ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

さてさて、今回で13回目を数えることになりました『キャッチフレーズ辞典』。幾人の方々からは「好評!」とのお声を頂戴いたしましたので、ひとまずはウレシク続行とさせていただきたいと思うのでありまする。

でもって今回の主役はこのお方。

岡村有希子さん

はて?そのお方ってたしか前回やったんじゃ???いえいえ…

「岡田」じゃなくて「岡村」

なの、ジャジャーン!とハデにファンファーレったところで、ご存じない方にとりましてはおキツネさんにつままれた状態になってしまうのかと思われ。有希子と言えばどうしても「岡田」として脳が反応してしまうのはいた仕方がないところ。だけれども巷に渦巻く大きな誤解を解く意味でもココでハッキリさせておこうじゃないのサ!と...需要があるのかないのか全くもって手ごたえなき中でその重責を担わせていただくことにいたしましたの、キリッ。(笑)

さてさて、今回の主役である岡村有希子さんがデビューしたのは1984年1月25日。ってことは世間一般で認知度のお高いもうひとりの有希子さんのデビュー日から遡ること約3ヶ月も前…の出来事ということになる。この時点でこのお名前によりデビューをカマされていたのであるからして。このことから「ニセモノ」ではなくってよ!という証明がココでビンビンとおっ立ってくるワケ。

でもって彼女に付けられたニックネームは…

ユーリン

実はコレ…タモリさんが名づけたモノということになっている。芸能界に入ってきたばかりのユーリンこと岡村有希子さんとタモリさんがどこでどうなっておつながりを持たれていたのか…コレも岡村有希子というアイドルをナゾめいたものにさせている所以なのカモね。ユーリンなんていかにもアイドルちっくでキャワゆい響きを持つソレであることは言うまでもないのだが、実は日本のお外に存在するお国の言葉では、ソレがとんでもない意味を持つ単語ってことも一部の皆様の間ではすでに認識済かしらん、ナゾ。

そんなユーリンがデビューするにあたり与えられたキャッチフレーズがこちら。

夢 見 る リ セ エ ン ヌ

リセエンヌとはフランス語で「フランスのリセに通う女生徒」のこと。そそっ…よくリセリセって略して使われているアレ…とたまたま知ってるからってエラそうに解説しなくても知っとるワイ!という怒号もチラホラ?

でもってユーリンのデビューにおいて敷かれたコンセプトはフレンチポップス(←ハレンチじゃなくってよ)というもの。ココをかなり強調したかったのか、キャッチフレーズはリセエンヌ、デビュー曲のB面は「パリ行きエアライン」、そしてデビュー告知用の広告には…

Rolling 60’s、ドゥリーミン・エポック、ラジオやTVショウのベストテン・プログラムでラテン・ポップスが輝き放った時代……束の間忘れ去られて……‘アイドルを探せ’シルビー・バルタン、‘夢見るシャンソン人形’フランス・ギャル、‘つばめ’‘夢見る想い’(以下、曲名がズラリと並ぶので略)そして1984、シーンは彼女の上に輝き始めた。ニュー・フレンチポップスのシンガーアイドル、岡村有希子。ユキコは、フレンチポップスが大好きでフランソワーズ・アルディを尊敬し、ソフィー・マルソーを意識する、夢見るリセエンヌです。

こんな長い文言がダラダラと。とにもかくにも‘フランスのかほり芳しき女の子’という関連付けをなんとしてでもしなくてはならぬ!という陣営側の思惑ならびに焦り(?)の両方が垣間見れるというものか。ユーリンが残したシングル盤のタイトルを見渡しても「雨上がりのサンジェルマン」「水曜日のリセエンヌ」...これらを見ればソレが更に浮き彫りに。

イメージ 2
イメージ 3
デビュー曲の告知広告。フレンチスタイルを目指している旨がコクコクと告げられている。所属事務所は青山芸術企画だそうな...聞いたことないカモ。2ndシングルの告知用広告。この時点でユキコ→ユーリンへ表記変更。簡単な3問クイズ(しかも最後の設問は「ユーリンのファンになってくれますか?」)に答えるだけでもれなくナマ電デートがあった模様。注:もう応募しないでネ。

