考える沖縄人

沖縄人だってたまには深く考えます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

こちら(http://blogs.yahoo.co.jp/chestxp333/29327221.html#29327221)の記事のナマズさんへの解答です。

この時の記事とやや食い違うこともあるかと思いますが、少し考えが変わったのかもしれません。

(1)不妊治療の定義について
 ご指摘の通り定義が曖昧でした。申し訳ない。
 
 不妊症とは、そもそも「正常な性交渉を持つカップルが、2年以上妊娠しない」というのが定義です。
 当然、原因は多岐にわたります。女性側の問題ばかり話題になりますが、男性側のこともあります。
 生まれ持った生殖器の奇形による場合や、後天的な感染による場合もあります。

 本来ならば子宮奇形の手術やホルモン治療とかも含め「不妊治療」とすべきでしょうが、ここではいわゆる「不妊治療」とします。厳密な定義は困難ですが、当時民主党が推進するといっていたような「現在保険適応でない治療」と考えるといいかもしれません。
 
 いろいろな方法がありますが、
 男性の精子を人工的に膣内に入れる「人工授精」
 精子と卵子を採取し、体外で受精させ子宮に戻す「体外受精」
 精子と卵子を採取し、顕微鏡下で卵子内に精子を入れる「顕微授精」
 
 これらは本人たちの精子や卵子を使っています。
 さらには最近話題にもなってますが、本人たち以外の精子や卵子を使う方法があります。

 他人の精子を使用する「非配偶者間人工授精(AID)」
 他人の卵子を使用する「卵子提供」
 さらには、他人に出産してもらう「代理出産、代理母」なんてのもあります。

 主にはこういったところでしょうか。この6つと定義してもいいかもしれません。
 上4つは特定の病院に行けば通常業務として行われています。
 卵子提供も、かなり行われていることが明らかになってきましたね。(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120428-00000922-yom-sci

(2)倫理的な線引きについて

 これはかなり難しいので、倫理が専門でない自分に根拠と言われても苦しいものがあります。
 どちらかというと倫理的な線引きというよりは(3)の線引きによって、「人工受精まで」と主張するべきなのかもしれません。

 「人工授精」も倫理的におかしいという方もいるかと思います。しかしながら、人工授精は性交渉の技術がうまくいかない人や、どうしても性交渉に対し嫌悪感を抱いているカップルにとっていはいわば「性交渉のかわり」ですから、この方法は残しておくべきと考えてます。
 
 医療倫理の基礎となる「ヒポクラテスの誓い」では、胎児も生命とみなすべきとしています。
 体外受精や顕微授精で作る受精卵は1つではありません。そして、それらの全てを子宮内に戻す訳ではありません。戻されなかった受精卵はどうなるのでしょうか・・・難しいですが・・・・


 ただ、個人的に申し上げておきたいのは、世間一般において倫理的な部分はほとんど議論されていない。自分のように、「ここまでにすべきではないか」という人もいない。そんな状況で、保険適応されていない範囲で様々なことが行われてきています。
 もちろん自分だって、ネットという匿名の議論だからこそこんな風に強気で主張しているのは事実です。到底、今の職場で大きな声で主張すればいろんなところから反感を買うでしょうね。


(3)改善すべき問題について
 すこし論のすり替えになってしまいますが、以下の通りに論じます。

 あまりこのことに触れたくはなかったのですが、卵子と精子との違いにあるかと思います。
 例えばダウン症を例にとると、母体が30歳をすぎるとダウン症になりやすく、高齢になればなるほどその確率は上がるのは科学的に証明されています(染色体の分裂がうまくいかなくなるようです)。
 それ以外にも受精し着床し・・・・といったプロセスにおいて高齢になると不利なことが多いようです。
 一方精子は比較的高齢まで機能を保ちます。40,50の男性に子供ができるのは珍しい話ではないことからもわかるかと思います。精子の方がよりシンプルだからかと思います。
 批判を恐れずに言えば、「卵子の方が老化が早い」と言えるかと思います。

 精子の運動は精子の持つ遺伝情報というよりミトコンドリアによるものと言われており、精子のミトコンドリアは原則として子に遺伝しません。精子の運動能が落ちていて人工授精というのも、精子の遺伝子そのものに以上があるわけではない以上、理論上は通常の受精に近いと考えられます。
 しかしながら卵子はそういきません。受精卵の細胞内微小構造は卵子由来ですし、上述したように精子と異なり染色体の分裂にも難があります。さらに、原則一回の排卵で一個の卵子であり簡単に淘汰されるものでもありません(精子は数千万のうちの一個が受精します)。

