コパンのうら

熊本県北部の山鹿市にあるちいさなフランス料理店「ビストロ シェ・ル・コパン」の舞台裏です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全364ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

マタイはどこに?

須賀敦子さんの『トリエステの坂道』を再読していて、ローマのサン・ルイジ・ディ・フランチェージ教会にあるという、この絵を見たくなりました。

イメージ 1

『聖マタイの召命』(1600)。
カラヴァッジョの公的デビュー作であり、最高傑作のひとつとも言われています。

イエス・キリストが、収税所で働くマタイのところへやってきて、自分に従うよう促したというシーン。右端後方に立ち、顔に光が当たっている人物がイエスです。手を伸ばして「いっしょに来なさい」と言っているようです(ちなみにこの手の形は、システィーナ礼拝堂にミケランジェロが描いた『アダムの創造』の神の手を模したものと言われているそうです)。


参考)ミケランジェロの『アダムの創造』。

イメージ 2


では、この絵のなかでマタイはどこか?


須賀さんは作品のなかでこう書いています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
レンブラントを思わせる暗い画面の右手から一条の光が射していて、ほぼ中央にえがかれた少年の顔を照らしている。一瞬、その少年がマッテオかと思ったほど、光に曝された顔の白さが印象的だった。(中略)収税人マッテオは、私が最初、勘ちがいしたように、光を顔に受けた少年ではなくて、その横に、え、あなたは私に話しかけているのですか、というふうに、自分の胸を指さしている中年の男だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「マッテオ」は「マタイ」のイタリア語読みです(ちなみにフランス語読みはマチュー)。つまり、左側に座っている五人のうち、主役は中央にいるヒゲ面の男。確かに、イエスのほうを向いて驚いた顔をして、「え……お、おれ?」と言っているように、自分の胸を指で示しているように見えます。

ところが。

ウィキペディアを見ると、なんと、こういう記述が。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
長らく中央の自らを指差す髭の男がマタイであると思われていた。しかし、画面左端で俯く若者がマタイではないか、という意見が1980年代から出始め、主にドイツで論争になった。髭の男は自分ではなく隣に居る若者を指差しているようにも見え、カラヴァッジョ作品では人差し指は第三者を指す場合用いる事、髭の男は金を支払う手つきをしており、若者は右手でその金を数え左手で財布を握りしめている事から、この左端の若者こそが聖マタイであると考えられる。画面中では、マタイはキリストに気づかないかのように見えるが、次の瞬間使命に目覚め立ち上がり、あっけに取られた仲間を背に颯爽と立ち去る、そのクライマックス直前の緊迫した様子を捉えているのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ヒゲの男ではなく、左端の青年が聖マタイ! そう言われると確かに……。俯いている青年が、このシーンの直後にイエスのほうへすっと顔を上げ、無表情のまま立ち上がり、まるで金縛りにあったかのように黙ってイエスについていく……そんな姿が想像できるようです。


一方、須賀さんは、この青年についてこう書いています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
私は、キリストの対局である左端に描かれた、すべての光から拒まれたような、ひとりの人物に気づいた。男は背をまるめ、顔をかくすようにして、上半身をテーブルに投げ出していた。どういうわけか、そのテーブルにのせた、醜く変形した男の両手だけが克明に描かれ、その手のまえには、まるで銀三十枚でキリストを売ったユダを彷彿させるような銀貨が何枚かころがっていて、彼の周囲は、深い闇にとざされている。カラヴァッジオだ。とっさに私は思った。ごく自然に想像されるはずのユダは、あたまになかった。画家が自分を描いているのだ、そう私は思った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

須賀さんは、マタイは中央のヒゲの男性だと思っている。でも、左端の俯いた青年の存在感の大きさも気になる。そこで、これは画家本人ではないか、と考えたようです。カラヴァッジョは天才画家でありながら、性格にかなり問題があったようで、いつでもどこでもすぐに激昂し、そのせいでとうとうひとを殺めてしまいました。変形した手に光が当たっている青年は、たとえ醜くても絵を描く手だけは光をもたらす、ということを象徴しているのではないか、と須賀さんは考えたようです。