また、前回の岡田有希子さん同様に…デビュー時点では「ユキコ」と表記されていることにも注目!今回の有希子さんも、前回の有希子さんも、デビュー当時には「ユーリン」でも「ユッコ」でもなかったことがこの書庫により判明したのである。前者に関してはシングル第2弾用の告知広告ですでに‘ユーリン’表記になっていることから、おそらくはデビューからセカンド準備期間の間にタモリさんとの出会いがあり...という推測が立つかしらん。

彼女は本当にこういう路線を望まれていたのか、はたまた単なるコジつけだったのか…1984年という時代にあえてフレンチポップスというジャンルを蒸し返す必要性があったのか?ただでさえ地味な1月後半という時期のデビュー、ほとんど話題にならないまま気づけば大手から「岡田有希子」という子がアイドルとして産声をあげてしまった。ニセモノ扱いされながらも改名せず、断固としてフレンチポップスにこだわりつづけた岡村有希子プロジェクトの意義は…。コレでも華やかに売れていればよかったものの、そうではなかったからして…

夢 見 る リ セ エ ン ヌ

が夢なぞ見れぬ辛い時期をお過ごしになられていたのカモ…と今さらながらに心配(←遅いんだよッ)するワタクシメ。

だけどユーリンの歌唱が秀逸であることはココで強調させておかねばならないの。どれもこれも味わい深く、しかもお声が特筆的に可愛いのが特長。そしてなんといっても声使いのテクがすばらしいことこの上ないのよ。ここだけの話…歌手としての資質はアチラの有希子さんより上かも?なんて…。これだけ優れた人材でありながら陽の光は全く当たらず…それどころか所属レコ会社は倒産するわ、ソレに伴う移籍、ニセモノ扱いされた挙句の改名?はたまた黄昏一直線だった「横浜ドリームランド」でホソボソ営業の哀愁…とてもじゃないけどネ…

夢 見 る リ セ エ ン ヌ

なんて状態であるはずもなく…。こうしたことを考えはじめてしまうと…

♪眠れない〜眠らない〜

ひつじさんの数を勘定しなきゃならん夜がやってきてしまうから、やめておくことにいたしますわ。ひとまずこの時点では…

●岡村有希子というアイドルは岡田有希子のニセモノではない
●デビューは岡村有希子さんの方が先だった
●声使いのテクニシャン、歌手としての資質バツグン

この三点を声高に叫ばせていただきたく…。ってコレってなんかの伏線?更なる詳細は別枠でいつかコクコクと…とかなんとかいう野望じゃないでしょうね?(笑)

ってなワケで…色々と邪推される前に今回の『キャッチフレーズ辞典』はこれにてお開き!またまたお付き合いくださいまして、ありがとうございましたん。

  • 顔アイコン

    おはようございます^^。

    若い私はデビュー曲の"トリー"とは?トゥリーではなくて...それを考えたら夜も゛眠れない...眠らない゛なんて悩んでおりました。

    日本のお宮さんの鳥居のことで、羽田空港の直近に存在する鳥居を雨にけむる゛パリ行きエアライン゛の機内から見た風景なのですね。だから゛哀しみの雨鳥居゛。パリの最終目的地は゛雨上がりのサンジェルマ〜ン゛。

    デビュー曲からマイナー調のA面曲が続きましたが清聴な歌声も相まって私は好きであります。今の私は♪本当の年より 上にみられるぅ、スッカリ老けこんでしまったわ。♪見かけで 決めないでッ 笑 削除

    [ 柏餅嫌恵 ]

    2016/6/25(土) 午前 10:09

    返信する
  • ☆柏餅嫌恵さん:こんにちは。コメントをありがとうございます。

    >それを考えたら夜も゛眠れない...眠らない゛なんて悩んでおりました。

    たしかに...似たような時期に杉かおり嬢という、ビヤ樽の宣伝で一時人気者になったアイドルが「「夢見るレイン・トリー」という曲を唄っておりまして...そちらでは"雨の木"が歌詞に入ってましたので、岡村ユッコ嬢のもソレと一緒だわ...と勝手解釈しとりました、当時。

