ここから本文です

書庫☞当ブログのオフ会記録

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

その1からの続き。

■本オフ会|夜の部(18:00〜)瀬井広明さんの音楽BARで本オフ会

ご参加くださいました方々:maquecatさん、M☆Cマックさん、えっちゃんマンさん、さゆみんさん、シェルティーさん、中盛ヴァギ菜さん、のむさん、ファニーフェイスさん、ひよっこさん、みどしさん、モーリーさん(五十音順)

歌のゲスト:三姿舞(愛未さん、眞珠さん、愛華さん)、店のオーナー:瀬井広明氏(バレキス作曲者、元ストロベリーのリキマルさん)

ここからは、プレオフ会(カラオケ)に不参加の方々も合流され、場のボルテージはさらに上昇〜!そして、この熱気を想定済だったワタクシメ...BARの主である瀬井氏へ、前もってのお願いごとをコッソリと。ソレは

「冷房で願います」

ただでさえ11月半ばと思えないような暖かな日でアリマシテ^^; 。おそらくは的確な事前リクだったかと思われ。(笑) 寒いと感じた方がいらっしゃったのだとしたら…ゴメンなさい。

でもって…お待たせいたしました!

毎度恒例(←かしらん?)になっとります“参加記念の名札”&“参加特典”の全貌発表のお時間とまりいまショ〜ジャジャーン!今回のコンセプトは

花の82年組

おおっ!これはこれは…みなさんが「好きよ」な年度でアリマシテ。期待値はおのずと高まるというものヨ。

そして、名札のデザインはコレ。

イメージ 2

皆様もご存知のとおり、新井薫子さん「イニシャルは夏」でゴザイマスよ。その青いレコード盤をモチーフに、キメてみましたの。もちろん、すべて手作業によるてづくりでゴザイマス。

そして、そのカラクリはナニがどうなるかというと

イメージ 3
82年組の女の子ばっかり、こんなにこしらえました。綿棒のサイズ比較で、大体の大きさがお分かりいただけるかと^^。

イメージ 4パックンと開くコンパクト型。ミニチュアレコードは入っておりませんのであしからず。

こ〜んな82年組ミニレコジャケセレクションの中から2枚づつ、紙袋の中に手をつっこんで引いていただくという。どれを引くかは♪あなたしだいっ…というアレ。

ということは…名札のデザインとおソロになる「イニシャルは夏」のミニジャケを引いた方が、当該オフ会における幸運の矢を射止めるお方ということに。なんせそのように相成れば...トータルコーディネートの完成〜だものネ。どうせならば、おソロで手中に収めたいというものヨ。まぁ、ソチラよりも明菜嬢のを2種(正規盤とサンプル盤)コンプリしたいワ…というおコエもチラホラ?(笑)

イメージ 5
ストロベリーも花の82年組!ってことで、こんなモノをこしらえてみました。幻の2ndシングル「ハイっ!先生」のレコジャケを、想像を逞しくさせ?勝手に作ってしまったという。その曲は後に、セイントフォーのシングル第3弾に。なにせ、ストロベリーはレコードが1枚ポッキリだもの。(デビュー曲は第1回目のオフ会の際に作って差し上げてしまいましたので^^;。)

イメージ 6
歌のゲスト、三姿舞のお三方には、彼女たちの最新シングルをミニジャケにしてプレゼントいたしましたヨ。タイトルは「ヒカリ〜progress〜」。

で、結果を申し上げますと…なっなんと、最初に紙袋内へお手を入れられた方がいきなり。(笑)

そそっ…「イニシャルは夏」をお引き当てになられたのでありました^^。

「空気読めよ〜」の声が飛び交う中?その方はたいそう申し訳なさげに^^;。でもネ…彼は第1回目のオフ会から欠かさずご参加の皆勤賞クンでアリマシテ。だからワタクシメとしては、お礼の意味もこめまして、実はとても嬉しかったのでゴザイマス。

後日談として、その方は「イニシャルは夏」のレコード盤を、中古ショップにてそそくさとご購入されたそう。ってことで、名札、ミニジャケ、実寸ジャケ、青レコード盤…極上コーディネートのできあがり〜ということになりますネ。薫子づくしとなりましたこと、おめでとうございまする。(笑)

そして抽選会は熱気を帯び…中野美紀さん「未経験」を引いたうらやましい方(←あくまでもワタクシメ目線で)もいらっしゃいました。そして、女優系(川上麻衣子&伊藤かずえ)のシブいメンツをおソロでゲットした方も。はたまた、明菜嬢の希少プロモ盤、そして三田寛子嬢「夏の雫」の三白眼ジャケのコンビネーションでゲットしたツワモノさまも。結果的に、それぞれが異なったミニチュアジャケを手中にされたワケなのでありました。

そして、気になるのが…紙袋の中で蠢いていた面々。なにせ万が一のことを考慮いたしまして、実際の参加人数よりも多めに作成したもので^^;。

イメージ 7

あらら…意外と人気者が売れ残った模様。それらはワタクシメの手元でネンネコネンネコ…いつかどなたかに引き取られる日まで、箱入りム・ス・メとして温めておくことにしたのでありまする。

そして、本オフ会は更にヒートアップ!

●おいしいおつまみ(←バレキス作曲の瀬井さんが準備してくれたんだゼ〜感激)
●お飲みものはall you can drink(←瀬井さん、ご配慮ありがとうございます)
●さゆみんちゃんによる当時のギョーカイ裏話(←色々と^^)
●ワタクシメ編集の秘蔵DVD鑑賞
●三姿舞のミニライブ

まさに昭和のお茶の間キブン〜おこたに入ってのぬっくぬくテレビ観賞みたい。

互換性の関係?DVDプレーヤーが再生を開始しないというぷちアクシデントもありました。しかし、三姿舞のテクニカル担当らしい愛未ちゃんがちょちょっと直してくださり、事なきを得ることにナリマシテ。愛未ちゃん、ありがとうございました〜嗚呼、命びろいした。そして、場内はこんなお声であふれまくり。

「薫子、カラオケになってるゾ!」「きみこ〜泣くな!ガンバ!!」「おおっ!高島忠夫さま!」「こりゃ売れんワ〜^^;」「聖子嬢…キャワゆ〜い」「明菜〜フリツケ違うゼ、コレ貴重!」「わおっ、ジレジレ姉さん!」「さゆみん、変わってない〜美人!」「瀬井さん、面影ないヨ^^;」←すかさず「あるよ」と注釈いたしましたが、滝汗。

終わりのほう、とある方の歌唱シーン観賞中に、なぜかDVDが突然フリーズするという…破壊的な歌唱力だワ。(笑)

なにはともあれ、昭和アイドルを肴に「コントロール」の効かない状態だったのは明白でアリマシテ。(笑)

■三姿舞(さんしまい)のミニライブ

イメージ 8
瀬井氏プロデュースによるバラエティダンスユニット。その名のとおり、モノホンの三姉妹!そして、元ストロベリーだったモモコさんの実娘さんたちなのでありまする。この宵には、オリジナルナンバーやカバー曲などを、唄って踊ってくださいました。差し上げた名札をつけながら熱唱してくださり...チェリー感激!2013年にお会いした際よりもグ〜ンとご成長され、今やその実力はどこぞの大所帯アイドルなぞかる〜く上回り。もっともっと有名になってほしい!