となると、真実はどうなのか、非常に気になってきます。

ちょっと調べたところ、どうやら聖マタイは、日本では左端の青年、イタリアでは中央のヒゲの男、が定説となっているようですね。


イタリアでヒゲの男がマタイとされることにも、理由がいくつかあるようです。そのうちのふたつは、確かにかなり納得させられるものでした。

実はこの絵、『聖マタイの殉教』『聖マタイの霊感』というほかの2作品とセットになった「聖マタイ三部作」のひとつなのです。ほかの2作ではマタイは「ヒゲ面」(しかも帽子をとった姿から「ハゲ」(←直接的な表現、すみません……)でもあるとわかるのですが)なのに、これだけがふさふさ髪の青年のはずがない、というのが理由のひとつ。なるほど。


こちらが、『聖マタイの殉教』。

イメージ 3

中央に横たわっているのが聖マタイ(ううむ、確かにヒゲだ)。その上にまたがっている半裸の男性は、刺客……ではなく、左側にいる着衣のひとたちが刺客で、すでにマタイを切り倒した後なのだそう。半裸の男性は直前までマタイから洗礼を受けていた信者で、刺客から剣を奪い、マタイを助け起こそうとしているのです(ちょっとわかりにくいですね)。


『聖マタイの霊感』

イメージ 4

明らかに、ヒゲ+ハゲ……(何度も連呼してすみません……)。確かにこの姿、『召命』の中央の男性によく似ている気がします。


そしてもうひとつの理由として、ヒゲの男は青年を指さしているのではなく、その指先には影ができている……つまり指先を曲げているのであって、青年ではなく自分の胸を指さしている、というのです。

イメージ 5

ちょっとわかりにくいですが、そう言われてみれば、指先が内側に曲がっていて、自分自身の胸を指しているようにも見えますね。


そうか、やはり、聖マタイはヒゲの男なのか……。そうなってくると、今度は、須賀さんの「青年=カラヴァッジョ自身」という説が気になってきます。そちらもまた一理あるのかもしれない、と。


ただし、『殉教』の中央左手奥にちんまりと描かれた、竹中直人と市村正親を足して二で割ったような(?)男性、これがカラヴァッジョなのだとか。

イメージ 6

うーん、『召命』の青年とはあまり、似てない、かな……。『召命』の青年って、鼻筋が通って、目元と口元がキリッとした、いわゆる美男子ですよね。


ちなみに、こちらもカラヴァッジョの作品ですが、自画像ではないかと言われているそうです。どうやら若いころのようで、まだ竹中直人でも市村正親でもないですが(苦笑)、確かに同じ系統の顔立ちです(丸顔で、まぶたや唇がちょっとぼてっとした感じが)。うーん、やっぱり『召命』の青年とはあまり似てないかなあ。

イメージ 7


ただ、ですね、たとえ自分の似姿ではなくても、作品のなかの人物に自分自身の心理を投影させることは、ありうるような気もしないでもないです。『召命』のなかの、俯いたままの、手が変形した青年は画家自身ではないか、と言った須賀さんの視点は、個人的にはやはり慧眼だった気がするのですが。


あーあ、できることなら実物を自分の目で見て、そのときに自分がどう思うかが知りたいなあ。さいきん、ちょっとイタリア期に入ってます、わたし(笑)。





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

猫めくり2018年。

はじまりはこれでした。

イメージ 1

中央経済グループパブリッシングぅー???

