コパンのうら

熊本県北部の山鹿市にあるちいさなフランス料理店「ビストロ シェ・ル・コパン」の舞台裏です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全362ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

人間力。

今年の春は二度バラが咲きました。

イメージ 1

5月の初めに一度、そして今、つまり6月下旬にもう一度(上の写真は今日撮影)

鉢植えなので、一度に3輪ずつくらいしか咲きませんが、それでもとてもうれしい。お花、しかも一番好きなバラが咲いてくれれば、その日いちにち中気分が上がります。

そして、ふと、思い出しました。
そういえばむかしは、自分が植物を育てるなんてとても考えられなかったなあ、と。

「女子力」ということばがありますが、わたしに足りないのは「女子力」どころか「人間力」。人間としてのセンス。というか、パワー、実力。

ついさいきんまで(具体的には30代前半まで)、わたしは自分の「人間力」をまったく信じていませんでした。

わたしが植物を育てると枯らしてしまう。
わたしが動物を飼うと殺してしまう。
わたしが料理をすると火事を出してしまう。
わたしが車を運転するとひとを轢いてしまう。

本気でそう思っていました。なんていうか、そういうセンスがゼロで、むしろ自分から出てくるネガティブなエネルギーが悪いことを必ず引き起こしてしまう、と。そういう宿命なのだと。

だから、ずっとそういうことを避けてきました。観葉植物は買わず、ペットも飼わず、極力料理もせず、車の免許も取らない。そうすれば、何かを、誰かを、傷つけたり、苦しめたり、自分も苦しんだりしないで済む、と。

ところが、わたしのそんな思いなどつゆ知らず、「おれ、植物が好きなんだー」と、次々と観葉植物を買ってくるシェフ。かれこれ20年近く前の、知り合って間もないころです。

そのときの、わたしの内心のとまどい。

「えーー、わたしが観葉植物なんか育てたら、絶対に枯らしちゃうのに……」。
でも、当時はまだシェフに対して多少は猫をかぶっていたので(ああ、そんな時代もあった……遠い目)、困っていても口には出しませんでした。そして、たぶん枯らしちゃうだろうけど、まあなるべくがんばろう、と、せっせと水をやり、肥料を与え、適宜土を変えてやりました。

そして数年。

あれ? 観葉植物たち、わりと元気じゃん?

ちょっとだけ自信がついたので、鉢植えを少しずつ増やしていきました。オリーブ、トネリコ、ロシアンオリーブ、バラ、アジサイ、チューリップ……意外なことにみんなわりと元気です。さいしょのころは、水やりや肥料やり、土替えなどが面倒だったのに、今はむしろ楽しい日課に。元気がないとすぐに根っこを調べます。虫が大嫌いなわたしが、植物を守るために、アブラムシやネキリムシを素手で駆除できるようになりました。

こうして「植物を育てると枯らしてしまう」の呪縛から解かれたのです、いつの間にか、気づかないうちに。

今思えば、ネガティブエネルギーを発してるというより、関心がない、興味がない、愛情がないのが原因だったんでしょうね。当時、音楽や文章やアートには比較的親しんでいて、愛情を感じていましたが、植物、動物、料理、車にはまったく興味がなかった。だから、扱いに自信がなかった。

猫を飼いはじめたのも、そもそもはシェフが野良猫を手なづけたためでした。でも、結局ごはんやトイレや病気の面倒をみたのは主にわたしでしたし、愛情も生まれました。そのおかげで「動物を飼うと殺してしまう」呪縛もクリア。そして、毎日料理の現場にいるおかげで、料理呪縛もゼロに(まあ、自分ではあまり作りませんが)。

ん? てことは、ほとんどの呪縛はシェフによる荒療治(?)のおかげで治ったってこと?