イメージ 9
お三方にはこ〜んな風にサインまでしていただきました。嬉しゅうゴザイマシタ^^

そして会は遂に…最後のイベントを迎えることに。

イントロクイズ大会

前回から実施いたしまして好評を得たもので…♪ノッテケノッテケ〜調子にのってまた開催。(笑)

正解した後には曲のサワリを流すという...いわばお手製の「ドレミファドン」なのです。

今回はさゆみんがアシスタント役…そそっ、正解者へうまい棒をお配りいただくという役を務めてくださいました。ありがとうございました。♪あのね〜そのね〜だけど〜さゆみんは本物の「クイズ ドレミファドン!」でアシスタント経験者なんだゼ〜。しかも、シャッタージェスチャーなどでバリバリ活躍してたんだゼ〜スゲェ〜!!アレって手動だったんだって〜マジ???(笑)

そして、モノホンの方にお手伝いしていただける幸せをかみしめがら

イントロドン!

壁ドンではゴザイマセンので、あしからず。

メジャーな曲も、マニアックな曲も取り混ぜて。それにしても皆様ったらばよく当てる当てる〜!20-30問くらいは出題したかしらん?その中でmaquecatさん、中盛ヴァギ菜さん、ひよっこさんあたりがトップグループを形成(←全日本歌謡選抜風お伝えの仕方?)。

そして激闘の末、栄えある1位の座を手にされたのは...ひよっこさんでゴザイマシタ!

まぁ〜お強いこと!ひよっこさんはウルトライントロドン〜でもご知識をフル活用され、正解を連発しまくり。最終的に、山のようになるほどのうまい棒+優勝者用の景品を獲得されたのでありました。ひよっこさん、おめでとうございました。アナタはスゴイ←チェリー認定。

このように、宴たけなわとなりましたオフ会…気がつけば時計の針は10のトコロを指しとりましたヨ。午後のカラオケからはじまり8時間強…法令労働時間以上?のなが〜い時を皆様と共有いたしました←しばりつけちゃってブラック認定かしらん、ナゾ。(笑)

それにしても「おしゃれな土曜日」とは、なぜゆえにこんなにも早く過ぎ去るの?

皆様とのお別れに「さよならのめまい」を感じつつ…ご挨拶をさせていただきながら、会の幕をシュルシュルと降ろしたのでありました。

そして、毎度のごとし…「土曜日のシンデレラ」と相成る皆様の「うしろ影」を見送ったのでゴザイマス。

いえ…残られた方が1名。えっちゃんマンさま…最後までありがとうございました。

ココでは…瀬井さん、さゆみんちゃん、ワタクシメの計4名で、ストロベリー時代の話に花を咲かせまして。なにせ、えっちゃんマンさまは、ストロベリーが現役の頃に「君の香りでいっぱい」のレコード盤をご購入という。いわばワタクシメと同じような?生き証人でアリマシテ。さゆみんちゃんもたいそうおヨロこびのご様子でゴザイマシタよ。本当にありがとうございました。最後に♪マル秘〜マル秘〜のおみやげ(←ストロベリーファンしか喜ばないと思われ)もいただきました…瀬井さん&さゆみんちゃん、ありがとうございました。

しかし、イチバンのシアワセは言うまでもなく…皆様と一緒に過ごした8時間〜コレでゴザイマシタよ。

ご参加の皆様、本当にありがとうございました。至らぬ部分やお見苦しい点もあったことでしょう...「ごめんなさい」。次回は気をつけますので、またお目にかかれますとウレシュ〜ゴザイマスよ。また、今回はスケジュールの都合がつかずご参加できなかった方々…次回にお会いできますのを楽しみにしておりますネ。

♪どうやって過ごしたら〜美しい別れに〜なるのでしょうか〜

家路におきましてはこんなことを悶々と。ってか、その時点ですでにお別れは済んでいたのでは?(笑)そう言えばそうだった、滝汗。

ってなワケで...「昭和TVワンダーランド 第4回 ぷちオフ会 その2」はこれまで。
イメージ 1

みなさま...しばしのゴブサタでゴザイマシタ。

日本での丸々1ヶ月に及ぶ滞在を終え、12月8日に成田出発で「バイバイBOYにしてあげる」と相成りましたワタクシメ。

♪Fly me to love 珊瑚礁まで 波の銀河を滑り〜

青い海原を越え...南半球のどデカイ大陸、オーストラリアへ舞い戻りましたヨ。しかし、お空の旅もねぇ…こう度重なりますと、外の景色に関する興味など薄れていくというものでアリマシテ。機内でのワタクシメと言えば…そそっ、ダイスキなニッポンの歌謡曲をひたすらに聴いていたという。ってか「もしも空を飛べたら」がせっかく実現してるのだから、そんな時くらいはソコからお離れになったら?というご意見もチラホラか。(笑)

なにはともあれ…ニッポン滞在中に「何が私に起こったか」。

ってなワケで、例のごとく「チェリーのニッポン滞在記」を書き連ねようと思うのでありまする。今回は「2015秋」というバージョンになりますネ。

しかしねぇ…この度の里帰りは色々なことが起こりモリダク。この記事をご精読中の方には「覚悟の秋」をお願いすることになりそう…ってかもう冬でゴザイマシタね、シッケイ。

それでは、この重要イベントのご報告からにいたしまショカ。

昭和TVワンダーランド 第4回 ぷちオフ会

おおっ!すでに数えて4回目。コレもひとえにご参加してくださる方がいらっしゃるからでアリマシテ。さもないと…回を重ねることなど不可能。ってことで、この場をお借りいたしまして、これまでにご参加してくださった方々へ、ココロからのお礼を。ありがとうございまする。

今回も都内近郊にご在住の方はもとより、大分、兵庫、栃木、大阪、愛知、静岡からもお越しいただきました。交通費やご宿泊費を捻出してまで集ってくださる…チェリー感激っ!