    >だから゛哀しみの雨鳥居゛。パリの最終目的地は゛雨上がりのサンジェルマ〜ン゛。

    こういう妄想は実に楽しいものでゴザイマスね。多分そうではないとは思いますけんど...そうそう「パリ行きエアライン」に乗って目的地はサンジェルマン。しかしオクラ入りになった「水曜日のリセエンヌ」を考えると...本来の最終目的地は石畳の道、教会の鐘ゴーンゴン、グリーンのモペットがお似合いの、どこか郊外?片田舎の町だったのかもしれませぬ。笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/6/25(土) 午前 11:05

    返信する
  • ☆柏餅嫌恵さん:(続き)

    >デビュー曲からマイナー調のA面曲が続きましたが清聴な歌声も相まって私は好きであります。

    たしかにマイナー調が続いてしまいましたものね。2曲目あたりで明るめの曲調でもよかったように思いましたが。しかし歌声は良いですワ〜かなりの歌職人と見ますわ、岡村ユッコ嬢。

    >今の私は♪本当の年より 上にみられるぅ、スッカリ老けこんでしまったわ。♪見かけで 決めないでッ 笑

    あらら...♪下に見らっれた〜からぁ〜ではないのネ。どんなご尊顔なのか...考えれば考えるほど「眠れない...眠らない」。そう言えば、その曲と安田成美嬢の「トロピカルミステリー」って、ちょっとだけニタピロですね...時間の迷宮に入り込むようなアレンジのトコ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/6/25(土) 午前 11:12

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。

    翌年の明菜の大ヒット曲 ♪リオの街はカーニバル〜 のイントロの雰囲気がユーリンのデビュー曲にどことなく似ていたように思ったですネ。

    当時のアイドル界では″リセエンヌ“が 流行り?岡田有希子もその路線でしたし、翌年のナンノもそんな感じでした。

    さて、旧聞に属しますが岡村有希子、現・渡辺かえさんの近況が日刊ゲンダイ2016.04.18付の記事に出ています。

    ゛元アイドル岡村有希子さん 1字違いで味わった苦い思い出“ 削除

    [ 柏餅嫌恵 ]

    2016/7/3(日) 午前 8:50

    返信する
  • ☆柏餅嫌恵さん:おはようございます。いつもコメントをありがとうございます。

    >イントロの雰囲気がユーリンのデビュー曲にどことなく似ていたように思ったですネ。

    たしかにおっしゃるとおり。風情は異なるものの...ティラリララララ〜となるメロディーがニタピロでゴザイマシタね。

    >当時のアイドル界では″リセエンヌ“が 流行り?岡田有希子もその路線でしたし、翌年のナンノもそんな感じでした。

    目薬にすら「リセ」なんてネーミングのものがあったとキオク。なのでリセ流行りだったのでしょうね、おそらくは。雑誌「オリーブ」あたりでそういう特集とか、あったのかもしれません。ナンノのデビュー曲B面と同名異曲を唄った河合その子嬢も、リセというコンセプトが敷かれていたと思いますワ。

    >元アイドル岡村有希子さん 1字違いで味わった苦い思い出

    そのサイト...定期的に訪れておりまして、岡村さんの記事も拝読いたしました^^。「な〜んだ岡田有希子じゃないのか」と言われたユーリン、さぞかしお辛い想いをされていたことでしょう、シクシク。ご教示をありがとうございます_(._.