 ゆえに、卵子側に問題がある場合の不妊治療はどうかと考えます。そういった意味でも、人工受精まででどうかと考えています。

 さらに言えば。
 不妊治療の原因は様々ですし、個々を考えると複数の原因が重なることや原因がはっきりしないことも多々あります。
 しかしながら、「高齢出産化」(ここでいう高齢とは受精、出産にはという意味です)というのが最大の原因の一つであることは間違いないかと思います。そこには、社会構造の変化により晩婚化し高齢出産化したしたことが原因なのも間違いないかと思います。それ故に、不妊治療はどんどん発達しているわけです。
 
 であれば、社会として、政治として、行政としてすべきことは、不妊治療の普及よりも晩婚化や高齢出産化の現状の方を何とかすべきではないでしょうか。
 育児休暇の取得、出産後の職場復帰、幼児保育の充実、乳幼児の医療・・・専門でない自分でも多くの問題を挙げられるくらいです。具体的に解決法を示せと言われても、難しいですが(野次を飛ばす政治家と言われてしまいそうですが・・・)。
 この国はアメリカのように自由主義とはいきません。事実生まれた子供は多くの社会保障を受けられるわけですから。
 
(4)その他もろもろ
・「子が得られない」状況について
 自分が言っても何の慰めにもならないかと思いますが、「子が得られない」というのは本当につらいかと思います。ここのブログに痛烈なコメントを残される方々は、そういった方々なのかと想像します。
 自分に子供を作る能力が足りておらず、治療で何とかなるというならその力を借りてみようというのが人間だと思います。個々の方々の、治療するしないは議論するつもりはないですし(野田聖子氏のような方は別として)、皆様の選択を尊重いたします。

 しかしながら、医療技術としての問題、倫理的な問題、医療保険の問題、政策としての問題はまた別です。一般論として、マクロな視点でやはり議論しなければなりません。知り合いの話で申し訳ありませんが、産婦人科医ですらそういった議論が少ないことに違和感を覚えていらっしゃる方も少なくありません。しかし、痛烈なコメントを恐れて議論できていないのではないかと想像します。
 だからこそ一個人ではありますが、意見を申し上げているわけです。
 なにもわからないくせに、という意見もありますが、個々の件に関しては当然何もわかりません。でも、全体の議論としては一般の方よりは深く議論できるのではないかと思います。
 
 

・子供が知ることについて
 これは当人にしか分からないことですので、自分は付け足すことはありません。
 気になる方がいらっしゃれば「AID 加藤」で検索するといいかと思います。
 遺伝上の父親を探して活動なさっている方の話です。
 AIDをしようとしている方、悩んでいる方は目を通されても損はないかと思います。


・不妊治療のリスクについて
 通常、医療とは安全であるべきです。その技術が確立されてから用いられるべきです。
 しかしながら、不妊治療はその技術の特異性ゆえ、生まれてきた子の長期予後までははっきりとわかっておりません。(母体の安全性はある程度担保されていますが)
 ナマズさんは根拠がないと批判されますが、根拠がないこと自体が問題だと思います。

 体外受精によって生まれる先天性疾患の率は、通常の出産と同じ。と主張するデータもあるようですが、そもそも先天性疾患の確率が高い高齢出産の率を上げ得るようなことはナンセンスだと感じます。
 この辺はもう少し勉強して、Up to dateを伝えられればと思います。


・自分について
 医療関係者。とだけ記しておきます。上述したように匿名だからこそ、自分も強気の意見が書けるのは確かです。
 もちろん専門家ではないので、専門家ではない医療関係者の意見として聞いていただければ結構かと思います。
 専門家でなければ意見を言ってはいけないのでしょうか。
 しかもこの分野は、専門家ほど反対意見をいいにくい状況となってしまってないでしょうか。
 それこそか、議論が進まない原因の一つではないでしょうか。


