ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
いつもご訪問をありがとうございます。

今回も、またまたラジオ番組出演がございますので、告知させていただきますネ。

■2018年3月4日(日)2400〜 ※再放送あり:翌週11日(日)同時間帯







番組名:FMおだわら「ファムラジオ」
テーマ:ミュージック パレット 〜タイトルに「色」の付いた曲特集
 
イメージ 1

女性シンガーソングライターによる作品(または他歌手への提供曲)で、タイトルに「色」のついた曲の特集です。この番組では、男性アーチスト、ならびに男性作家の曲は対象外という縛りがあります。だから、番組名が「FEMME ファムラジオ」なのです。FEMMEはフランス語で「女性」を意味します。

すなわち、男性アーチストの曲や男性作曲家が書いた曲は、この番組ではかかりませんのでご了承のほど。

今回の特集は、リスナーの皆さまから寄せられたオールリクエスト回になるようですヨ。この度、番組パーソナリティーの長井英治氏からのご提案により、ワタクシも1曲リクエストさせていただくことになりました。

番組内では、ワタクシのちょっとしたトーク&曲の解説が「チェリーコーナー」としてオンエアされる予定です。リクエストは、とある80年代アイドルの曲(もちろん↑の条件に沿ったものになります)。どの方の、なんの曲がオンエアされるのかお楽しみに(^^♪"ミニコーナーへの出演"という形になりますため、番組全体に渡りゲスト出演するというワケではありませんので誤解のなきようお願いいたしますネ^^;。

パソコンやスマホから聴く方は こちらのサイト より、関東→「FMおだわら」を選択してくださいネ。

遅い時間帯となりますが、よろしければ聴いてくださいネ。

チェリー"CHERRY★CREEK”より

いつもご訪問をありがとうございます。

年末年始の情報について色々と告知をさせていただきましたが、本人もなにかなんだか分からなくなってまいりました。ってなワケで、ここらで整理整頓!一目で分かるように"まとめ"ておきたいと思います^^。

【年末年始のイベント&出演情報】

■20171229日(金)19:00〜
イメージ 1
 
「ライブ歌謡選抜」
イベントスペース 池袋 Space emo
 
1幕 チェリー のアイドルトークライブ 〜「ここがナゾだよ、レコード大賞」
2幕 半田健人&チェリー 〜「歌謡曲ここだけの熱いトーク」
3幕 半田健人ライブショウ

放送はありません。ライブステージでのイベントです。よろしければ、足をお運びいただけますと幸いです。
 
詳細やチケット購入に関しては こちらのサイト にて。
 
■20171231日(日)23:00〜
イメージ 2


 


FMおだわら「ラジオ歌謡選抜」
大晦日2時間スペシャル 
〜「キラキラ80s アイドル歌謡で年越し」
イメージ 4

大晦日の2時間!80年代のキラキラしたアイドル歌謡を聴きながら、カウントダウンもやっちゃいます。ぜひ聴いてくださいネ。パーソナリティーは鈴木啓之さん、長井英治さん、そしてワタクシがゲスト。三人で楽しくお届けしてまいります。
 
パソコンやスマホから聴く方は こちらのサイト より、関東→「FMおだわら」を選択してくださいネ。
 
■2018114日(日)2400
イメージ 3







FMおだわら「ファムラジオ」
アイドル・冬のワンダーランド NM 作家の提供曲&カバーで楽しむ冬
 

ニューミュージックの女性作家がアイドル歌手へ提供、またはアイドル歌手によりカバーされた楽曲(70−80年代)を、ワタクシが熟考に熟考を重ねてセレクションいたしました。今回は、冬の雰囲気がタップリ...そんな作品群を、パーソナリティーの長井英治氏と一緒に聴いていきますヨ。

パソコンやスマホから聴く方は こちらのサイト より、関東→「FMおだわら」を選択してくださいネ。

以上、出演情報の"まとめ"でした。

チェリー"CHERRY★CREEK”より
イメージ 1

いつも『昭和TVワンダーランド』へのご訪問をありがとうございます。

さて、歌謡曲情報サイト「歌謡曲リミテッド」内、コラム更新のお知らせをいたします。

「歌謡曲リミテッド」とは歌謡曲の最新ニュースと独占インタビューの歌謡曲専門サイト。2017年9月より、CDジャーナル社による運営となりました。

第7回目となるコラムが、当該サイトに掲載されましたので告知いたします。前回の更新(ピンク・レディーのマンモナ)は10月下旬...今回はなんとか間を開けず、しかも年内に新記事を発表することができました...アセアセ。

コラムの出来栄えはさておき?まずはひと安心なのであります。笑)

そして、今回の題材は...

