ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 2

またまた、こんなところからこんにちは。

なにやら昨今は、こういう場所からのお知らせが増えておりますネ。
本来の記事を期待されている皆さま、誠に申し訳ゴザイマセン。

さて、この度は新刊本のお知らせをしたく...と言えば、「一体どこの回し者になったのか、お前は」という怒号が飛んできそう。

いや...あの...実はワタクシメが書き記しましたレビューが、この新刊本に掲載されることになっとりまして。このための宣伝をさせていただきたく。

題名:アイドル冬の時代 今こそ振り返るその光と影
出版社:シンコーミュージック
サイズとページ数:A5版、144ページ
発売日:2016年9月8日
同社の解説ページはこちら

レビューといっても、このブログでお届けしているような長さのものではゴザイマセン。短い"ミニレビュー"となり、すべて書き下ろしとなります。掲載していただいたのは全部で10篇...しかも1988年以降、いわゆる"アイドル冬の時代"と呼ばれる頃にデビューした方々に関するものとなります。ワタクシメの箇所は僅かとなりまして恐縮〜

♪酷ですぅ〜
♪わたしぶきっちょだから〜

いえいえ、わたし新人ですから^^;。掲載していただけるだけでもありがたいことでございます。レコジャケや販促パンフレットなどの資料提供にも協力いたしました。レコジャケは掲載されると聞いてますが、パンフが掲載されるのかどうかは定かではゴザイマセン、あしからず^^;。

そして、他の執筆陣がお書きになられた部分こそがメインであり、要注目なのでありまする。

以下、出版元で公開している概要を少々。

空前のアイドル・ブームが続く現在、70〜80年代のアイドルについて語られることも多い。しかし、80年代後半から90年代後半にかけての「アイドル冬の時代」に光が当てられることはあまりない。おニャン子クラブがアイドル定番の形を壊した後、歌番組がなくなっていくなどの逆境の中、新たなアイドル像が模索されてアイドルたちはたくましく生き延び、今のアイドル・ブームの源流を作り出していった……。そんな時代に今だからこそ再び注目、当時活動していたアイドルたちの肉声やシーンの考察、作品レビュー、アイドルカタログなどに加えて、その頃の曲をカヴァーする現役アイドルにも話を聞いて構成した一冊。彼女たちと「冬」を過ごしたアイドル・ファンはもちろん、アイドルのあり方や哲学に興味がある全ての人に贈る。

社で公開OKとなっている目次より...こんな感じのお題目。
イメージ 1
※見本誌がまだ手元に到着していないので定かではありませんが、おそらく117ページ「愛と偏見のアイドル名盤選」のところに掲載かと思われ。

その時代に活躍した、元アイドルの方々のインタビューが豪華ですこと!そして...その他もマニア心をそそるようなものがズラリでゴザイマスね。このブログをご精読の皆さまの多くが、おそらくはジャストミート世代からは外れるのかもしれません。が、アイドル史をふりかえる意味でも、なかなか取り上げられない時代のアイドル本としても、貴重な1冊になるのではないかと思うのでありまする。

そして"チェリー|CHERRY★CREEK"として初の活字化、ならびに大手出版社からの刊行という。「駈けてきた処女(おとめ)」のごとし?処女作(デビュー作)としては願ったり叶ったり。まったくもって有り難きことでゴザイマス。皆さまのお手元にもぜひ1冊いかがですか?ご愛読いただけますと嬉しゅうゴザイマスよ。

取り急ぎ、新刊本にレビュー掲載のお知らせまで。

よろしくお願いいたします_(._.)_

チェリー|CHERRY★CREEK
2016年8月21日(日曜日)

  • 顔アイコン

    こんばんは。お返事ありがとうございます。

    >ちょっとした個室でマイクに向かって歌うのでしたよね?

    ひとりでカラオケに行くことを「ヒトカラ」って言うみたいで、最近は、そういった個室の専門店もあるようですね。田舎にはないので、フツーのカラオケBOXに行ってます。だから個室タイプは「未経験」なのョ。たまーに大きなお部屋だったりして、エッ?って思います。
    (ちなみに私の住む町にはカラオケ喫茶はあるけど、BOXはないんで、隣町まで出ます…車で20分くらいだけどネ)
    最初にひとりでカラオケに行ったのは、15年くらい前かな?最先端をいってるワ、自分(笑)

    >いえいえ…脱線は「ちょっとなら媚薬」。過ぎれば...。苦笑)

    じゃあ、今回もエッチな話しま〜す❤って、色々な経験が乏しいので思いつかないワ。

    ♪性格の真面目さがいざという時邪魔する〜。

    ウーン、自分は真面目な人間じゃないなぁ…もしかして、つまらない人間というのかしら?(泣)