最後までお付き合いいただきありがとうございます。やや遅くまでかかって書いた記事なので、矛盾点や不明点もあるかと思います。忌憚のないご意見をお待ちしております。

 最後になりましたが、このブログで気分を害された方がいたらお詫び申し上げます。

.
さて、産経新聞は
「ちゃんと経緯」 
も書きましょうよ・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
園田政務官、福島第1原発の処理水を飲み干す「パフォーマンスではない!」
産経新聞 10月31日(月)18時3分配信

     http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/32/0000171832/38/img16828610zik7zj.jpeg
 「飲水するレベルである」と強調し、報道陣の前で福島第1原発5、6号機の滞留水の処理水をコップに入れて飲み干すというパフォーマンスを演じた園田政務官=31日、東京・内幸町の東京電力本店(大竹直樹撮影)(写真:産経新聞)



 内閣府の園田康博政務官は31日、政府・東京電力の統合対策室の合同会見で、福島第1原発5、6号機から出た低濃度汚染水を浄化した処理水について、「安全が確認されている」と述べ、報道陣の前で処理水をコップに入れて一気に飲み干した。

 会見で政治家のパフォーマンスではないかと指摘された園田政務官は「私が(処理水を)飲むことによって安全性が確認されたとは思っていない。パフォーマンスといわれることは本意ではない」と釈明。「飲めるレベルの水であるということを言いたかった」と強調した。

 東電によると、この水は5、6号機から出た低濃度汚染水を浄化処理したもので、原発事故の収束作業の際に伐採した樹木が腐り自然発火することを予防するため樹木に散布されている。園田政務官が飲んだ水は、今月22日に処理水のタンクから採取され、放射性物質のヨウ素131やセシウム134、137はいずれも検出限界未満(ND)だったことを確認しているという。

 ただ、タンクに保管していたことから「一般の雑菌」(園田政務官)が混入しているとして、煮沸消毒したものを用意したとしている。

 政治家が農産物の安全性を示すために報道陣の前で野菜や魚介類を食すパフォーマンスを演じたことは過去にもあるが、福島第1原発で処理された水を飲むという今回のパフォーマンスは波紋を広げそうだ。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111031-00000570-san-soci

ということで、上の産経新聞の記事を読む限りでは、ほとんど
「菅直人がカイワレ食べた」
のと同レベルで扱われていますが、他の記事を見れば
《10月10日の東電主催の会見で、フリーライターが「第一原発に立ち入れないので東電の情報を信じるしかない。飲んでも大丈夫なら実際にコップに出してみなさんに飲んでもらうのは無理か」と東電に迫ったのが発端》
http://www.asahi.com/politics/update/1031/TKY201110310428.html
と書かれているわけで、結局そのフリーのライターは、飲まなければ
「やっぱり飲めない水なんだ…!!」
ってやるわけでしょうから、これはもう完全に
「そのフリーのライターが悪い」
って話ではないでしょうかね・・・・・・・・・・




  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
             《これでいいのか委員会》
                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
       にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

転載元転載元: これでいいのか委員会/福島の米を食べ続けることを宣言します…!!

 
.
さて、これで菅を
「終わりにする事ができる」 
でしょうか・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
菅首相側が6250万円献金 北の拉致、容疑者親族の周辺団体
産経新聞 7月2日(土)7時56分配信

 菅直人首相の資金管理団体「草志会」が、北朝鮮による日本人拉致事件容疑者の親族が所属する政治団体「市民の党」(東京、酒井剛代表)から派生した政治団体に、計6250万円の政治献金をしていたことが1日、分かった。年間の献金限度額上限の5千万円を支出した年もあり、大口の献金者だったことがうかがえる。政府の拉致問題対策本部長でもある首相側の献金先としては「不適切」との批判を受けかねない。

 菅首相側が献金していたのは、「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」(神奈川、奈良握(にぎる)代表)。

 「めざす会」は市民の党の酒井代表の呼びかけで平成18年に結成され、奈良代表も市民の党出身。めざす会には、市民の党の名を冠する会派に属している複数の地方議員が年間計1千万円近い政治献金をしているほか、事務担当者が同一だった時期もある。

 政治資金収支報告書によると、草志会は19年に5千万円、20年に1千万円、21年に250万円をめざす会に寄付している。19年の5千万円は資金管理団体から政治団体に献金できる上限額。この年は、めざす会の収入の6割近くが草志会の寄付だった。市民の党をめぐっては14年6月、横浜市議2人が市議会本会議で議場内の国旗掲揚に反対し、議長席と事務局長席を占拠して6時間近く議事を妨害した問題が起きている。

 一方、市民の党には日本人拉致事件の容疑者の親族が所属。この親族は、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの長男(28)。長男は北朝鮮で生まれ、平成16年に日本に帰国するまで現地で生活していた。今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選している。

