ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

ここのところマイナー続きでゴメンなさい。それこそ番外編という名に相応しいかと思われる方々の連発銃といった様相を呈しているこのブログ。実は今回もソレラに引き続くお方を…その方とは先頃、ソニーのオーダーメイドファクトリー、略してOMFにて目出度くも過去に発売した全シングル(←といっても2枚こっきりだけど^^;)のCD化が決定したという、80年代アイドルさんなのでゴザイマス。

表題の「青い水平線」は和泉友子さんのデビュー曲として、1981年6月21日に発売された楽曲である。友子さんと言えば、81年度にナベプロ4人娘として…

イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4
「ヨシオちゃん」若杉ひと美「ちょっと春風」沢田富美子「い・か・が」速水陽子

と共に売り出された方。デビュー時にはペプシコーラのTVCMに出演、人間ピラミッドのてっぺんにいた方…若しくは「クイズ!ドレミファドン」でアシスタント司会者として活躍されていた方…と言えば「あぁ!」と思い出す方がいるかと思われ。友子さんのルックスは同じ事務所の先輩、太田裕美さんを思わせるようなソレ。おそらくは事務所的にもポスト聖子が富美子なら、ポスト裕美は友子だい!という意気込みの中でのプロジェクトだったのかもしれない、おそらくは。

さて、そんな彼女のデビュー曲は作詞を片桐和子さん、作曲を穂口雄右氏が手がけたチューンなのだが、曲調的には‘変り種’という部類にカテゴライズできる楽曲…と言えるかもしれない。なぜなら暗いメロと明るいメロが1曲の中で混在するという作りだからである。以前、このブログでナンノの「秋のIndication」をレビュったことがあるのだが、ソコでも少し触れているようにこの曲もソレと同系統の作品…要は晴れたり曇ったりするお空みたいに…明るくなったり翳ったりと…ちょいと小忙しいメロが特徴の1曲となっているのである。

そんなこの曲のモチーフはと言うと…

若すぎる恋

コレなのである。要は英語の世界でお決まりのように使われる’Too young to go steady’ と同じ意味…ということになる。

♪(いつまでも いつまでも あなただけ 好きよ)

こんな女声コーラスに乗せて、ちょいとさわやかに、そしてあくまでも明るくおっぱじまるこの楽曲。と思いきや…

♪海を見下ろす 白いテラスで
 あなたはずっと 黙って目を閉じたまま
 私はそばで 悲しいほどの
 月の光を素肌に着て

この歌詞内容に沿うかのようにして…マイナー色どっぷりのメロにいきなりのシフトチェンジをカマしてくるのである。急に変わるものだから聴き手としてはちょっとビックラこく恐れもあるか^^。
おそらく周囲から非難ゴウゴウを受けていると思われる若すぎる恋…そんな状況下で煮詰まりまくるお二人…という構図なのだろうか。

♪若すぎる恋ならば
 待ちましょう 許される日を
 ふたり この手を離さず信じているのよ いつも
 愛する心は嵐にも負けない

と…ここに来てまたもやメジャーへの寝返りを見せるこのお歌。あたかもこの曲の主人公様がいきなり悟りを開いて居直ったかのような…そんなメロの激変ぶりがなんともユニークな仕上がりである。それにしても‘愛する心は嵐にも負けない’って…このフレーズを読む度に「若いってスバラシイのね」と感心してしまうのは筆者だけだろうか。純粋に人を愛することの素晴らしさ…ソレを聖なる場所とやらで説法でもされているかのような…そんな心洗われる気分になってくるのでゴザイマス。

♪いつかは見えてくるわ 青い水平線
 あなただけ 好きよ

要は五里霧中の…先が見えない状態にその身を置く若いお二人さん。その二人にとっての夜明けこそが、海の彼方にスーっと伸びる‘青い水平線’なのでゴザイマス。まさに若さと青春がほとばしるポジティヴなお歌…この曲をよく耳にしていた少年時代、筆者は歌詞の意味など全く理解しておりませんでした。メジャー&マイナー混合の複雑なるメロのせいなのか、なにかもっとコムズカシイことを唄っておられたのかと。しかしオトナになった今、改めてその歌詞に目を通してみると…あら?意外とシンプルな内容でビックリコンコン。要は若すぎる恋を反対されている少女が、未来の幸せに向かって吠えているお歌…とでも表現したら分かりやすいのだろうか^^。