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/7/9(土) 午前 11:09

    返信する
  • 顔アイコン

    私は

    ♪実際(ほんとう)の年寄〜 若く視られるけど〜 (笑)

    違いましたっけ?^^;

    ユーリンのデビュー曲をカラオケで歌いたいのですが、通信カラオケにもリストアップされてないみたいですね。

    昭和59年5月、博多どんたくの新人祭に岡田有希子と一緒に出演して同じ卓で隣り合わせたらしいんですが、この2ショットはぜひ見てみたかったな〜。東日本の人間ですから叶わなかった。どんな様子だったか知りたいです。

    ♪まだ あなたを愛してる〜 削除

    [ 柏餅嫌恵 ]

    2016/9/30(金) 午後 10:54

    返信する
  • ☆柏餅嫌恵さん:こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

    ユーリンのデビュー曲...残念ながらカラオケにはリストアップされてない模様。それどころか...なんでコレがあってアレがないのよ!となるような状態でアリマシテ。それでもマイナー歌謡が多少は唄えるラインナップになりましたから、以前よりは遥かに楽しめるようになりましたけんど。

    >昭和59年5月、博多どんたくの新人祭に岡田有希子と一緒に出演して同じ卓で隣り合わせたらしいんですが...

    そのような機会があったのですね。観客もなにがなんだか困惑極まりない状態だったかもしれませんね。岡田有希子嬢と岡村有希子嬢がとなりあわせ...「日本テレビ音楽祭・新人賞ノミネート」でもそうなっておりましたよ。どちらも可愛らしいドレスを着て愛らしかったですワ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/1(土) 午後 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして、よろしくお願いいたします。

    ユーリン・岡村有希子は全国ネットの歌番組への出演は少なかったですが、「レッツヤン」でデビュー曲を歌ったのを見ました。

    準地元の九州では「雨上がりのサンジェルマン」が日専連のCMソング、また熊本の民放、RKK熊本放送の視聴者参加のカラオケ番組「歌のチャンピオン」(通称「歌チャン」、1977年11月から10年間続きました。)にゲスト出演して、B面「アイドルを探せ」も歌ってくれましたよ。

    所属先だった青山芸術企画は、後の1992年にマーメイド・プリンセスこと山本智美(所属レコード会社はバップ)を擁していました。

    地元下関ではFM局のDJというよりアナウンサー。つい先日担当番組が放送終了したそうですが、親友の田中久美がFM曲のDJを始めたのもユーリンの影響。

    2007年11月21日に地元でのみ発売された、渡辺かえさんとして酒屋元之門氏とのデュエットした「下関ハーバーライト」のスリーブ写真は下関の海産物中心の飲食店・土産物店が並ぶシーサイドモール「唐戸カモンワーフ」からの関門海峡の夜景です。 削除

    [ ハゼハゼDingDong ]

    2016/10/6(木) 午後 11:41

    返信する
  • ☆ハゼハゼDingDongさん:はじめまして。コメントをありがとうございます。

    >ユーリン・岡村有希子は全国ネットの歌番組への出演は少なかったですが、「レッツヤン」でデビュー曲を歌ったのを見ました。

    たしかに。関東でよくお見かけしたのは、テレビ東京「おはようスタジオ」くらい。あとは新人賞の頭数要員として...チラチラ映るくらいでしたからん、滝汗。レッツヤンに出演できた=局のオーディションに合格したということですね?あの頃のアイドルさんで人気があった方でも...レッツヤンに出演できなかった方がチラホラいらっしゃいますがゆえ。

    >準地元の九州では「雨上がりのサンジェルマン」が日専連のCMソング...

    ソチラの地域では色々とご活躍する場が与えられていたのですね。「雨上がり...」にタイアップが付いていたとは存じ上げず。ご教示をありがとうございます。都内近郊には「サンジェルマン」って名前のチェーン式のパン屋がありましたから、いっそのことそこのイメージソングにでもしたらよいのに...と、当時は思っておりましたけんど。B面を唄った場面は貴重ですねっ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/9(日) 午前 7:14

    返信する
  • ☆ハゼハゼDingDongさん:(続き)

    青山芸術企画+ユピテルという組み合わせ...う〜ん、なんだかナって気がしました。それでもこうして「オリコン」にはプロモ用の広告が掲載されておりましたので、一応注ぐべきものは注いでくだすっていた模様。レコード会社がもうちょっとメジャーなトコロだったら、より活躍できる場が増えたのかもしれないですよね。

    >地元下関ではFM局のDJというよりアナウンサー。つい先日担当番組が放送終了したそうですが、親友の田中久美がFM曲のDJを始めたのもユーリンの影響。

    と言われていますよね。久美さんがDJを始めた理由はもうひとつあるようですが。親友のユーリンの影響は多々あったことでしょう^^。久美さんも降板され、ユーリンの番組も終了とは...淋しいですね。

    そしてそして...「下関ハーバライト」の裏ネタをありがとうございます。シーサイドモールでの撮影だったとは!キレイに撮れておりますよね、ジャケ。地元でも有名な写真撮影スポットになってる場所なのでしょうか?