あとは運転かあ。

ただし、この呪縛はかなり手ごわく、いまだに「わたしが運転したらきっと事故を起こす」と思いこんでいます。ええ、「運転にはまったく自信がない」と、自信を持って言えます(←なんのこっちゃ)。

もしかして、この呪縛からは一生逃れられないかも? とりあえず、シェフが運転好きで助かりました。



おまけ。

イメージ 2

上の写真は、ある日のシェフの置き手紙。……暗号か。

これはなかなか解読が難しいでしょう。答えは以下。
答え)「杏行く」:杏を仕入れに行く、の意。「豚は外」:業者が豚肉を配達に来るので、常温解凍したいから外に出しておいて、の意。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

幸せな一日。


「あー、幸せ。すっごい充実感。この幸せはきっと誰にもわからない。あんたにも」

これは先日、ディナーの営業を終えたあと、わたしがシェフに言ったセリフ。この幸福感をことばで説明するのは難しく、たぶんほとんどのかたはよくわからないのではないかと思いますが、自分の記録のためにブログにすることにしました。勝手ですみません。

ひとことで言うと、現時点でのもっとも理想的な状態を体験できた、ということです。

シェフとわたし、同じところを目指しているようでいて、やや視点が異なります。シェフにとっては、季節と土地の恵みである食材のおいしさを最大限に生かし、自分にできる最良の料理をご提供し、お客さまにおいしい状態で召し上がっていただくこと。そしてわたしにとっては、お客さまひとりひとりに心地よい時間をすごしていただくこと。お腹が空いてらっしゃるかたは満腹に、疲れてらっしゃるかたは英気を養い、気分が上がらないかたは笑顔になり、久しぶりにお会いしたかた同士の会話が弾み、日常に追われてるかたは非日常を味わい……と、それぞれのニーズを満たしていただくこと。簡単に言うと、シェフは料理目線、わたしはお客さま目線です。まあ、料理人とサービスですから、当然といえば当然ですよね。

でも、毎日何かしら反省点があって、なかなか自分のしごとに満足はできません。

ところが先日、「いやあ、慢心するわけじゃないけどさー、今日はかなりよかったんじゃ? 今の時点ではこれ以上は望めないんじゃない?」と、我ながら思える日があったのです。

その日は、昼も夜も、常連のお客さまと新規のお客さまがほぼ半分ずつでした。それも要因のひとつだったかもしれません。常連のお客さまが作ってくださる「コパン的な」雰囲気に、新規のお客さまがすーっと自然に入ってきてくださったようなイメージ。お店全体が、ほどよい笑顔、ほどよい会話、ほどよい食器とカトラリーの音に包まれます。わたしも、お客さまのさりげない言動から、求めてらっしゃるものが自然と察せられ、風に乗って舞うようによどみなくサービスができます。まるでテレパシーで会話をしているかのよう。誰も急かさず、急がず、慌てない。主張がないのに、存在感がある。わたしとすべてのお客さまが、それぞれの存在を互いに感じながらも、過剰に介入することなく、ことばや態度にしないながらも思いやりを抱きつつ、公共の場でありながら互いのプライベート空間を保っている。その見事なバランス。店全体が一体化しながらも、決して濃密ではなく、押し付けがましくもこれみよがしでもなく、風通しがよく、涼しげな、自由な空気。

それはまるで、上質なオーケストラのよう。指揮者は、僭越ながら、わたしです。楽器の演奏者がお客さまたち。指揮者が求める音を、まるで呼吸をするように自然に奏でてくださいます。聴こえるのは、五感に心地よい、余韻を長く残す音楽。

わたし自身の心身のコンディションがよかったというのもあると思います。だから、自然に、躊躇なく、こだわりなく、お客さまに寄りそうことができた。さらに、奇跡的に、すべてのお客さまのコンディションもよかったように思われます。交わす表情、ことば、しぐさに、ざらつきやねばつきがまったくない。苛立ちや挑発や刺々しさも皆無。飛び交う気持ちと会話は、どれも「ありがとう」「おいしい」「楽しい」に満たされている。

それは、夢のような体験でした。

たぶん、第三者が客観的に見てもまったくわからないでしょうねー。おそらく気づかれもしないでしょう。誰からも褒められることも、評価されることも、羨ましがられることもない。もしかしたら、わたしの独りよがり、思い込みかもしれませんし。でも、あの幸福感だけは嘘ではありませんでした。

