考える沖縄人

沖縄人だってたまには深く考えます

全体表示

[ リスト ]

これは…

<衆院選>民主が政権公約を5項目修正…日米FTAなど
8月11日20時55分配信 毎日新聞

 民主党は11日、衆院選マニフェスト(政権公約)のうち、米国との自由貿易協定(FTA)の表現など5項目の修正・補強を発表した。
(中略)

 また、子育て・教育で「出産の経済的負担を軽減する」の項目に「不妊治療には医療保険の適用を検討し、支援を拡充する」と新たに追加した。

 【小山由宇】


不妊治療には医療保険の適用を検討し、支援を拡充する
これはやめた方がいい。本当に。

そもそも不妊治療自体に反対の立場ですんで、促進するのは反対なんですが。
とにもかくにも議論が少なすぎるってのが問題ですね。

もちろんどうしても子供がほしい夫婦の手助けはいいのです。
ですが、それしか選択肢がないというのも…


簡単に説明しておきます。
不妊症というのは、夫婦がある一定の期間(年齢によりますが1〜3年)性生活を続けたにも関わらず児が得られない状態をいいます。それを医学的に手助けするのが不妊治療なのです。

不妊治療といってもいろいろありまして、
とりあえずホルモンですとか、卵管ですとか、女性の体に問題がないかを調べますね。
(あとフーナー試験ってのをよくします。詳しくはググってください)

問題が見つかればその治療をします(ホルモン療法とか卵管再建とか)
その後(あるいは同時並行)で、人工授精をします。
人工授精というのは精子を子宮内に注入することです。
子宮以下に問題があったりするばあいに効果的です。

それでも妊娠しない場合には体外受精をします。
ホルモン剤を打って人工的に卵子を成熟させた後(正確には卵胞を多数成熟させる)、卵巣から卵子を取ってきて、シャーレに精子とともに入れて人工的に受精させます。そのあと受精卵を子宮に戻します。
正直この辺からはいろいろ問題があって確率は高くないですね。具体的な数値はしらんけど。

さらにそれでも受精しない場合には(着床しない場合にはほかに問題がある)、顕微授精ってのをします。
人工授精をこれだと思っている人も多いですね。
顕微授精は広い意味で体外受精なんですが、顕微鏡下で卵子に精子を入れて、無理やり受精させることです。


男性側に問題があった場合(運動性が悪いとか)でも上記のようなことはするのですが、無精子症などの完全に不可能の場合AIDをします。
AIDって略して言われているのも気に食わないのですが、要は第三者の精子で妊娠することです。
何かとデリケートな問題のせいか、この辺は議論よりも実践が先行しすぎています。
確かに子供がほしいと懇願する夫婦をなんとかしてやりたいと思うのは結構ですが、AIDは本当に倫理的に問題がないのかというのを考えてほしい。

そんなことしてもいいのでしょうか?


他人の精子で妊娠する人が増える一方で、特別養子縁組はなかなか進まないとも聞きますし…
少なくともそういった夫婦に特別養子縁組を勧める仕組みを作るべきではないでしょうか??


これを言うと優生学だ!なんて批判を受けますが、不妊症ということは
生物学的に生まれてくるべきではない子供な訳です。
そんなのを無理やり生んでいいのでしょうか???

実際そういった子供たちが本当に天寿を全うできるかは結論が出てません。

ですから自分は不妊治療は人工受精だけ、100歩譲っても体外受精までにすべきだと思いますし、ハードルは高くあるべきだと思います。



少なくとも政治で推進しては絶対にいけないと思いますし、その背景にある
結婚・出産の高齢化をなんとかしてからにすべきだと思います。

閉じる コメント(42)

顔アイコン

>しま様
保険適応されるならば「何らかの疾患」として扱わねばなりません。
そうなると「不妊症」の定義をより厳密にする必要があると思いますね。

くうちゃん様のように先天的に不妊の方ならわかりますが、その他の方には高いハードルであってほしいですね。

2009/9/26(土) 午前 10:09 [ ウナギいぬ ]

顔アイコン

優等生?ばっかじゃないの。
あんたみたいな冷酷な人間、こんな発言をする人間
だれが優等生だと思うか。
生まれるべきではない子供じゃないの!
夫婦と赤ちゃんが会いたいのに会えない環境にいるから
それを助けるのが不妊治療。

自然に任せるが難しいからそれを医師の助けをかりてるだけ。

2011/7/8(金) 午後 1:12 [ なぁ ]

顔アイコン

>なぁ さん
優等生などと自称したことはないですよ。

不妊治療をすべて頭から反対しようとは思ってませんよ。

顕微授精のような技術で生まれた子は、通常に生まれた子と同じように健康でいられるのか。とか。

他人の精子を借りてまで子供を作ることはどうなのか。とか。
疑問には思わないのですか?

