ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
あけましておめでとうございます。

2017年の幕がズルズルっと開けましたね^^。
イメージ 2
今年は皆さまと一緒に…イキましたよ。11年ぶりに過ごす日本の年末年始…それはもう感慨深いものがございますけんど、テレビの世界はすこぶるつまらなくなったような?苦笑)

新年早々に毒を吐くつもりは毛頭ございませんけれども…民放で観たいな〜と思わせてくれるものはひとつもありませんでしたの。笑)

新春のお楽しみと言えば...「日本歌手協会 新春歌謡祭」かしらん。笑)今年は1月1日〜4日連続で放送されるのでありまする。今では滅多にお目にかかれなくなった大ベテランの方々もご参加とのことで...楽しみ楽しみ。
イメージ 5
それはそうと、昭和のあの頃の年末年始の過ごし方と言えば…

ブ厚い「TVガイド」片手に

「そのまえにチェック・オン・チェック」

とばかり、観たい番組をしこたま事前確認!おこたに入ってみかんをつまみながら…それらを楽しんだものでゴザイマシタけれどネ。そして窓の外では木枯らしが…

♪窓窓窓 窓窓窓 窓窓窓 窓窓窓…

を叩いたものでゴザイマシタけれども。って一体いつの話をしてるんだヨ。

♪あの頃は帰らない
 だけど去年の落葉がつもってるように〜

って…去年どころか30年以上も前からそれらが積もりに積もって…もう這い上がれないほどになってるような気もしてオリマシテ、滝汗。
イメージ 3
なにはともあれ、皆様の2017年が幸多き年度となりますよう、心よりお祈りしておりますヨン。

昨年は皆様のご支援のおかげで、ラジオやテレビ、そして書籍にも関わることができました。本当にありがとうございました。チェリー、感激の1年でゴザイマシタよ。今年は更なる飛躍を目指し…翔べる”にわとり”になれますよう、ガムばりたいと思ってます。かといって、翔びすぎての慢心はイケません。さもないと…

♪こわれる〜こわれる〜

なんてことにもなりかねませんからね、気をつけます。昨年はソレで「すっぱい失敗」をこいた著名人の方々の多かったこと。

いつも謙虚な気持ちを忘れずに…前へ前へと歩を進めて参りたいと思います。

当ブログの更新も

♪あとはもう〜なしのつぶてね〜

高橋美枝ってしまっており、誠に申し訳ございませぬ。身辺をとりまく状況が大きく変化しておりまして、なかなかまとまった時間を取れないのが現状。しかし、待っていてくださる方もチラホラ?いらっしゃるようなので^^;、落ち着いた頃合いを見計らい、新レビューをうpしたいと思っております。
イメージ 4
こんなワタクシメではゴザイマスが…
本年度も引き続き、何卒よろしくお願いいたしまする_(._.)_。
イメージ 6
注:本年は昭和58年度ではございませんので、お間違えなきよう。笑)

2017年元日
チェリー “CHERRY★CREEK”
昭和TVワンダーランド

  • ☆デストテックさん:こんばんは。ご丁寧にご返答まで…ありがとうございまする。獄門だなんて、滅相もない。やさしく、とろけるように対応させていただきますヨン。笑)

    郷ひろみ旦那がご出演なすったのは「鑓の権三」のようでゴザイマスね。失念しておりましたので調査いたしましたら、そのように出てまいりましたもので。活動写真と言えば…郷の旦那の相手を表紙で務めております、ピンク・レディーがいの一番ですわ、ワタクシメ的には。笑)

    西崎"パイナップルサマー"みどり嬢は「旅愁」でござんすね?まだお若いミソラでしたのに、素晴らしい表現力でしたワ。

    いえいえ…こちらこそ、今年も宜しくお願い上げ奉り候。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/10(火) 午後 10:20

    返信する
  • ☆のむさん:あけましておめでとうございます。新年のご挨拶をありがとうございます。旧年中は色々と...ありがとうございました^^。

    >今年もブログでまだ見ぬあんな曲こんな曲、まだ開拓してないアイドルなど、いろいろ勉強させていただこうと思います。

    まぁ!今年は新年早々やる気マンマンのようでゴザイマスねっ。まだ見ぬあんな曲こんな曲...たくさん書きたいですワ。あの頃はアイドルも数多くいらっしゃいましたから、きっとまだまだご存じない方も多々...でしょう^^。ご造詣を深めるためのお力添えができますと幸いでゴザイマスよん。今年もその奥深い海を一緒に泳ぎましょう。笑)

