ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

さてさて、先日うpいたしました、加藤“ジーレジレジレ”香子さまのおかげもありまして、かなり活性化してきたとおぼしき「キャッチフレーズ辞典」。早いもので8月も半ばに差しかかりましたが、ジレジレでアチチな暑さはまだまだ続くの?しかしながら、その旬とも言える“ジレジレ”を早々に蔵出ししてしまい、夏に合致するネタは残っとるのかネ?と、懸念されてるっぽい本書庫なのでありまする。でもネ、まだまだございますのでこの点に関しましてはご心配なきよう。

ってなワケで、今回はこのアチチにコジつけて、例のごとくキャッチフレーズ考察をカマしてみたいと思うのでありまする。

でもって、その“アチチ”にコジつけられる方とは一体どなたなの?

今井まこと(今井 信)

この方なのでゴザイマス、ジャジャーン!(笑)

と、ハデにご紹介したところで「なぜ?の嵐」、もとい「知らん!の嵐」かしらん、ナゾ。ならば、このワタクシメが今井まことクンについて、コト細かくご説明させていただくことに。

ひとまずは、当時のプロフィールから。

本名:今井 信(まこと)※NHK「レッツゴーヤング」サンデーズ加入時はこの表記
ニックネーム:募集中 ※商品も当たるので応募してネ(詳細は下記だが、すでに締切済)
生年月日:昭和41年2月25日(うお座)
出身地:北海道苫小牧市
スポーツ:バトミントン、スケート、陸上
ボディサイズ:身長170cm、体重52kg
趣味・特技:レコード鑑賞、フォークギター
好きな食べ物:カレー、シチュー
好きな服装:白のズボン
好きな女の子のタイプ:やさしい子
好きなアーチスト:松山千春
行ってみたいところ:ハワイ
好きな言葉:誠
好きな色:ブルー、白

■まことのニックネーム募集|商品詳細
ポケットサイズAMミニラジオ…100名様
サイン入りカラープロマイドセット…1000名様
※詳しくはお近くのレコード店にお問い合わせ下さい。

まぁ、当たり障りなく、なんともフツーなのがステキでゴザイマスね^^;。北海道出身ということもあり、そのブランドを思い切り背負わされた感が無きにしも非ずだったりで?白、ブルー、シチュー、スケート…それこそ♪北風小僧がささやいた〜なる、雪国イメージが満載。唯一、気温がお高めと感じられた部分は、行ってみたいところがワイハ…ってことか。それとデビュー曲のタイトル「愛してA・chi・chi!」か。なにはともあれ、その夢…すでに実現と相成られましたことをお祈り申し上げまする。

そして、まことクンの活動履歴といたしましては、TBSドラマ「出逢い めぐり逢い」に出演。はて…このドラマに関するキオクは全くない。ならばと調査ってみたところ、石井ふく子氏プロデュースによるホームドラマだったことが判明。しかし、まことクンのお名前がレギュラー陣として見当たらないことから、単発でのご出演だったのか。また、DJとして「アイドル・ランド」という番組でおしゃべり(←札幌を中心とした放送網だった模様)。そして、彼の芸能活動における白眉と言えば、やはりコレでしょ。

NHK「レッツゴーヤング」 サンデーズ

そそっ…コレを言及すれば、思い出したヨ〜というヒトの数も倍増(←激しくキボンヌ)するものと思われ。その際に、サンデーズの同期メンバーだった方々はこちら。

植草克秀、小出広美、佐久間レイ、横田早苗、山本誉子、橋本清美(後に秋本理央へ改名)、湯川友晴(途中脱退、その後の補充メンバーは山口健次)

そもそも同郷出身のシンガー、松山千春氏に憧れて歌手を志したらしいのに、なんで「愛してA・chi・chi!」なる軟弱アイドル歌謡を唄うハメになったのか?一番ワケわからずで、困惑していたのはご本人さまだったに違いない。でも「好きよ」、デビュー曲も2ndの「雪の中の少女」もネ…どちらも儚さの点で抜きんでた傑作と申し上げておきましょう。ちなみにそのデビュー曲は、当時のヒットチャートでもなかなかの好評を博し、オリコン最高75位、登場週数8、2.0万枚を記録...意外と売れてる!実売はもっともっとあったはずでアリマシテ。