    たくさんの裏ネタ...ありがとうございます、感謝いたしまする。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/9(日) 午前 7:15

    返信する
  • 顔アイコン

    また失礼します。

    ユーリン・渡辺かえさんは地元コミュニティFM局・カモンFMの担当番組(カモンヒルズ764)は降板していないと思いますが、どうなのでしょうか?

    ↓は局の公式サイトのURLです

    http://www.c-fm.co.jp/timetable

    私が "つい先日担当番組が放送終了したそうですが..." と書いたのは田中久美さんのことだったのですが、説明下手でCHERRY★CREEKさまに誤解をさせてしまったようですね、申し訳ございません。久美さんがDJを務めた番組も、彼女は降板しても番組自体は続くようですね。

    私は西日本の住民ですが生憎カモンFMが聴取できる地域ではなく、またサイマルラジオを聴取できるネット環境ではありません。

    私も訪れたことはありませんが、「唐戸カモンワーフ」は写真撮影スポットと言うよりも、海産物の産直市場として人気のようです。

    ユーリンはこちらでは人気がありますね。確かに力がある事務所や大手レコード会社の所属だったら...と思うことはあります。 削除

    [ ハゼハゼDingDong ]

    2016/10/9(日) 午後 0:08

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリ〜さん、こんにちは。

    ↑のチェリ〜さんからのお返事で”ユーリンさんの番組も終了”とありましたので局のHPをチェックしてみましたが、まだ終わっていないみたいですよ〜。
    火・水曜の12〜14時の生放送と土曜10〜11時の番組(多分、収録)を担当されています。生放送の時間に局に行けば、間近で見る事が出来ますので、都合の付く方はスタジオへどうぞ。

    ユーリンさんが所属されていた事務所の名前が出て来て懐かしかったですが、私はそれと同時に、この当時発行されていたあるアイドルミニコミ誌が、こちらの事務所といろいろあったらしく「今後、この事務所並びにユーリンさんの事は扱いません」と宣言されているのを見て”あぁ〜、もっと仲良くやれればいいのになぁ〜”と残念な気持ちになった事を思い出しました。 削除

    [ えっちゃんマン ]

    2016/10/9(日) 午後 1:07

    返信する
  • ☆ハゼハゼDingDongさん:またのコメントをありがとうございます。

    >説明下手でさまにCHERRY★CREEKさまに誤解をさせてしまったようですね、申し訳ございません。

    こちらこそお返事する前に確認すべきでゴザイマシタ。時間が限られた中でしておりますため、どうかお許しくださいマセ。久美さんの番組はおっしゃるとおり…今後も継続いたします。久美さんが諸事情によりご降板という形になりますね。

    >私は西日本の住民ですが生憎カモンFMが聴取できる地域ではなく、またサイマルラジオを聴取できるネット環境ではありません。

    ブロードバンドの導入はナシということでしょうか。それさえあれば聴取可能になりますよね?海外に在住しているワタクシメも、パソコンやスマホを通じて、日本国内のコミュニティFMを聴いておりますがゆえ^^。環境が整い、気軽に聴けるようになるといいですね。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/11(火) 午後 9:49

    返信する
  • ☆ハゼハゼDingDongさん:(続き)

    そして例の場所に関するご教示もありがとうございます。当ブログでのユーリン人気…たしかに。曲レビューをしてないのが申し訳ないくらいでアリマシテ。なにせイチバン好きな曲が「水曜日のリセエンヌ」といふ^^;。言わずと知れた、実質のオクラ入り盤。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/11(火) 午後 9:50