ご参加くださいました方々:maquecatさん、M☆Cマックさん、えっちゃんマンさん、さゆみんさん、シェルティーさん、中盛ヴァギ菜さん、のむさん、ファニーフェイスさん、ひよっこさん、みどしさん、モーリーさん(五十音順)

歌のゲスト:三姿舞(愛未さん、眞珠さん、愛華さん)、店のオーナー:瀬井広明氏(バレキス作曲者、元ストロベリーのリキマルさん)

開催日:2015年11月21日(土)

レギュラー陣の皆様…元気なお顔でまたお会いできましたネ。そしてお初にお目にかかれました方々…、嬉しゅうゴザイマシタよ、ホント。

そして、今回は女性の参加者さまも(←M☆Cマックちゃん、ふたたびお会いできましたネ)、そして、さゆみんちゃん(元スクールメイツ&元ストロベリー)もご参加〜とキたもんだ。お二方とも本当にありがとネ。さゆみんちゃんとの素敵なご縁に関しましては、どこからお話したらよいのやら〜。すでにご存知の方はともかく、そうでない方はこちらをご一読くださいマセね^^。

イメージ 2
「好きよ」が講じ、こんなモノまで。さゆみんちゃんが元メンバーだった、ストロベリーのデビュー曲「君の香りでいっぱい」がCD化!といっても、業者さんにお願いして自主的にレコード盤→CDにしていただいた次第でアリマシテ。なんといっても未CD化なんだもの〜早くなんとかしてよ、プンプン。

また、ご参加の方々からは美味なる贈り物や昭和アイドルグッズまで頂戴いたしました。クチにツッコめるモノは、日本滞在中にすべて平らげました〜ありがとうございます。ソレらとは別に、ワタクシメが頂いてよろしいのやら?と思われる、こ〜んな超お宝もゴザイマシて…感謝感激!本当にありがとうございました。

イメージ 3
レッツゴーヤングのポストカード。コチラには若き日の松田聖子嬢のご尊顔が。

イメージ 4
そしてコチラはやや新しめ...といっても1980年代^^;。小出広美嬢や今井まことクンのお顔が拝める貴重品。

それでは、その全貌とやらをここらで。

今回のオフ会は、はじめてご参加という方も多く…

♪フレッシュフレッシュフレッシュ〜

「夏の扉」…もとい、オフの扉をガバっと開けてくだすったということに?

このため、その方々用の対策といたしまして、こんな紙を用意したのでありました。

イメージ 5
実際に手に持ったモノ。このため多少のシワや手アカが^^;

なにせこの時点では自身の顔面一般公開なぞしておりませんでしたもので(←円盤のイベント関連にてそのようになりましたが)。はじめての方々にとりましては、チェリーの顔なんてサッパリコンコン〜ってな状態。このような理由から、待ち合わせ場所ではその紙っぺらをひたすら掲げ、お初の方々ご参上をお待ち申し上げていたという。しかし…顔から火がでるほどハズカシュ〜ゴザイマシタよ。通行人の方々がみ〜んなジロっとしたマナコで見ていくのだもの…完全に見世物小屋に放り込まれたチェリーさん。(笑)まぁ、こんなこと

♪どうでもいいわ〜

どんな風に思われようが昭和アイドル道を突き進みむのでありまする、キリっ。(笑)

■昼の部(14:00〜)都内某所でカラオケ プレオフ会

こちらは上記、オフ会参加表明メンバーの内、10名の方々がご参加してくださいました。キオクによれば…プレオフ会としてはこれまでにないほどの大規模だったかと。

早々に待ち合わせ場所で待機してくださっていた方々、例の紙っぺらを見て(恐る恐る?)にじり寄ってくださった方々…そして、相変わらずおキレイで華やか〜なさゆみんちゃんもご到着と相成りまして。こうしてプレオフ会(カラオケ)の参加者が揃いぶみとなったのでありまする(注:後ほど遅れて1名のご参上がゴザイマシタが)。でもって、いよいよプレオフの会場へとなだれこみ。

しかし、本オフ前…いわゆる“プレオフ”の段階でしたもので、恒例の“名札”はまだお配りできないという「もどかしさもSOMETIME」。ということで、ゆる〜く自己紹介なるものをすることに。さもないと、誰が誰だか分かんないものネ…特にはじめての方々にとりましては。事前に把握できていたのは、ブログ管理人であり、本会合の幹事を務めたワタクシメだけだったという…。(笑)

そして、皆様の「プロフィール」を聞かせていただきながら…以前からお会いしていた方、お初にお目にかかれた方…とにもかくにも、こうして一堂に介すことができて本当によかったナ〜と、ほっこり。中には5年越しくらいの会いたい菜〜がようやく実現した方もおりまして^^。maquecatさん、お目にかかれて「ウ・レ・シ・イ」でしたヨ^^。それこそ、歌謡曲、ならびに昭和アイドル好きの皆様の中でフツフツと沸きあがる、熱き想いをじっくりと受け止めた次第でアリマシテ。

そして、ぐるりと順が回りましてワタクシメの番…でも今さら自己紹介もナニもネ〜ブログのご精読により、ワタクシメのことはすでにお腹いっぱい状態のはず?とスイソク。ならばとソレはあっさり終了させ、のど自慢の部開始〜とばかりに幕を切ったのでありました。

それにしても、毎度のことながら盛り上がりましたナ。

ラインナップはこんな…スゴイでしょ?も〜楽しいったらありゃしない!