さて、このような経歴を持つ彼が、歌手としてデビューするにあたり授けられたキャッチフレーズとやらがコレら。

日本全国 まことでア・チ・チ!!
風の色はセルリアン、少年の瞳は海の色

トリオレコード(ケンウッドコーポレーションの表記あり)と山の手エージェンシーのタッグによる、まことプロジェクト。山の手というトコロは、「燃えてパッション」の堤大二郎クンが所属していた事務所と一緒?いずれにしても、業界のヤリ手…とは言い難い組み合わせではありましたが、キャッチフレーズが2種類も存在したという事実。豪華絢爛、そして気合いも十二分に入っていたことが伺える貴重な資料を貼り付けしておく。ケンウッドのロゴをあえて右隅に入れたのは、このブランド名を宛がうことによって、商品がより売れるという傾向があったとか。要は、まことクンを売るにあたっても、その恩恵に与ろう…という戦略の元だった?ということか。

イメージ 2
デビュー前に宣伝用として使われていたもの。お好みどおりの白ズボンにFILAの靴下というイデタチ。レコード予約者には豪華ポスターがプレゼントされたらしい。
イメージ 3
レコード発売後に使われていた宣材。キャッチフレーズが「日本全国 まことでア・チ・チ!!」に変わる。6月5日の苫小牧、札幌を皮切りにした全国キャンペーンを展開。発売日には、東京と横浜で実施した模様。
イメージ 4
レコードジャケット等で使われていた名前ロゴマーク。

個人的にはどちらのキャッチフレーズもお気に入りなのだが、より覚えやすいのは(トップ画像)での前者。だけれども、ポエムちっくで夢しこたま、どうにもこうにもうしろ髪ひかれるぅのは後者、という位置づけ。

まぁ、前者に関しては、デビュー曲「愛してA・chi・chi!」に絡めて考えられたものであることは明白。そして、2番目のは…なんでショね〜北の大地で育まれた、清涼美少年?そんなイメージを描写したものなのか。そもそも、セルリアンってなんなの?

セルリアンとは、ラテン語のcaelumが語源。その意味は「群青色の」「澄んだ空のような青い」「深い空色の」「緑を帯びたあざやかな青色」」。「コバルトよりも淡く、空色よりも深く、緑を帯びたあざやかな青色」。顔料としての生成方法は、錫酸コバルトを焼成する。

だそうな。キオクが定かであれば、小坊の頃に使っていた絵の具に「セルリアンブルー」ってのが配置されとりましたっけ。ビリジアンって名称の、どこかこジャレた雰囲気を放ちまくる緑色に並ぶようにしてサ。そして、このセルリアンを、まことクンに括りつけるくらいなのだから、彼のご出身地=北海道(若しくは苫小牧)と浅からぬ由縁でも?と思い、色々とググってみましたところ、ひっかかってきたのは地元ならびに全国津々浦々の賃貸やホテル情報のみ…滝汗。ってことで、特に由緒ある謂れのようなものが存在しているワケではない模様。(笑)

まぁ、おそらくは、北海道の風土をイメージさせるナニか、そしてまことご本人がスキだという色をイメージさせるナニかが欲しい!このような想いが、セルリアンを使用するキッカケを作り出したのではないかと。

♪A・chi・chi・chi!燃える風のせいじゃないさ

ソレは的外れと言うものヨ、まことクン。燃える風のせいじゃないことくらいは分かっとるのヨ。(笑)

いやいや…でもソレってまんざらでもないような?

まことをトップアイドルに!彼の陣営内にて、おそらくは沸き起こっていたであろう、燃える風のような熱意。これが、北海道の空や海を連想させる“セルリアン”を宛がった、美しいキャッチフレーズを生み出した。なんといっても、この頃のトリオレコードは風前の灯火。ナニがなんでも彼を人気者にし、その傾いた経営を立て直す必要がアリアリだったはず。一事業の存続がかかっていたのだもの…そりゃ熱意もって挑むわナ。こんな見解は「い・か・が」なもんでショ?

「好きだゼ3億倍」(←まことクンのデビュー曲B面)

ご精読いただいている皆様から、このようにご賛同いただけますとウレシュ〜ゴザイマスよ。ってか、そうなりそうにもないけどナ。(笑)

イメージ 5
イメージ 6
デビュー曲をデヘヘ顔で熱唱!このお顔立ち、今ならトップアイドル?