唇よ、熱くカタストロフィを語れ!
『カタストロフィの雨傘』中森明菜

でございます。

シングル曲ではありません。この曲は、明菜嬢のセカンドアルバム『バリエーション<変奏曲>』の中に収められた曲で、エンディングを除くと、一番最後の収録。大トリといった風ですからそれなりに...本アルバムにおいても、重要な意味があるはず。

作詞は篠塚満由美さん...そそっ、『パパはもうれつ』という曲で歌手デビュー、90年代にはしじみとさざえとして、ものまねでも大活躍された方でしたね。クラシック調の荘厳な趣を湛えながら...とある”1本の傘”をモチーフに、付き合っていた男に未練を感じながらも、見切りをつけ去ってゆく女を描いた作品になってます。ただ、その”1本の傘”ってのがネ...。ここは読んでからのお楽しみということで^^。

歌唱当時、弱冠17歳だった明菜嬢が、類まれな表現力で唄ってみせた...そんな曲。彼女にしか唄えないのでは...?こんな風に思わせてくれる、ザ・明菜といった作風が特徴で、歌詞、メロディー、アレンジ、歌唱のすべてが秀逸!

【サイトの名称】歌謡曲リミテッド
【サイトのURL】http://kayo.musicshelf.jp/  
【コラムのタイトル】チェリーの歌謡曲ワンダーランド
【コラムコーナーの直接URL】http://kayo.cdjournal.jp/serial/id859/

お読みいただけますと...嬉しゅうございます。

何卒よろしくお願いいたします。

チェリー"CHERRY★CREEK"
イメージ 1
昭和アイドル研究ブログ『昭和TVワンダーランド』へのご訪問、いつも本当にありがとうございます。

またまた突然ではございますが、下記の日程にて歌謡イベントに出演することと相成りました。

日時:2017年12月29日(金)
場所:池袋 Space emo サイトはこちら→ http://space-emo.com/ 
イベント名:『ライブ歌謡選抜 Vol.1』
※FMおだわらで放送中『ラジオ歌謡選抜』から派生したライブイベント 
時間:19:00〜21:00 ※会場は18:30〜
出演:半田健人氏 チェリー"CHERRY★CREEK" 
司会:長井英治氏
チケット:11月27日(月)19時よりTIGETで予約販売開始
購入用の直接リンク:https://tiget.net/events/19892

ちなみに、イベントの詳細は こちら で確認することができます。内容は未定であり決定ではありません。出演する本人が「えっ?」っと驚いている次第でアリマシテ。笑)

しかし今回はスゴイですよ!なっ、なんと半田健人さんと、トークショーで共演させていただくことになったのです。

半田さんと言えば、TVドラマ『ごくせん』第5話のゲスト出演として脚光を浴びられ、以後『仮面ライダー555(ファイズ)』では主役として大活躍。そして、お若いのにも関わらずの歌謡曲通としても知られる方ですよね。
 
ワタクシの出番は、半田さんの歌謡ワンマンショー前のちょっとしたコーナーになります。年の瀬がグングン迫る1229日の19:00から...「大入りダイヤルまだ宵の口〜」っとばかり”宵の口”と呼ばれる時間帯に歌謡曲漬けになる!来たる新しい年に備え、このように過ごす年末ってのも、これまた『おつだね』乙なもの?ってか見に来てくださる方の多くは、年がら年中の歌謡曲漬けかと思うけんど。
 
アレのごとし?「ダメ。ゼッタイ。」というものではないのですから、どっぷりと漬かりましょうヨ。多少の”常習”性は伴う恐れもあるなれど。


♪るっせえ るっせえ るっせえ ほっておいてよ〜
 
ってなワケで、いかがでしょうか?
 
半田さんの素敵なステージもありますがゆえ、例えワタクシがハズしたといたしましても、元はきちんと取れますので。苦笑)キャパ小さめのため、半田さんファンの方々が一斉に買ったら、あっという間にSOLD OUTになりそう!?
 
ってなワケで...1229日は池袋のSpace emoに来て来て!
 
♪ミニミニ〜見に来てね〜
 
会場で、ぜひお会いいたしましょう。


取り急ぎ、イベント出演のお知らせまで。
 
チェリー"CHERRYCREEK"より
イメージ 1
いつも『昭和TVワンダーランド』へのご訪問をありがとうございます。

さて、歌謡曲情報サイト「歌謡曲リミテッド」内、コラム更新のお知らせですヨン。

「歌謡曲リミテッド」とは歌謡曲の最新ニュースと独占インタビューの歌謡曲専門サイト。2017年9月より、CDジャーナル社による運営となりました。

第6回目となるコラムが当該サイトに掲載されましたので、ここにお知らせいたします。運営会社変更に伴い、しばらく更新できず。『待たせてSORRY』ごめんなさい。

そして今回のコラムは、ピンク・レディーの『マンデー・モナリザ・クラブ』。

当時はこの曲でピンク・レディーが撃沈(←トップ20ヒットなのでソコまではいかないが)。しかし、売れなくなるキッカケを作ってしまった曲には違いなく。が、以後再評価の声は高まるばかりなのである。なにせカッコE〜曲ですからネ。ということで、2017年の筆者が感じることを"回顧"という形で書いてみましたヨ。

【サイトの名称】歌謡曲リミテッド
【サイトのURL】http://kayo.musicshelf.jp/  
【コラムのタイトル】チェリーの歌謡曲ワンダーランド
【コラムコーナーの直接URL】http://kayo.cdjournal.jp/serial/id834/

お読みいただけますと...嬉しいです。

何卒よろしくお願いいたします。

チェリー"CHERRY★CREEK"より

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事