2011/7/8(金) 午後 3:54 [ ウナギいぬ ]

顔アイコン

不妊症ではない人間に
何をいっても解るまい。
そもそも、語る資格もない。
首をつっこむな。

2012/4/19(木) 午後 9:02 [ まろ ]

顔アイコン

>まろ様
わざわざ過疎ってるブログにコメントありがとうございます。

色々ご意見はあるかと思いますが、この記事通りの意見で変わらないですね。
保険診療とするなら、公金を使うわけですし、少なくとも不妊治療で生まれてきた子供も保険適応されているわけですよね。
それを個人だけの問題とするのは浅はかだと思います。

この問題は、色々難しい問題を抱えている分、日本では大っぴらに議論されていません。ですが、それでは社会的な認知も、偏見の払拭もなかなか進みませんよ。
まろ様のように、他人の意見を頭ごなしに否定するのは、不妊に悩む人のためにならないと思いますが、いかがでしょうか。

2012/4/22(日) 午前 10:38 [ ウナギいぬ ]

顔アイコン

ウナギいぬさん

現在不妊症の治療を行っている者です。
不妊治療の保険適用には当然賛成の立場です。

正直な感想は、
クローンやAIDなど派手なイメージに引っ張られ、全体や根幹の主張がよくわかりませんでした。
が、皆さんのコメント含めなかなか興味深いものだったのでいくつか聞かせてください。

まず、ウナギいぬさんとしては、

・不妊治療全てを「否定」しているわけではない。
(個人的意見としては、不妊治療全てに反対?)
・「倫理」的な観点から、保険適用には線引きが必要(?)
・百歩譲っても「体外受精まで」が適用範囲と考えている?
・政治で推進しては絶対にいけない。その背景にある、
「晩婚化等の問題」と、「特別養子縁組の問題」を先に解決すべき。

あたりが主張かと。


↓超文章が長くなってしまったんで、分けて投稿します。

2012/5/2(水) 午後 6:42 [ ナマズ ]

顔アイコン

【つづき】

前置きが長くなりましたが、ここから質問です。


(1)不妊治療の定義について

AIH以降を「不妊治療」という前提で定義していますか?曖昧なので教えてください。


コメントの中で、「生殖器に問題があるなら生殖器を治療すべきです。治療に成功なさって自然に妊娠できるといいと思います。」とおっしゃっていますが、

不妊治療として病院に通い、その過程で生殖器ないし身体の問題が発覚・治療(ホルモン療法なども含め)した場合は、この治療に関しては「不妊治療ではない」という認識でしょうか。
あくまで身体(もしくは精神)の異常に関する治療は不妊治療ではなく、妊娠に問題ない状況が整ったうえで、性交渉による自然妊娠のみを認めるということですか?

となると、女性の身体には問題が無く、男性も大きな問題はないものの、精子の運動率が若干低いため、実年齢や子宮年齢等を考慮するとAIHによる精子濃縮で妊娠確率を高める、というのもアウトですよね?

私は、不妊治療で病院に通っている身としては、この治療も不妊治療の一環だと思っていますし、皆さんもそう思っているのではない

2012/5/2(水) 午後 6:43 [ ナマズ ]

顔アイコン

【(1)の質問のつづきです】

“不妊症ということは生物学的に生まれてくるべきではない子供な訳です。”ともおっしゃっていますが、
前述の治療がウナギいぬさんの中で不妊治療にあたる場合、治療を行わなければ子供は本来生まれてくるはずではなかったわけですので矛盾します。


