考える沖縄人

沖縄人だってたまには深く考えます

社会的考察

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

捕鯨は牛肉よりエコ?

エコかどうかは本来最重要課題ではないけれども、
シーシェパードをはじめ捕鯨に反対している人はエコだとか倫理を振りかざしますからね。

鯨肉は牛肉よりエコ?CO2排出量は10分の1以下 
4月24日1時4分配信 


 鯨肉生産で生じる二酸化炭素(CO2)など温暖化ガスの排出量は、牛肉生産で生じる排出量と比べて10分の1以下という試算が、水産総合研究センターの調査で出た。同じ肉類の食材でも、鯨肉は牛肉に比べて環境に優しい一面があるといえそうだ。水産庁はこうしたデータに着目しており、「商業捕鯨再開などをめぐる国際交渉で、反捕鯨国へ理解を求める新しい視点になる」としている。

 鯨肉は、調査捕鯨船団が南極海などで捕獲し、胃の内容物などの調査を終えたクジラの肉が処理されて、国内に流通する。同センターなどでは、数年前の調査捕鯨船団の燃料使用量からCO2の排出量を計算。捕鯨で生産・販売された鯨肉1キロ当たりのCO2排出量を試算した。

 その結果、日本から約1000キロ沖で行われる北太平洋の調査捕鯨では、鯨肉1キロをとるために、約2・5キロのCO2が排出されていると推計。1万キロ以上離れた南極海の調査捕鯨では、CO2の排出量は増えたが、それでも約3キロにとどまった。

 これに対して、畜産農家が牛肉1キロを生産するために、排出するCO2などの温暖化ガスは36・4キロと計算されており、鯨肉の排出量は10分の1以下になることが判明した。

 牛肉生産では、牛の飼育やエサの生産・運搬などで大量のエネルギーが使われるが、鯨肉は、捕鯨船団の燃料だけですむため、温暖化ガス排出も比較的少ないという。

 商業捕鯨の再開などをめぐって各国が対立する国際捕鯨委員会(IWC)では、オーストラリアなど反捕鯨派に環境政策を重視する国が多いほか、暴力的な捕鯨妨害を繰り返している米国の団体シー・シェパード(SS)も環境保護を訴えている。

 水産庁では、温暖化ガス削減という「環境」の視点から、捕鯨の利点を訴えれば、反捕鯨派の理解を得られやすいと考えており、今後、こうしたデータが国際交渉に利用されることもありそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090424-00000509-san-soci

まぁCO2よりもメタンで議論すれば結論は明らかなはずですがね。

結局、シーシェパードも利権がらみですよ。
彼らはあれを職業として家族養っているんですから。

なのに、エコとか振りかざす偽善が許せないですよね。




韓国も実は結構捕鯨しているって話ですね。
http://news.softpedia.com/news/Japan-Sets-Negative-Whaling-Example-110027.shtml
中国は相変わらずですが、注目すべきは暴いたのが中国メディアということですよ。

中国女子サッカーで替え玉疑惑 ジュニアユース代表で中学対抗大会優勝
2009.4.21 20:25

 【北京=矢板明夫】中国で、ある「替え玉事件」が波紋を呼んでいる。重慶市の大坪中学が4月中旬、トルコで行われた学校対抗の女子サッカー世界大会で優勝した。だが、出場したの選手のほとんどが、在校生ではなく中国ジュニアユースチームのメンバーだったことが発覚し、メディアは「国威発揚のためでも、してはならないことがある」と一斉に批判している。

 大会は国際学校スポーツ連盟の主催で、大坪中学はブラジル、ドイツなどの強豪を破り、5試合で28得点を決めるなど圧倒的な強さを見せつけた。だが、「中国のサッカーがこんなに強いはずはない」と疑問を抱いた中国紙「体壇週報」の記者らが、選手や関係者を取材した結果、チームの18人中15人が各地から集められたジュニアユースの選手だったことが判明した。

 学校側は当初、「メンバー全員が在校生」と主張した。しかし、選手たちが次々と「替え玉」として出場したことを認めたため、張建玲校長も「教育省の指示に従っただけで、(出場は在校生のみという)大会のルールを知らなかった」と認めた。政府関係者が関与していたことも示唆した。

 中国当局は長年、国際大会で良好な成績をあげることを求め、「為国争光」(国のために栄光を勝ち取る)を合言葉に、「人力」「財力」「物力」を注いでスポーツエリートを養成してきた。不正行為の疑惑も絶えない。北京五輪では女子体操選手の年齢詐称、2007年の女子サッカーW杯では中国チームによる盗聴疑惑が指摘された。今回の替え玉事件は氷山の一角との見方もある。
http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/090421/scr0904212027006-n1.htm

中国紙「体壇週報」の記者らが、選手や関係者を取材した結果、チームの18人中15人が各地から集められたジュニアユースの選手だったことが判明した。

これも含めてパフォーマンスの可能性はありますが、メディアが教育省の方針に逆らって報道したわけですからすごいことですよ。
中国メディアは変わりつつあるのかなぁ。
ミネルバと同レベルの話ですね。

ブルガリア検察、大地震「予言」できなかった占い師を捜査
2009年 04月 22日 17:21 JST
 
 [ソフィア 21日 ロイター] ブルガリアの検察当局は21日、著名な占星術師が予言した地震が実際には起こらず、間違った情報を広めたことが罪に当たるかどうかの捜査を開始した。