コレを唄われた友子さん…歌声は安定印、で声質もちょっと甘みががった低めのお声で…歌手としての才もありそうな印象。なのになのに、アイドルとしてはコレと2枚目の「街角ロンリネス」だけで〆となってしまったのが実に勿体無いところでもあるか。この後はアニメ関連のお仕事やオールディーズクラブで唄っているとか…色々とガムばってらしたようなのだが、なにぶんテレビの「水泳大会」における○○○事件がアイドル生活からの退陣を余儀なくさせてしまった感は否めないか。その件に関してはご本人様…とっても傷ついたらしい。大手所属のアイドルさんだったというのに、まったくなんてこったい!かわいそうじゃ!!

この曲はオリコン最高…えっと、チャート圏外ってのはすでに判明しているのですが、その詳しい順位に関しては記憶していないのでゴザイマス。1981年に発行されたオリコンは自宅に全号保管してあるので、次回、日本への里帰りテーマは「青い水平線」のチャート順位究明に決定ってことで…^^。そしてこの霧のかかったような不透明な状態から早く脱出し、晴れ晴れとしたキモチになって自らの…

青い水平線

を拝みたいものでゴザイマス。もしも、すでにご存知の方がおりましたらぜひともご教示をお願い致しますねっ^^。(笑)


☆作品データ
作詞:片桐和子 作曲:穂口雄右(1981年度作品・CBSソニー)

この記事に

  • ☆BLUE DAIRYさん:いつも貴重な楽曲のご提供ならびに貴重な情報をありがとうございます。和泉友子さんのことはBLUE DAIRYさんにおまかせ!といった博士のような存在ですね。それらアニソン楽曲はいつ頃にレコーディングされたものなんでしょうかね。おそらくは80年代の中頃から後半くらいにかけて…なんでしょうか。千絵さんがソレを歌われたのが1984年頃だったと思いますので、それの少し後くらいの録音なんでしょうか。友子さんとなんらかのつながりが持てるといいですね…ってかこのレビュー記事を読んでいてくれて一声頂けるとウレシイのだけどな。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2010/8/25(水) 午後 10:36

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRY CREEKさん、こんばんは!
    ここへの書き込みも久しぶりになります。
    たいしたことではないのですが、YAMAHA音楽教室のCMを見ていて発声練習をしている女の子の、発声の仕方(口の使い方)が、和泉友子さんとそっくりだなぁ〜って思っただけなんですけど、くだらない事書いて、ごめんなさい。

    [ BLUEDIARY ]

    2011/3/9(水) 午前 1:16

    返信する
  • ☆BLUE DIARYさん:おはようございます^^。ちょっとのご無沙汰でしたね。クチの使い方で知子さんを連想されてしまう...THE和泉友子ファンといったトコロでしょうかね^^。最近よく「青い水平線」を聴きますよ。あの頃はマイナったりメジャったり忙しい曲だナって印象がありましたが、今は逆にソレが味になっていておもしろいナって思っております。(笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/3/9(水) 午前 7:38

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRY CREEKさん、お久しぶりです。
    久しぶりに、YOU TUBEに動画がUPされていたのでここに書き込みに来ちゃいました。ドレミファドンのエンディングで「街角ロンリネス」を歌っている動画です。確か、司会者として初めて出演したときのものだと思います。チョッとだけフリが付いているのは、このときだけと思います。よろしかったら確認してみてください。 削除

    [ BLUE DIARY ]

    2011/7/24(日) 午前 10:08

    返信する
  • ☆BLUE DIARYさん:ご無沙汰しておりました〜^^。おっ!新しい「街角ロンリネス」の動画が出たのですねっ。最初はフリツケがあったんですね...以降はたちながらの歌唱のみでしたっけ?レコード音源の「街角ロンリネス」をよく聴きますが、♪ライライライライ〜のトコロなどがヨーロッパかどこかの民謡風アレンジなのがいいですね。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/7/24(日) 午前 11:15

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRY CREEKさん、こんばんは!お久しぶりです。
    大ニュースです。ネットっていいですよね。今日、和泉友子さんのマネージャーをしていた、富樫さんとコンタクトが取れました。彼女とはご無沙汰で今なにをしているのか?と言っていましたが、他の会社の代表取締役になっていました。 削除

    [ BLUE DIARY ]