たとえば、メディアに取り上げていただいた、著名なかたにご来店いただいた、ステキないただきものをした、スペシャルなパーティーを催した……そういう、誰が見てもわかりやすい「非日常」より、こういう一見わかりにくい「非日常」のほうが、ずっとうれしくて幸せなのです。……ひねくれてると思われるかもしれませんが(苦笑)。本当に。

まあ、ここまでいかなくても、お客さまと楽しくお話ができたり、「おいしかったです」「また来ます」などとおっしゃっていただけただけで、十分幸福感は味わえているのですけどね。

それにしても、13年前、シェフのお手伝いということで、片手間程度にしか考えていなかったおしごと。当時は、毎日はお店に出ていなかったし、お店に出ても「料理を出したり下げたりして、洗い物をするだけ」しか考えていませんでした(恥)。それまで、サービスをやりたいと思ったことも、勉強や修行をしたこともありませんでしたし。

あのころのわたしには、こういう世界があるなんて思いもよらなかったです。

そう思えば、あっという間だったようでいて、長かったような(遠い目)。

いえいえ、まだまだ先を目指すぞー。あくまで、これは「現時点での」理想的な状態ですから。毎日が、新しい体験、一期一会。毎日、新鮮で、楽しく、意外で、それと同時に、怖くて、緊張もしています。今後ともよろしくお願いします。


イメージ 1

写真は、本文とは無関係ですが、天草の崎津天主堂近くにいた猫たち。猫ハーレム状態! 猫に飢えていたわれわれはほくほく。猫の「撫で溜め」をしておきました。

イメージ 2

それにしても、崎津天主堂は遠かった……。山鹿から日帰りで行くものではありませんね。往復330キロでした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

果実シーズン。

ある朝、わたしが出勤したときに見つけた置き手紙。

イメージ 3

……童話かよ。


そう、野イチゴのシーズンになると、シェフは「そろそろかな……」とつぶやいて車でいそいそと出かけていきます。毎年この時期になると野イチゴが自生する、近場の「秘密のスポット」へ行くのです。

そして、帰宅後にはどっさりの野イチゴが。

イメージ 1

ただ、今年は例年より実がなるのが遅く、すでに草刈りが入っていたところもあったのだそう。でもそのおかげで新しいスポットを開発できたようです。

野イチゴはフレッシュのままデザートに添えたり、シャーベットにしてご提供したり。

さらに、桑の実も。
イメージ 2

ベリー系の一種で、いつも「何ベリーだったかな?」と忘れてしまうのですが(ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーはまあ確実だとしても)、あるお客さまから、お友だちでお名前に「桑」の字がつくかたが「マルベリーだからマルちゃん」と呼ばれていたという話をお聞きしてから、ピタリと忘れなくなりました。いやあ、ありがたいです。

ちなみに、フランス語ではミュールと言います。

桑の木はお店の裏にあるので、野イチゴよりも気軽に手に入ります。毎年たくさんの実をつけてくれますが、今年はひときわ多かったよう。赤いとまだ酸っぱくて、甘く熟すと黒っぽい紫色になります。シェフは実を摘みながら味見ばかりしているので、いつも唇を真っ青にして戻ってきます。初めて見たときは病気かと思ってビックリし、「どうしたの? 顔色悪いよ?」と言ってしまいました。唇が青いと顔色が悪く見えるのですね。発見。

桑の実はアイスクリームに。

イメージ 4

イメージ 5



野イチゴや桑の実、子どものころから身近なフルーツだった、とおっしゃるお客さま、意外と多いですね。

とくに、野イチゴは「下校の味」とおっしゃるかたがたくさんいらっしゃいます。小学校時代、通学路の道端になっている野イチゴを食べながら帰宅したのだそう。「ああ、なつかしい」と遠い目をされます。いいなあ、わたしが子どものころは野イチゴには出会わなかったなあ……(←埼玉県の団地育ち)。せいぜい、つつじの花のお尻の蜜を吸うくらいでした。

