考える沖縄人

沖縄人だってたまには深く考えます

全体表示

[ リスト ]

喫煙者が悪いとは絶対に言いませんよ。

公園でモクモクやめて…東京・北区が自粛求める


 子供たちが集まる公園で、たばこの煙による「受動喫煙」の被害を受けたとして、住民の父娘から10万円の損害賠償を求める訴訟を起こされたことをきっかけに、東京・北区は児童遊園からの灰皿の全面撤去や、利用者に喫煙の自粛を求めることなどを決めた。

 厚生労働省も今月25日、屋外でも子供が多く利用する場では、受動喫煙の防止策を取るよう自治体に促す通知を出しており、同様の取り組みが全国に広がる可能性が出ている。

 東京・北区のJR赤羽駅近くにある区立赤羽公園。週末は親子連れが目立つ中で、ブランコ近くに設置された灰皿の周りには、紫煙をくゆらせる大人たちの姿があった。

 「たばこを吸えるスペースは減っている。公園は子供たちだけのためのものではなく、一服できる場所があってもいいのでは」

 一家6人で訪れていた喫煙派の会社員男性(40)はそう語ったが、5歳の長女を遊ばせていた女性(32)は「たばこの煙はとても気になる。子供に吸わせたくない」と迷惑そうだった。

 ◆行き場を失い、喫煙所に◆

 健康増進法では、学校や官公庁など多くの人が集まる施設の管理者に、他人がたばこを吸うことによる受動喫煙の防止策を求めている。しかし、屋外の公園は対象外のため、路上喫煙が禁じられた愛煙家が“行き場”を失い、地域の公園が「喫煙所」になっているという声も聞かれる。

 北区は昨年11月、区内の会社員男性(31)と長女(3)から、公園の禁煙化と灰皿の撤去を求めてきたのに十分な対策が取られていないとして、10万円の損害賠償を求める訴訟を起こされた。東京地裁の審理では、「たばこの煙を吸わされ、目やのどなどの痛みにさらされた」と主張する男性に、区は「煙と痛みとの因果関係が不明」として訴訟では請求の棄却を求めている。

 ◆灰皿撤去も◆

 その一方で、区はこの訴訟をきっかけに、灰皿が設置されている区内の49の公園や、20の児童遊園の運営を見直すことを決定。「子供のための場所で、喫煙できるのは理屈が通らない」(道路公園課)として、まず今月5日から、児童遊園の灰皿計32個の撤去を始めた。区立公園に設置された計314個の灰皿についても、遊具の近くは撤去し、利用者には喫煙の自粛を呼びかける方針だ。

 厚生労働省が学校や飲食店などでの原則全面禁煙を求めた今月25日の通知には、公園や通学路など、多くの子供が利用する場所での受動喫煙の防止措置が必要という指摘も盛り込まれた。

 同省が屋外での対策を促すのは初めて。佐賀県嬉野市でも昨年12月から27公園のうち10公園を全面禁煙とし、残る17公園では分煙化を図っており、他の自治体でも追随する動きが出るかどうか注目を集めそうだ。
(2010年2月27日14時42分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100227-OYT1T00581.htm


まぁこんなんで訴訟を起こす人の神経もどうかと思いますが…

ただ、いろいろ法律や条令が厳しくなってる影響で、都内の公園という公園は喫煙者の溜まり場になってるのは確かですね…


うちのちかくもそんな感じで…
結構、滑り台とかジャングルジムとかきちんと遊具がある公園も多いのですが…
子供が遊んでいる姿はまず見ないですね。

結構子供は多い地域のはずなんですがね〜。
行ってみればわかりますが、灰皿から離れてても滑り台の方でも結構匂い感じますしね。

そんなとこで遊ばせる親は居ませんよ。


まぁ吸えるとこは他にないし、吸ってもいいということになってるから喫煙者の方々を非難するつもりは無いんですが…(一部のマナーの悪い喫煙者は除く)

「公園ってそういう場所でしたっけ?」と思う。

本末転倒というか、遊具設置するだけ税金の無駄というか…
「公園=喫煙所」になってしまってるわけですよ。
公園以外にタバコを吸う場所が無いことが問題なわけですよ。


なら税金を投じて、外に煙の漏れないような喫煙所を作ってやれないのかと思う。
あれだけ高いんだから、タバコ税はそういう方向に使うべきだと思う。
ちょこっとその中にタバコの自販機とかベンチとか置けば、割とスモーカーの憩いの地になるんじゃないの?

だれも文句は言わないと思いますがね…




あと思うのは、近くに大きい病院がありまして…
病院の敷地内は全面禁煙らしく、職員が公園まで吸いに来るんですよね…
近くのとある公園はそこの職員ばっかです。


それはどうなのかと思う。
病院として全面禁煙はいいことなのかもしれないけど、すこーし迷惑かけてません?
病院の資金で病院の敷地内に喫煙スペースを設けるべきだと思いますがね。

閉じる コメント(1)

今日は、私はタバコを吸います。次から次へと喫煙が許される場所が少なくなって、窮屈に思います。「ふざけんなバカヤロウ」と怒りたくなります。禁煙運動の走りはアメリカ発だったと思いますが、日本のオバカなフェミニストかぶれの連中がアメリカの真似をして、女権の主張をしだした時代の頃から、かぶさっている気がします。昔は、タバコを嫌がる人はいても、公の問題にはなりませんでした。勿論、最低限、マナーには気をつけてますが…。権利の主張のみ腐心して義務と我慢を忘れてるのでは…?と思ってしまいます。

2010/3/9(火) 午後 5:25 [ hiball ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事