「星から来た二人」 ピンク・レディー「青春のリグレット」 松任谷由実
「恋の大予言」 フィンガー5「月曜日はシックシック」 三井比佐子
「キャンセル!」 中森明菜「TATOO」 中森明菜
「ヤッパシ...H!」 浅香唯「おこりんぼの人魚」 仁藤優子
「私たち」 岩崎宏美「技ありっ!」 うしろゆびさされ組
「ラッキーチャンスを逃さないで」 キャンディーズ「さすらい」 近藤真彦
「For Freedom」 キャンディーズ「セカンド・ラブ」 中森明菜
「ターミナル」 畠田理恵「リトル・プリンセス」 岡田有希子
「愛って林檎ですか」 岡本舞子「めざめ」 木之内みどり
「愛してます」 河合奈保子「チャイニーズ・キッス」 松本伊代
「コスモス街道」 狩人「大巨獣ガッパ」 美樹克彦
「愛 愛 愛」 club M「乙女心ウラハラ」 井森美幸
「タブー」 小出広美「春色のエアメール」 松本典子
「シンデレラ」 高見知佳「ハリケーン・キッド」 河合奈保子
「アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた」 榊原郁恵「あなたのポートレート」 中森明菜
「危ない感傷」 伊藤麻衣子「Bye-Byeガール」 少女隊
「マッチョ・ドラゴン」 藤波辰巳「あなたのすべて」 桜田淳子
「夏のヒロイン」 河合奈保子「ぼく」 松本ちえこ
「小娘ハートブレイク」 伊藤美紀「Give Me Up」 BaBe
「少しずつ春」 松田聖子「ホテル」 立花淳一
「APPETITE」 中森明菜「青い視線」 河合奈保子
「カナダからの手紙」 平尾昌晃/畑中葉子「めざめのカーニバル」 榊原郁恵
「赤道直下型の誘惑」 渡辺桂子「ハートブレイク太陽族」 スターボー
「Dear Friend」 中森明菜「瞳の誓い」 井森美幸
「女の子なんだもん」 麻丘めぐみ「ゆ・れ・て湘南」 石川秀美

いやはや…ここだけ完全に「禁区」、もとい...金区よ金区!昭和のかぐわしきしかほりが充満し、ゴールデンなあの頃へのタイムスリップが大成功。それこそ「TVの国からキラキラ」感がハンパなく「もう戻れない」という感じだったかと。(笑)

唯一はて?と思うたのは、ハイテク仕様のカラオケマシーン。あんなの昭和にはなかったワン…でアリマシテの違和感。なにせあの頃と言えば…8トラと呼ばれた、不必要にどデカイ(←今思えば)カラオケ収録のカセットテープを、マシーンめがけてブシ〜っと。そして、歌詞カードの入ったクリアファイル片手に熱唱〜!といった様相でゴザイマシタものネ。

イメージ 6
熟女3人のユニット、club Mとして活躍中のさゆみんちゃん持ち歌がラインナップに〜スゲェ!そのご本人さまと一緒にカラオケ〜なんともまぁ、贅沢なこと!

最初こそ“借りてきたネコ”みたくおとなしかった皆様方。まぁ、そりゃそうなりますがな〜(注:一部を除き)怯えるおキモチは痛いほど^^;。しかし、ある程度の色つき水を五臓六腑にしみわたらせた後はと言えば…そのボルテージとやらは、風雲のぼり竜状態だったかと。(笑)

♪心の鍵盗まれて〜キ〜モ〜チも〜裸にされたのネ

申し訳ゴザイマセン!召されていたお洋服ごとひっぱがしてしまった?のかしらん、ナゾ。

なにはともあれ...それだけ我をお忘れいただき、お楽しみいただけた…という証でゴザイマスよね。

中には合唱した曲あり、昔を思い出して親衛隊コールを付けてくだすった曲あり、そしてフリツケを交えて歌ってくださった曲あり…あたかも少年&少女に戻ったような、イキイキしたお顔がズラリ。ワタクシメはそのような皆様のお姿を、目を細めながら見つめておりましたヨ。そして…あの頃の歌謡曲が「好きよ」という共通の想いを分かちあえるシアワセを、ギュっとかみしめていたのでありました。

ちなみにワタクシメが歌唱いたしましたのは、すべてがタブーのお歌、そしてジンジンジンとそそのかすアレ。また、さゆみんちゃんとのデュエットで「カナダからの手紙」(←きちんとハモりましたのヨ)なんてのも。それから、会のこけら落としとして「星から来た二人」(←ピンク・レディー物語「栄光の天使たち」主題歌|東京12チャンネル放映)を、中盛ヴァギ菜さんのリクで唄ったようなキオクが。

ちょっと“キオク”が…ってどういうこと?この時点じゃ酒はさほど入ってなかったハズなんだけど?もう忘れたのネ〜まぁ、なにせ「わたし、多感な頃」どころか「わたし、初老な頃」なもので、「幸せメモリー」のそそくさ「喪失」に関しましてはどうかご容赦のほど。(笑)

なにはともあれ…そんなこんなで実に愉快で楽しい会となったのでありました。ご参加くださった皆様も良い方ばかり…一緒に「夢千秒」(←千秒どころではなかったが)をご共有くださいまして、本当にありがとうございました。ご参加くださいました皆様も同じようなおキモチだったのであれば幸いでゴザイマスよ。至らぬ点や改善すべきトコロもあったことでしょう。それらは次回以降の見直しの対象として、真摯に検討してまいりますネン。
 
それはそうと…最近のチ・マ・タでは「デジタル・ナイト・ララバイ」化が激しく進行中?カラオケ目録(いわゆる印刷された冊子)を店員さんにお願いしたらば…「ありません」とピシャリ。ってか、アレをパラパラしながら「あ行」から唄い進めるのが「好きよ」だったのにぃ〜。しかも、冊子ナシで曲を思いつけって...無理^^;。なんでもデジタル化すればいいってもんじゃなくってヨ。と、鼻息荒くしながらも、時代から確実に取り残されているよな悪寒も感じた日...でもあったワケなのゴザイマス、滝汗。

ってことで...4時間近くもの時間(とき)をこの場所で過ごした後、その興奮が冷めやらぬまま、本オフ会場へとなだれこんだのでありましたとサ。(笑)

それでは、この続きはその2にて続けますワン。

2015年12月20日(日)
チェリー
メルボルンの自宅にてしたため
またまた、こんなトコロからコムにちは。

連続シリーズとしてお送りしております「ニッポン滞在記」、いかがでございますでしょうか。

「まだやってんのかヨ」くらいの怒号も飛んできそうな頃合いと懸念いたしますが、ひとまずは続行とさせていただきたく。(笑)なんといっても、書かなきゃならんお事柄が、あとひとつだけ残ってるもので^^。

今回はどんな「夢芝居」が飛び出すのやら...ってか芝居じゃなくってヨ。まさに「リアル1000%」!現実に起きたことなのでありまする。

それでは先を急ぎまショ。

【その道のプロ・3】 
わぉ!豪華トリオと「裏・ぷちオフ会」〜まりもちゃん、坂本ちゃん、ソワレさんの巻

さて、遂に最終のご報告と相成りますのは...ひょんなことからお会いするに至りました方々とのご対面について。で、それらの方々とは一体?