    2011/11/16(水) 午前 3:19

    返信する
  • ☆BLUE DIARYさん:こんばんは。こちらこそお返事が遅くなりましてスミマセン。おおっ!それは良かったですね。そのマネージャーさんもご存じなかったのですね〜友子さんは今いずこ...どこにいらっしゃるのかナ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2011/11/26(土) 午後 9:25

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRY CREEKさん、こんにちは!
    ここへの書き込みも1年以上ぶりになるのですね!
    湘南のJOHN LENNONさんが、和泉友子さんのブロマイドの記事をトラックバックしてたのでこちらにも来てしまいました。
    デビュー当時イベントにお祝いに来てくれた、沢田冨美子さんの写真は特に貴重ものです。
    といっても、全部ファンクラブから希望者だけに販売された写真ですから、全部、貴重なものなんですけどね。

    [ BLUEDIARY ]

    2013/3/2(土) 午後 2:59

    返信する
  • ☆BLUE DIARYさん:おはようございます。コメントをありがとうございます^^。

    >湘南のJOHN LENNONさんが、和泉友子さんのブロマイドの記事をトラックバックしてたのでこちらにも来てしまいました。

    早速拝見させていただきました。どれもファンクラブ限定だったのですね。ご自宅?と思われる写真も含まれていて貴重ですね。沢田富美子さんとのツーショットはプレミア級の貴重写真ではないでしょうかね。

    いっそのこと、当時の同事務所4人娘(和泉さんを含む沢田、若杉、速水)を集めてジョイントライブとか開催してほしかったですよね。

    BLUE DIARYさん、お知らせをありがとうございました。湘南のJOHN LENNONさん、いつもトラバをありがとうございます。貴重なお写真の数々、堪能させていただきましたヨン^^。いつかお会いできる日が来ましたらすべてを拝見させてくださいませ♪

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2013/3/3(日) 午前 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRY CREEKさん、こんにちは。

    思わずトラバさせていただきました(笑)

    CHERRY CREEKさんのブログは購読者が多いので、ぜひファンの方々に見ていただければという思いです。

    まだ記事を続けようと思いますので、またトラバさせていただきますネ。よろしくお願いいたします。

    [ 湘南のJOHN LENNON ]

    2013/3/3(日) 午後 0:03

    返信する
  • ☆湘南のJOHN LENNONさん:こんにちは。毎度どうもでゴザイマス。

    >CHERRY CREEKさんのブログは購読者が多いので、ぜひファンの方々に見ていただければという思いです。

    和泉友子さん普及のためにナニかのお役に立てれば幸いでゴザイマス。それにしても今回の写真は貴重なものがてんこもりでしたね^^。特にフミタンとのツーショットはウレシイですね。

    >まだ記事を続けようと思いますので、またトラバさせていただきますネ。よろしくお願いいたします。

    もちろんでゴザイマス。有益情報はいつでも大歓迎です^^。こちらこそよろしくお願いいたします。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2013/3/3(日) 午後 1:48

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRY CREEKさん、こんばんは!

    フェエイスブック、やってますか?
    湘南のJOHN LENNONさんが、そちらにも友子さんの写真をアップしています。
    そこには、当時のマネージャーの富樫さんも来ています。
    富樫さんの事を少し書きますね。
    渡辺プロダクションでは、桑江知子さん、大滝裕子さんも担当していて、今は独立して、鈴木雅之さんと一緒にお仕事されています。

    [ BLUEDIARY ]

    2013/3/7(木) 午前 3:34

    返信する
  • ☆BLUEDIARYさん:こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

    フェイスブックはしてないんですよ〜すみません^^;。これまた貴重なお写真を入手されたのですね、湘南のJOHN LENNONさま。

    >渡辺プロダクションでは、桑江知子さん、大滝裕子さんも担当していて、今は独立して、鈴木雅之さんと一緒にお仕事されています。

    富樫氏は現在も音楽関係でご活躍されているのですね。和泉さんに関する当時のお話とか...色々とお伺いしてみたいものですね。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2013/3/9(土) 午後 0:02

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRY CREEKさん、こんばんは!
    湘南のJOHN LENNONさんのブログの和泉友子さんのブロマイドその5の4枚目の写真が、自分の人生を変えた重要な1枚です。
    この写真を見たので、日記帳をプレゼントしようと思ったのです。
    そして彼女に自分の存在を覚えてもらえるきっかけを作ってもらいました。 削除

    [ BLUE DIARY ]