パブリッシングということは、出版社? 知らないし、何かを買った覚えもない。あやしい。

シェフ「しごとの依頼じゃないの?」
わたし「経済関連の出版社から? まさか」

ネットでこの会社について調べると、どうやら経理や会計関連の書籍をたくさん出版しているようす。

わたし「あ、もしかしたら、会計ソフトの更新をCD-ROMで送ってきたとか?(←以前そういうことがあった)」
シェフ「へえ、そんなことあるの」
わたし「うーん、でも今はネットでダウンロードが普通だよね。だとしたら時代錯誤だよなあ」

とりあえず、宅配会社のドライバーに不在連絡票を受けとった旨を連絡し、お店のほうへ再配達してもらうことに。自宅に配達されたというのもあやしさ要素のひとつ。通常は、ほとんど家にいないので宅配便は店に配達してもらうようにしているのです。

もしこれが詐欺で、不要なものを送りつけておいて『代金を払え』とか言ってきたら、即座につっかえしてやるぞ、と鼻息荒くして待つこと数時間。

そして到着したのがこちら。

イメージ 2

!!!!!

「このたびは『猫めくり』写真コンテストに素敵なお写真をご応募いただき、誠にありがとうございました。」

おお、忘れてた!!
 
しかも、わたしの記憶によると、応募先は「中央経済グループパブリッシング」じゃなくて「株式会社シーオーツー 猫めくり編集室」というところだったはず。あ、そうか、これは親会社なのか、なんだ、そうなのか。いやー、あせった。

「ご応募いただいたお写真を、2018年版の『猫めくり』に採用させていただきました。御礼として、見本を1冊同封いたしますので、どうぞお納めください。」

まあ、なんて気前のいい(嬉)。

でも、自分が送った写真がどこに使われているかわからないので、自分で探さなくてはいけません。

いつもなら、もったいないので決して前もって写真を見ることはしません。毎日一枚ずつめくりながら「おお、今日はこんな猫ちゃんなのね」と、新鮮な気持ちで眺めるのを楽しみにしているからです。でも、今回ばかりは背に腹は変えられない。元旦のページから順番に、早くうちの子が出てくるのを祈りながらめくります。

しかし、なかなかうちの子の写真にたどりつきません。

そしてとうとう……10月12日でした。

イメージ 3

おせーよ。もうほとんど全部見ちゃったよ(涙)。例年、毎日めくるのを楽しみにしてたのに。ああ、来年の楽しみがー。

でも嬉しい。

天国のトラちゃん(←おととしの2015年8月に亡くなった)、みんなにあんたの姿を見てもらえるよ。ミケ(写真奥)といっしょに。よかったね。

シェフ「いやあ、トラ、怒ってるよ、きっと。『こんな変な顔のやつじゃなくて、もっとかわいいやつにしてよ』って」

え……そ、そうかな……。まあ、でもいいや、これに味をしめて、また来年も送ることにしよう。そのときはかわいいやつを探して送るぞ。もう、本人はいないから、古い写真から探すしかありませんけどね(今回のは2001年の、まだ生後1年未満の写真でした)。

よかったら、猫好きのかた、見てやってくださいね。



シェフが言うには、こないだの定休日、高森でこれをもらってきたのがよかったんじゃないかと。

イメージ 4

ニャンロクゴの会主催、「ニャン地蔵」がいる施設を巡ってスタンプを三つ集めることでもらえる、猫の肉球マーク入りの「お参り手形」。

イメージ 5

シェフ「きっと、このお参り手形の御利益だよ」
わたし「えー、そうかなあ」

ま、そういうことにしておきましょう。

高森町、「猫の王様さがしとニャン地蔵お参り」という、ちょっとおもしろいことをしていましたよ。まさか、あの「根子岳」がむかしは「猫嶽」と呼ばれていたなんて!

長陽大橋が完成して、南阿蘇・高森へのほぼ最短ルートが再開したので、ぜひともまたちょくちょく遊びに行きたいと思っています。

イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

夏の終わりに。

先週のお休みは、鹿児島へ行きました。
そこで一句。


どうしても しろくま食べると きみが言う

わたしが来たかったことに されていたけど


字余り。

イメージ 1


鹿児島市内にある、ニュータイプのしろくまを出すことで有名なカフェです。

わたしに内緒でお店の電話番号を調べていたシェフ。現地に着いてから「ここへ行きたい」と、カーナビに電話番号を入れるものの、なんと場所が検索されない!