まりもちゃん、坂本ちゃん、ソワレさん

でゴザイマス、ジャジャーン!ココで皆様の♪あ〜つみっ〜あ〜つみっ!そそっ「プロフィール」をサラっとご紹介しときまショ。

まりもちゃん:
小林幸子なりきりモノマネ。電飾衣装で魅せます!松田聖子なりきりチャンピオン。その他、女性歌手ウタマネメドレーショーが十八番(オハコ)。歩く「ザ・ベストテン」アイドル・歌謡曲博士。TV出演は「スター誕生」「全日本そっくり大賞」「日本ものまね大賞」「ミュージックエンタ」など。公式ブログはこちら

坂本ちゃん:
「進ぬ!電波少年」の企画「電波少年的東大一直線」のオーディションで合格。東大合格を目指す受験生としてTV出演を果たす。以後、タレントとしてご活躍中。出演は他に「ウッチャンナンチャンのウリナリ」「ナースのお仕事4」など。イラストもお上手で、かつてはオリコンへ投稿のご経歴アリ。現在は浅井企画所属。公式ブログはこちら

ソワレさん:
ネオ・シャンソン歌手、作詞・作曲、イベントプロデューサー。新宿ゴールデン街「ソワレ」のオーナー、東京・渋谷「SARAVAH東京」のプロデューサー。アイドルは河合奈保子嬢や岡本舞子嬢がお気に入り。奈保子嬢にはたいそうお詳しく、彼女のCDにてライナーノーツを手がけたご経歴アリ。公式ブログはこちら

皆様とはこれまで面識もなく…「じゃ、なんで会えんだよ!」とお思いの方もいらっしゃることかと。

実はこのブログのご訪問者さまでもある、中盛さま(←フルハンドル書けませぬ〜アセ)がご仲介をしてくださいまして、このようなご対面が実現したのでありまする。それ以前より、皆様がワタクシメのブログをご愛読?してくださっているというお話だけは小耳に挟んではおりましたがネ、ワタクシメはソレを「真剣-ほんき-」にすることはなく「夢だけ見てる」として受け止め。だってこのようなそうそうたる方々が、素人の駄ブログなぞ見てくだすってるはずないもの〜と。

ソレがどうよ…実際にお会いしてご本人さま方のおクチから「見てます」というお言葉が吐かれる様をマノアタリ。ソレを見たら疑う余地はないというものヨ。純粋に信じるって...大切なことみたい?いつまでも「信じ方を教えて」じゃダメらしい。(笑)

さて、そのような皆様方とのご対面。一体どんなものをこしらえれば…と思案しまくり。そして、色々と悩みあぐねた挙句に出来上がったのがコレ。

イメージ 1
コンパクト型レコジャケ&デビュー告知チラシをミニチュア化(手作り)。高橋美枝チャン2点セット。

どうよ…マニアに絶大なる人気を誇る高橋美枝ちゃんをもってきたというワケ。

ってか、どう見ても自分の好みオンリーでこしらえたモノにしか見えませんけどナ。(笑)

なにはともあれ、アイドルがだ〜いすきなお三方にお集まりいただき、とてもウレシュ〜ゴザイマシタ!それこそお三方が美しい三人官女のようにも見えてまいりまして。この時点ではさほど酒も入っておらずで、見間違えは一切合財なかったはず(←ココ重要!)。念のため、これは強調しときますワ。(笑)

一次会での「危ない感傷」もとい、DVD観賞。そして三人官女も血相変えて大コーフンなされた(とおぼしき)、イントロクイズ大会など…それはもうあっという間の3時間。まぁ、アイドルにお詳しい方ばかりですもの…オフ会のイントロクイズを上回る内容で挑みましたのに、正解率のお高いこと!こりゃ、次回があるならば、もっと難易度を上げなきゃだわサと思った次第でゴザイマシて^^;。

そしてコーフン覚めやらぬまま、二次会へともつれこみ。場所は新宿三丁目にある「ヤングマン」。

ココは懐かしのVTRを、「恋のリクエスト」によりましてガンガン流してくれる酒場。お客様もアラフォーやアラフィフィがご中心?まぁ、そりゃそうだろナ。壁にはキャンディーズだの、ピンク・レディーだの、ヒデキ感激だの…色々なポスターやレコードジャケットがはりめぐらされ、あの良き時代を彷彿させてくれる雰囲気。酒が入り込んだ後の、おぼろげなキオクで申し訳ないけんど…たしか御手洗(ミタラシ)の壁には「後ろから前から」の方が、裸身の女神像のごとく、ニッコリと微笑んでいらしたような。単なるマボロシの可能性もあるため、あしからず。

一般のお客様がリクされていたのは、いわゆるトップアイドルやら名だたるヒット曲と呼ばれるもの。一方でウチらがリクったのは、いわゆるマニアック歌謡と呼ばれる類。このため、ウチらリクの映像がスクリーンに映し出される度に、店内は見事なまでの静けさに〜全くもって「困るのことヨ」。

コチラの酒場では終電ギリギリまで…「めいっぱいのラブコール」、もとい、めいっぱいの楽しい時間(とき)を過ごしたのでありました。果たしてお家に帰れるかナ?なんて「不安タジーナイト」なぞどこ吹く風…グッピーズの「サタディ・ナイト・パーティー」のごとく、楽しんでしまったのでありまする。ってか、実際の開催日は土曜ではなく、木曜日でゴザイマシタからネ〜あしからず。

しかし…一次会であまりにレアな懐アイドル映像を目にしてしまったせいか、こちらの店でスクリーンに映し出されたものにはなにか物足りなさも…?本来はどれも素晴らしい映像のはず…慣れとは恐ろしいものでゴザイマスよね。そして、このお店はあくまでもフツーの方向けなのだワ…と、ココロの中でモノローグっちまったワタクシメだったのでありまする。(笑)

イメージ 2
ソワレさんがワタクシメのスマホで撮影して下さいました。ソワレさんのご尊顔ナシが残念。

それにしても楽しい宵でゴザイマシタ!中盛さまより、最初にこのお話をいただいた時…それこそ「夢冒険」のようで恐縮モードに^^;。だって皆様、それぞれの分野で著名な方ばかりですからネ。だけど、夜な夜な見た夢による「夢判断」により、お会いすべき方々なのではないかという「テレパシーLOVE」を。そして、その「決心」に間違いは、、、ゴザイマセンでした!なによりも…懐アイドルという肴ひとつで、これだけ盛り上がり「みんななかよし」になれるんだから。このシアワセをひしひしと噛みしめ、家路に着いたのでありましたとサ。