 市民の党には、民主党の黒岩宇洋(たかひろ)法務政務官の関係政治団体も21年に計約400万円の政治献金を行っており、自民党の河井克行衆院議員らが今年5月の衆院法務委員会で「(長男は)20歳のときまで北朝鮮にいた。どのような教育を受けたかということは容易に想像がつく。そういう人を公認したのが市民の党だ」などと指摘している。

 市民の党の酒井代表は取材に、「菅首相とは30年ぐらい前からの付き合い。寄付については出している側に聞いてほしい」、めざす会の奈良代表は「首相と会ったこともないし、詳しいことは分からない」と話した。

 菅直人事務所は献金について、「当時の党の役職者(代表代行)としての責任において、職務遂行の一環としてのものであり、法に則(のっと)り適正に処理している」とコメントしている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110702-00000077-san-pol

ということで、基本的に菅の収入は
「議員歳費と政党交付金からの民主党からの支給金」
ということになるのでしょうから、献金された6250万円のほとんどが
「我々の税金」
ということになるわけで、結局民主党の一部の連中の素性って
「こういう輩」
ということになるわけで
「何(誰)のために政権交代を達成したかった」
のかということも、自ずと見えてきますね・・・・・・・・・




        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                     http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/32/0000171832/91/img59e9c293zik0zj.jpeg

                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
        にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

転載元転載元: これでいいのか委員会/原発停止で熱中症続発の死の夏へ突入…!!

.
さて、実現するかは置いておいても
「沖縄本島内にもこういう声がある」 
という事実は非常に大きなインパクトがありますね・・・

                      ※ こちらも“プチッ”とお願いします→  にほんブログ村 政治評論
<普天間移設>国頭村安波区が代替施設誘致に賛成
毎日新聞 6月10日(金)22時39分配信

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、沖縄本島北部の国頭村安波(くにがみそんあは)区は10日の区民総会で、地域振興を条件に代替施設誘致の方針を決めた。区は村や県、政府に働きかけていく。しかし、宮城馨村長は反対を明言し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事も県外移設を主張しているため、現状では誘致実現は難しい見通しだ。

 区役員らがまとめた振興策は、沖縄自動車道(那覇−名護間)の国頭村延伸や、同区に建設する普天間の代替施設の軍民共用化など。

 区民総会では区民125人(委任状の37人含む)が投票。その結果、賛成75人、反対50人となった。区側は「これで、国と交渉していくことを確認できた」としている。

 一方、宮城村長は「どんな条件が付こうが、断固受け入れることはできない」としている。

 防衛省内にも「首長が反対している以上、実現は極めて困難」との見方がある。【井本義親】

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110610-00000130-mai-soci

ということで、少し前にも記事にしましたが、鳩山前総理の「最低でも県外」発言を受けての混乱の中、鳥越俊太郎などはTVで
「沖縄県民は全員県外移設を望んでいる」
なんて事まで言い出す始末だったわけですが、実際には、もちろん地域振興とセットではありますが
「区民総会では区民125人(委任状の37人含む)が投票。その結果、賛成75人、反対50人となった」
ということも起きているわけです・・・


で、何せよこういう動きが許せない
「沖縄タイムス」
は、この話が出始めた頃に、この町長にインタビューをしているわけですが
                 ↓ ↓ ↓
普天間移設 宮城馨国頭村長に聞く
2011年5月23日 09時53分


 国頭村安波区の一部住民が自動車道整備などの地域振興策を条件に、米軍普天間飛行場代替施設の受け入れを政府関係者に伝えたことが明らかになった。「受け入れ反対」を表明している宮城馨国頭村長に現状や考えを聞いた。(聞き手=北部支社・浦崎直己)

 ―いつ計画を知ったか。

 「今月6日に村長室で区民の一人から聞いた。『このタイミングになぜこういった話が出るのか』と驚いた。協力依頼ではなく報告だったが、きっぱり断った。それ以降、話は一切ない」

 ―反対の理由は。

 「沖縄の基地負担集中の解消を目指し、仲井真弘多知事を中心に県内では普天間の移設先は県外・国外という大きな流れになっている。国頭村は『豊かな自然を生かした村づくり』を目指している。(安波区の)受け入れ案は整合性がとれない。安波区の意見に言及するつもりはないが、村や県全体の問題として考えたとき、私の姿勢は安波区の賛成・反対で左右されることはない」