    2013/3/11(月) 午後 6:25

    返信する
  • ☆BLUEDIARYさん:こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。

    >湘南のJOHN LENNONさんのブログの和泉友子さんのブロマイドその5の4枚目の写真が、自分の人生を変えた重要な1枚です。この写真を見たので、日記帳をプレゼントしようと思ったのです。

    そうだったのですね。そういうことであれば思い出深い1枚に違いないですね。もしかしたら友子さんもその時の日記帳を今でも大切に保存してくださっているかもしれないですね^^。BLUEDIARYさんの友子さんへの想いが伝わってくるエピソードですね。聞かせてくださいましてありがとうございます。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2013/3/16(土) 午後 8:22

    返信する
  • 顔アイコン

    着眼点がズレてて、聖子という大魚を釣り逃がした、あの大手事務所が送り出した一応ポスト聖子になるコでしたね。デビュー曲なのに横顔で誤魔化すようなジャケット写真は疑問符?でしたけど、テレビで動いてるトコロを見て納得、セカンドのジャケット写真は魅力全開でした。 削除

    [ 仏跳踵 ]

    2016/5/1(日) 午後 8:11

    返信する
  • ☆仏跳踵さん:こんにちは。いつもありがとうございます。

    >あの大手事務所が送り出した一応ポスト聖子になるコでしたね。

    かつての隆盛がウソのようなグダグタ。81−83年あたりまでは渡辺プロも苦労しておりましたね。特に81年からは班制へ移行したこともあり、ソレが上手く機能しなかったのでしょう。和泉友子嬢を含む81年に送り出した5人(沢田、若杉、伊庭、速水)の内、和泉&沢田あたりはポスト聖子が視野に入っていたとおぼしき。和泉嬢の場合はポスト裕美も入ってったっぽいですが。そう感じるのはお顔のせいかしらん。若杉ひと美嬢も聖子ちゃんカットでしたし…伊庭紀子嬢はサーファーギャル路線だったから、ポスト川島なお美かしら。ポスト作るほど、ご本家も売れてませんでしたが。

    >セカンドのジャケット写真は魅力全開でした。 

    ペプシの宣伝にも出て、人間ピラミッドの一番上とか…やることはやったのですが、一番上にいるのが誰なのかイマイチよくわかんな〜いみたいな感もあったような。セカンドは「街角ロンリネス」…青と白のサテン生地衣装もステキでゴザイマシタよね。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/5/3(火) 午前 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRY CREEKさん、こんばんは!

    湘南のJOHN LENNONです。
    大変ご無沙汰しております。

    この季節になると毎年「青い水平線」「秋の気配」を毎日のように聴いています。10代の甘酸っぱい想い出そのものですね。

    実は和泉友子さんは、今でもお元気でいらっしゃることが確認できました。
    情報源はここでは書けませんが、奇跡的な縁があり、涙が出るほど感激しました。

    機会があれば、手紙を書いてご本人に送りたいと考えています。

    本当に奇跡はあるんだなと感動している毎日です。

    [ 湘南のJOHN LENNON ]

    2017/7/23(日) 午後 11:38

    返信する
  • ☆湘南のJOHN LENNONさん:ご無沙汰しておりました。お久しぶりのコメントをありがとうございます。

    >この季節になると毎年「青い水平線」「秋の気配」を毎日のように聴いています。10代の甘酸っぱい想い出そのものですね。

    36年前の今頃…和泉さんがテレビで盛んに歌っておりましたものね「青い水平線」。それと同時に、ペプシのコマーシャルで人間ピラミッドの頂点にいたのも印象に残ってます。当時のオリコンに「松田聖子さん愛聴の曲は「秋の気配」和泉友子」と書いてあったことがありまして。今思えば...あれは「秋の気配」オフコースと書くところの誤植だったのかな?と思います^^;。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/7/26(水) 午後 10:48

    返信する
  • ☆湘南のJOHN LENNONさん:(続き)

    奇跡的なご縁…きっとこれまでずっと応援されてこられ、その熱き想いがご本人に伝わったことによるめぐりあわせだったのではないでしょうか。本当によかったですね。また、和泉さんがお元気でいらっしゃること、こうしてご丁寧にご報告してくださることにも感謝いたします。結果を急ぐわけではないですが、なにかワクワクするような進展があるといいですね。またのご報告を楽しみに待ちたいと思います。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/7/26(水) 午後 10:49

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(15)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事