まりもちゃん、坂本ちゃん、ソワレさん…この度はお忙しいところお越しくださいまして、ありがとうございました。お優しいおココロ遣いに感謝いたします^^。またの機会を楽しみにしとります〜と、再会する気マンマンになっとるワタクシメ。このあつかましさ…どうかお許しを。だってホントに夢のようなお時間で…あの楽しさは♪忘れっこないわネ〜。(笑)

そして、ご提案ならびにご仲介くだすった中盛さまにも、ココロからの感謝を申し上げたく。いつも温かなご支援をいただきまして、感謝しきれないほどでゴザイマスよ。ありがとうございまする。今後ともこれまでどおりヨロシュ〜お願いいたしますネ。と、またまたお願いモードちっくになっちまった。あ〜ん、ナニを書いてもあつかましさが♪ココロのファスナーから〜にじみ出るぅ…♪どしたらいいの〜。(笑)

なにやら雲行きがおかしくなってまいりましたので、この辺りでお開きにすべきかと^^;。

その1から始まった「ニッポン滞在記」に、長いことお付き合いいただきました皆様へ。この場をお借りいたしまして、ココロからのお礼を申し上げまする。ありがとうございました。

この類の記事は…そうネ、おそらく次回帰国後の、12月あたり?にまた繰り出すことになる「予感」。

♪おいてきぼり予感〜となりませぬよう、「その前にチェック・オン・チェック」してくださいナ。

1記事でおなかいっぱい?まぁ、そう言わずに、その節もお付き合い頂けますとウレシュ〜ゴザイマスよ。

ってなワケで、それまで皆様…ごきげんよう、さようなら。

2015年4月26日
CHERRY★CREEK
オーストラリアの自宅にてシタタメ
またまた、こんなトコロからコムにちは。

♪春休みだもん〜ハートがウ・フ・フ!

ウキウキ気分の春がやってまいりましたネ^^。ってか↑の歌...「春」ではなくて「夏」だったような気が...。(笑)

なにはともあれ...ニッポンでの里帰りを終えコチラに戻りましてから、長らくしたため続けております「チェリーのニッポン滞在記」。里帰り中は色々と忙しく...アレもしたい、コレもしたい...というキモチはあるなれど、なかなか手つかずになってしもうたお事柄も山ほど。

そんな中...整理整頓を目的とし、実家の戸棚や倉庫、はたまた屋根裏などに埋もれ続けてウン十年?そんなあの頃グッズの発掘を中心に遂行してみましたノ。まぁ、ワタクシメもネ...あとどんだけ生きながられることができるのか、一切不明であるからして。要は、そんなコトになる前の身辺整理...というモノでゴザイマショウかネ。(笑)

ワタクシメは元来よりなんでも取っておく性分。このため、あの頃グッズがたまりにたまっておりまして^^;。とてもじゃないけれど1日や2日で終えることができるような作業ではないのでありまする...滝汗。また、発掘する度に出土品(笑)をマジマジと見入ってしまい、整理がまったくハカどらん!というのらりくらり体質。おそらくは皆様もニタピロな経験がおありカモ?(笑)

ってなワケで、せっかくの機会なので、ソレラ発掘したものを一同に介させてしまおうと思いたったのでありまする。コレ以前の記事でもちょぴっと公開したものや、ツイッターで公開済のもの等々、とにかくなんでもよいからココで一挙に「まとめ」ちゃいまショ、この際。(笑)

当ブログはおかげさまで、この4月で丸10周年を迎えます。どれもこれもガラクタばかりではゴザイマスがネ...これまでのご愛顧やご支援に感謝のキモチも込めまして、皆さまにお楽しみいたければと^^。楽しめなかったら「ごめんなさいね」。謝罪のための「菓子折り」準備はいたしておりませんもので、予めご了承のほど。

また、今回のブツはガサゴゾした際に出てきたモノや整理しようと思ってまとめておいたものであり、お宝的価値があるかどうかは定かではございません(←おそらくはナシ)。この点に関しましても予めご了承をお願いいたしまする^^;。

それでは展示室へどぞ〜♪

■発掘した昭和アイドルグッズ+オマケ

★オリコン|1979年〜1985年くらいまでのもの

オリコンの市販化は1979年8月。それ以前は業界向けのみとして存在。市販化以前にヒットチャートを確認する方法は、レコード店内の掲示や雑誌のみ。業界で働く知り合い等がいない限りは苦労が伴ったもの。市販化後もその販売は限られた店のみ...ワタクシメの場合、都内で働いていた父が毎週セッセと購入しては持ち帰ってくれたのでありました。あらためて、父に感謝!
イメージ 1
イメージ 2
カラー化は81年夏。以前は2色刷り82年組が次々と表紙を!
イメージ 3
以降は紙質がグンと向上!

イメージ 4
イメージ 5
トップアイドルの聖子嬢、何度も表紙に!三井チャコ嬢もドサクサ紛れにカバーガール?

イメージ 6
創刊当初のオリコン。画像は1979年10月1週号。価格は100円ナリ〜。といっても1枚紙ペラ状態のウス〜い新聞といった風情。サンリオ発行「いちご新聞」の方が充実度が上だったカモ?それでも待ちに待ちこがれた週1回のお楽しみ。

★明星と平凡|アイドル雑誌の2大巨頭

なにせ86年くらいまで買い続けたため、その保管冊数といったら...そのうち重みで家がツブれますワ。両雑誌とも当時は毎月24日発売。当日に街角の小さな書店が車で配達してくれるという、実に昭和ちっくな地域密着サービスがウレシイ時代でゴザイマシタ。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
79年5月号 新学期特大号82年11月号 スターたちの秋!83年2月号 正月豪華フロク付!

イメージ 10
イメージ 11
78年賞レース大詰め!ピンク、沢田、モモエで三つ巴♪ユビユビたてたら〜笑顔がキュートな明菜嬢

★市販カラオケテープ|レコ会社の一流オーケストラが演奏

東芝EMIやポニーキャニオン、テイチク(画像下)の他、日本コロムビアなどが販売。各社専属オーケストラによる演奏だが、その演奏品質には差がアリ。コロムビアは自社歌手推しが強く、ガイドメロもデカめ。演奏が原曲にとても忠実だった東芝製に軍配をあげたい。
イメージ 12
イメージ 13
東芝製の演奏は高品質!めずらしいポニキャニ製カラオケ(右)

イメージ 14
よく見ると、現代カラオケでは未ラインナップ曲が!