ウナギいぬさんの主張で気になるのが、倫理に反する例として「AID」や、はては「クローン」など極端な例を特に取り上げて、
結局、不妊治療のどこまでが倫理に反するのか、という意見が曖昧なところです。
不妊治療を行っている大多数の人はAIDまでいかないAIH・体外・顕微あたりでいろいろと悩んで努力していると思います。
医療関係者としての客観的かつ具体的なご意見をお聞かせください。

2012/5/2(水) 午後 6:44 [ ナマズ ]

顔アイコン

【つづき】

(2)倫理的な線引きについて


そもそも、自然妊娠以外は倫理的に認めない、という意見ですか?
そうでないのなら、「倫理の線引き」を定義するべきだと思います。


ウナギいぬさんはコメントの中で、

“どこまでを「倫理に反するもの」とするかは文化や国、個人によって異なるとは思いますが、「やや疑問は感じるものの、体外受精まで」にすべきだと思います。”


とおっしゃっていますが、この議題を挙げ、倫理的観点から保険の適用範囲を決めるべきだと意見するならば、
明確な「倫理の線引き」を議論し、決めなければ意味が無いです。

ウナギいぬさんは記事・コメントの中でこの部分の定義が曖昧だと感じますが、
明確な線引きの定義に関する「お考え」と「根拠」を教えてください。


ちなみに、ウナギいぬさんはコメントの中で“自分はやはり顕微授精からは「明らかに人間が命に手を加えるもの」だと思います。”と
おっしゃっていますが、この「手を加える」とはどういうレベルの話ですか?

AIHも、採取した精子を洗浄・濃縮するのが一般的ですのでこれも「手を加える

2012/5/2(水) 午後 6:44 [ ナマズ ]

顔アイコン

【つづき】

(3)改善すべき問題について


・少子高齢化について

国としては、不妊に悩む夫婦が近年増加している状況の中、ネックとなっている高額な不妊治療費用を補助し、
少子高齢化問題を少しでも解消したいという目的で保険適用を言っています。
当然、大多数の人は高額所得者ではないので、お金で諦めるところを補助し、
今後国を支える子供を増やしていくことは至極当然の事だと思いますがそのことに関してはいかがお考えですか?

仮に今後さらに不妊症が増えるとして、保険を全く適用しないとすると、
不妊症治療による少子化を解消する別の手段はどうすべきだと思いますか?



・ウナギいぬさんの考える改善すべき問題について

“「晩婚化等の問題」と、「特別養子縁組の問題」を先に解決すべき。”とありますが、具体的にどう変えるべきだとお考えですか?
当然、それを先に解決することで、不妊治療の保険適用よりも良い結果が出るはずですが、その結果も教えてください。

2012/5/2(水) 午後 6:45 [ ナマズ ]

顔アイコン

【(3)の質問のつづきです】

「これはダメだ」
「やるならこの問題が先だ!」
「でも具体的には考えていない」

では、野次を入れている野党の政治家と何も変わりません。
むしろ、この部分をどう考えているかを聞かないと、あなたの記事はただの個人的な「感想」です。
コメントした人に対して「倫理」「議論」云々いうのであれば、ここは明確に示してください。

2012/5/2(水) 午後 6:46 [ ナマズ ]

顔アイコン

【つづき】

(4)その他もろもろ


・「子が得られない」状況について

“相手の精子と結婚した覚えはない。子が得られないなら堂々と特別養子縁組の子をもらう”とおっしゃっていますが、

この「子が得られない」とは、完全な無精子症、もしくは子宮も卵巣も無いような「100%妊娠が出来ない」と断言できる状況を言っているのですよね?
それとも、体外受精や顕微授精を行うレベルでは、「子が得られない」状態なんでしょうか?



・子供が知ることについて

AIDで生まれたことを知ったことでショックを受けると言っています(当然ショックだと思います)が、
特別養子縁組でも同じじゃないですか?ウナギいぬさん的な極端な物言いで言うと、捨て子でも同じですよね?
この点については、なぜAID(や顕微)だけを取り立てて「ダメだ」というような言い方をしているのですか?
AIDであれ養子であれ捨て子であれ、それを知った時の話などは、その親子次第の問題であり、不妊治療の
倫理的な観点とは別の観点ですよね?