なにはともあれ…今回の主役である今井まことクンという懐アイドル。この方ほど情報が揃わないアイドルもなかなかいらっしゃらずでアリマシテ。ググってもググっても、コレといったものがつかめないという。が、しかし…とある80年代アイドルのファンサイト掲示板にて、まことご本人さまの書き込みハケーン!

♪A・chi・chi・chi!

アチチ状態この上ない。が、しかし、その足跡は今日から13年も前となる2002年とかなり古い。しかも、この古さに加え「PC操作は苦手なのです。」というカミングアウトもあったりで。まこと出現率の低さはコレが原因なのか、ナゾ。だけど、ご出身地である苫小牧に戻らず東京に在住、ビル管理会社にてお仕事されていること(あくまでも2002年の情報)、そして奥様とお子様(当時小学三年生)とで幸せな家庭を築かれているとのことで、このような近況(といってもかなり古めかしいが)を得ることができただけでも御の字というものか。名前検索で行き当たる、愛知で農業をされているという今井まことさんは同姓同名の別人である。が、交通事故に遭われた云々という情報は?どうかガセネタであってほしい。月日は流れど…どこにいても、なにをしていても、とにかく元気でいてほしい!コレが、まことクンのことを心配する人々における

♪A・chi・chi・chi!

そそっ!アチチな想いのはずでアリマシテ。

今井まことクン!もしもコレを見たのなら、ぜひともお知らせくださいナ…今でも元気で暮らしていると。若しくは近親者の方等、どなたでも構いません…ご協力いただけるのであれば。2015年のまこと情報を、ぜひともお聞かせいただきたいのです。ホント…心配しておりますもので。

【2017年追記:今井まことさんの、現配偶者の方より、今でも元気でお暮しとのことお知らせいただきました^^。ありがとうございます。】

ってなワケで、アチチな直訴になりすぎましたようでシッケイシッケイ。今回はこの辺りでお開きにさせていただきたく。

またまたお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

  • 顔アイコン

    >どこかでお元気で暮らしてらっしゃることを祈らずにおれませぬ、今井まことクン。

    おはようございます。芸能界という場所が少しでもいい想い出として残ってくれればですね。

    >田島氏の全曲CD化キ・ボ・ン・ヌ!

    ところがwikiによると、この「キャッシイブラウン」はレコードとしては発売されてない?まああそこもいい加減な情報書かれていますが・・・ところで全く関係なく恐縮ですが、益巳健さん=江利チエミ嬢の弟さんの「自由になれば」を聴きたいですね。これ尾崎紀世彦さんのカバーで京平氏の作品だからなんですが、傑作なんです。

    >「愛してA・chi・chi!」なのでありまする。メジャー→マイナーという変り種。

    このデビュー曲も出だししか記憶にないのですが、それは他に見ないパターンですね。

    >「天使のいたずら」...最初からこの路線でイケばよかったのに。

    ホリプロが個性を生かし切れなかった悪例ですね。カワイイ=アイドル、智枝美嬢のヌード=脱アイドルという単純な発想。彼はフォーク路線がベターだったと思いますが、同窓会の時の方がステキだったわ♡

    [ 樹愛 ]

    2015/9/6(日) 午前 10:38

    返信する
  • 80年代の男性タレントは、みんなジャニさんに
    いいとこ持ってかれたから、デビューしても辛かった
    でしょうね、ましてTRIOレコードなら尚更です。

    ホリプロはスカウトキャラバンが段々悪影響を及ぼし
    めぼしいタレントのマシンガンデビューに繋がったのは
    ホリプロの悪イメージだと思っています。

    [ カーク船長002 ]

    2015/9/6(日) 午後 11:37

    返信する
  • ☆樹愛さん:こんばんは。まいどありがとうございます。

    2002年のご本人、まことクンの書き込みでは、覚えていてくれてウレシイといった内容でしたので、きっと良き思い出として捉えてらっしゃるタイプの方なのだと思います。あくまでもその時点でのお話になりますが。