★レコードやシングルカセット|ささやかなオマケ付き
イメージ 15
イメージ 16
「ラメ色のデカメロン」中島めぐみ カード付「ニュース」つちやかおり 時間割表付
イメージ 17
「スター誕生」ルー・フィン・チャウ シール付なれど撮影忘れ

イメージ 18
姫之樹リカ・シングルカセット各種 通常曲に加えカラオケ+おシャベリ付

★ピンク・レディー|写真集や書籍など
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
平凡・近代映画 特別編集シャワラン ブレイクきっかけ衣装ワワっ、ビキニで雪山スキーよ!

イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
ピンクの作った本 その2ミーさん手書きイラストピンクの作った本 その3

イメージ 25
イメージ 26
解散前に通販、生写真アルバム中身はこんな、紛失写真アリかも

イメージ 27
雪印のアイスケーキ用景品、おしゃべりフォノシート

イメージ 28
当時としては画期的!今じゃめずらしくもなく...当たり前?ナショナル製超薄型ラジオ「ペッパー」のポスター。ミーさんのフトモモがなんとも魅力的!

★ヘアカタログ (集英社)|トップアイドル3人ソロいぶみ
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
82年夏の号 柏原よしえ83年春の号 松田聖子83年夏の号 中森明菜

イメージ 32
イメージ 33
ブロウできてナンボの時代アイドルがブロウ法をレクチャー
イメージ 34
サイドのレイヤー美し!徳丸純子嬢

★当時の懐かしモノ|い・に・し・えの書籍
イメージ 35
イメージ 36
ケイブンシャ発刊「大百科」シリーズ ブ厚い辞典東京メールセンター発刊「ぽこ・あ・ぽこ」 通販品

★その他|ゲームウォッチや下敷き
イメージ 37
イメージ 38
Dr.スランプ「ホヨヨボンバー」 爆弾よけはタイヘン!「ハンバーガーショップ」 注文品のキオクはタイヘン!
イメージ 39
麻田華子嬢、プロモ用の下敷き

イメージ 40
直筆サイン色紙 亡くなられた方のも...合掌

限られた時間の中での作業だったこともあり、まだまだ発掘しきれてないブツたちがしこたま。ボードゲーム類や昭和40年代のフォノシートブックなどなど、また次の機会にでもガムばってみようかと思うのでありまする。(笑)

「One man's trash is another man's treasure.」

はっ?この意味とはなんぞや?

「あるヒトにとってのゴミは、別のヒトにとってのお宝でゴザイマス。」

だそうで...まさに↑のお品達はソレそのものといったトコロ。(笑)

ってなワケで...「チェリーのニッポン滞在記 番外編」は、これにてお開き。

お楽しみいただけましたのならば、幸いでゴザイマス。

まもなく10周年を迎える当ブログですが、以降もこれまでと変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたしまする。

次回は当該シリーズ記事「チェリーのニッポン滞在記」の最終更新となりますヨ。ちょっと...ホっと胸を撫で下ろされてる方、どなた?(笑)

とにもかくにも、しばしの間...ごきげんようさようなら^^。
またまた、こんなトコロからコムにちは。

前回の「ニッポン滞在記」、いかがでございましたでしょうか。

春の特別ふろくもついて、ちょっぴりおトク?
そこそこ楽しめる内容になっていたのならば幸いでゴザイマス。

さて、この度は続編として「ニッポン滞在記2-2」をお送りしようかと。
おいおいっ、いつまでやってんだヨ!なるおコエもゴザイマショウが、ひとまず続行〜。(笑)

今回はどんな「夢かもしれない」が飛び出すのか...とりあえず先を急ぎまショ。

【その道のプロ・2】 
王様!ずっとお会いしとうゴザイマシタ〜鈴木啓之さま&竹部吉晃さまの巻

今回ご報告いたしますのは...ワタクシメがかねてからずっ〜と憧れておりましたお方とのご面会について。

で、どなたに憧れとるの?

鈴木啓之さま

ジャジャーン、この方なのでありまする。

鈴木啓之さまのプロフィール:テレビ番組制作会社勤務、中古レコード店経営を経て、現在はライターならびにプロデューサー業。歌謡曲やテレビ、映画をメインに執筆。監修、解説を手がけたCDはおよそ300タイトルにのぼる。著書は「昭和歌謡レコード大全」(白夜書房)や「王様のレコード」(同文書院)などをはじめ、共著も多数。昨年秋に刊行、「レコードコレクターズ」におけるアイドル特集号での船山基紀氏インタビュー記事も記憶に新しい。現在はFMおだわら「ラジオ歌謡選抜」にパーソナリティーとしても出演中。

鈴木さまは、ワタクシメが知らない時代の「昭和」にたいへんお詳しい方であり、その肩書きは「昭和アーカイヴァー」!それこそセンセイとお呼びするに値され、ワタクシメが尊敬の念を抱いていること...まずはココをご理解いただければと。素敵なお仕事されていて、とにかく憧れておりまして^^。

鈴木さまと交流を持たせていただいてから...かれこれどれくらいの歳月が経過したのでしょうか。はて?2年ちょいくらいということにしておきまショ、どんぶり勘定で申し訳ないけんど。でもたしかそのくらいのハズ。(笑)

今回のご面会に至るまでには色々とオンライン上ではやりとりを。それこそ昭和のお事柄についてはもとより、スイーツのお話なぞもしたことがありましたかしらん。(注:鈴木さまはチョコレー党糖員)要はワタクシメが鈴木さまのジャマをしていた...というワケでゴザイマスね、早い話。(笑)

だけれども、オフラインでご対面〜となる機会はなかなか訪れず。というか、ワタクシメが日本から遠いトコに生息という、いかんせんすぐには解消できない非コンビニ理由がゴザイマスものね。今回のようなチャンスがやってくるまでには、やはりソレ相当の時間は必要だったということに。

しかし、この度はお話もトントン拍子!夢だったご面会も「あれよっ!」という間に実現してしまったのでありました^^。物事って...進むときは一気に進むものでゴザイマスよね。

さて、その鈴木さま...実はワタクシメのブログにお目をお通しくだすっているとのことでゴザイマシて。ヨロコビのあまり、ご迷惑を承知でこんなものを。

イメージ 1
例のごとく、お手製のコンパクト型ミニレコジャケ3種と名札を作成。このデザインと組み合わせは、後にも先にもヒトツだけ。肩書きのアーカイヴァーの「ヴ」を「バ」としてしまいましたこと、伏してお詫びいたしまする。