2012/5/2(水) 午後 6:46 [ ナマズ ]

顔アイコン

【(4)の質問のつづきです】

・不妊治療のリスクについて

“生まれた子供たちが天寿を全うできるかはわからない。”

これは、ご自身でも「まだ研究は少ない」と言っている通り、具体的な実証データが無いならば訂正・謝罪してください。

不妊治療で子供を授かった人がこの根拠のない発言を聞いたらどう思いますか?

「倫理」を語っているのに、ご自身の発言に倫理感が全くありません。
また、客観的なデータや豊富な知識・知見・技術をもとに患者を直す医療関係者の発言とも思えません。



・ウナギいぬさんについて

不妊症の人を見てきた、とおっしゃっていますが、どのレベルで見てきたのですか?
不妊治療に関する分野の専門医ではないですよね?
これは個人的な内容なので答えたくなければ結構です。


長文となりすみませんが
ご回答お待ちしております。

2012/5/2(水) 午後 6:47 [ ナマズ ]

顔アイコン

>ナマズ様
長くなりそうなので、新たに記事にします。
そちらでお願いします。

2012/5/2(水) 午後 11:44 [ ウナギいぬ ]

顔アイコン

http://blogs.yahoo.co.jp/chestxp333/36999770.html

こちらです。

2012/5/3(木) 午前 2:04 [ ウナギいぬ ]

顔アイコン

ブログ読みました。
私も今のままでの保険適応は反対です。
女性は社会のキャリアアップのため仕事を辞められない。それ故婚期を逃しいくつになっても結婚すれば子どもを持てると勘違いしてしまう。卵子の老化という事実を皆知らない。これらの問題の根本的解決をせずにただ不妊治療には保険適応とだけすると、例えばフランスなどのように年齢制限を設けたりしたときに中々理解は得られないと思うし、じゃあすべての年齢を対象にするのかというととんでもないことになります。
まずは若いうちから教育制度をしっかりとして、避妊の仕方などありきたりな性教育を教えるだけでなく卵子について、不妊の問題について踏み込んだことをしっかり教える必要があると思います。
皆が熟知し、さらに子どもを産みやすい社会へと社会が皆の意識がもっと変わってからの保険適応なら理解できます。


長いんで次へ

2012/10/24(水) 午後 0:44 [ ぴよ ]

顔アイコン

続き あと一つ言いたいです。
性病など遊びまくった女が不妊になるのは自己責任、のようなことをおっしゃってますよね。それに対してはふざけるなです。
クラミジア感染率などは今とても多いです。一度でも経験があればだれでもなりうる性病です。男性が不特定多数としていて(風俗など)たまたま彼女として感染も十分ありうる。
男性は保菌しても血液検査にでないこともあるそうですよ。(実際結婚前は陰性の奥さんが結婚後クラミジア、しかし旦那は陰性の結果が出て大学病院の教授にそう説明されたそうです)
性病を女性だけのせいにされてはたまったもんではないです。
あと、不妊は子どもを持つなとおっしゃっていますが。
私はどうにかできるのならどうにかして子どもを持ちたいですね。20代なんで卵子が老化しているわけでもないし、たまたま生まれつき排卵はしにくいけど。この世に生を受けて生まれた以上子孫は残したいです。
人それぞれさまざまな考え方はありますが、不妊大国日本と言われる中そんな古臭い偏った考え方している人がいるとは驚きです。でもこのブログもだいぶ前なので少しは考え方が変わってますかね?

2012/10/24(水) 午後 0:46 [ ぴよ ]

顔アイコン

今、不妊治療真っ最中です。しかも、私たち夫婦は、顕微受精しか授かる方法がありません。私達の望んでいる子供は、産まれてきてはいけない子供…なのでしょうか?保険適用も無いので、いずれは金銭的に諦めざるをえない状況も考えられます。全て保険適用を!とは言いません。とにかく、悲しくなりました。こんな夫婦がいるという事も知って頂きたく、コメントさせていただきました。

2012/11/2(金) 午後 2:18 [ かめ吉 ]

顔アイコン

養子縁組?
他人の子供などいりません。

2013/1/8(火) 午前 0:11 [ ななし ]

顔アイコン

養子縁組?
他人の子供などいりません。

2013/1/8(火) 午前 0:11 [ ななし ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事