コパンのうら

熊本県北部の山鹿市にあるちいさなフランス料理店「ビストロ シェ・ル・コパン」の舞台裏です。

遠ざかるノートル・ダム。

ちょうど何日か前、この本を購入したばかりでした。

イメージ 1


パリに25年滞在したフランス文学者・哲学者、森有正のエッセー集。
『遥かなるノートル・ダム/黄昏のノートル・ダム/遠ざかるノートル・ダム/日記1961年5月4日〜68年1月2日』(ちくま学芸文庫)。

著者は、長い滞在期間の多くの時間を、ノートル・ダム大聖堂が見えるところで暮らし、季節や時間によって変貌するその姿を眺めながら、哲学的思索を深めてきました。ここに収められている文章の多くは、ノートル・ダムに直接関係のある内容ではありませんが、それでもその背景にはあの「貴婦人」の姿が常にそびえ建っているような気がします。

以下、長いですが、一部抜粋します(一部旧仮名遣いを修正しています)。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

すぐ近くにノートル・ダムがあるのにその存在を意識せず、何週間もそれを考えずに過ごすことがますます多くなってきた。そういう時でも、季節や天候の変化で、石の壁の色彩や目で見た感触が変わると、はっと気がついて眺めることがある。そういう時の幸福感は何にたとえようもない。こうして生活の忙しさの中に、ノートル・ダムは意識下に沈んでいく。あるいは忘れられていく。(中略)

そういうある日、ふとノートル・ダムを見ると、それがいかに美しいものであるか、他のものと桁違いに優れたものであるか、しみじみと感ぜられたのである。こうして自然、外界、天候、季節、またパリの町全体の小さいまた大きい美しさ、そういうものとの接触からノートル・ダムが輝きだすようになってくる。パリという歴史ある町の一定の地理的位置と風土との中の生活感情とが一つに融合して、その関連からノートル・ダムの美しさが見えるようになってくるのである。(中略)

しかしその美しさが本当に私どもの感覚にあらわれるようになるのは、その全体をすでに含んでいる感覚が成熟を遂げなければならないのである。我々の感覚は見ていても、見えていないのである。(中略)パリの空間感覚、多くの教会や公共建築物の空間の特殊な、豊かで自由な感覚から離れてそれに気がつくことはむつかしいのである。こうしてノートル・ダムは、パリの町の内側から見えてくるのである。そしてパリの町の内側は、そこに住む人の生活感情を離れてはありえない。ノートル・ダムの外側がパリの内側から見えてくるのである。それ以外のところからは容易に見えがたいのである。

『遠ざかるノートル・ダム』(1974)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さらに森氏は、シャルトルやランスの大聖堂がたとえどれほど素晴らしくても、やはりパリのノートル・ダム以上には好きになれない理由について、「一つの教会は一つの町に融合し、町全体の内側からしか理解できないから」だと述べています。もしかしたらそれは、町と城(たとえば、熊本と熊本城)についても言えるのかもしれない、と思いました。


わたし自身、パリを擬人化する時、脳裏にはあの貴婦人の姿、とりわけ裏側から見たフライングバットレスと尖塔の素晴らしさを思い浮かべます。ええ、エッフェル塔でも凱旋門でもなく、ノートル・ダムを。この大聖堂は、フランス革命、ナポレオンの戴冠、パリ・コミューン、68年革命、二度の世界大戦、パリ同時多発テロ、すべてを見つめてきたのですから。

かつてわたしは、セーヌ河岸でこの姿を眺めながらぼーっとしたり、軽食をとったり、本を読んだりするのが好きでした。当時の写真が一枚だけ残っています(1996年撮影)。多くの時間をここで過ごしたはずなのに、たったこれしか記録がないなんて。しかも肝心の大聖堂が小さすぎる。もしかしたら、生きているうちにもう二度とこの姿を見られないかもしれないのに。

イメージ 2








その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事