 同国南部のハスコボ市では18日夜、占星術師Emil Leshtanski氏が最大マグニチュード(M)7.0の地震が起きると予言したため、 多くの人々がテントや車の中で一夜を過ごした。

 Leshtanski氏は、イースター(復活祭)の祝日だった同日、人口8万人の同市で地震により死者や深刻な被害を引き起こすと予言していた。

 ブルガリアでは迷信が信じられる傾向が強く、国内では霊能者や心霊療法師、占い師などが多く活躍している。

 今回、予言された地震が起きなかったことで、人々のパニックは怒りに変わり、市民の一部には、苦痛を与えられたとしてLeshtanski氏を裁判で訴えるとの動きも出ている。

 検察当局は、誤った情報による風評被害と騒動を起こした疑いで、最長2カ月にわたり証拠を収集するとしている。有罪となれば、Leshtanski氏は2年以下の禁固刑となる可能性がある。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-37636120090422

まぁそれが「占い」ってもんでしょ。罰せることができるはずないですがね。
信じる方はそれをわかって信じるべきだと思いますが…


この辺の倫理観はお国柄なんですかね。

これは…

もはやあきれ返るしかない。

【政界24時】原川貴郎 安保で民主党に“期待”


 創造力にあふれ、発想も大変ユニーク。民主党の安全保障論議を取材していると、しばしばこんな皮肉を言いたい衝動に駆られる。

 北朝鮮によるミサイル発射を受けて開かれた民主党の外務防衛部門会議。防衛省から、発射の誤探知の経緯や秋田、岩手両県に配備された地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の説明を受けると、リベラル系のある議員はこんな意見を真顔で言ったのだという。

 「種子島から発射するロケットも、日本の島の上を通るのだろうから、これにもPAC3を配備すべきだ」

 出席者の一人は、「あきれるというか…。『世界観』が違い過ぎてとても議論にはならない。でも、これが民主党の実態だ」とため息をついていた。

 保守系から旧社会党左派までを抱え、「寄り合い所帯」「混ぜご飯」と揶揄(やゆ)されることが多い民主党にとって、安全保障問題はアキレス腱(けん)だ。

 そういえばソマリア沖の海賊対策をめぐって飛び出した意見にも首をかしげたことがあった。2月初旬の部門会議では、自衛隊の派遣に極めて後ろ向きの議員が「イラクで日本人3人が人質になったとき盛んに『自己責任』といわれたように、ソマリアを航行するのは海運会社の自己責任ではないのか」と主張したのだった。それを伝え聞いた官邸関係者が「自衛隊を派遣させないための議論で、国民の生命、財産をどう守るのかの視点が欠落しているのではないか」と訝(いぶか)ったのも無理はない。

 しかし、ソマリア沖では3月22日、商船三井の船が高速艇2隻から銃撃を受けた。海上自衛隊の護衛艦が、外国船から救援要請を受け、不審船に対処した事案も3月30日以降、すでに2件あった。求められているのは実態に即した現実的な対応だ。

 政府の海賊対処法案に対し、民主党は15日、自衛隊派遣に国会の事前承認を義務付けた修正案の骨子を「次の内閣」で了承した。今後、法案作成と与党との修正協議を同時並行に進めていく考えだ。

 最終的には政権政党たりうる海賊対策をまとめてくれると、民主党には期待したいが、もしいまだに党内で「海賊というのは漫画で見たことはあるが、イメージがわかない」(平田健二参院幹事長、1月20日の記者会見)といった認識があるのならば、望み薄だ。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200904200014a.nwc

種子島から発射するロケットも、日本の島の上を通るのだろうから、これにもPAC3を配備すべきだ
ですって。

もはや笑いは生まれない…
こんなやつらに血税で給料が払われていることに怒りしか覚えない。

一度くらいは民主党に任せても良いかも…
それがどれだけ甘いことだったか気付かせてくれる。

イラクで日本人3人が人質になったとき盛んに『自己責任』といわれたように、ソマリアを航行するのは海運会社の自己責任ではないのか

行く必要性が無い地域、しかも警告していた地域にほいほい行くアホと、海運という重い責務を担っている人を同列に扱う。

北朝鮮と日本を全く同列に扱うような人々ですからね…
少なくとも議論としては間違ってないと思いますよ。

中川前財務相「核に対抗できるのは核」 帯広で論議の必要性強調 (04/19 21:51、04/20 06:53 更新)

 【帯広】自民党の中川昭一前財務・金融担当相(衆院道11区)は十九日、帯広市内での自民党支部定期総会であいさつし、「核に対抗できるのは核だ」と述べ、北朝鮮のミサイル実験に関連し、核兵器に対抗するための論議が必要との考えをあらためて表明した。

 中川氏は「核の議論をすることと核を持つことは全く別問題。相手が核を持った時には核シェルターも必要でしょうし、放射能を浴びないための医療措置も必要だ」と持論を展開。「彼らは予告なしにいつでも撃ってくるという体制に一歩近づいた。われわれは、常にこのことを議論していかなければならない」と述べた。中川氏は自民党政調会長を務めていた二〇〇六年十月にも同様の考えを述べている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/160110.html

まぁそれでも左翼団体の方々は大反対するんでしょうね。
本当に北のミサイルの一発や二発が着弾しないとわからないのでしょうね。

議論すら許さず、言論を封殺する。

それが左翼団体の真の姿ですか?

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事