    そしてそして...月の女王様や他82年組の皆さまも35周年ですものね。どのような展開になるのか、今から楽しみですよね。

    こちらこそ今年も引き続き、よろしくお願いします。のむさんの2017年が素敵な1年となりますように♪

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/10(火) 午後 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリ〜さん、こんばんは。

    今日(1/10)放送「5時に夢中!」に、クリス松村さんがゲスト出演されましたが、今回は新春企画”推しメンキャピキャピ”(クリスさんと火曜レギュラー岩下氏が注目している各界の男性を互いにプレゼンする企画)があり”歌謡タイムリープ”はありませんでした。次回クリスさんがゲストの時までのお楽しみにしておきます。
    さて、クリスさんといえば昨夜のMBSラジオ「ザ・ヒットスタジオ」は1977年特集で、クリスさんがスタジオに持って来た”平凡””明星”を見ながらの放送でした(アレ、どこかで聞いた事があるようなスタイルだ・笑)。番組最後の曲は三谷晃代ちゃん”友達の恋人”をレコードでオンエアしました。もうしばらくすると、番組サイトに曲目リストが出ると思いますので、ご覧くだされ〜。 削除

    [ えっちゃんマン ]

    2017/1/10(火) 午後 11:41

    返信する
  • ☆えっちゃんマンさん:おはようございます。いつもコメントをありがとうございまする。

    歌謡タイムスリープをやらず、推しメンキャピキャピとは!あら?岩下さんってそういうキャラの方だったのネ。笑)いつのまにそうなったのかしらん、ナゾ。

    そして「ザ・ヒットスタジオ」は77年特集でしたか。ピンク・レディー人気がスゴかった年度ですが、オンエアされたのかしらん?まだ局のサイトにはアップデートないみたい^^;。番組最後はCDが発売されたばかりの三谷嬢の曲をあえてレコードで聴いて締めくくりでゴザイマシタか。ソレより「想い出のファーストキッス」の方が良かったワン。♪キライキライあなたなんて〜いえいえそんなことはゴザイマセン。好みも問題ですからん。笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/11(水) 午前 7:09

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。鳥といえば他にアイポでは「わたしの青い鳥」「鳥の詩」「かなしいことり」なんてのもありましたね。

    明星や平凡って、確かに70年以前はスゴかったです。手元に古本屋で買った63(S38)/9月号というのがあるんです。「サマーホリデー」ということで歌本も「歌おう!渚のバカンス(ザ・ピーナッツ」「恋のバカンス:が売れていたと推測できます)」(笑)、巻頭はなんと畠山みどり嬢の水着グラビア(笑)。各歌手の住所が掲載されているのも時代ですね。

    紅白に関してはジャニを司会に持ってくるのも、ゴジラを中途半端に持ってくるのもマンネリ感が否めませんね。ただ紅白史を繙くと、人選には昔から難ありな点が見られたんですわ。例えば千賀かほる嬢「真夜中のギター」とか坂上二郎氏「学校の先生」なんて大ヒットが選から漏れています。あと80年代アイドルやニューミュージックで涙を飲んだ歌手が実に多かった。やっぱり事務所の力が昔から強いんでしょうね。

    [ kos***** ]

    2017/1/11(水) 午後 8:48

    返信する
  • ☆kos*****さん:こんばんは。毎度ありがとうございます。

    >鳥といえば他にアイポでは「わたしの青い鳥」「鳥の詩」「かなしいことり」なんてのもありましたね。

    そうですね、伊藤咲子嬢の「青い鳥逃げても」、ザ・タイガース「廃墟の鳥」とかネ。あと、アイポじゃないけど三沢あけみ「渡り鳥」、布施明「愛は不死鳥」、小林幸子「迷い鳥」なんてのもありましたワ...。題名じゃないけど園田ことり嬢。笑)「鳥」ワードに拘らなければ、すずめとか鳩とかフラミンゴなどでしこたま出てきますものね。すずめ、すずめの涙、多感期のフラミンゴ、フラミンゴ・イン・パラダイス、フラミンゴ、ほととぎす、白い小鳩、冬のかもめ...などなど。

    >手元に古本屋で買った63(S38)/9月号というのがあるんです。

    そんな頃からあったというのがスゴイですよね。畠山みどりさまが水着グラビアとは...その時代はヤングアイドル扱いでしたのネ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/12(木) 午後 10:29