やむをえず、わたしがカフェに電話をかけ、住所をカーナビに入力。おそらくお店のひとは、わたしが「すみません、そちらへぜひ伺いたいのですが、住所がわからなくて」と言ったので、わたしが来たがってると思ったことでしょう。いえ、わたしはその場に到着するまで、どういうお店で、何を食べるのかさえ知りませんでした。

で、実物を目にして「これか……」と当惑してるのが上の写真。かわいかったし、おいしかったので、ぺろりと食べちゃいましたけどね(笑)。


夏ももう終わりですね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

怠惰サイクル。

台風を尻目に、「怠惰」についてひたすら考えてます。

そう、わたしの最大の強迫観念、それは「怠惰」。何をしてても常に「ああ、わたしって怠惰」という考えが抜けないのです。

そもそものきっかけは、20代前半、渡仏する直前に、生まれてはじめて(そしておそらく人生で最後の)占いをしてもらったことでした。ある程度の規模の企業の会社員という安定した身分を捨てて、今で言うところのニートになったのです。占いにでもすがりたくなったわけですよ、はい。

そのときの占い師さん、千葉県在住の一見ふつうのおばさんでした。とてもやさしいかたで、「どうしても困ったことがあったら」とご自宅の連絡先までくださいました(あれから30年……一度も連絡してませんが、今でもその連絡先は持ってます)。そのかたにおっしゃっていただいたのが、1)男運はないわけではないけど悪い、2)歳をとるほど幸せになれる、3)××科系の病気に注意、4)あなたは怠惰です、でした。

今思い返すと、1)2)は、まあ思い込みもあるでしょうけど、なんとなく当たってる気がしますし(苦笑)、3)は実際に××科系の病気と一生つきあうことになったので大当たり。4)は、そのときは全然納得できなくて、「えー、わたしだって一応努力家のつもりなのに」と心の中で異論を唱えていました。が、のちに「確かにわたしは怠惰だ」としょっちゅう思い返すはめになったのです。そう、占い師さんは正しかった。わたしは怠惰です。

当時のわたしは、あまりにyoung and stupid(若くてバカ)でした。今思えば、どこが努力家よ?と首をかしげたくなります。今もむかしも、一番好きなのは眠ること。座右の銘は「食う寝る遊ぶ」。できることならしごとなんかしないで一生のらくら遊んで暮らしたい。学生時代、興味のないこと(主に数学、科学)をすべて放り出してしまったため、今になって「オームの法則って何?」というアホ丸出しの質問をしてしまうていたらく。

こうして、自分は生来の怠惰であると教えられた今、何をしてても自分の怠惰さに気づいて落ちこみ、「ああ、いかんいかん」と反省してしまいます。たとえば、今、こうしてブログを書いてますよね。これは、読むべき本がたっぷりと「積ん読」状態になってるのに「ブログ書きに忙しいふり」をして逃げているからなのです。

で、しばらくすると、積ん読された本たちが発散する「早く読め」オーラに耐えられなくなり、しぶしぶと本を読みだします。すると今度は本を読むことが楽しくなりすぎて、読書モードから抜けられなくなり、ほかのことがいっさいできなくなります。たとえば、新しい音楽を開拓しよう、とか。

で、このままではいかん、目で活字ばかり追っていると人間がダメになる、耳もきちんと使わないと、と奮起し、ようやく音楽開拓に身を入れはじめます。はじめのうちは音が右から左へ素通りしていくのですが、そのうちさまざまな音が胸に沁みるようになり、やがて脳内に24時間音の嵐が吹き荒れはじめ、今度は頭のなかが空っぽになるのを恐れて一日中音を聴きまくるようになります。