    [ ひよっこ ]

    2016/10/12(水) 午後 8:55

    返信する
  • ☆ひよっこさん:こんばんは。またまたありがとうございます。

    なんでも略語にするんですね、最近は。ヒトカラって...ヒトのお肉のカラアゲみたいな感じがしてイヤですワン、滝汗。都内などにはブース程度のところで、マイクに向かって♪♪できるカラオケスペースがあるみたいです。行ったことがないですけれども。ストレスが溜まった際には最適かもしれませんね...大声出して♪経験ず〜み〜よ〜アァ〜って。笑)

    カラオケ喫茶...はネ、ちょっと敬遠^^;。ボックスまではお車で20分ですか...さほど遠くはないけれど、思い立たないと...ってな感じでしょうかね。

    >じゃあ、今回もエッチな話しま〜す❤って、色々な経験が乏しいので思いつかないワ。

    えっ...♪だって最近のム・ス・メ〜経験ず〜み〜よ〜じゃないの???笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/12(水) 午後 10:44

    返信する
  • 百恵ちゃんで一時代 終わったような気がします。どこにでもいそうな少女が圧倒的な存在感を持った女性に変化していき引き際も見事でした。またテレビにでてきてほしいとはいいません。あの生きざまじたいかっこよかったのですから。 花子

    [ t78***** ]

    2016/10/13(木) 午後 3:48

    返信する
  • バンデビルド です。

    執筆者のお一人としてお名前を連ねられたご本が出版され、おめでとうございます。

    『アイドル冬の時代』はほぼ平成以降で、バブルの絶頂期に人気を博したのがWinkですね。歌い手としての単体アイドルの時代はあの集団が一世を風靡した時点で終わりの始まりでした。

    現在は若者の『アイドル(歌手)が不要の時代』です。アイドル歌手に熱中した、できたのは現在のアラフィフ世代が最後でしょう。

    [ バンデビルド ]

    2016/10/15(土) 午前 11:33

    返信する
  • ☆花子さん:こんにちは。コメントをありがとうございます。

    >百恵ちゃんで一時代 終わったような気がします。どこにでもいそうな少女が圧倒的な存在感を持った女性に変化していき引き際も見事でした。

    そうですね。まずは百恵さんの引退で一区切りがついた感じがいたしました。その後は聖子さんや明菜さんのご活躍で80年代を華やかに彩ってくださいましたが...ソレも徐々に後退でしたものね。時代の流れ、おニャン子...アイドル衰退に関しては色々と見解がありますが、どう転んでもいずれは...という結果になったようにも思います。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/16(日) 午前 10:11

    返信する
  • ☆バンデビルドさん:こんにちは。コメントならびにご祝辞をありがとうございます。

    >歌い手としての単体アイドルの時代はあの集団が一世を風靡した時点で終わりの始まりでした。

    Winkが最後の灯というか...そんな風に感じておりました。冬の時代は、いわゆる88年以降の平成になってからを指すようです。この書籍の原稿を書く際にも「88年以降」という仕切りがゴザイマシタ。

    >アイドル歌手に熱中した、できたのは現在のアラフィフ世代が最後でしょう。

    そうですね。でもそんな時代に多感な世代を送れたこと、今は本当に幸せに思ってます。あの頃に活躍した全アイドルは、ワタクシメにとりまして決して色褪せない存在なのでありまする。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/16(日) 午前 10:15

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリ〜さん、おはようございます。

    コチラの市立図書館における「アイドル冬の時代」ですが、また”蔵書検索”しましたところ、ナント”予約待ち”が入っておりました!しばらくは図書館の棚に来ない事が確定しましたので、私が”図書館仕様”のこの本に会えるのは、かなり先の事になるでしょう。
    さて、私の持っている「…冬の時代」は、先ずチェリ〜さんの書かれたレビュー部分を読んで、次にアタマから読み始めて、やっと下川みくにさんのインタビューまで来たところなので(読むのが遅いね・泣)今日は一気に読み終わりたいです。外は雨ですし。 削除

    [ えっちゃんマン ]

    2016/10/22(土) 午前 9:42

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリ〜さん、こんばんは。

    私の持っている「アイドル冬の時代」さすがに読み終えました。でも、こちらの市立図書館の分はまだ借りられています。
    さて、来月のスカパー!ラジオチャンネル”スターデジオ”の放送予定を見ておりましたら「'90年代・アイドル冬の時代特集」なるものを放送するようです。明らかにこの本の影響を受けて組まれた特集だと思いました。
    曲目等、詳細をお知りになりたい方は”第一興商スターデジオ”のHPをご覧くださいませ。 削除

    [ えっちゃんマン ]

    2016/10/26(水) 午後 11:40

    返信する
  • ☆えっちゃんマンさん:こんばんは。いつもコメントをありがとうございます。

    >コチラの市立図書館における「アイドル冬の時代」ですが、また”蔵書検索”しましたところ、ナント”予約待ち”が入っておりました!