    返信する
  • ☆kos*****さん:(続き)

    >人選には昔から難ありな点が見られたんですわ。

    おっしゃるとおり。例の「ご意見を伺う会」では、一体ナニを伺っていたのかナゾですね。笑)人の印象なんて上っ面のものが大半を占めてますから、ソコで名前の挙がった人はラッキーくらいのもので...ついつい忘れがちになる歌手が選から漏れてしまったとか...そういうレベルだったのかもしれません。笑)

    80年代アイドルは飽和状態になって枠が足らなくなりましたよね。ソコからあぶれたナンノや唯ちゃん、桃子ちゃんなどなど...ヒットがあったのに出場ナシが妙に増えてしまいましたものネ。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/12(木) 午後 10:30

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。

    鳥・・・そこまでかましてこられるとは(笑)。まず「渡り鳥」が水前寺さんの「涙を抱いた渡り鳥」や「ひばりの渡り鳥だよ」を抑え、堂々三沢さんというのに爆笑しました。あと「青い鳥逃げても」ありましたね。まずかもめ関連でかなりあり「かもめはかもめ」「かもめが翔んだ日」「カモメお前なら」ですかね。あと「黄色いカラス」(ちゃんちゃこ)なんてのも。名称では森田つぐみ嬢、鷲と鷹、赤い鳥がありました。歌詞の中では♪人の言葉をしゃべれる鳥が とやっぱり♪メランコリー を即連想します(笑)。

    平凡廃刊の時に、過去の歴史が載った特別号を買ったんです。戦後すぐからどちらもあったようですよ。ご両親も絶対買われてるはず、家も♪似たようなこと誰でもしていたのよ〜だったんで(苦笑)。畠山みどり嬢も演ドルだったんでしょうね。ところがWみどりで五月みどり嬢の水着が出てるんですよ。これは最近のム・ス・コもくぎづけ〜といった感じでその後の脱ぎや今の若さを彷彿とさせます。(続く)

    [ kos***** ]

    2017/1/14(土) 午前 8:22

    返信する
  • 顔アイコン

    紅白の「ご意見を伺う会」、何のために存在するのかしら?昨年だって藤あや子嬢が落選しましたけど、まだ新曲はオリコン20位に入ってるんですよ。全く腑に落ちないし、こういう存在を求めてる層って全国に多いと思うんですよ。♪間違いはあの時生まれた〜と断言できるのは82年。郁恵嬢が「なごり雪」を、淳子嬢が「セーラー服と機関銃」を歌ったアレですよ。あの時伊代嬢も芳恵嬢も当選でおかしくなかったのはきりなくここで採り上げられておりますが、アイドルも出る人が偏っちゃいましたよね〜>ついつい忘れがちになる歌手が選から漏れてしまった とは言われても、本田美奈子嬢を落として誰も知らない民謡の福士りつ嬢(懐)を出すとか今以上に信じられない人選でした(怒)

    [ kos***** ]

    2017/1/14(土) 午前 8:28

    返信する
  • 顔アイコン

    年始のご挨拶をさせていただく時機を逸しました。既に一月も半ばとなりましたが...CHERRY★CREEK様におかれましては恙なく平成二十九年を迎えられましたる段、慶賀の至りにございます。本年は貴ブログ開設十三年目となり、人で言えば「年男」に充当致します。

    心からCHERRY★CREEK様のご健康とご多幸を祈念申し上げ、時機を逸した年始のご挨拶といたします。

    [ 憂国 ]

    2017/1/14(土) 午後 0:17

    返信する
  • ☆kos*****さん:またまたありがとうございます。

    三沢あけみ嬢「渡り鳥」はウチの母のカラオケ十八番なもので、ついつい。笑)でも大大「好きよ」な曲でありまする。笑)三沢嬢...年末放送の歌番組でお見かけしましたが、相変わらずお若くて...ステキでゴザイマシタ。

    かもめ系は演歌や歌謡曲でいくらでも出てきますよね。ちあきなおみ嬢「かもめの街」もあれば、牧村三枝子嬢「北のかもめ」とか。カラスだと中沢ゆうこの演歌「カラスの女房」もあるワ。笑)すずめも色々多いけど個人的には村上幸子嬢の「酒場すずめ」。チュンチュン〜ってのが印象的でゴザイマシタわ、合掌。

    にわとり系だと...榊みちこ嬢「日記 ポチと鶏」がありますワ!笑)