で、ああ、いけない、このままだと音楽中毒の廃人になってしまう……耳に頼ってばかりじゃなくて、もっと目からも情報を吸収しないと……と、映画を観るようになります。で、YouTubeやAmazonのプライムビデオを利用したり、ブックオフでDVDを買ったりして、毎日のように、暇さえあれば映画を観るようになります。

で、なんでこんなにぼーっと映画ばかり観てるんだ、いかんいかん、ちゃんと文章を書かないと、と思い直し、ブログやちょこちょこ書きためてる創作なんかをカリカリと書きはじめます(というのは間違った表現で、実際はパタパタとキーボードを叩いているのですが)。

で、黙々と文章ばかり書いていると、どんどん自分を消耗していき、自分のなかが空っぽになってしまい、さいきん何一つ学んでないと気づき、怠惰を反省して本を読みはじめるのです。

とまあ、この繰り返しで生きてます、わたし。でもさいきん、このパターンにほとほと疲れてしまいました。

もしもここに、これまで絶対にやりそうになかったこと、たとえば、ランニング、お菓子づくり、ダンス、などを入れこめば、この「怠惰サイクル」から抜けだせるのかしら、と考えたり。

でもなあ、疲れそうだしなあ……ランニングも、お菓子も、ダンスも。

そう思うときこそ、「わたしって怠惰」と、もっとも反省するのです。



おまけ。
お花三連発。

イメージ 1

オクラの花。「世界で一番美しい野菜の花」と言われているそうですね。

イメージ 2

7月のバラ。鉢植えが二つあるのですが、仲良しなのでいつも一緒に咲きます。今年の春は、5月、6月、7月と、三回咲きました。

イメージ 3

7月のバラ、パート2。こちらはいただきものです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

なんという衝撃!

パッションフルーツの「パッション」の意味が「情熱」ではなかったとは!!

イメージ 1

もしかして、知らなかったのはわたしだけ?
「なんだ、今さら知ったの?」と、鼻で笑われてますか、わたし?

でも、わたしと同じように知らなかったというかたのために、念のため。
キリストが十字架にかけられて磔刑(たくけい)にされたこと、つまり「受難」も、「情熱」と同じように英語(やフランス語)では "passion "と言われます。

イメージ 2

『マタイ受難曲』 by ヨハン・セバスチャン・バッハ

イメージ 3

『パッション』 by ジャン=リュック・ゴダール


そしてパッションフルーツ、実は「情熱の果実」ではなく、なんと「受難の果実」でした。とあるジュース加工会社のチラシでそれを知ったのですが、そのチラシには「花の形が十字架にかけられたキリストを連想させるから」とありました。

イメージ 4

うーん、そうかなあ……。すっごく造形的な花だとは思うけど、十字架の形かどうかと言われるとイマイチよくわからないなあ。


で、調べてみました。

フランス語のウィキペディアによると、
16世紀、スペイン人宣教師が南米でパッションフルーツの花を発見。その造形が「キリストの受難」を連想させるため、現地でのキリスト教布教のために利用できると考えたのだそう。

巻きひげが笞刑(ちけい)で使われた鞭
10枚の花びらがキリストの使徒たち
輪状についた多数の花糸がいばらの冠
花の内部にある30個ほどの丸い染みがユダがキリストを裏切ったときに受け取った銀貨
尖った葉がキリストを突いた槍
三本の柱頭がキリストを十字架に固定した釘
五本の葯(やく)が五つの傷口
……を、それぞれ象徴しているとのこと。

なるほど。

見事にこじつけ……失礼……解釈したものです。

それにしても、「さすが南国のフルーツ、その名も情熱の果実とは!」と、ずーーっと思っていたのに……ああ、パッションフルーツのイメージが180度変わってしまいました。

これからは、キリストの受難に想いを馳せながら味わわないと。


当店でも、パッションフルーツのシャーベットをお出ししておりますよー(苦笑)。

イメージ 5



おまけ。

描いていただきましたー。家宝にします! 

イメージ 6

見るたびにくすくす笑いが止まりません。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全364ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事