また桑の実も、山鹿はむかし養蚕業が盛んだったそうで、こちらもまた親しみ深い果実だそうです。うらやましい。わたし、桑の実って、大人になってから初めて食べました。

広いお庭があれば果実のなる木をたくさん植えられるのになあ、と、この季節になるといつも思います。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

コパンデビュー。

さいきん、コパンデビューの話題が、お客さまとの会話でちょこちょこ上ります。

コパンデビュー、それは、お子さんが初めてうちのお店にいらっしゃる日のこと。
誰が言いはじめたのか(わたしか?)、いつのまにかお客さまの間でそう呼ばれるようになりました。

「うちの子、そろそろコパンデビューさせたいのだけど……」
「コパンデビューが可能なのは小4からでしたよね?」
「うちの子は生まれたばかりだけど、ぜひコパンデビューさせたいのでそれまで頑張ってくださいね」


実は、うちのお店は、ちいさなお子さんをご遠慮いただいております。

ご来店いただけるのは、1〜2時間テーブルについて飽きずにお食事ができるお子さんです。フランス料理という性質上、なるべくならナイフとフォークを使えるほうが望ましいでしょう。お店のスタッフ(わたしですが)も、子どもだから……と料理のご提供を優先したり、歩き回るのを許容したりはいたしません。男の子はちいさな紳士、女の子はちいさな淑女として、一人前のおとなとして対応させていただきます。目安として(オープン当初にお子さんをお入れしていた経験上)、小学校高学年(4年生)以上とさせていただいております(ただし個人差はあると思います)。詳しくは、当店ホームページの「お知らせ」をご覧ください。http://www.chezlecopain.com

コパンデビューの時期は上を目安にお客さまにご判断いただくとして、その上でぜひともお願いしたいのは、まずはおとなのかただけでご来店を、ということです。うちの料理の味や店の雰囲気をあらかじめわかっていただけば、「これならうちの子も大丈夫」「まだ早いかな」など、きちんと判断していただけると思います。その点、常連のお客さまから「そろそろうちの子も連れてきたいのだけどいいかしら?」と尋ねられれば、「お客さまならうちのお店をよくご存知ですから、お客さまが大丈夫だと判断されたのなら構いませんよ。どうぞご一緒にいらしてください」と、わたしも安心して申し上げることができます。

また、わたし個人の希望としては、おとなのかたが「これこれこういう雰囲気で、こういう料理を出すレストランだけど、行ってみたい?」とお子さんに尋ねていただき、行きたそうなら連れてくる……としていただくと嬉しいです。渋々ご来店され、嫌々ながらお食事をされて、そのせいでフランス料理がキライになってしまったら悲しいからです。


もし誤解されていたら悲しいので、念のために申し上げますが、ちいさいお子さんが入店できないからといって、子どもがキライなわけでは決してありません。むしろ、小4くらいの、いかにも「フランス料理初体験」という感じのお子さんにご来店いただくと、わたしのやる気スイッチに火がつきます。「ようし、この子に『フランス料理っていいな。わくわくするな。ドキドキするな。おいしいな。また来たいな』と思ってもらえるように頑張るぞ!」と張りきります。

ついこの間も、きちんとスーツを着たちっちゃな紳士にご来店いただきました(お母さまとご一緒に)。ちいさな背筋をピンと伸ばし、ナイフとフォークを丁寧に使い、だらだらしたりはしゃいだりすることもなく、エレガントに美しくお食事していただきました。わたしがお皿を下げるときには「おいしかったです」と、声もかけてくださいましたよ。唯一、緊張のせいかやや表情が硬いのが気がかりでしたが、さいごに「きちんとお食事してくださってありがとうございます。今日いらしたお客さんのなかで(その日は満席でした)、いちばんきれいに召し上がってましたよ。偉かったですね」と申し上げたら、照れたようにニッコリ笑ってくれました。とても嬉しかったです。


実は、10年以上前、ちいさなお子さんをご遠慮いただくと決めたとき、一部のお客さんは離れてしまうだろうし、残ったお客さんもお子さんが生まれたら足が遠のいてしまうだろうな、と覚悟しておりました。