どうですか、コレ。このコンセプトがひとめで分かる方がいらしたら、アナタはかなりの鈴木啓之フリークと認定いたしまショ。

しかし、どう見ても難問のはず...ということでサッサと種あかしを。(笑)

待ち合わせ場所:表参道 (「表参道軟派ストリート」唄:水谷豊)
利用したカフェの所在地:原宿 (「原宿キッス」唄:田原俊彦)
ご対面のシーズン:春感の頃 (「春感ムスメ」唄:可愛かずみ)

これらに加えまして、鈴木さまがこちらのサイトで書かれている素敵なコラムからもヒントを拝借〜。詳しく究明されたい方は、それを最初からくまなく読むべし^^。

イメージ 2
鈴木さまのご著書「王様のレコード」。当記事で鈴木さまを「王様」としたことの所以がココに。画像左が旧版、右が新装版。旧版はなかなか手に入らず、欲しいと思い続け。テレパシーが通じたのか?鈴木さまからプレゼントされた時にゃビックリ仰天!旧版には泉麻人氏との対談など、新装版で割愛された読みモノがモリダクサン。旧版の装丁はPOPでグ〜。

また、当日は鈴木さまのお仕事仲間でもあり、番組のディレクター業や書籍等の監修によりエディターとしてご活躍されている竹部吉晃さまもご同席とキたもんだ、キンチョー。それこそ、花も恥らう男子会の様相を呈すことに...って意味がまったく分からんけどナ。(笑)

こちらでも夢ン中ふたたび?だって、雲の上の方々と直接にお話できるのだもの。「背中あわせのランデブー」どころじゃない....向かいあわせのランデブーでゴザイマスよ。かといって「ミニミニデート」したワケではないからして、単語の用法には以後気をつけること、ハイっ。とにかくチェリー、感激!まさにこの一言で感情表現テキカク...でゴザイマシタよ、ホント。

イメージ 3
竹部さまより頂いたポストカード類。歌謡選抜、歌謡曲リミテッド用の他、フチ子さん、ねこ書籍に関するものまで、まとめて4点セット。書籍はファミマ・ドット・コムより発売中。

FMおだわら「ラジオ歌謡選抜」の公式サイトはこちら
歌謡曲発信サイト「歌謡曲リミテッド」の公式サイトはこちら
ファミマ・ドット・コムの出版物ページはこちら

あんなお話、こんなお話...すっかり舞いあがってしまい、余計なことまでおしゃべりしてしまったような気も...。まぁ、緊張してガチガチ...お地蔵さまのように黙りこんでしまうよりはマシだったのカモ?と自己正当化してみたり。

そして、かなりエキサイティングで、なおかつありがたいご提案も賜りました。が、しかし...そのありがたきお言葉をそのまま呑みこんでしまってよろしいものやら、ナゾ。なにせものすごく「ドリーム・オン・ドリーム」なことだし「夢かもしれない」でもあるし...とにかく「夢飛行」しながらも「ためらっちゃうワ」してしもうたワタクシメ。

この日はリミテッドなお時間ではゴザイマシタが、そのドキドキパニック度といったら...夢工場なみのソレ。(笑)やすやすとご説明できるものであるハズもなく...。

だけれども、ワタクシメの想いは終始一貫しており

「ずっとお会いしとうゴザイマシタ!」

コレに尽きるのは言うまでもなく...でありまして。

なにはともあれ...

↑にてご紹介しとりますが、鈴木さまがパーソナリティーを務められ(長井英治さんとのペアで)、竹部さまが構成を担当していらっしゃる番組は「ラジオ歌謡選抜」というタイトル。

ということは、この日はもしや…鈴木さまと竹部さまにご選抜していただけた名誉な日?かといって、ワタクシメ自身は歌謡曲ではなく人間…でゴザイマスよ。勘違いされる前に、ひとまずはココで言及(←そうだったの?というおコエもチラホラか、ナゾ)。

とにかくソレはとても光栄なことであり、ワタクシメなぞにはもったいのうゴザイマスよ。またこうして調子に乗ると…読者の皆様からお叱りのお言葉なぞも頂戴するハメになるからして、ヒキシメ。己における座右の銘「初心忘れるべからず」を胸に刻み、日々を粛々と過ごしていきたいと思うのでありまする。それこそ「酒とバラの日々」にならんよう、気をつけますワ。(笑)

2月20日金曜日「ニートな午後3時」…ここからの数時間は、鈴木さまの「ミュージックガーデン*」に「チェリーガーデン」(ワタクシメをこのように形容させてクダサイ)をご厚意でおネジこみいただいた…そんなひとときだったのかと。
*鈴木さま経営の中古レコショップ|かつての店舗は猿楽町→神保町

ワタクシメの「夢ください-知・的・優・遊-」に「夢をあげよう」とお応えくだすった、お二方のお優しいおココロ遣いに感謝させていただきたく。

鈴木さま、そして竹部さま...この度はご多忙の最中にご足労いただきまして、誠にありがとうございました。お会いできまして本当にウレシュ〜ゴザイマシタ!!

そして未だ夢うつつ…。

あれから1ヶ月もの時が流れてるというのにネ。「夢から醒めた天使」には当分なれそうにありませんワ。

ってか、アラフィフのおっさんが「天使」なんてキレイぶんじゃねぇ!ってな怒号もチラホラか、ナゾ。
「天使にスリルをおしえてあげて」...いいえ、そんなスリルはいりませぬ。(笑)

ほな、この辺りで退散いたしまする。

...と言いつつ、しつこく追伸を。(笑)

この日は引き続き横浜方面へ。

当ブログがキッカケで仲良くしてくだすってる○○くんとその彼女さんに会うために、知る人ぞ知る?BEZ RECORDへ馳せ参じましたヨ。
イメージ 4
2度目のBEZ...マスターとも再会と相成りましたが、お元気なご様子でなにより。この宵は当時のアイドル生写真コレクションが自慢という方もおみえになり、とてもディープで愉快な一夜に。マスターが作るおつまみ絶品!そして懐かしVTRもたくさん流してくださり...コチラでもおココロ遣いに感謝!

ってなワケで、あっちいったりこっちいったり...終電を危うく逃すところでゴザイマシタよ。(笑)

この日は'A級アイドルみたく(注:ダッシュがついてることに要注目!)ご多忙モードのてんてこ舞い?それこそ、当時アイドルちゃんたちのキモチがよ〜く理解できたワタクシメだったのでありまする。

これにて「ニッポン滞在記2-2」はお・し・ま・い。引き続き2-3でお会いいたしまショ。

それまで...ごきげんよう、さようなら。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事