    鷲と鷹のお二方...セミプロみたいな方だったのでしょ?だとしたら「スタ誕」史上で最初の出来レース???さすらい野郎風の楽曲は大好きだけんど。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/14(土) 午後 9:25

    返信する
  • ☆kos*****さん:(続き)

    おなじみすぎるほどの演歌ばかりになるのもウンザリするけど、たしかにそういう方が出ないと重みがなくなるというか...歌で聴かせるという側面が失われる感じがしますよね。昔はソコに歌謡曲という枠があって均整がとれていたのに...今はソレがないから真っ二つ。両極端でバランスが悪いたりゃありゃしない^^;。

    >♪間違いはあの時生まれた〜と断言できるのは82年。

    なぜゆえに事件。85年を境に紅白の視聴率は一気に下がっていきますから、アイドル業界の動きと一緒。やはり要年は1985年なんですね。マリリ〜ンであれだけ大ヒットを飛ばした本田美奈子嬢が出場経験ナシってのもね...解せませんでした。「つばさ」がぷちヒットした時、クラシック歌手になって素晴らしい歌声を披露できるようになった時...出場に理が適う機会はいくらでもあったはずなのに。

    福士さんや知恵っ子よされの方とか...民謡とかソチラ方面からのご出演でしたよね。試行錯誤がムキ出しになっていた時代ですね。サラ・ブライトマンなんて...海外からのお客様なのに、生のステージで出演しました

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/14(土) 午後 9:33

    返信する
  • ☆憂国さん:あけましておめでとうございます。松は取れましたがご挨拶として...言わせてくださいマセね。今年もよろしくお願いいたします。

    ブログ13年目...いつのまにそんな月日が流れたの?くらいの感じなのですが、続けられますようガムばりますネ。

    旧年中は色々とご支援を賜りまして感謝しております。今年もお喜びいただけますよう、活動的な1年にしたいナと。引き続き、何卒よろしくお願いいたしまする_(._.)_

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/14(土) 午後 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    ♪鳥よ〜渡り鳥よ〜三沢嬢の、「演歌の花道」でよく聴きましたがお母上の十八番とは。かもめはきりがないですね。さゆり「鴎という名の酒場」浅川マキ「かもめ」米田晴美「カモメ啼かないで」etc。すずめも永井みゆき「大阪すずめ」があります。村上幸子嬢、「佳人薄命」の典型だったような印象。そしてつばめは昌子「越冬つばめ」がありましたね。あとは田中のりこ嬢「鳥になった少年」なんてのも。

    82年にまず70%割れした紅白、85年の鈴木健二アナのはしゃぎすぎで傷は広がる一方なのに試行錯誤の嵐。でもそう考えていくと紅白そのものが悪いというより、やはり音楽業界から「歌謡曲」が消滅したことが何よりも原因でしょう。

    [ kos***** ]

    2017/1/14(土) 午後 9:54

    返信する
  • ☆kos*****さん:こんばんは。毎度どうもでございます。

    演歌だとかもめやすずめは定番でしたものね。変わり種?として石川さゆり「ほととぎす」というのもありましたけれども。あと...アイドルで忘れておりましたワ。柏原芳恵嬢の後期作品「冬の孔雀」ネ。レコード大賞で歌唱賞候補だった曲。

    85年の鈴木アナは...「はしゃぎすぎたのね」by美川といった風でしたものね。たしかにおっしゃるとおりで「歌謡曲」が家族をお茶の間でひとつにしてくれていたものだった...そんな風に感じますよね。世代に関係なく楽しめた音楽、それが歌謡曲だったのでしょう。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/1/15(日) 午後 5:55

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリ〜さん、こんばんは。

    今日(2/7)放送「5時に夢中!」”クリス松村の歌謡タイムリープ”は1984年を特集。まず、この年の世相として”日本が男女とも世界一の長寿国になった””コアラ、エリマキトカゲ人気””世界初ポータブルCDプレーヤー「ディスクマン」発売””映画「ターミネーター」公開””ロスで五輪””スペースシャトル打ち上げ””アップル「マッキントッシュ」発売”を取り上げ。次に年間ランキングを紹介し、この年の特徴は”ポップス台頭”、この年の”聴くべき魂の1曲”は「雨音はショパンの調べ」(小林麻美)。ガゼボの原曲もヒットした、という事で洋楽の年間ランキングも紹介したところで問題。”洋楽の年間第8位はある映画の主題歌、この歌を歌っていた世界的スターは誰?”正解はジャッキー・チェンでした。正解を発表したところでクリスさんが”もっと好きな人がいるので今日は連れて来ました”と言って、私物のブルース・リーのフィギュアを出し、ハコちゃんに”貴方、幅広いわね〜”と言われて今回は終了。以上です。 削除