    >益巳健さん=江利チエミ嬢の弟さんの「自由になれば」を聴きたいですね。これ尾崎紀世彦さんのカバーで京平氏の作品だからな んですが、傑作なんです。

    「自由があれば」ですね。益巳さんのシングル第2弾でしたかしらん。タキシード姿で写ったレコジャケでゴザイマシタよね。デビュー曲の「情熱ARIGATO」は、いかにも男性アイドルっぽい作品でした。が、そこから随分と本格的なモノへ移行したナと当時を思ってました。聴ける機会に恵まれますように。

    メジャー→マイナーもそこそこありますよね。シングルではないですが、小出広美嬢のアルバム曲「フレンドシック」という曲がまさにソレです。頭サビがメジャー、以降がマイナーです。この曲は彼女の名前をモジり♪恋で〜恋で〜が連発される、隠れた傑作でもあります。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2015/9/7(月) 午後 11:12

    返信する
  • ☆マメシバの豆助さん:こんばんは。コメントをありがとうございます。

    >80年代の男性タレントは、みんなジャニさんにいいとこ持ってかれたから、デビューしても辛かったでしょうね、ましてTRIOレコードなら尚更です。

    さようでゴザイマスね。このあたりから、ジャニーズ事務所以外の男性アイドルがまったく育たなくなりましたよね。活躍の場が奪われたというか…裏で色々としていたことでしょう。ビジネスだから仕方がないとは言え^^;。

    >めぼしいタレントのマシンガンデビューに繋がったのはホリプロの悪イメージだと思っています。

    俗によく言われている、伊藤美紀&仁藤優子の二人は、久しぶりの逸材でしたものね。あれだけの素材を至近距離でデビューさせてしまい、二人とも玉砕させてしまうとは!迷走のなにものでもなかったと思います。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2015/9/7(月) 午後 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    >「自由があれば」ですね。益巳さんのシングル第2弾でしたかしらん。タキシード姿で写ったレコジャケでゴザイマシタよね。デビュー曲の「情熱ARIGATO」は、いかにも男性アイドルっぽい作品でした...聴ける機会に恵まれますように。

    こんにちは。何とも紛らわしいタイトルで失礼しました。「自由であれば」、第2弾でした。これは尾崎バージョンがB面だったということで、益己バージョンも聴いたのはたぶん1・2回ですが、ワンコーラスメロを覚えています。京平氏のレベルも最高の頃でしたしね。まあYTにアップされるのを待ちます。ありがとうございます。
    >彼女の名前をモジり♪恋で〜恋で〜が連発される、隠れた傑作でもあります。

    あらら、「コイデカメラ」のCMソングにすればよかったような(笑)。その走りは(これも京平氏の)「男の子女の子」の♪ゴーゴーゴーゴーなのは明らかです(笑)。麻世さんもありましたね。「天使の顔につばを吐け」では♪マーママヨ愛し合える〜「さすらいの英雄」では、日清焼そばUFOのCMでは♪UFO UFOの部分がなぜか♪MAYO MAYOに?

    [ 樹愛 ]

    2015/9/8(火) 午後 1:33

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは〜!また遊びに来ました!
    さっき、CSでレッツヤンが放送されていて、サンデーズの「ジェラシー・パレット」見ていたら、今井まことクンが気になってしまいまして・・・。
    彼って、どちらかというと今風な感じですよね。当時としては逆に異質というか・・・。

    いろいろと検索かけてみたんですが、ホント彼の現在の消息が不明ですよね〜。
    10年くらい前に、NHKBSでのレッツヤン同窓会の話は実話なんですかね?
    ビルの管理会社にお勤め?との話だったので、いろいろと検索してみたら、今井信さんをALSOKで見つけたのですが、お顔が違っていて・・・。

    今でもお元気でお過ごしであれば問題ないのですが、やはり気になりますよね〜。
    ぜひ、こちらのコメント欄に遊びにいらしてほしいですよね!!

    僕は、これから彼のレコードを入手して、貴重な4曲を聴きまくるつもりです!

    当時の彼のDJっぷりも気になるところですね!どなたか音源所有されていないですかね??

