」と予言していました。まあハチャメチャな感は否めませんでしたけど。
    バナナマンの設楽君は『憧れていた「お笑いレジェンド」が一堂に会すのを見て幸せ。」とか言っていましたね。 (続く)

    [ kaz*sa*it*uma*a ]

    2014/4/27(日) 午後 1:05

    返信する
  • 顔アイコン

    憲武さんは、勝手に橋田先生を壇上に上げてしまい、『「みなさんのおかげでした」の裏番組でしたよね、「渡鬼」は。先生、もうやらないんですか 』と質問すると。、「もう宇津井さんも亡くなられましたので…。」と続編は中止だみたいな話をされていましたね。

    そういえば、「はなまるマーケット」(TBS系)も閉店してしまいました。こちらも17年間半も続いたんですね。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000308-oric-ent

    動画で見ましたが、ヤッ君も岡江さんも最後の挨拶の際には、泣いていましたね。
    まあ本当にタモリさん、ヤッ君、岡江さんには「長い間、お疲れ様でした。」と言ってあげたいですね。
    (続く)

    [ kaz*sa*it*uma*a ]

    2014/4/27(日) 午後 1:07

    返信する
  • 顔アイコン

    振り返ってみれば、、ナンノちゃんも「いいとも」のレギュラーだったし、スポーツ紙に一覧で掲載されていましたが、かつては秋絵ちゃんもそうだったんですね。ということは「スケバン刑事供廚如屬いい箸癲廚離譽ュラーでなかったのは相楽 晴子ちゃんだけ、ということになりますね。

    そういえば、「SMAP×SMAP」(フジ系)の番組内では当時の恋愛のことについても触れられていましたが、「先輩との時は、怒られた。」と言っていましたよ、ナンノちゃんは。多分、SMAPのジャニーズの先輩ですから、お相手は東山君っぽいですけどね。

    >曲名あてクイズは...もう当時のヒトしか知らん!ってな世界になっているのでしょうね、おそらくは
    ハハハ、昭和末期〜平成初期の曲ばかりですし、必然的にそうなりますかね。

    [ kaz*sa*it*uma*a ]

    2014/4/27(日) 午後 1:08

    返信する
  • ☆kaz*sa*it*uma*aさん:こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。

    長きに渡り続いた3番組が終了ということになるのですね。「いいとも」は時間帯の関係で社会人になってからはあまり見れませんでしたが。ワタオニはホームドラマ独特の雰囲気がスキで、よく観ておりました。えなりクンとかがまだこんなに小さい男の子の頃で...^^;。

    「はなまる」が17年も継続していたというのは驚きますね。イメージ的なものもあるのでしょうが、10年弱くらいかな?と勝手な思い込みがあったもので。

    いずれにしても継続は力なりですから、出演された皆様にとりまして、なにか糧のようなものが得られたことを祈ることにいたしましょう。皆様、お疲れ様でゴザイマシタ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2014/4/30(水) 午後 8:26

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。確かにメジャーとマイナーが絶妙に混交している名曲ですね。しかしオリコン最高1位で18.9万枚とはアナログからCDへの転換期だったとは言え、少ないです。

    87年といえばアイドルポップスの衰退期でしょうか?それにアイドルポップスに限らず、その年を代表するヒット曲を思い出せないのですよ。いわゆるバブル景気でしたけど、音楽界は違ったのでしょうか? 削除

    [ 佛跳踵 ]

    2015/6/12(金) 午後 6:53

    返信する
  • ☆佛跳踵さん:こんにちは。この度はコメントをありがとうございます。

    >こんばんは。確かにメジャーとマイナーが絶妙に混交している名曲ですね。しかしオリコン最高1位で18.9万枚とはアナログからCDへの転換期だったとは言え、少ないです。

    まさに絶妙な絡み具合ですよね。マイナー→メジャーという転調曲は多く存在しましたが、これほどまでに絶妙ブレンドを誇る楽曲...なかなか存在しないのでは?矢野良子嬢「はらはらサマータイム」B面「突然ですが」もソレと同一会派?と言えるでしょうか^^。

    >いわゆるバブル景気でしたけど、音楽界は違ったのでしょうか?

    音楽界というかアイドル産業が斜陽だったのですよね。おニャン子がそれまでの概念(アイドル歌手)を変えてしまったことにより、一気に衰退の道を辿ることに。ソレを表すかのようなバンドブーム、そして90年代のボーカリストブームへと続いていくことになります。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2015/6/13(土) 午後 3:36

    返信する
  • 顔アイコン

    ナンノこれしき、なかにし礼(謎)。

    www4.nhk.or.jp/utacon/
    今夜のうたコンでは、なかにしセンセの曲を歌うそうですが、♪親衛隊ならどうする〜、とカマすのかしらん。
    columbia.jp/nakanishirei/

    共演の岩崎宏美さんも、会場にいると思われる親衛隊のみなさんは、どの曲を歌うかによって即興の対応を求められると思います。
    もし統率されたペンライトの動きを見たい方は、裏番組録画でWOWOWの40周年記念コンサートの再放送をチェックしておいてね。
    www.wowow.co.jp/pg_info/detail/107438/index.php 削除

    [ ギムリン ]

    2016/11/29(火) 午前 2:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(5)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事