    まぁ…そんなに人気があるのですねっ。ウレシイことこの上ないですが…たまたまマニア数人が待ちかねてるというだけなのカモ…という見方も。笑)

    >さて、私の持っている「…冬の時代」は、先ずチェリ〜さんの書かれたレビュー部分を読んで、次にアタマから読み始めて、やっと下川みくにさんのインタビューまで来たところなので

    ワタクシメが執筆した部分も最初にご精読いただけるなんて!ありがとうございます。ソレで読む気無くした…ってな状況でなければよいのだけんど。苦笑)

    あのページ、当初は白黒になるから…と言われておりました。刷り上ってみたらカラーになっていて…となると、あの本のメインコース…実はソコだったのかもしれませぬ。笑)なにはともあれ、感謝申し上げます。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/28(金) 午後 9:45

    返信する
  • ☆えっちゃんマンさん:毎度どうもでゴザイマス。

    この本のご完読、お疲れ様でございました。図書館のは相変わらずひっぱりダコ状態なのですね...そんなにマニアっているのかしらん、ナゾ。

    >さて、来月のスカパー!ラジオチャンネル”スターデジオ”の放送予定を見ておりましたら「'90年代・アイドル冬の時代特集」なるものを放送するようです。

    あらま...そうなのですね。たしかにこの本の影響というのがアリアリですよね。なぜゆえにこの時期に...まぁ、冬が近づいているからというトコロにかけたのかもしれませぬが^^;。

    ご教示をありがとうございます_(._.)_

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/10/28(金) 午後 9:50

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリ〜さん、こんばんは。

    コレ、どこに書き込んだらいいかわからない内容なので、ココが不適切だったらゴメンナサイ。

    10月28日NHK総合TVの「ニュースシブ5時」って番組で、クリス松村さんが”原宿駅前ステージ”で歌や踊りを披露している女の子たちのレッスンに密着リポートしておりましたが、振り付けの指導があの”牧野アンナ”先生でした!最近復活した、例の”ライブラリ”サイトで見られますので”10月28日1ch、16:00−19:00”の17:30頃からをご覧ください。
    クリスさんといえば、11月8日「5時夢」ゲストです。今回の歌謡タイムリープは”1979年特集”と告知が出ています。どんな内容になるか楽しみです〜。 削除

    [ えっちゃんマン ]

    2016/11/4(金) 午後 10:10

    返信する
  • ☆えっちゃんマンさん:おはようございます。いつもコメントをありがとうございます。

    >振り付けの指導があの”牧野アンナ”先生でした!

    あらまぁ...おナツカシュ〜ゴザイマスね、牧野嬢!彼女の記事がなくて申し訳ない限り。そうそう...彼女はフリツケに関わってらっしゃるのですよね。歌手時代はいまひとつ花開かず...でしたが、今はこうしてごリッパにご活躍。たくさんご努力もされたことでしょう。

    11月8日にゲストの件、承知いたしました。79年特集となると...NM勢が云々とか、アイドルが不振云々など...出てくる話が予想できますが、いずれにしても楽しみでゴザイマスね。その出演ついでに、ポケモンGOの反対も説かれるのかしらん。ナゾ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/11/5(土) 午前 8:09

    返信する
  • 顔アイコン

    寄稿なさった論評が掲載されたご本が出版され、おめでとうございます。

    こちらの本で取り上げられたアイドルの中で一般的な知名度が高いのは、Winkですね。それまでのアイドルと違ってニコリともしないおすまし顔だったのは覚えております。それがアイドル冬の時代の前触れだったのかもしれません。

    お書きになった論評、♪ギンギラギンにさりげなく 楽曲名が挿入されていますね^^ 削除

    [ ケリブンチア ]

    2016/11/12(土) 午後 1:47

    返信する
  • ☆ケリブンチアさん:こんにちは。ご祝辞をありがとうございます。ご購入してくだすったのかしらん?なにはともあれ、厚くお礼を申し上げまする。

    まさにおっしゃるとおり…彼女たちの存在が、それまでのアイドル像を根底から覆すものだったようにも思えてきます。かといって彼女たちは意識して笑わなかったワケではないことは、翔子嬢のインタブーでも見てとれますよネン。

    >お書きになった論評、♪ギンギラギンにさりげなく 楽曲名が挿入されていますね^^

    あら…お気づきいただけたようで嬉しゅうございます。マニアの方に…ニンマリしていただきたくて考えましたの。内容と関連付けるの…結構タイヘンだったのですヨン。笑)気づいていただけて…チェリー感激!