    [ えっちゃんマン ]

    2017/2/7(火) 午後 6:44

    返信する
  • ☆えっちゃんマンさん:詳しいご報告をありがとうございます。

    「雨音はショパン...」懐かしいですね。ガゼボのオリジナル盤もヒットいたしましたものね。ちょうどワタクシメが高校生の頃でゴザイマシタ。なんだかあの頃の初夏の日差しの感じとか...そんなものまでが甦ってくるよう。

    世界初のポータブルCDプレーヤー「ディスクマン」ありましたネ〜。なんだか電池の持ちが悪くて...すぐに取り替えるハメになっていたような。もしくはACアダプタで接続でしたネ。あの頃は世界制覇も夢ではなかったはずだったのに...。

    クリスさんはブルース・リーさんのファンなの?俳優として?オトコとして???なにはともあれ、ハコちゃんのコメントに同意でゴザイマスよん。笑)

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/2/12(日) 午前 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    チェリ〜さん、こんばんは。

    今日(3/7)放送「5時に夢中!」”クリス松村の歌謡タイムリープ”は1975年を特集。この年の世相として”新幹線東京〜博多直通運転開始””ベトナム戦争終結””ザ・ピーナッツ、キャロル解散””「エマニエル夫人」大ヒット”を取り上げ、この年の年間ランキングを紹介。この年の特徴は「新たな才能」の年だそうで。クリスさんが選ぶ、この年の”聴くべき魂の1曲”は「卒業写真」(荒井由実)。今でも歌い継がれるのが一番の理由。そして今回はクリスさんが選ぶ”若者に聴いて欲しい1曲”として「人間の駱駝」(大塚ガリバー)を紹介。”無口な駱駝の群れだけが 蹄を引きずって 西に消えた”という歌詞の部分がイイ!と力説したところで今回は終了でした。

    ナント来週も!火曜の「5時夢」はクリスさんがゲストだそうですが、来週火曜は都議会中継のためMXは"MX2"という”サブチャンネル”での放送なので、私はこの日の5時夢が観られるかどうか微妙です(泣)。 削除

    [ えっちゃんマン ]

    2017/3/7(火) 午後 8:51

    返信する
  • ☆えっちゃんマンさん:またまたどうもでゴザイマス。

    今回は1975年の特集でしたか...ギリギリの世代になるワタクシメ。はっきり覚えてる...というのは1976年くらいからになるんですよね、やはり。それ以前は断片的というか。

    「エマニエル夫人」は憶えてますね〜なぜか。見てはいけないモノを見てしまった...という感じ。昔は街角の、ソコラの映画館でもそのテの映画を上映。町中にはソレを宣伝する広告なんかも普通に貼られておりましたよね。ゴールデンハーフのルナさんがご出演されたそのテの映画の...駅の掲示板に貼られていたような。とてもショックでしたワ。

    「卒業写真」はまさしく名曲ですよね。個人的にはハイファイセットのバージョンが好みですけんど。「人間の駱駝」、ナツカシイですね。ヒットしきれなかった曲ではありましたがいい曲だと思います。今の方には...どうなんでしょうね。説教くさいと感じるのかも?あと日本語力を上げないと歌詞の意味が理解しきれないような気も...^^;。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/3/11(土) 午後 1:53

    返信する
  • ☆内緒コメさん:ご無沙汰しておりました〜お元気そうでなによりです。しばしお書き込みがなく、どうされているのか心配しとりましたヨン。

    さようでゴザイマシタか...そろそろネット環境のご整備をぜひとも^^;。〇フーもやることが横暴でゴザイマスよね。なり代わりましてお詫びいたしまする。

    「5時に夢中」もご覧いただきましたようで感謝いたします。急遽の出演となり...まぁ、色々と言いたいことは山ほど^^;。でも良き記念になりましたし、「観ましたよ〜」と言ってくださる方が多く、改めてテレビの影響力を思い知らされておりまする。

    またのコメント...お待ちしておりますネン^^。

    チェリー(CHERRY★CREEK)

    2017/4/27(木) 午前 6:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事