ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

いつも『昭和TVワンダーランド』へのご訪問をありがとうございます。

さて、歌謡曲情報サイト「歌謡曲リミテッド」内、コラム更新のお知らせをいたします。

「歌謡曲リミテッド」とは歌謡曲の最新ニュースと独占インタビューの歌謡曲専門サイト。2017年9月より、CDジャーナル社による運営となりました。

第7回目となるコラムが、当該サイトに掲載されましたので告知いたします。前回の更新(ピンク・レディーのマンモナ)は10月下旬...今回はなんとか間を開けず、しかも年内に新記事を発表することができました...アセアセ。

コラムの出来栄えはさておき?まずはひと安心なのであります。笑)

そして、今回の題材は...

唇よ、熱くカタストロフィを語れ!
『カタストロフィの雨傘』中森明菜

でございます。

シングル曲ではありません。この曲は、明菜嬢のセカンドアルバム『バリエーション<変奏曲>』の中に収められた曲で、エンディングを除くと、一番最後の収録。大トリといった風ですからそれなりに...本アルバムにおいても、重要な意味があるはず。

作詞は篠塚満由美さん...そそっ、『パパはもうれつ』という曲で歌手デビュー、90年代にはしじみとさざえとして、ものまねでも大活躍された方でしたね。クラシック調の荘厳な趣を湛えながら...とある”1本の傘”をモチーフに、付き合っていた男に未練を感じながらも、見切りをつけ去ってゆく女を描いた作品になってます。ただ、その”1本の傘”ってのがネ...。ここは読んでからのお楽しみということで^^。

歌唱当時、弱冠17歳だった明菜嬢が、類まれな表現力で唄ってみせた...そんな曲。彼女にしか唄えないのでは...?こんな風に思わせてくれる、ザ・明菜といった作風が特徴で、歌詞、メロディー、アレンジ、歌唱のすべてが秀逸!

【サイトの名称】歌謡曲リミテッド
【サイトのURL】http://kayo.musicshelf.jp/  
【コラムのタイトル】チェリーの歌謡曲ワンダーランド
【コラムコーナーの直接URL】http://kayo.cdjournal.jp/serial/id859/

お読みいただけますと...嬉しゅうございます。

何卒よろしくお願いいたします。

チェリー"CHERRY★CREEK"

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事