確かに、そういう側面もゼロではありませんでしたが、今振り返ってみると、それでも残ってくださったお客さまたちが今のうちのお店を作ってくださったのだ、と確信しています。お店の味と雰囲気を確立するのは、お店の人間ではなく、お客さまです。われわれがご提案した味と雰囲気を気に入ってくださったお客さまから伝わって、似たような趣味嗜好のかたたちがご来店くださるようになり、そのお客さまたちが愛して守ってくださった味と雰囲気を、また別の似た趣味のお客さまが支持してくださる……というふうにして、お店は完成されていきます。

いつだったか、あるお客さまが「コパンさんは、たぶん10年経っても、20年経っても変わらないでしょうね」とおっしゃってましたが、それはシェフとわたしの望みである以上に、お客さまたちの意志の力によるのだと思います。


もうひとつ、当時は想定していなかったうれしい誤算として、お子さんがお生まれになっても、ご両親や保育園などにお子さんを預けてご来店くださるかたが少なくない、ということがあります。子育てという、精神的にも肉体的にも大変なしごとを担い、孤独や不安やイライラにかられることもある生活で、時々うちで一息ついてリフレッシュされ、愛するお子さんのところへ元気になって戻っていかれる……そういうお役に少しでも立てるのはとてもうれしいことです。


たぶん、世の中には、いろいろなタイプのレストランがあっていいのだと思います。こういうお店が正解、こういうお店はダメ、というのはなく、それぞれのお店に役割があって、それぞれのお店にファンがいる。

田舎のちいさなフランス料理店として、それなりの困難にぶつかって試行錯誤しながらやってきたけれど、うちはこれでよかったな、この先もこのままやっていけたらいいな、と心から思っています。


あ、話がそれちゃいましたが、コパンデビュー、もし悩んでらっしゃるかたがいれば、ご来店いただいたときにぜひご相談くださいね。

イメージ 1

写真は、裏庭の桑の木。たくさんなった桑の実(仏語ミュール、英語マルベリー)を収穫し、アイスクリームにしました。ご提供をお楽しみに






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ひそかな片思い。

実はわたし、一年くらい前から道ならぬ恋に落ちています。

その姿を初めて見たとき、雷が落ちたようなショックを受けました。
生を知り尽くした悟り、孤独、しかしそれに立ち向かう強さ。
美しく、気高く、凛々しい姿。
クールな表情、しなやかな肢体、はるかかなたを見つめる瞳。

以来、恋心は募るばかり。
たまに、FBで日々の生活ぶりをアップされているので、まるでストーカーのようにこまめにチェックするわたし。動画が上がっていたら何度もリピート。

でも、お会いしたことは一度もありませんでした。

そしてとうとう会いに行くことになったのです。

大牟田市動物園へ。

イメージ 1

ええ、わたしの片思いの相手、それは、ユキヒョウのスピカ(女の子ですけどね)。

もともとは熊本市動植物園にいたのですが、地震の影響で大牟田に避難しているのです。
実はわたし、熊本にユキヒョウがいるなんて全然知りませんでした。熊本の動物たちがよそに避難することがニュースになって初めて知ったのです。

以来、わたしのスピカ追っかけが始まりました。

そもそも、ユキヒョウ(スノーレパード)という動物の存在自体をごくさいきんまで知らなくて(恥)、初めて知ったのは2009年、これが発売されたときでした。

イメージ 2

マックのOSのインストールディスクが入ったパッケージ写真です。

何、この美しい生き物は!!!

……と思ったのがはじまりでした。


どうやら日本でユキヒョウがいる動物園は6カ所。九州にいるのはスピカだけ。

シェフに「大牟田の動物園に行きたい。スピカに会いたい」と前々から懇願していたのですが、「えー、やだよー。動物園なんて、子供連れか若いカップルが行くところじゃん」とまったく乗り気ではありません。それでもしつこく「スピカに会いたい」と言いつづけ、いよいよ念願叶うことになりました!