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/11/18(金) 午後 1:34

    返信する
  • 顔アイコン

    謹啓 突然コメントを投稿する失礼をお許しください。以前よりCHERRY★CREEK様のご盛名は、貴サイトを拝読しており存じ上げておりました。私は、称しておりますハンドルネームの通り、名も無き市井の一庶民でございます。

    濠洲メルボルンの地は惜春初夏の候、CHERRY★CREEK様に於かれましては益々御健勝にして御隆盛の由、大慶至極に存じ奉ります。

    さて、この度はご執筆されたコラムが載ったご本が出版され、心からお慶び申し上げます。

    お恥ずかしいことに私は、そのご本で取り上げられた方々はWinkのお二方と宍戸留美さんしか存じ上げませんでした。Winkの相田翔子さんが取材に対してかなり率直にお答えになってていた事と、宍戸さんはジョン・レノンの「イマジン」をカバーする意図があった事が私の興を呼んだことでございました。以下次項に続きます。 削除

    [ 無名の徒(むめいのと) ]

    2016/11/22(火) 午後 7:47

    返信する
  • 顔アイコン

    続きにございます。

    ご執筆対象楽曲は版元より指定があったとの事、ご苦心の程を拝察申し上げる次第にございます。ご本が世上の耳目をそばだたせ、ひいてはCHERRY★CREEK様の洛陽の紙価を高め、愈々執筆活動に精励なさり、文筆家として大成なさいますよう陰ながらお祈り申し上げます。敬白 削除

    [ 無名の徒(むめいのと) ]

    2016/11/22(火) 午後 7:53

    返信する
  • ☆無名の徒(むめいのと)さん:はじめまして、コメントをありがとうございます。以前よりブログ拝読等してくださっていたとのこと、感謝申し上げます。

    まぁ…なんと随分とお堅いお言葉が並んでおりますが、理解はいたしました…モチ。笑)

    発売済の書籍に関しましてもご精読いただいたとのこと、ありがとうございます。焦点があてられている時代が88年以降ということで、当ブログのおもな読者さまのご興味対象からはやや外れておりましたね。貴重なお時間をいただきましてありがとうございます。この場をお借りいたしまして心からのお礼を…と、あまりに紋切型となりましたので、このあたりで止めておきますネっ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/12/3(土) 午後 0:27

    返信する
  • ☆無名の徒(むめいのと)さん:引き続きのコメントをありがとうございます。

    文体をイジられたのがちょいと…という感じでしたが、それでもあのように文面を掲載していただけた、この上なく嬉しいことでゴザイマシタ。

    これもひとえに、日ごろよりご支援いただいている皆様のおかげかと。文筆家…なんて柄ではございませぬが、今後も昭和アイドル文化を語り継ぐ役目を果たしていきたいと考えておりまする。今後ともよろしくお願いいたします。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/12/3(土) 午後 0:28

    返信する
  • 顔アイコン

    「アイドル冬の時代」は88年頃からそうなりましたね。同時に「歌謡曲冬の時代」にも突入しました。昭和の終焉とほぼ同期します。平成元年6月に美空ひばりが亡くなったことが象徴的。世代を問わない国民的な歌い手やヒット曲が出なくなりました。80年代前半のアイドル歌手全盛時代には10代のファンが大多数でしたが、同世代に於いてもエンタメの嗜好がバラけていったから「アイドル冬の時代」になったのだと思います。

    こちらの本で取り上げられた人にも、アイドルデビューは本意ではなかった人がいる、受け手側もそうした面には敏感になってきて、冷めてしまったと考えます。 削除

    [ 匿名係長 ]

    2016/12/11(日) 午前 8:38

    返信する
  • ☆匿名係長さん:こんばんは。コメントをありがとうございます。

    やはり88年あたりがソレに該当でしたよね。ソレ以前にも…冬の足音はひたひたと忍び寄ってきておりましたけれども。やはり時代にそぐわなくなったことにより、自然沙汰と考えるべきなのかもしれません。例え、おニャン子の出現もなく…あのままでやっていたとしても、きっと遅かれ早かれ似たような結果になったのではないかと思います。それでも日本からアイドル文化は消えなかった…これはかわゆいものが好きという、国民性の成せる業なのかしらん。

    アイドルも…その頃になると業界の裏をあからさまに見せられることが多くなり。純粋に夢を売ることができなくなったのでしょうかね。

    アイドル黄金時代の真っ只中に青春時代を送った者として…これからも正しいことを語り継いでいこうと思います。今後ともご支援のほど、お願いいたしまする_(._.)_

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2016/12/12(月) 午後 6:36

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事