    では、また遊びに来ます! 削除

    [ TK ]

    2015/11/15(日) 午後 9:45

    返信する
  • ☆TKさん:こんばんは。コメントをありがとうございます。

    今井まことクン...たしかに今の方が人気が出そうなお顔立ちでゴザイマスよね。そういう意味でも出てくるのが早すぎた...そんな方だったのカモ。

    消息に関してはハッキリしたことが分からず残念でゴザイマス。どこかで元気で暮らしてらっしゃることだけでも分かれば安心なのですけれどもネ。いつかひょっこり...この記事のコメント欄にご登場いただければ幸いでゴザイマス。

    レコード盤...デビュー曲は簡単に手に入りますが、2ndがなかなかないですよね。枚数が出なかったこともあり、状態の良い物があまり残って模様。音源だけならネット配信されておりますので、すぐに聴くことはできますけれどもネ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2015/11/17(火) 午後 9:29

    返信する
  • 顔アイコン

    僕は、以前に、まことさんと同じ会社で働いていたことがあります、奥さんは
    確か世田谷区の
    セブンイレブンで働いていた人です 削除

    [ pararaizar ]

    2016/10/12(水) 午後 4:06

    返信する
  • ☆pararaizarさん:今井まことさんと同じ職場でご就労されていたのですね。記事内で近しい方、ぜひ近況を!とお呼びかけしましたので、このようにコメントをいただけてとても嬉しく思います。ありがとうございます。

    職場ではどんな感じだったのでしょうか?やはり元アイドルというのは部署内では知れ渡っていたのですか?差し支えない程度で結構ですので、なにか当時のエピソードなどがございましたらご共有いただけますと幸いです^^。よろしくお願いいたします_(._.)_

    奥様の情報もありがとうございます。当時はセブンイレブンでご就労されていたのですね。こちらの情報提供にも感謝いたします。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/12(水) 午後 10:52

    返信する
  • まことさんは離婚され、今は可愛い奥様と再婚され幸せに暮らしてますよ。

    [ あー子 ]

    2017/1/24(火) 午後 9:23

    返信する
  • ☆あー子さん:はじめまして。この度は今井まことクン記事へのコメントをありがとうございます。

    >まことさんは離婚され、今は可愛い奥様と再婚され幸せに暮らしてますよ。

    以前の奥様とはお別れされたのですね。それでも今もお元気で暮らしてらっしゃるという、近況を知れただけでも大変嬉しゅうございます。そして安堵いたしました^^。

    あー子さまは、まことさんと近しい間柄のお方でしょうか。まことさんにお目にかかる際などがございましたら、どうかよろしくお伝えいただけますと幸いです。この度の書き込み感謝いたします_(._.)_

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/27(金) 午後 8:06

    返信する
  • チェリーさん はじめまして。実は私が妻でして再婚相手です。ふざけて可愛い奥さんと言ってしまいましたが、ごく普通のオバさんです(^O^)でも今井まことのファンでして、当時のレコード、ポスター、グッズは私の宝物です。そんな大好きな今井まことの妻になれたのは世界一幸せに感じています。まことさん、元気です。話題にして頂き、本人も照れておりました。
    どうぞ、今後とも宜しくお願い致します。

    [ あー子 ]

    2017/1/29(日) 午後 9:51

    返信する
  • ☆あー子さん:こちらこそ、はじめまして。ご丁寧にご返信をありがとうございます^^。

    なぬっ…あー子さまが今井まことさんの現奥様だったのですねっ。しかも、かつては今井まことさんのファンだったといふ…すごい!好きだったアイドルが今は配偶者…まさに夢のような出来事ですね。おっしゃるとおり、あー子さまは世界一幸せな女性だと思いますヨ〜本当におめでとうございます。

    しかも、まことさんご本人もこの記事を読んでくださったとは〜!ありがとうございます。一方でお恥ずかしゅうございますヨ〜色々と下らないことを書き連ねてしまい恐縮です。記事を書いたのは2年ほど前になりますが、その時の想いがこのような形でご本人さまに伝わったこと、本当に嬉しく思います。記事を見つけてくださったのはあー子さまでしょうか?心より感謝いたします。まことさんもお元気とのこと、安心いたしました^^。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/31(火) 午後 9:44

    返信する
  • ☆あー子さん:(続き)

    まことファンだったあー子さまは、当時のレコードやポスターなども大切にされているのですね。あー子さまのような女性と出会えた今井まことさんも幸せですね^^。

    ワタクシメもまことさんが掲載された当時の雑誌類(「ザ・ベストワン」など)やレコードは持ってます。アチチはもちろんのこと、「雪の中の少女」は3枚も!笑)