    返信する
  • ☆えっちゃんマンさん:こんばんは。毎度ありがとうございます。

    >↑のチェリ〜さんからのお返事で”ユーリンさんの番組も終了”とありましたので局のHPをチェックしてみましたが、まだ終わっていないみたいですよ〜。

    読み違いを起こしてしまったようでゴザイマス、誠に申し訳ございません。ユーリン嬢のラジオは続行中とのこと、安心いたしました。生放送でスタジオ見学…楽しそう!でもいかんせん遠くて…なかなか機会には恵まれませぬ。

    >この当時発行されていたあるアイドルミニコミ誌が、こちらの 事務所といろいろあったらしく…

    そんなことがあったのですね。ただでさえメディアに出る機会の少ないユーリン嬢にとりましては痛手だったかと。なにが起きたのかは分かりかねますが、ヒトとヒトが絡むと色々とあるんですよね…これが現実^^;。ましてビジネスともなれば。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/11(火) 午後 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    CHERRYさん、12月2日(金)に放送されたユッコ関連の「爆報」・・・わたくし的にツボにキましたのは堀越クラス仲間三名との集まりでしたが、動くユーリンをウン10年ぶりかに見ることができたことです。感激しました〜!!番組内で発言はなかったけど、今もベッピンさんですね。 削除

    [ ハゼハゼDingDong ]

    2016/12/24(土) 午後 5:08

    返信する
  • 顔アイコン

    24日に続けてまた失礼します。忘れがたい思い出がございますもので...

    >簡単な3問クイズ(しかも最後の設問は「ユーリンのファンになってくれますか?」)に答えるだけでもれなくナマ電デートがあった模様。

    オリコン誌の企画で、「ユーリンと電話でデート」の名目でした。応募しました・・・が見事に落選しました。 削除

    [ ハゼハゼDingDong ]

    2016/12/26(月) 午後 0:57

    返信する
  • ☆ハゼハゼDingDongさん:またまたこんにちは。補足をありがとうございます。

    オリコンの企画...たしかにそんな風なのがありましたネ。言われるまでスッカリコンコン忘れておりましたけんど。あの頃は電話でデートってのが主流...レコードにも「〇〇ちゃんと電話でデートしよう」の応募券が付いてたり...。笑)

    ものの見事に落選してしまわれたとのこと...お気持ちお察しいたしまする_(._.)_

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/4(水) 午後 2:31

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリ〜さん、こんにちは。

    6月25日のMBSラジオ「クリス松村のザ・ヒットスタジオ」は“雨特集”でした。梅雨時に合わせた企画だったのでしょうが、29日には関東甲信地方は早くも梅雨明けしてしまいました〜。
    で、その特集の最後の曲が、岡村ユッコちゃんの「雨上がりのサンジェルマン」でした。この曲はクリスさんのお気に入りだそうで、既にこの番組では何度か流したそうですが、クリスさんが“これは大名曲です”と言って紹介してくれるのがウレシイです。

    しかし、関東甲信地方が6月中に梅雨明けするなんて、誰も予想していなかっただろうなぁ〜。今後、事前収録だったのがバレる番組が、多く出そうな予感がします(笑)。 削除

    [ えっちゃんマン ]

    2018/6/30(土) 午後 0:47

    返信する
  • ☆えっちゃんマンさん:たくさんのコメントをありがとうございます。

    雨特集…したのに、関東ではまさかの梅雨明け?こんな早くに梅雨明けって…水不足が懸念されますよね、大丈夫かしらん。最後に「雨上がりのサンジェルマン」とは、まさかの梅雨明け予想あたり、キター?だったのでしょうか、ナゾ。いい曲ですよね…ユピテル所属だったアイドルの曲とは思えないような高品質で。笑)個人的にはオクラ入りった「水曜日のリセエンヌ」が一番「好きよ」なのですが。

    事前収録バレ…たしかに。平年並みだと、夏休み入り前後に梅雨明けでしたものね。失言多き政治家のおじいさん連中みたく?宣言撤回とかありそう…梅雨明けの。今の気候は予想しづらいというか、従来どおりとはいきそうにもないため難しいのかもしれませぬ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2018/7/15(日) 午後 9:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事