しかし……暑い。
2017年5月29日(月)の九州は真夏の陽気。
陽がかんかんに照りつけ、立ってるだけで汗が噴き出します。

何もこんなに暑い日に動物園に行かなくても、と思いつつ、これを逃したらいつになるかわからない、と今さら後へ引くわけにはいきません。渋面のシェフをなだめながら向かいます。

こぢんまりしたかわいい動物園でした。敷地内は起伏があって緑に溢れ、丘の上の展望台からは雲仙まで見渡せます。巨大テーマパーク的なエンターテインメントというより、公園をぶらり散策しながら動物たちをぼーっと眺める、という雰囲気。シェフが飽きて不機嫌にならないよう、ネコ科の動物だけを見てすぐに帰ろう(←シェフはネコ好きなので)、と、思っていた、の、ですが。

何これ、楽しい!!!

のっけから、ゴマフアザラシのかわいさにメロメロ。そして、クジャクたちのすばらしさ!

イメージ 12

イメージ 4

イメージ 3

すでにこの時点で、シェフ、わたし以上に前のめりになってます。
心配していたように「子供連れと若いカップルだけ」ということもなく、年配の夫婦連れが意外と多く、われわれ初老(?)コンビもすっかり場に溶けこんでいます(たぶん)。

おサルたちもかわいかったー。

イメージ 5

イメージ 6

キツネ、ラマ、ミニブタ、ヒツジ、レッサーパンダ、カピバラ、キリン……。

イメージ 7

イメージ 8

そしてシェフは、「ふれあい広場」でモルモットとうさぎにおやつをあげながらテンションがピークに。

イメージ 9

「おれ、むかし、うさぎ飼ってたんだー。やわらかーい。かわいーい」

……なぜこのひとはこんなに小動物に萌えるのか。乙女か。


わたしはむしろ猛獣好き。

ライオンとホワイトタイガーのかっこよさ、かわいさ!

イメージ 10

イメージ 11

さて、そして、お目当てのユキヒョウのスピカは?


えーと、実は、暑すぎて、冷房の効いたお部屋でずっと寝ているらしく(モニターでそのようすが確認できる)、結局一目も見ることができませんでした……(涙)。

ああ、スピカに会いに来たのにーーーっ。
ほかの動物はぜーんぶ見られたのに、なぜスピカだけ? どうして? 

シェフ「ユキヒョウって寒い山の上に暮らしてるんだろ?(←NHKの動物ドキュメンタリーを観たので知っている)こんな暑いときに来たのがいけなかったんだよ。また冬に来ればいいじゃん」
わたし「……(悲)」
シェフ「年間パスポート買っとけばよかったね」(←すっかり気に入ってる)

そうなんです、入場料370円のところ、寄付金2000円で年間パスポートがもらえるのだそうです。


狭い檻にいる動物たちを、かわいそうと思わないこともないのですが、園のスタッフのかたたちがとてもやさしく親切で、キビキビとはたらいてらっしゃったので、なんだかあったかい気持ちになりました。とても清潔でしたし、動物たちが運動できるよう、健康でいられるよう、いろいろな工夫もされていました。

そして、わたしのツボに入ったのは、入口手前に置かれていたこの看板。

イメージ 13

ひらがなで大きく書かれているので、子ども向けなのでしょうね。きっと毎日、「ぞうはどこ!?」「ぞうはいるの!?」と、子どもたちに尋ねられるのでしょう。そのたびに「ぞうはいないんだよ」と言わなくてはならないつらさ。入口の外側に置かれていたのは、「えーっ、ぞうがいないなら入らなかったのに!」と言われないための策でしょうか。

それにしても、象ってそんなに人気があるんだ! 知らなかったです。

とりあえず、わたしの片思いはまだしばらく続きます。


追記)ひとさまから、以前は象がいたのだけど数年前に亡くなったばかり、と伺いました。亡くなったことを知らなくて象を見に来るひとがいるのでは?とのこと。なるほど、きっとそうなのでしょうね。





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全362ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事