考える沖縄人

沖縄人だってたまには深く考えます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

先ほどの岡田外相の普天間継続使用に対する沖縄から当選した議員の話です。

「内閣改造しかない」 岡田外相「普天間固定化」発言
2月2日9時40分配信 琉球新報

 米軍普天間飛行場の固定化の可能性に言及した1日の岡田克也外相の発言に対し、県選出・出身の国会議員は「沖縄の基地問題の深刻さを理解していない」と一斉に反発した。与党議員は「3党で新しい移設先を決めようとしている時に、あってはならない発言だ」と批判。普天間の固定化をちらつかせ、辺野古移設の現行案を検討対象から除外しない政府の姿勢を問題視した。首相の発言と異なる形で、県民感情を逆なでする発言が閣僚から相次ぐことに「内閣改造しかない」との声も上がった。
 民主党の喜納昌吉参院議員は「首相を守るべき立場にある外相が首相に異を唱えるとは。鳩山内閣をつぶしたいと思っているのかと感じる」と疑問を呈した。
 玉城デニー衆院議員は「閣僚のあるまじき発言が鳩山政権を揺るがしている。辺野古も普天間も除いて検討でなければ、県民にとってマイナスベースだ」と指摘した。
 瑞慶覧長敏衆院議員は「政府が米国を気にしすぎている。辺野古が駄目なら普天間は固定化と言うなら、沖縄側が直接米国と交渉する覚悟を示すしかない」と語った。
 社民党の照屋寛徳衆院議員は「不穏当な発言だ。世界一危険な飛行場を動かすことから出発しており、普天間が残ることになれば連立政権は崩壊する」と反発した。
 山内徳信参院議員は「辺野古が駄目なら普天間は残るというのはまさに脅迫。首相の足を引っ張り、県民に責任転嫁する卑怯(ひきょう)な政治家だ」と強調した。
 国民新党の下地幹郎衆院議員は「米国と交渉する立場の外相の発言なら今、検討委であらゆる選択肢を検討しているだけに残念だ。住民の思いを認識すべきだ」とコメントした。
 共産党の赤嶺政賢衆院議員は「県内移設を見直す基本方針を確認していないから閣僚ごとに違う発言が出る。対米外交の姿勢を転換し普天間撤去を求めるべきだ」と批判した。
 自民党の島尻安伊子参院議員は「県外を訴え、できた政権だ。連立を組む3党の地元支部組織はどう事態を収拾し責任を取るのか。開いた口がふさがらない」と批判した。
 無所属の糸数慶子参院議員は「与党の検討委が努力している最中に、普天間固定化の発言は許せない。県民の危険性除去を本気で考えているのか」と憤った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000002-ryu-oki

社民党議員もばかげてますが、それ以上にひどいのは民主党ですよ。
喜納昌吉「首相を守るべき立場にある外相が首相に異を唱えるとは。鳩山内閣をつぶしたいと思っているのかと感じる」
玉城デニー「閣僚のあるまじき発言が鳩山政権を揺るがしている。辺野古も普天間も除いて検討でなければ、県民にとってマイナスベースだ」
瑞慶覧長敏「政府が米国を気にしすぎている。辺野古が駄目なら普天間は固定化と言うなら、沖縄側が直接米国と交渉する覚悟を示すしかない」


ふざけてますね。どこか人ごとです。
もし、普天間継続使用や県内移設となったら、こいつらにも責任はあるのは当然ですよ。
民主党に票を入れれば県外移設につながると期待したわけですから、それが破たんするようでしたら、当然民主党議員全員の責任です。
特に、県内では辺野古が最大の焦点だったわけですからなおさらです。

県外移設、ましてや普天間継続使用なんてことになったら、当然議員辞職すべきですよ。こいつらは。
離党??そんなに甘いわけないです。なら「せめて『すんなり辺野古移設』のほうがまし」だと思いますよ。県民としては、なら初めから彼らに投票するわけがない。
むしろ議員の給料をすべて返還してほしいくらいですよ。


この口ぶりを見ていると

自分たちのことをまだ『野党』だと勘違いしている

ようにすら思えますね。
お主らの党の大臣だろうが!!といいたくなります。


同様のことが名護の新市長、稲嶺氏にも言えますね。
民主党の推薦をもらった以上、辺野古になれば責任を問われて当然です。
まぁ鳩山よりまともな神経の持ち主だとは思いますが…


岡田外相、普天間「今のままもある」 首相返還発言「思い」と説明
2月2日9時30分配信 琉球新報

 【東京】岡田克也外相は1日、米軍普天間飛行場の新たな移設先を政府与党で話し合う沖縄基地問題検討委員会の検討対象として、「望ましいことではないが、普天間のほかになければ今のままということもあり得る。(普天間は予定通り返還されるべきだとした)首相は『思い』を言われたのであって、明確に(継続使用を)否定したわけではない」と述べ、普天間飛行場の固定化の可能性に言及した。都内の日本記者クラブでの講演後、参加者の質問に答えた。
 普天間飛行場の現状については、鳩山由紀夫首相が1月28日の参院予算委員会などで「(普天間移設は)危険性除去からスタートした。そこに戻ることはない」と継続使用を認めない考えを表明していた。岡田氏の発言は、首相発言を打ち消すもので、閣内不一致として波紋を広げそうだ。
 普天間飛行場の機能を嘉手納基地に統合させる案について岡田氏は「あきらめてない。ゼロベースだから」と語り、検討委での検討対象となり得る見解を示した。
 日米合意の名護市辺野古への移設案についても「ゼロベースであらゆるものに可能性があり、日米合意案も含まれている」と重ねて言及した。
 海兵隊の抑止力については「他の3軍に比べ海兵隊は即応力、機動性が非常にある。沖縄かは別にして日本にあるのは意義がある。グアムとかハワイでは少し遠すぎ、時間がかかる」と述べ、グアムへの移設に否定的な見解を示した。
 沖縄に残る海兵隊数については「現実に今どれだけいるかと言えば、アフガニスタンやイラクにかなり行っているので、現時点の数はもっと少ないが、定員としては1万人近い人数が沖縄にいるということで、そのことが抑止力としての意味が非常にある」と残る海兵隊の抑止力を強調した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000001-ryu-oki


県外移設なぞ、非現実的だということはわかっている分鳩山よりはずっとまともだとは思いますが…

首相は『思い』を言われたのであって、明確に(継続使用を)否定したわけではない

これはどうなんだろう…

『思い』ってなんだよ。思いって。
首相の発言がそんな不確かなものでいいはずがない…

ま、どんだけ不確かなものかは散々思い知らされていますがね…



沖縄かは別にして日本にあるのは意義がある。
あたりはまともなんですなぁ。
だったらいっそ辺野古移設を主張したらどうか?
そのほうがまだ、県民国民の理解は得られるんではないの???
名護市民には申し訳ないけれども。





以前からこのブログで言っているように、

辺野古移設であっても、沖縄県にとっては負担軽減

なのはわすれてはなりません。もちろん県外移設がベストですが…

最悪は

普天間継続使用

ですよ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事