    2nd「雪の中の少女」も名曲ですが、B面収録の「ハロー!キャンパスロード」もソレに負けず劣らず。アナログ盤を自身でデジタル化した音源で聴いてます。次のシングルとしてA面発売してほしかったです。

    個人的な話となり恐縮なのですが、ここ15年ほどオーストラリアのメルボルンが居住地なんです。このため、メルボルンの空の下...今井まことさんの歌声がこだま〜するといふ。笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/31(火) 午後 9:47

    返信する
  • ☆あー子さん:(続き)

    嬉しいのでもう1コメント書いちゃいます^^。

    日本へは個人的な休暇以外だと、昭和アイドルや歌謡曲に関するラジオ番組やイベントの出演要請等がある時に帰ってます。一昨年の12月にゲスト出演させていただいた、とあるイベントにおきましては、まことさんのシングル第2弾「雪の中の少女」を観客の方々へご紹介したのですヨ。埋もれさせるにはもったいない名曲ですからネ。その際は大きな反響がありましたヨ。

    またぜひ書き込みにお越しいただけますと幸いです。まことさんからのお言葉も…期待しつつ。笑)こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします_(._.)_

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/31(火) 午後 9:49

    返信する
  • 顔アイコン

    今井信くん、好きでしたね。サンデーズで知りました。愛してアチチしか知らないんですが、意外と売れたんですね。圏外と思ってた。レッツヤンでしか見かけなかったけど。アチチ以降もシングル出てたんだぁ。懐かしいです。今ごろはイケメン紳士だと予測します。 削除

    [ タカちゃん ]

    2017/8/6(日) 午後 3:54

    返信する
  • ☆タカちゃんさん:コメントをありがとうございます。

    今井さんの現在の奥様(二度目だそうです)が、このブログにお越しくださり近況をご報告してくださいました。今井さんと言えば、サンデーズということになりますよねやはり。デビュー曲は100位以内だけでも2万枚ですから、実売は7-8万枚くらいはあったのかもしれません。経営が傾いていたトリオレコードの救世主になるか?といったところでしたが、第二弾を発売した頃にあいにく…。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/8/12(土) 午前 10:41

    返信する
  • 顔アイコン

    "誠"ではなく"信"と書いて「まこと」と読ませるのですね。いい名付けです。レッツヤンのサンデーズのメンバーはヒット曲がなくてもアラフィフ世代には知名度はありますね。「愛してA・chi・chi!」とは、トリオレコードのHiromi-Goの路線?風貌は野口五郎を思わせるものがありましたが。 削除

    [ レプカス ]

    2017/8/19(土) 午前 11:03

    返信する
  • ☆レプカスさん:コメントをありがとうございます。

    >"誠"ではなく"信"と書いて「まこと」と読ませるのですね。いい名付けです。

    ご本名がその表記...当初は「信」名義にしてらっしゃいましたが、読めない?というご意見があったのでしょうか、以後はひらがなで「まこと」へと改名されたのです。

    郷ひろみ路線...ではなかったと思いますが、なんでしょうかね^^;。ご本人は松山千春さんに憧れて、そういうのをやりたかったみたいです。普通のアイドル路線というか...83年にもなるとジャニ以外のところから出てくる男性アイドルが減少傾向になっておりましたので、そういう意味ではまことクン...とても貴重な存在だったと思います。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/8/19(土) 午後 3:17

    返信する
  • ☆あー子さん:ご無沙汰しておりました〜近況のお知らせをありがとうございます。とても嬉しく思います^^。内緒でコメントくださいましたので、支障が出ませんようにお返事いたしますネ。

    はい、今もオーストラリアのメルボルンに住んでおります。今年は歌謡曲のイベントやラジオ番組(←もちろん懐かしの歌謡曲関連)に出演する機会をいただけましたので、3月と9月の二度に渡り帰国。そして、12月にも一時帰国する予定になってます。

    まことさんもお元気とのこと、安心いたしました。ご家族皆さまと幸せに暮らしてらっしゃることを聞き、とても幸せな気分です。松山千春さんはまことさん憧れのシンガーでしたものね。ワタクシの実家からさほど遠くないところにお住まいのご様子???よろしければ、近いうちにでも一度、お二人にお目にかかれますと嬉しいです。ぜひご検討くださいませ^^。

    またの近況、楽しみにしております。これからも、よろしくお願いいたします

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/11/2(木) 午後 8:26

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事