 ―安波区の提案は「誘致」ともとれる。

 「1987年の安波地区へのハリアー訓練場建設阻止闘争で、安波の住民は命を懸けて闘い、自然を守ってきた。後世に誇れる歴史を持つ、その一部の住民から声が挙がったのはすごく残念。国サイドで動いている人は『打診したけどダメでした』で終わることもできるが、安波区にとっては、どんな結果になろうと大きなダメージを負う。しがらみはずっとついてまわる」

 ―「受け入れは区の問題」という意見もある。

 「理解できない。安波区だけの問題ではなく、国頭村全体、県全体に関わる。区の問題として進めるなら本当に情けない話だ。政府が村を飛ばして、話を進めるような露骨なことをやるかどうかは分からないが、私としては考えられない。ただ、普通は、このような進め方はない」

 ―村の意向を県や国に伝えるつもりはあるか。

 「村民を動揺させないために、村の姿勢を早めに出した。万が一、安波区の区民総会で『賛成』となった場合は、村議会も含めて村の統一した考え方を伝える必要がある。そのステップとして、村民大会などもあるかもしれない」

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-05-23_18199/


ってなわけで、記事の冒頭で
「国頭村安波区の一部住民」
と記してきまして、あたかも
「極少数の人が言っているだけ」
という刷り込みを行っているわけですが、残念ながら
「その区の過半数以上の数が賛成」
してしまったわけでして、しかも、それ以前に、そっち系の人たちの得意のフレーズは
「少数者の意見こそ大切に」
というものだったように思うわけですが、それが自分達の考えに反するものであると、突然
「一部住民」
と矮小化して括ってしまうこういうところが
「本当にいやらしい」
感じなんですよね・・・・・・・・・・・・





        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
                     http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/32/0000171832/91/img59e9c293zik0zj.jpeg

                         https://politics.blogmura.com/img/politics88_31.gif
        にほんブログ村 政治評論
                     ( こちらを“プチッ”とお願いします ) 

              ↓ 下のブログ記事もぜひご覧ください ↓  
 
http://x8.huruike.com/bin/ll?150576000
アクセス解析

転載元転載元: これでいいのか委員会/政治は今こそマスコミを越えろ…!!

〜させていただきます

耳障りというほどでもないんですが、いつも違和感があるんですよね。

この〜させていただきますという表現。
とくに、若い人が使っている印象がありますね(自分も若いけれども…)


ご説明させていただきます。とか
司会を務めさせていただきます。とか

なんだか、とっても謙譲してるつもりのようにつかってますが本当にそうか????
…と思うのです。



ではまず「〜させていただきます。」という表現を謙譲語ぬき(平語)にしてみたいと思います。

そもそも文法的に分解すると
〜する+て(助詞)+いただく(もらうの謙譲語)+ます(丁寧の助動詞)
ですね。

ということは「〜させていただきます」を平語にすると
〜させてもらうですな。

まぁ「もらう」のニュアンスは微妙なところですが、基本的には使い方としては同じかと思います。

たとえば、友達の家に遊びに行って
あがらせてもらうね。とか
トイレ使わせてもらうね。とか…
そういう意味のはずですね、本来。

上記のことの裏にあるのは

相手の許可を得てする

ということですよね。

なんとなくこれだけでもへりくだってるようにも聞こえますが、
それは単に相手の許可が必要な行為をしてるだけなんですよね。


ちなむに、細かく言えば助詞の「て」にもそういう意味があるみたいですが…


まぁいいとして「〜させていただきます」というのは単に
「許可を得てするべき+謙譲」
というだけで決して謙譲の意味が強まるわけではないのです。


初めに書いたような例だと、
「ご説明させていただきます」は、別に説明していいよ、と許可を得たわけでもないし、
「司会を務めさせていただきます」は、別に司会してもいいよ、と許可したわけでもないですよね。








まぁ言葉は変化していくもの、みんながすんなり理解できるなら「正しい」という方向に動くものではあります。
「全然大丈夫」みたいに、これだけ「〜させていただきます」が普及した中、正しいとしてもいいような気もします。


ただ、この「敬語」というジャンルはそう簡単にはいかないと思うんですよね。
なんたって、敬語は「敬う気持ち」が相手に伝わらなきゃいけないですし、その相手の多くは「年上」な訳ですから、若い人の間で一般的になったって無駄、だと思いますけどね。


少なくとも、自分はこういう言葉を使って売り込もうとしてる人から買いたいとは思えませんね。

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事